• 締切済み
  • 困ってます

ビラーゴ250

はじめて質問させていただきます。 今、ビラーゴ250の不動車を直してます。どうしてもエンジンがかかりません。 1.エンジンの圧縮は両バンクとも規定値あり 2.火花も両方飛んでます。マフラー詰まりなし 3.キャブOH済み ジェットも詰まりなし、キャブクリでベンチュリまでの貫通確認済み 4.フロートまでガソリン来てます。実油面もシリコンホース繋げて、フロートチャンバに刻んであるアイマークまで調整済み ここまで整備しました。 ただセル回しても、エンジンまでガソリンが行きません(プラグが濡れません)。 セル回すとコボッゴボッとキャブに吹き返してくる感じです。 マニホールドにヒビは発生してますが、貫通していないため二次エアーは吸ってないと思います。 ビラーゴは負圧式の燃料ポンプが付いたタンクだと思いますが、当方は落下式のスポーツタンクに換えているのがダメなのでしょうか?(フロート室にガソリン貯まってるので問題ないと思いますが)。新品ですのでタンクに錆はありません。やはりキャブ交換したほうがいいでしょうか、、、 ちなみに今はエアクリは外してます。 どなたかアドバイスください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5

調子の良し悪しは置いての回答になります。 パーツクリーナーをキャブに直接吹きかけてもエンジンはかからないでしょうか? それで一瞬でもかかるようなら燃料系だと思います。 タンクを変えたということですが、 インマニの負圧コックにつながる部分をふさぎましたでしょうか?ついていればですが。。 そこを塞いでいないと2次エアーすってすごくかかりにくいです。 あとは、プラグを新品、新しい燃料を使用することです。 点火していても古いプラグの場合ダメなことがよくあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>プラグが濡れません これが「すべて」です。ガソリン来なければ燃焼できません。 なのでパーツクリーナー直噴射で火が入るか確認すべき。 火が入れば最初に戻ってキャブ全バラとゴムパーツ 全部交換しすべての経路の貫通確認すべきです。 おそらくそれが不十分なはずです。 http://homepage1.nifty.com/seanoise/rf/cab.htm 火花もアース部分から1cmほど離して飛ばないと 圧縮後の10気圧下では火花飛ばないよ。 ビラーゴに関わらず、燃料ポンプ仕様でも フロートチャンバーまで規定量ガソリン溜まるなら 自然落下式で問題ないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

どのくらいの期間不動状態で放置していたのかそれにも寄りますがキャブの場合長期間放置していれば各ジェット類などそんなに簡単に掃除できませんよ、きちんとジェットなども分解して掃除をしていると思いますが(以外とこの部分でミスが有ります)掃除しているつもりで出来てないことが多いのでもう一度確認して下さい、最後は高圧エヤーで詰まりは確認すること・・・パーツを飛ばして無くさないように注意(初爆させるだけならスプレー使用して確認する方法も有るけどね、邪道だと思うからしない方が良いでしょう) なお、2~3年放置していた車両の整備の時に私がするのは燃料用のアルコールに一晩つけ置きしてその後掃除をします(もちろん古いゴムのパッキンなども溶けて無くなりますから新品交換に成ります、その後ジェット類は荷札に付いている細い柔らかい針金を使用します(ジェットはすぐに傷が付いて駄目になるから、それで駄目ならジェットは交換します)もちろんメインもスローもそれでも最後はコンプレッサー使用します(キャブクリーナーは高価だし使用しないです) コンプレッサーの無いところで応急的に使用するくらいかな・・・ 後は負圧を殺していると思いますが是がきちんと出来ていますか・・・負圧の取り出しを確認もし少しでも漏れが有れば正常動作はしないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#161268
noname#161268

プラグが濡れないってことは吸い込まないかガソリンが来てないかどっちかです。でも圧縮があるなら吸い込まないことはないでしょう。ジェット類詰まりがないって断言されてるからないとすると、油面が低すぎてスターター系まで届いていないか、スターター系の詰まりを見落としてるかそんなとこでは?チョークは引いてますよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

スロージェット(パイロットジェット)やエアスクリューやスローのアウトレットが詰まってないでしょうか? これらの流路は非常に細いため、詰まっていた場合はキャブクリーナー程度の噴霧力で貫通させるのは困難となります(高圧エアが必要です)。この辺が詰まってるとエンジンかかりません。 それとビラーゴ250のキャブはどっちか不明ですが、ミクスチャースクリュー/エアスクリューの調整などは万全でしょうか。 これらでスローの混合気を調整しますが、スクリューの回し方によってはかからなくなります。 ここが分かりやすいかな、ビラーゴの場合はバキュームタイプタイプ(負圧タイプ)を参照してください http://kamoair.web.fc2.com/carburetor.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ビラーゴ 250に乗っています。といっても最近知り合いから放置していた

