• 締切済み
  • すぐに回答を!

サリドマイドについて

日本では『薬害の代名詞』のようなイメージの強いサリドマイドですが、抗血管新生作用や腫瘍壊死因子(TNF-α)阻害作用などから、使い方を間違わなければある意味「夢のような薬」ではないかと思います。約40年前に厚生省は承認を取り消しましたが、一部患者団体(日本骨髄腫患者の会)の手によって日本でも使用されていると聞きました。現在の日本での使用状況を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数266
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.3
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

サリドマイドは世界で1万人を超える副作用被害者を出した医薬品です。ただし、これは、誤った使用法によるものであり、薬自体が100%悪いというものではありません。危険性を察知しなかった企業、適切な使用を指導しなかった医療機関などが起こした人災であると言えるでしょう。 http://tag.ahs.kitasato-u.ac.jp/tag-wada/noframe/l117.htm http://www.nifty.ne.jp/forum/faids/resource/mes/mes04/log04j02702.html にはアメリカでサリドマイドが再承認されたことが解説されています。 http://aids.med.nagoya-u.ac.jp/ksap/thalido.html には臨床試験について書かれています。 きちんとしたデータがそろっており、有効性が認められ、また、注意や警告により、危険性が明記されているのであれば、日本でも再認可されるでしょう。特にアメリカのFDA(医薬品食品管理局)が許可を出したのであれば、外圧がかかってくることが見えていますから。 数年以内に再認可されるのではないでしょうか。 kawakawaでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 糖尿病患者の血管新生について

    血管新生を増加させる生体側の因子として、糖尿病があることが指摘されているようですが… 糖尿病患者が血糖値のコントロールが悪く、糖尿病性じん症に至った時点で、すでに血管新生は起きている、進んでいるのでしょうか?

  • アバスチン:新生血管阻害剤の新しい副作用?

    動物実験において、血管新生阻害療法ははじめは成功するが、その後腫瘍増殖を侵襲的に促進し、時には転移を促す事があるとカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)が発表した。 これは患者における臨床試験とも一致する。 2009年3月Cancer Cell誌に発表。…  同様の研究が2008年にトロントから報告されており、そこでは、膵臓がんと神経膠腫(GBM)にスニチニブ(スーテント)を用いたところ、腫瘍は縮小または安定した。 が、GBMはその後、より悪性度を増して周辺組織に浸潤した。 また膵臓癌もより侵襲的になり、肝臓に転移した。 「ベバシズマブを投与中、一部の患者は再発または多臓器に転移することが報告されている」… http://blog.goo.ne.jp/cancerit_tips/s/%B7%EC%B4%C9%BF%B7%C0%B8%C1%CB%B3%B2%BA%DE (2009/03/26より) ソース= http://news.ucsf.edu/releases/study-sheds-light-on-angiogenesis-inhibitors-points-to-limitations-solution/  初めは縮小した癌が反動で爆発的に増えることがあるという記事です。 アバスチン投与を受けている人は非常に気になります。 厚労省のページには警告は見当たりません。 事実でしょうか? 事実だとすれば、この治療にかかわる医者・患者はどのような対処が最良でしょうか?  ウクラインも同じ作用を有する薬だと思いますが、もともと情報が少なく、その効果などもニュースや検索にかかりません。 ウクラインにも同じことが起こるのでしょうか? 以上、よろしくお願い致します。

  • 糖尿病経口薬スターシスの福作用

    わたしの50代の父親が糖尿病で、現在ヘモグロビンA1cが7前後ですが、運動・食事療法でこれ以上なかなか下がらないので、今度「スターシス錠90mg」を処方されて、一日一回食前に飲むようになりました。そして、副作用等の問題なければ毎食後一回に増やす予定です。ところが、たまたま読んだ本の中で、膵臓に直接作用して、インスリンの分泌の促進する薬は、もともと糖尿病患者の膵臓は疲弊しているのに、長期間服用するとさらに膵臓を疲弊させ、最悪インスリンの分泌はまったく無くなるということが書いてありました。とくに、同様の作用をするスルホニル尿素などは日本で重大な副作用事故が過去にあって、死亡者も出たと書いてありました。そこで、質問ですが、 (1)「スターシス錠」を長期間服用を続けていると、なにか重大な副作用の可能性はないでしょうか? (2)父親は医者から別の選択肢として、「αグルコシダーゼ阻害薬」もすすめられたということですが、ネットで調べてみると、こちらのほうが直接膵臓に作用するわけではないので、副作用がすくないと思うのですが、実際はどうでしょうか?

