• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ちょんまげの謎

どこに質問をすればよいのかわからず、思わずこの分野で勝負(?)します。 疑問は「なぜ、昔のお侍さんは”ちょんまげ”をしていたのでしょうか?」です。 あのヘアスタイルは世界広しと言えども過去から現在まで存在しません。恐らく未来もでしょう。 僕の勝手な推測ですが、昔々どこかの殿様が禿げてました。それも前頭部のみが・・・。殿様は残った後頭部の髪を伸ばし束ねて頭にのせて”ちょんまげ!”にしました。自分だけが”ちょんまげ”をするのも恥ずかしいので家臣達にも強制しました。 男性は前頭部が禿げやすいので、「こりゃいいや!ちょんまげという大義名分で前髪を剃っちゃえ!」というわけで日本全国に爆発的に広まりました。めでたしめでたし! もはや質問というより、僕の主張になってしまいましたが、どなたかこの主張の裏付けをしてくれる方いませんか?できれば殿様の名前まで・・・。学会に発表するつもりです。(うそです)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3121
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • bob
  • ベストアンサー率50% (52/103)

直接的な解答とは言えないかもしれませんが、私の知ってる範囲について書きます。 日本の武士に限らず、西洋騎士、ネイティブアメリカン等に見られるように、剣等による物理攻撃主流の戦いを日常とする世界では男性は長髪にしていることが多かったようです。 これは長髪が剣による切りつけに対して首を守るうえで非常に防御力が高いからだそうです。剣が滑るらしいんです。従って戦闘時には必ず髪を垂らします。 しかし、普段の生活では長髪は邪魔なので適当な方法で束ねて結んでいました。時代によって流行がありますので、大和時代には頭の横で結んでたりしますよね。このあたりから広い意味で「髷(まげ)」の起こりといっていいのではないのでしょうか。 肝心の(?)前髪を剃る習慣ですが、私が聞いたときは前髪が前に垂れて視界を塞ぐのを避けるのがメインで、むれるのも同時に避けられたからとか。 しかし、西洋騎士とかは普通剃っていないので、その時はおそらく兜の構造の違いか、東洋人と西洋人の平均的な髪の生え方の違いによるもの(西洋人の方が生え際が高い?)かなとかと自分を納得させてました。 今考えると源平のころは剃っていない様な気がするし、やはり戦乱の世になって日常的に兜をかぶる人たちの間で、蒸れるのを防ぐとか固定しやすいなどの実用的な理由で流行したのではないかとも思います。 西洋でも日本でも鉄砲の普及にしたがって長髪を垂らす意味はうすくなって形骸化、ファッション化していき、長剣を使わない近代軍隊では男性はむしろ短髪が主流になったと聞いています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。長い間疑問だったことが、解決できました!長髪の理由は首を守る為だったのですね。知りませんでした。前髪を剃る理由も納得できました。 これで、学会に発表することができなくなった・・・(冗談です) ところで、なんでbobさんはこのようなことを知っているでしょうか?もしかして、”ちょんまげ博士”?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

supersonic氏の説明でほぼ正解と思いますが少し捕捉しますと、古人は入浴等の機会が少なく又常に,荒野或いは,原野での生活が多く髪は長髪が主だったようです。 しかし肩以上の長髪は活動に大きな妨げになる上, 戦いや野獣の収穫に大きな危険を伴いました。 それでほぼ肩の当りでカットしさらに髪を束ねたようです。 後に頭に被り物が渡来し又日本独自に個々の職業や,日除け、雨よけの笠等の発展、身分,階級を表す様々の冠の開発と共に髷の形も微妙に変化したようです。 流行,利便性が関係した時代もあったようです。 月代は,頭が蒸れる説もありますが、兜をしっかり頭に固定するために行われた説もあります。 戦いのさなか兜が動いたり脱げ落ちたりする危険を避けるためと、怪我をしたとき手当てが即行えるように剃りあげたと思われます。 軍人が頭を丸刈りやそれに近い短髪にするのも、長期にわたる野営や,活動の後の入浴が不可能なことが多いためと障害を受けたときその度合いと手当てがいち早く出来るように各国で行われています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ”怪我をしたとき手当てが即行えるように剃りあげた”というのは、説得力ありますね。

  • 回答No.1

まげ自体がどうして始まったのかは知りませんが、広辞苑で「月代」を調べると、「もと冠の下にあたる部分を剃った。応仁の乱後は武士が気の逆上を防ぐために剃ったといい、江戸時代には庶民の間にも行われ、成人のしるしとなった…」とか書いてあります。 高校のときの日本史の先生は、兜をかぶると蒸れるからだ、と言っていました。主人のいない浪人は、戦に出る機会がなく兜をかぶらないので、剃らなかったとも、言っていたと思います。 諸説あるのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なぜ武士が気の逆上を防ぐために剃ったのでしょうか? ちょっとわかりません。逆上した時、頭が涼しかったら、それで抑制できるからなのでしょうか? 兜をかぶると蒸れるというのは、納得できますね。 日本史の先生が教えてくださったのですか? いいですね!