    ビラーゴ 250に乗っています。といっても最近知り合いから放置していた物を譲ってもらって整備している最中なんです。 サビを落として磨いたり消耗品を交換したりが終わりやっとエンジンをかけられる状態まできたんですが、かかりません。 キャブのOH・バッテリとプラグ交換はしました。 プラグの火は飛んでます。 キャブにガソリンは来てます。 エンジンの焼き付きはありません。 貰う時にはなんとかですが、エンジンはかかっていたので自分が弄ってる過程でなにかミスがあったんだと思い全て見直しましたが 分からずもう降参しそうです。 一つだけ気になるのは燃料コックをPRIにしてもガソリンが落ちてきません。 只、セルを回した後キャブを開けるとガソリンがフロート室に溜まってることと、 この部分は自分は触ってないので負圧ポンプの関係かな?と思ってますがどうでしょう 明日、エアクリの洗浄とコックの詰まりを確かめるつもりです この文章で何か気づくことがある方いましたら助言下さい。

  • キャブのオーバーホールの後についてなのですが

    この前、エネオスのガソリンを入れて100キロ程走ったらエンジンが突然かからなくなったのでタンクを外してエアクリーナをとりだしてみると何故かガソリンでびしょ濡れになっていました急いでエアクリとプラグ(当然かぶっていました)を交換しましたが、かからなくなってしまいましたキャブを外してみましたが異常はなく、またそのまま組み付けました、そしたらエンジンはかかったのですがマフラーからパンパンいうのです、それとマフラーから水みたいなのでがしたたり落ちてきます、どうしたらいいのでしょうか?ご経験あるかたご指導くださいよろしくお願いします。 それとガソリンタンク内の負圧が落ちたら後輪タイヤを回したらいいのでしょうか?

  • キャブフロート室からガソリンが吸い上がらない

    はじめまして。 中古不動の125スクーターを購入し自分で修理しているものです。困り果ててここにたどりつきました。 エンジンかからずで購入した不動もので、いろいろと分解整備をした結果、やっとの思いでキャブのフロート室まで ガソリンがくるところまで整備が進みました。 でも、エンジンがかかってくれません。その先がなぜかガソリンがエアーと一緒にシリンダー側に行ってくれないのです。 何とかいいアドバイスをいただけないでしょうか? これまで確認したことは。 (1)負圧式のガソリンコックでセル(セルしか無い)を回すと負圧が出てコックが開いてキャブにガソリンがきている。 (2)プラグは新品に交換して、火花(スパーク)することを確認している。 (3)エンジンをかけようとセルを回してもなぜかプラグが濡れない。 (4)プラグ穴に指を突っ込んでセルを回すとかなりの圧を感じる。 (5)セルを回すたび、マフラー出口から ボッボッっと排気がされている。 (6)エアスクリュは1.5~2回転開いている。 (7)キャブのフロート室の整備はガソリンを吸い上げる管が通っていることを確認している。 (ただし、管からチョークの差込側へ と管の途中にある穴に通ったことだけ。 他に通す場所が必要か不明) 以上の内容からアドバイス願いたくよろしくお願いします。

  • TZR250 3MA オーバーフロー。。。

    オークションで中古車を買い、タンクが軽く錆びていたのですが、ガソリンを入れてエンジン始動させました。 すると向かって右側のキャブからオーバーフローしたので、タンクのサビ取りとキャブ洗浄をしました。 洗浄内容としましては各ジェットとガスケット新品。 フロート室やキャブ内部を丹念にキャブクリーナーで洗浄しました。 組み付け後タンクのサビ取りが終わってませんでしたので、ガソリンホースに直接ガソリンを入れてキックすると、やはり右側のキャブからオーバーフローしました。 症状としましては、キックしてガソリンが流れ込む度にピュッピュッと飛び出す感じです。 ドレンのネジはちゃんと締まってます。 ガソリンタンクのサビ取りが終わったので組み付け後、ガソリンを入れるとコックをリザーブでもオンでもない位置(OFFとは書いませんがおそらくOFFと同様の位置なんだと思います)に合わせてるのに、両方のキャブから勢い良くオーバーフローしました・・・。 これは負圧コックの不調なのでしょうか? 考えられる原因を教えて頂ければ助かります。 どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

  • 負圧式キャブレターについて

    不動の中華スクーターをGY6の新品エンジンにのせかえてオーバーホールした負圧式のキャブを取り付けなおしてエンジンをかけるとかかるのですが10秒もせず止まってしまいその後はセルをいくら回してもかからずキャブのガソリンを抜いてからだとかかりますが、また同じように10秒もせずとまります。そこで別の負圧式のキャブに変えてやってみても同じことがおきます。 思い切ってドレンスクリューをゆるめたままかけると止まらずずっと回りつづけますが下からガソリンが抜けっぱなしです。 何が原因でどう対処したらいいでしょうか。 エンジンはトライク専門店で直接買ったもので動作確認は済んだちゃんとしたもので配線はもう1台の実働中華スクーターを見本にしてつなぎ直しました。 ちなみに負圧式のキャブは最初のはミクニ製で後のはケイヒンVE24だそうです。