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

 それ、こないだニュースステーションでやってましたよ。  サリドマイドを使いたいという患者さんと、危険だとする厚生省の意見の食い違いがあって、今、厚生省では考え中だそうです。  たしか、そういうニュースだったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

 日本での使用状況はわかりませんでしたが、少しは参考になるかもしれないページを・・・ ・他では聞けないくすりのはなし http://d-inf.org/drug/yakugai3.html →一番したの方 ・サリドマイドが抗癌剤として復活?! http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/19991015.htm http://tag.ahs.kitasato-u.ac.jp/tag-wada/noframe/l117.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • サリドマイドについて

    多発性骨髄腫です。 現在、認可はされていませんがサリドマイドで効果のある方がいると聞きます。 東京で個人輸入に対応した病院をご存知の方はいらっしゃいませんか? よろしくお願いいたします!!

  • サリドマイド

    サリドマイドが医療薬として特定の場合のみ使用できるよになったそうですが、サリドマイドという薬は妊娠している女性に奇形児ができること以外の副作用は無いのですか?また、サリドマイドを使用しないとなおらない病気は多いのでしょうか。教えて下さい。

  • 厚生労働省のリタリン停止の説明について

     2007年10月に厚生労働省が注意欠陥多動性(ADHD)患者に注意欠陥障害に抑制作用を持つ薬、リタリンの使用を差し止めました。  海外ではADHD患者向けの医薬品として、10種類以上認められている国が多いですが、日本ではリタリンの差し止めによって、ADHDの薬がひとつもない状態になりました。  そのため、仕事や学業に励んでいる人が大変な苦労をしている現状があります。  この判断に対して、厚生労働省がどのような説明を行っているか、厚生労働省のHPを検索したですが、ADHD患者に対する説明を見つけられませんでした。  厚生労働省は、ADHD患者に対してどのような見解をもって、差し止めをしたのでしょうか?

  • サリドマイドの受容体について

    生物の授業をしていて、受容体のことを知り、サリドマイドには受容体があるのか気になったので質問します。 ずばり、サリドマイドの受容体は存在するのでしょうか? もしくは、受容体は存在しなく、細胞膜を貫通してDNAに直接作用しているのでしょうか? 教えてください

  • サリドマイド事件について教えて?

    30年ほど前さりどまいど児女の子のお葬式のとき私が骨を拾いに行きましたかのじょは18歳にもかかわらず子供のままでした。私といえばすきかってないき方をしてとうごうしっちょうをわずらっていますしょうがいしゃということですけどわたしわただのあそび人です。毎日が苦しいし。いきていれるというじっかんがわかないのです。

  • サリドマイド 個人輸入について

    (1)サリドマイドを個人輸入すると何か法的に罰せられますか?(道徳的、医療的観点ではなく、あくまで法律に基づいて) (2)現在、個人輸入で使用している人(患者、医師など)に質問ですが、誰がどのように入手していますか? よろしくお願いします。

  • エイズという病気はあるのか?

    エイズという病気そのものが欺瞞という説もあります あの有名になった薬害エイズでさえ薬害肝炎を間違えて発表したのだなどという驚くべきうわさもあるくらいです、国家機関が事実と異なる発表をするには訳がありますから、(1)世の中が無茶苦茶であると思わせ、暴挙にでるかまじめに暮らすかを区別する材料とする(2)世界規模での深謀遠慮、エイズと同じタイプのテストパターンとしては「アポロ宇宙船」がある。(3)そういうテストパターンは、つまり普通にまじめに暮らすのにはなんの支障もない問題であるということです。 で さて あなたの周りにエイズ患者はいますか? 論議しているように解釈されてgoo当局に削除されては、せっかくのアンケートが意味を成しませんから、嘘の答えは歓迎しません^^よって、一部の回答の中に質問部分があって、それに返答したりすると討論しているかのように判断されかねませんので、この質問に対する質問には一切返答しませんけれどもよろしくお願いします。 特にこのような公権力の発表にかかわる問題に疑義をはさむような事に対して「国にさからうのか?」とかアポロ問題ですと「アメリカに逆らうのか?」「アメリカを疑うのか?」という「権力のいいなりかどうか?」という問題と同時に「頭おかしいんじゃないか?」みたいな脅しが絡んでくる場合があります。そこのところはアポロ問題に関する教えてgoo私の深謀遠慮かいせつもありますのでよろしかったらご覧ください。簡単にアポロ資金のからくりを書いておくなら、ギャングに金を渡して国家として国民の安全を金で買ったということで、それを継続的に火星探査や月探査名目で続けているということです。 そのようなことは実は「神がいる」発言の勢力に対して「いるんならつれてきてみろ」型の「ちからで何でもおさえつけ」型、つまり極論すれば「暴力団および腐った権力者」グループの恐怖支配社会が垣間見えるわけです。 私としては他の私の質問を検索してもらえば、神が広範に現実的に作用している事を理解してもらえると思いますので。 要するに、悪党は日々滅んでいるので、深謀遠慮なテストパターンに惑わされずまじめに生きれば大丈夫ということの主張です。それは危ない事件が大げさに発表されてもそんなのはまさしく極ごく一部であって日本も世界も平和が保たれて明るい未来へと日々進歩しているという事です。 では、嘘お断り条件で あなたの周りにエイズ患者はいますか?