関連するQ&A

  • 北朝鮮への制裁措置

    水爆実験を行った北朝鮮への制裁措置というのは、 いかなる大義名分があろうと、水爆保有国が主張するというのはしっくりきません。 ましてや、水爆実験自体に疑わしさがあれば、勇み足というか。 平和や正義を振りかざしてしまうと、「自国の防衛」に対しては主張として弱い気がします。 いかがでしょうか。

  • ガンダムSEEDとファーストガンダム

    ガンダムSEEDのネット上での評価を読んでいて気になったことがあるのでご意見お聞かせください。 ファーストと違って、戦争のリアリティがないといった意見が多いですね。 その理由の一つが登場人物が政治的主張をしていないことだとか。 互いの政治的主張を絡めることでリアルな戦争を描ける。 本当にそうなのでしょうか? SEEDを見る世代(1990~)としては911テロ→イラク戦争の流れを知っているわけで 政治的主張や大義名分の下で引き起こる戦争よりも ごく一部の過激派の行動によって引き起こる戦争に 「殺されたから殺した」という戦争の動機にリアリティを感じます。 (その点SEEDの後半、エンターテイメント主体の展開はがっかりしましたが) ファーストを見ると「戦争ってそんなに高尚なものなの?」と感じて醒めてしまいます。 大義名分をかざして戦う戦争がリアルなのでしょうか? 現実の戦争でそんな高尚な戦争が存在したのでしょうか? ファーストはエンターテイメントとしては面白かったですが ネット上で言われているような「戦争ドラマとしてのリアリティ」が 異常なまでに評価をされている現状に疑問を感じます。

  • いじめっ子の人権尊重

    まるで人権がないように主張し、個人情報ばら撒いたうえで名誉毀損してる人がいるけど、正直それはダメだと思う。それって違法行為だよね・・・名誉毀損などの罪になってもおかしくないのでは? この国は「犯罪者に石を投げつけていい」国ではないのだから・・・ 彼らにも尊重されるべき人権があるし・・・ いじめはひどい行為だけど、「いじめっ子だから」という大義名分を振りかざして、本来保証されている人権までも不当に侵害することは完全に間違った正義だと思うんだけど、どう思う? そんなことをしていても未来永劫いじめで苦しむ人もいなくならないとも思うし・・・

  • 「プロクルステスの寝台」に縛りつけられる人々

    先日、ある地方議会の議員が、このようなことを発言しました。 「(現代社会において、アイヌの人々においては、)茅葺きのチセで漁労採集生活を送っている人もいまはいません。」 この議員にとっては、「茅葺きのチセ」のなかで暮らし、「漁労」と「採集」で生計を立てていかなければ、アイヌとして認められない、という<認識>があるのだと思います。 これを、日本人にたとえるのならば、男性は「ちょんまげ」をしないと、日本人として認められない、という<認識>にもつながることでしょう。あるいは、「メガネをかけている」、「出っ歯」、そして、「首からカメラをぶら下げている」、といった「イメージ」も、こういった<認識>に関連すると思います。(さらには、これが中国人であれば、辮髪をしていないと、中国人として認められない、といった<認識>にも関連すると思います。) マイノリティを「プロクルステスの寝台」―法的に、社会的に、ある特定の「イメージ」に無理やり重ねていくこと―に縛りつける「大義名分」は、どういったものでしょうか。そして、その「必要性」は、あるのでしょうか。

  • 表現の自由と云う無節操さ。

    マスコミは 『フランスかわいそう』 『IS最悪!!』 な一辺倒な報道に終始していますが イスラム国側の主張は 「神への冒涜!!」 など一月に起きた雑誌の表紙への誹謗中傷に対するモノ に対する抗議、政治的主張による改善の要求などだと思います 確かに 「オマエの母ちゃんでべそ~ww」 などと言われたら怒るだろうし それが 人生、すべてを心酔させている人物、偶像に対して言われたら それは怒り以上のモノでしょう フランスの選民思想が根底にある中東のアイコンへの 『表現の自由』という大義名分な理論偽装をした 冒涜という見方もできますが みなさんはどう思います?

