• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

白熱灯の仕組み

  • 質問No.93485
  • 閲覧数100
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 37% (43/115)

どこで聞いたかわすれてしまったんですが、
白熱灯にはタングステンを使っていると聞きました。
そして、電流を流すと高温になり光を放つ。。。
ここまでは普通に理解できるのですが、
蒸発したタングステンがまた元に戻るらしいというのを
うろ覚えですが聞いたことがあります。
(間違っていたらすいません!)
もしこれが本当だとしたら、その機構を教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 29% (114/390)

単にフィラメントにタングステンを用いただけでは、タングステンが蒸発して
しまって電球内面に付着してしまい、フィラメントの寿命低下とともに光量低下
も招くということになってしまっていました。

そこで登場したのが「タングステンハロゲン電球」です。

これが質問文にあるもので、ハロゲンガスを充填することにより化学的再生
プロセスを起こして蒸発したタングステンを電球内面ではなくフィラメントに
再付着させるしくみになっています。

このしくみについては参考URLを参照して下さい。
お礼コメント
gods-twilight

お礼率 37% (43/115)

ご回答ありがとうございました!
ハロゲンガスが入ってたんですか~。知らなかったです。。。
研究とかで蒸着を行ったりしていると、
普通は蒸発するのに、不思議でしょうがなかったです。
これでゆっくりねむれそうです。。(笑)
投稿日時:2001/06/22 02:23
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