  • 肺がん治療薬としてのサリドマイドの現状?

    肺がん治療薬なんて書いてますが、現在そのような適応症がないことは重々承知しております。 が、知人に聞かれたのでお聞きします。 睡眠薬として使用されていながら、催奇形性の薬害で 現在使用されていない当薬でしょうが、 多発性骨髄腫への効果等が海外で認められていることは知っています。 ですが、肺がんなどはどうなのでしょう? 何かのテレビでやっていたのを観た上で聞いてきたのだと思うのですが・・・ 申し遅れましたが私も薬剤師であり、情報の入手はできます。 ここに書いたのは、より専門家の方に 肺がんへの投与はどうなんでしょうか? もし身内が癌であって、個人輸入しても試して見たい方法なのでしょうか? 個人輸入以外の方法があるのでしょうか? (どこかで治療している施設があるor試薬などでの入手が可能なのでしょうか) 催奇形性に関してはもしも投与することがあっても、 男性であり、関係ないと思いますが、その他の重大な副作用はどうなんでしょう。 市販後調査までいっていない薬ではないかと思うので、 その点副作用や相互作用の心配が私には最も危惧されます。 もし投与できたとして、何かあったとしても副作用被害~機構で救済されないケースになり、また保険も利かないのではないでしょうか? 一部、あまりに素人くさい質問で申し訳ないですが 教えて下さい。

  • 5万円~10万円/本の安いインプラントは大丈夫でしょうか?

    5万円~10万円/本の安いインプラントは大丈夫でしょうか? インプラントは歯科医院で値段がかなり違います。 インプラントは厚生労働省の認可されたものを使用するのが基本だそうですが、 最近、輸入インプラント(中国・韓国など安さ優先)を使用し、激安をうたって、 顧客を集め、手術をしている歯科医院があるようです。 以前TBSの報道特集でもやっていました。 http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20100206_1_1.html 輸入インプラントを使用することは良いのですが、 条件として患者さんの了承が必要で、書面による確認をしなければならないそうです。 そんな承諾書があるのは知りませんでした。 通常、厚生労働省の認可のインプラントは、どんなに安くても5万円/本で、 消毒その他の人件費以外の経費が10万円ほどにはなるそうなので、 1本15万円~20万円は相場だそうです。 つまり5万円~10万円/本をうたっている歯科医院はちょっと注意したほうが良いとのこと。 このあたりのことを語られている歯科医院の先生もいらっしゃいます。 以下 http://blogs.yahoo.co.jp/shell777/19917984.html より ---------------------------------------------------------------- 韓国製インプラント 最近、非常に安いインプラントが多いですね。 韓国製のものが多く出回っているようです。 もちろん日本の厚生省の認可はおりてなく、 20万以下で治療しているところは気をつけたほうがいいとおもいますよ。 何しろ、原価が一本800円くらいらしい。(これじゃ、普通の工具のねじの値段ですね。) それでは10万円以下のインプラントがでてきてもおかしくないかな?もっと安くてもいいかも。 材料ももちろん純チタンではないらしく、到底人の口の中にいれるべきものじゃないとおもうけど。 怖い、怖い いくら安いからって、自分の健康のことを考えたら。 インプラント自体が感染したり、錆びだしたら回りの骨も一緒に破壊されてしまいます。 実際、信頼と実績のあるスイス製とか、スウェーデン製の一流メーカーのインプラントの 原価はその100倍位の値段です。 インプラント治療を希望される方は気をつけてくださいね。 ---------------------------------------------------------------- インプラントの適正価格はいくらなのでしょうか?

  • 「虜=とりこ=captives」とは何ですか?

