• ベストアンサー
  • 困ってます

無重力の筋肉衰退について知りたいです。宇宙飛行士が

無重力の筋肉衰退について知りたいです。宇宙飛行士が宇宙空間の無重力状態から戻ってきた時全然身体が動かさなくなってますよね?無重力空間にいると立てなくなるほど簡単に衰えてしまうんですか?日本の宇宙飛行士 の誰かは宇宙空間でもトレーニング欠かさなかったから動けたみたいな事あったような気がします。 無重力って例えば水に浮いてるのも無重力ですよね?水の中に何日もいれば立てなくなっちゃうんですか? だとすると逆に地球の1Gより大きい10Gのところで生活すると、とんでもなく身体能力が上がる?ドラゴンボールみたいな話ですが、重力室で何日も生活すればあっという間にオリンピック選手以上の身体能力になるという事ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数406
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>無重力空間にいると立てなくなるほど簡単に衰えてしまうんですか?  はい、その通りです。  人間に限らず大抵の動物の身体は、使っていない筋肉を壊して、余分なものを無くし、エネルギーを節約しようとします。  無重量状態では、「重力によって体が倒れてしまう事」を防ぐために体を支える必要が無くなりますので、身体を支えるために使用される筋肉が急速に衰えてしまいます。  その筋肉が衰えて行く事を少しでも遅らせるために、 >日本の宇宙飛行士 に限らず、無重量状態で何日も暮らす宇宙飛行士は誰もが >宇宙空間でもトレーニング を欠かさず行う事がノルマとして課せられています。 >無重力って例えば水に浮いてるのも無重力ですよね?  いいえ、水の中でも鉄は沈みますし、発泡スチロールは浮き上がって行きますから、無重力ではありません。 >水の中に何日もいれば立てなくなっちゃうんですか?  人体の単位体積当たりの質量は水とあまり変わりが無いため、水の中では浮力によって、「身体を支えるために筋肉が出さねばならない力」が大幅に少なくなります。  そのため、もし水の中で何日も暮らしていますと、筋肉が衰えて立てなくなってしまう恐れが極めて高いと考えられます。(重りを身に付けて暮せばそうはならないと思います)  但し、身体を動かす際に加わる水の抵抗は、空気中で動かした場合の空気抵抗よりも千倍も大きいため、水中でじっとしているのではなく、頻繁に体を動かす様な暮らしをしている場合には、筋肉が逆に増える可能性すらあります。 >地球の1Gより大きい10Gのところで生活すると、とんでもなく身体能力が上がる?  10Gなどという高いGが加わる環境に置かれた場合、血液が重力に引かれて足先等の下半身の方に集まってしまい、脳の方に行く血液が足りなくなりますので、訓練された人間が耐Gスーツを着込んでいたとしても数分と持たずに失神してしまいます。  又、血液が下半身に集まって循環し難くなるため、心臓に加わる負担がとんでもない事になりますので、その様な所に何日も置かれていれば、おそらく心臓のトラブルが起きて死んでしまうのではないかと思います。  ですから、その様な所では人間は暮して行く事が出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 宇宙飛行士ってどんな訓練を受けてるのですか?

    宇宙飛行士ってどんな訓練を受けてるのですか? 周りが宇宙空間で、さらに無重力の状態で長期間、宇宙船の中で生活を行ってると、普通の人だったら、精神的におかしくなると思うのですが 宇宙飛行士って宇宙に上がる前にどんな精神的な訓練を受けるのでしょうか?

  • こんな可哀相な宇宙飛行士を皆さんはご存知ですか?

    宇宙飛行士が乗った宇宙船は宇宙空間で故障して漂流、打ち上げた国はその事実を隠蔽する。 一方でその宇宙飛行士の乗った宇宙船はある惑星に不時着する その惑星はとても過酷な環境にあった。 その環境によって宇宙飛行士の体は巨大化し怪獣に姿を変える。 怪獣となった宇宙飛行士は、自分を見捨てた地球人類に復習すべく地球に戻ってきて暴れる。 しかし、地球を守るヒーローが現れてあっけなく倒されてしまう・・・。 しかも地球人であることは一切公表されないまま一匹の怪獣として葬り去られた。 しかし、唯一の幸運は生まれ故郷である地球の土に埋められたことであった・・・。 皆さんはご存知ですか?こんな可哀相な宇宙飛行士がいるのを

  • 宇宙飛行士になるには大学の何科に行けばいいでしょうか?