  • シグナスX エンジンかからずプラグが濡れない

    シグナスX エンジンかからずプラグが濡れない。 走行中アクセル戻したと同時にストール。それ以降一回もエンジンかかりません。 キャブのエアー吸入口を手で塞ぐと手がガソリンで濡れます。負圧も感じられます。 しかし、セルをどれだけ回してもプラグが濡れません。 恐らくはキャブのフロートまでは燃料が行ってるが、燃焼室までは届いてないようなのです。 原因や調査方法が分かりましたら教えて頂けますでしょうか。

  • ゼファーχ オーバーフロー

    症状 1、ガソリンを満タンにすると、フュエールコックからONとRESにした時PRIの状態と変わらないようになります。 (ガソリンタンクを外した際に気づきました。) 2、キャブから恐らく?オーバーフローしていてエアクリ内にガソリンが溜まってしまいエンジン不調になります。 (走り始めは調子が良く2、30分走るとゴボゴボ言い出しカブるような症状) 普通ならキャブがちゃんと整備されていて、問題無かったら、フュエールコックが故障していたとしてもオーバーフローする事は無いんですよね? 部品を換えるとしたら、 フュエールコック、キャブのフロート、フロートバルブ、パッキン ぐらいでしょうか? (バイクを買った際に、バイク屋はキャブのオーバーホールをし部品を新品に変えたと言っていたのですが。キャブのフロート室の外周にお風呂のタイルの隙間に使うシリコンガムみたいなのを塗ってあったのですが、他のバイク屋さんでも塗るのでしょうか?) 回答お願いします。

  • 負圧コック式バイクの始動について

    負圧コックしかないバイクを1ヶ月ぐらい放置したときキャブにガソリンがいくまで何回かキックが必要になります。たとえばキャブの掃除のあとにすぐ簡単にフロートにガソリンをいっぱいにする方法はないですか?コック式の場合いくら待っててもでてきませんものね。(事実、本当に待っていたことがあったりします) PRIポジションみたいなバイパスを自作するしかないのでしょうか。しかしファミリーバイクの場合、取り付ける場所がありません。 いつもセル一発といきたいところですが、放置バイクのエンジンを簡単にかけるよい方法をご存知ないですか。

  • 謎のオーバーフロー?について

    ベンリィ90S に乗っています。 購入当初からガソリンのオーバーフローが直りません。 オーバーフローと言っても、キャブレターのフロートチャンバーのオーバーフローホース先が滲む程度です。ガソリンが地面に垂れることはないです。 拭いても拭いても、しばらくすると、すぐ滲んできて困っています。 キャブの清掃、フロートバルブやフロートなどの部品交換、座面の研磨など、考えられる対処法を何回も試してみましたが、一向に直らず。 ついには、社外キャブレター(PC20)に交換しました。 しかし、取り付け後、すぐにフロートチャンバーのホース先が滲んできてしまいました。 もちろん、取り付け前に油面の調整も行いました。 キャブレター以外にも、燃料フィルターの取り付けや、燃料ホースの交換、燃料コックの交換などもしましたが、全く直りません。 バイク屋にも相談しましたが、お手上げといった感じになってしまい、手詰まりになりました。 いったい原因はなんなのでしょうか? ちなみに、コックが「ON」でも「OFF」でもキャブ内にガソリンが残っている場合はオーバーフローしているみたいです。 フロートチャンバーのホースを抜くと、なぜかオーバーフローしません。 エンジンに関しても、2~3回キックすれば始動しますし、調子も良いです(同車種を乗り比べたことがないので詳しくは分かりませんが)。 今まで何台かの中古バイクで、オーバーフローの症状を対処をしてきましたが、こんな現象は初めてです。

  • エンジンかからない バリオスI

    バリオスI(1991年式)に乗っていて エンジンがかからない状態で困っています。 ・走行距離35000Kmぐらい ・一年前には動いていて、常にカバーで保存、その間にキャブO/H3、4回ほど ・キャブO/Hしてジェット類の詰まりは無し ・プラグから火花チェックOK ・キャブにはガソリンは来ている 問題はいくらセルを回してもプラグが濡れないので、キャブからエンジンにガソリンが 来ていないことが原因だと思います。 その為負圧確認してエンジン、キャブ各段階でチェックしたところ負圧は問題なかったのですが エアクリーナーBOX取り付けて吸い込み口に手を当ててみても負圧が感じられませんでした。 ちなみにインマニには亀裂等無しです。 キャブ付けて手のひらで塞いで負圧チェックした時吸い付く感じでガソリン出てきますが 比較したこと無いですがそこまで負圧が強くないような感じがしました。 もともと年式が古いのでエンジンの劣化もあるかもしれないのでなかなか原因がわかりません。 もし何か気づいた点あればお願いします。