  • 北方領土 日本は、なぜ返還したいのか?

    ロシアが北方領土を実行支配している最大の目的は、ウラジオスオク港の艦隊の航路確保ですが、 日本が北方領土返還を主張している目的は、何でしょうか? 本来は日本の領土だから? それを大義名分に、ロシア艦隊の航路として使わせないため? 津軽海峡をロシア艦隊が自由に往き来できる条約と交換条件に返還を求めれば、ロシアも返しますかね? まぁ、現実に津軽海峡を解放することはないでしょうが

  • 民法で守られない側の損失やその後の展開

    民法の勉強をしています。 勉強し始めて間もないので細部についてはご容赦ください。 民法では制限行為能力者や意思表意者や第三者を守るためという大義名分が多くありますよね。では逆にそれによって守られない側はどのくらいの損失を受けなければならないのでしょうか。 例1)AがBに脅迫されてAの土地をBに売却し、その後Bは善意のCに売却した Aは脅迫されてBに土地を売ったのでより一層の保護が必要とのことから Aは善意のC対して土地の所有権を主張できます。 勉強をしていると大体ここで終わります。 では主張できたその後はどうなるのでしょうか。 CはAに土地を返還したとして、Bに支払った土地の代金はどうなるのでしょう。 Bに対して何が請求できるのでしょうか。 Bが支払えない場合はCは損害を受けますよね。 それともAがCに代金を返還すれば土地をAに返還できるということに過ぎないのでしょうか。 様々な事例のその後までイメージできると勉強がしやすいと思っています。 よろしくお願いします。

  • 【日韓併合】正当化論について

    日韓併合の正当性を語る場合、 (1)ロシアの脅威に対抗するためであり搾取するためではなかった。 (2)併合は合法的に行われた。 (3)日本の統治により朝鮮は飛躍的に発展した。 などから論じられる場合が多いのですが、歴史認識以前に一般常識的に判断して、これらで正当性の主張はできてはいませんよね。 (1)ですが、ロシアの脅威があるからといって、その間にある国を占領しても良い、などということにはなりません。正当性を主張するならば日韓両国に関係の無い第三者も納得するようなものでなければなりませんが、これで納得できるのは日本人だけでしょう。 (2)ですが、(1)の併合の目的の正当性、大義名分が無い以上、手段の正当性を述べても何の意味もありません。 (3)は単なる結果論です。 もう少しマシな正当化論はないのでしょうか。 それとも、日韓併合を正当化すること自体が無理でしょうか。

  • JR東日本が嫌い!!

    JR東日本が嫌いです!! ある意味、殿様商売で…電車も乗り心地などより兎に角速さ重視、速くすりゃ何でもいいんだろ的な姿勢です。 常磐線特急に頻繁に乗ってますが、格段にシートの質など落ちた気がします。 大抵グリーン車ですが、配列も3列だったのが新型では4列なってたり。 いつの間にかテレビも消えてましたね(ワンセグがあるので大した不便にはなりませんが) また清掃費をケチるために受動喫煙防止とかいう大義名分の下、ホームや車内の灰皿を順次撤去。 吸いたい奴は駅構内にあるコーヒーショップで、コーヒー代払って吸え…こんな感じの姿勢にも全く共感出来ません。 不採算路線も順次廃止とか…挙げるとキリが無いですよ。 そこで個人で対抗出来る策としては (1)JR東日本に投書など重ねる。→無駄?? (2)JR東日本を使わない。 →そもそも家近くに他社線が無いので無理。 そうなると (3)JR東日本では極力チャージしない…くらいしか個人レベルで出来ることが思い付きませんが、これって効果あるのでしょうか?? もちろん私1人だけの単価は微々たるものですが…チャージ先ってあまり関係無いんですかね?? 今は出来るだけ東京メトロなどでチャージするようにしてるのですが。

  • 売春相手に対する守操請求権

    質問です 一般的に妻が浮気した場合、守操請求権を元に以下の権利が発生しますよね  ・離婚を求める権利  ・妻か相手方に対して慰謝料請求 では 妻が売春を行った場合、その夫は相手方に対して守操請求権を主張し、慰謝料請求することは可能なのでしょうか? できる、できない とともに その根拠をお教えいただければ幸いです お答えいただきます前提として 以下の知識は得ています ・不貞行為に大義名分はない為(たとえローンを返済する為であったとしても)、離婚の請求を行うことができる(最高裁判例) ・当然ながら売春は犯罪 ・ポイントは、法がそれを容認するかであること 自分でも検索などしてみたのですが「ズバリ納得」といった物にたどり着けませんでした なにとぞ よろしくお願いいたします