    ◎「虜=とりこ=captives」とは何ですか? ーーーーーーーーー ◎参考1: 求めても求め得ぬ者、望んでも望み得ぬ者、狂おしいまでの乾きが、叶わぬ想いが、殺意と闘志を生む。心に地獄を持つ者同士の不可思議なる合意が、壮烈なる対決を生む。流される己の血潮で乾きをいやす。 One who follows but who can never catch up. One who desires but can never be fulfilled. One driven mad by a thirst. One whose wishes are denied him. A life of murderous intent. A life of hunger for battle. Two men who carry hell within their hearts... and share a mysterious empathy for one another... now embark on a heroic final battle. Only the flow of one man's blood will quench the other's thirst. ◎参考2: 私という、たぶん非通常人は、《いくら》、学生として15年間、会社員として20年間、【無謀すぎた地獄の底での異常な努力】をなぜだかか必死でして、また武術家・芸術家としての意外な勘の良さに気づいていた《ところで》、40歳をとうに過ぎた【今でさえ《幼い・・・》】。//なぜなら、32歳頃に不眠症と思い、ドキドキしながら近くの「精神科」へ行ったら70歳代の超ベテランの医師と偶然めぐりあい・・・【運命のある薬】と偶然出逢ったからだ。その処方があったおかげで、それまでの極めて【異常に覚醒度の低い約30年間の地獄】の底ではいまわる必死の忍耐と努力ばかりの(俺のp兄貴に言わせりゃ【悲しすぎる】と表現するだろう)流されない性格[=反慣性論的]ゆえの辛い人生が、初めて体験した原始的な人間らしい「効き目は短時間でも、何か幸福感のようなモノ」で、32年くらいかかり俺は人間として[やっと産まれ始めた]と言える。よって、現在、私の精神年齢は約10歳、つまり【未だ小学3,4年生】なのである。 [地獄]から半歩抜け出したが・・・: 【運命の薬】により、俺は地獄から半歩抜け出し、32歳ころ【初めて】心から深くリラックスし、薬が効いている時間のみ、痛みからだいぶ解放され、【意識もだいぶはっきり】し、五感の相関した【ヒト並みに近い環境認識】を[初めて体感したときの衝撃的感動]は、まさに【生きているだけで嬉しく】て、どんな些細な事も満面の笑顔でしていた。例えば紙をハサミで切るだけの作業なのに、今まで感じられなかった[落ち着いた雰囲気か、何か]が楽しくて、とはいえ、ハタから見たら[かなりアブナイ人間に見えて当然]な状態ではあったろう。 実は【その薬】は現在より少し前までは、ガンの末期患者や、うつ病患者、脳の専門医も痛みがひどい脳疾患に、当時は頻繁に使用されていた、副作用も中毒性も投与量を間違わなければ一切心配ない、脳に作用させる【魔法の万能薬】であったが、現在は陰謀めいた極端な【当局がらみの奇妙な禁止活動団体】が患者の知らぬ間に権威をふるい医師をビビらせ、以前なら痛みをそれで和らげていたガン患者達や、多くのうつ病患者達からは、不満の嵐が・・・。 患者達の心中はおそらくこうだ:【せめて最期くらい多幸感で痛みを消させろよ! モルヒネなんかじゃ眠気が強くて寝てしまうんだぞ!(寝たらやりたい事などできん!)/あの薬でウツ状態の意識の覚醒度を上げるのがなぜ悪い? そりゃ遊びでこの類を乱用する悪い人間なぞ世界中にワンサカいる。取り締まりに何の工夫もなく、全面的禁止に持っていったスピードの速さは「どう考えても、うさんくさい」と感じて当然だ。/なんでそんな極端な事を[主権者の国民にお伺い]も立てずに断行したのだ?(「断行」と言われない為の手口も見え透いていてバレバレ) 怪しすぎるぞ?】。 ====地獄の内容===== 生まれつき目が「重い弱視並み」の、ひどい障害=【眼振(日本の法律的には健常者)】である私は、(つづく) ※ちなみに、私は17歳頃まで、こう本気で信じていた:【全ての健常者の視野は、毎秒5回の高速なブレ振動を持っており視点が止まる時間は0.1秒以下であり、その瞬間的に捉えた静止映像を紙芝居鑑賞のように想像力で補い、[連続的な空想動画の視野]を得ており、誰一人として、完全に静止したような(ブレの無い)安定的世界など見ていない】と・・・。 (つづき)他の脳に起因する障害も多く【常なる身体の激痛で眠れず、朝方までキチ◎イのごとくのたうちまわり、何をやるにも常なる「眼振」による《めまい・ボンヤリ意識・二本足で歩く事への違和感》との壮絶なバトルで消耗しながらも】社会人として、幾多の戦場で戦い抜き、何とか優秀な社会貢献活動で満足のいく結果を出せた。/振り返れば、[全て、いままで誰もやっていない手法であった]ようで、、『他社との仕事の奪い合いや、己の出世競争』に一義を置く上司達からは、私のような【公益しか理解できないアホウ社員】の独断先行による公益アップ作戦の成功など、当然、減俸の対象となっていた。個人的家計は苦しくなり、手口は差別的であり、辛かった(戦国時代なら、苦しませずに消してやれるのだが、それができぬのが辛いね~)。 [学生時代の地獄] 超極貧 & 突然無意識で倒れそうになる発作 & 学問するにも文字をマトモに追えない & 特に縦書きなどを読むときは極度に集中力を消耗し[めまいで意識がもうろう] & 黒板の文字は席順が後方なら同様に極度に集中力を消耗しめまいで意識がもうろう[=常に乗り物酔い]であり、さすがに気力の限界を感じノートをとるのは何度もあきらめた[ヤケ] & 女の子の視線が気になる年頃、体育の授業では信じられぬだろうが、動くボールを目で追っても[ギザギザの奇跡を描いて飛んでくる]ため、マトモに打ち返すなど夢のまた夢 & サッカーなどの[走りながらのプレー]では、今ボールがどこにあり、今何が起こっているのか?、サッパリ見えずわからず、地獄的暗い精神=ヤケになって[参加しているフリ]に徹した。//クラスのみんなは、とても楽しそうであった「この落差は、なんなんだ?」 //ちなみに中学も高校も運動部に入って、朝一番で独りでボールを打ち返す練習をしていた。ランニングは先輩の厳しい指示で、ウンザリするほど毎日走っていた。異常に弱い体力(まるで弱い女性レベル)のクセして【見栄っ張りの性格】。無理がたたって、今も「疲れ易い」体質に。/「まるで弱い女性レベル」:筋肉の遺伝的性質や、骨格の細さ、関節付近の組織の弱さ、は、男の友人達とは、極端な差があり、体力測定では、常に最下位。それも男性の総合データから、離れ小島のようにポツンと点があり、かなり家でも鍛えていても、2日も経てば筋肉量はすぐ減り元に戻ることが観測の結果判明した。/通常人に比べ、呼吸も小さくてかなり速い。ある仲良しのお姉さんは、それに気づいて相当不思議がっていた。このテンポは猫のそれに[実はそっくり]なのだ。本心は四つ足で駆け回りたくなるのだが。そう。いくら表面的に人間の姿をしていようと、うまくコントロールできないのだ。普通に歩くだけでも周囲から注意され「矯正」しようと善意で言ってくるが、みんな「ダメだ、こりゃ」とサジを投げるという始末。/俺の手の小ささや手首の細さは、女性のモノに間違いない。/他にも奇妙な点が多々「あるが、読者をドンビク状態にさせるのは目的にあらず。よって省略。 [周囲の反応] 周囲の他者の指摘発言で、どうやら俺は【やる事、なす事、身体の動き方さえも、が異常すぎるらしい】という可能性が高く、1:好意的に捉える人からは【不思議なひとよ。/存在自体が面白すぎる。/カワイイッ女の子みたい】など、「What?」と謎すぎて呆然となり、//2:ほとんどである非好意的な人からは【できる限り関わりたくない。/何だか気持ちの悪い動きをする人ね。/一緒にいるとキチ◎イと思われそうなので避けたい。/アイツ[今日は]頭オカシクなさそうだよね】など、間接的に私の耳には入ってきていた。/いやーエグイ(笑)。 ======= 上記の「超ベテラン医師」へ6年後に「礼を言いたくて」会いにいくと、なんと【彼は、死ぬまで仕事をし、力尽きた・・・】そうで、私は呆然となり、こう感じた:【しかし、どえらい医師に診てもらえていた奇跡のような偶然・・・何もかもが劇的すぎやしないか? なんなんだろう?俺の人生は?】と、[私の興味の方位]が、それまでと違い【自分自身に】少しずつ[方向転換しだした]のだ。 その時より3年程前から、俺のp兄貴は、さらに厳しくなってきていて、俺の横着で幼児性丸出しのこの大馬鹿小僧に【あくまで対等な目線で、痛~い注意指摘のケツタタキのような^^自習的宿題】をさせ、俺はあたふた「考え苦しみ」ながらも・・・ある以下のような「ツブヤキ」を思い出していた。それは寿命まで働き、消えたあの超ベテラン精神科医が以前『私の睡眠データ』を見てつぶやいた、こんな[mysterious]なセリフである:【う~~ん・・・これは、『人間じゃない』ぞ、お前さん。こりゃ『四つ足の獣』や。だから薬で、やっとココの時期から『人間になれた』てことや・・・】。(^^)