    僕の将来の夢は宇宙飛行士です!! でも、どんな学科を受ければいいのか解りません・・・ ちょっと前までは航空宇宙かに行けば宇宙飛行士になれると思ってましたが、 航空宇宙科に行くと宇宙飛行士ではなくロケットを作る技術者になってしまうようなのです。 やっぱり無重力ですから物理学科ですかね? 進路選択はまじかに迫っています。 だれかおしえてください!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

初期の有人人工衛星のパイロットは、わずか24時間無重力にいただけで地球に帰ったときはまったく立てなくて、スタッフ2人に抱えられるようにして衛星から出てくる映像を見たことがあります。パイロットは「まるで足がしっぽになったみたいだ」と語っていたそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

男子がシンクロナイズドスイミングに挑戦する映画が受けましたが、女子日本代表がインタビューで悩みを告白していました、自分の筋肉は強靱になる、一方使われない大腿骨が骨粗鬆症になる。あなたの疑問にはタップリお答えがある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tracer
  • ベストアンサー率41% (255/621)

まったくの素人ですが、推測できそうなので回答してみます。 >無重力って例えば水に浮いてるのも無重力ですよね? 10Gの場合、自分の体重が10倍になるという説明をよく読みますが、あまり正確な表現ではない気がします。たとえば、こういう考え方はどうでしょう。 「自分の内臓が通常の10倍の力で下に引っ張られる」 どうですか? 水の中であれば耐えられそうですか? きっと耐えられないですよね。 おそらく、まともな食事なんて出来ないでしょうし、出来たとしても消化器官が機能しないですよ。 食事だけでなく、ほとんどのの内臓機能が正常に動作しないでしょう。 >10Gのところで生活すると、とんでもなく身体能力が上がる? 理屈の上ではそうなると思いますよ。 ただ、そのような環境下に長期間滞在できればの話です。 人間の体は1Gを前提にて進化し(作られ)ているので、1G以外の重力環境下で長期間滞在した場合、生命に関わる重大な支障をきたす人がほとんどだと思います。つまり、そもそも長時間いられないということです。例を用意するなら、重力を気圧に置き換えみるとわかりやすいと思います。深海魚が浅瀬で生息できるか、ということです。気圧の違いで破裂してしまいますよね。中にはそれに順応できる個体がかなりの低い確率で存在するかもしれませんが、基本、そのような環境下では生息できないというのが予想できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 最高齢宇宙飛行士

    将来、 宇宙空間に短時間行って戻ってくる宇宙空間体験型旅行が一般的になってきた場合、 いずれは書き換えられるにせよ、最高齢宇宙飛行士の称号を買うべく、 財力と人脈に任せて、最高のスタッフと高価な設備で補強して、本人は申し訳程度に体力作りして、 宇宙空間体験型旅行をしようとするアジア人は出てくるでしょうか?

  • 宇宙飛行士は息を吸ったり吐いたりして移動出来るのか

    無重力状態にいる宇宙飛行士は、息を吸ったり吐いたりして、身体を移動出来るのでしょうか。

  • 帰還直後の宇宙飛行士について

     アメリカのスペースシャトル、ロシアのソユーズ。  今の所2国が宇宙船で人間を宇宙に送ることができますが、その帰還の様子をテレビ放送をされる場合もあり、宇宙飛行士のインタビューもあります。  でも、2つの飛行船には不思議に思った事があります。それはスペースシャトルの宇宙飛行士は堂々と歩けますが、ソユーズでは誰かに支えてもらいながら宇宙船から出してもらっています。  無重力の世界から戻ると、体が重くて歩けないのでしょうけど、スペースシャトルの宇宙飛行士はなぜ歩けるのでしょうか?

  • 宇宙飛行士は他の飛行士のおならで窒息するでしょうか

    宇宙船の中の無重力状態にいる宇宙飛行士が、 他の宇宙飛行士の出したおならに顔を突っ込んだら、 窒息するのでしょうか。

  • 先日、テレビで女性宇宙飛行士が無重力状態でのシャボン玉がどうなるのか実

    先日、テレビで女性宇宙飛行士が無重力状態でのシャボン玉がどうなるのか実験したいと言っていました。 (地上ではシャボン玉の色が重力のせいか下に寄ってしまうらしいのですが、無重力では均等に色が着くのか調べたいということです。) そこで疑問が浮かんだのですが、現在の科学技術では無重力空間を作ることは出来ないのですか? 出来るのならば、わざわざ宇宙へ飛ばなくてもと思うのですが… モルモットの実験等もどうなんでしょう?分かる方いましたらよろしくお願いします。

  • 無重力空間での生理について

    無重力空間での生理について デリケートな問題なのでなかなか調べきれないのですが、女性宇宙飛行士の月経はどのようなもので、手当てはどのようにされるのでしょうか? 無重力において経血が行き場を失い、子宮も鬱血してかなりの生理困難になると思うのですが。 それとも、投薬で宇宙空間飛行中の女性の生理を止めてしまうのでしょうか?

  • 宇宙服がブカブカだから女性宇宙飛行士がいなかったか

    ボストーク1号でガガーリンが宇宙に行って以来、 相当長い間、ソ連のテレシコワさん以外に女性宇宙飛行士がいなかった時期が続いていましたが、 女性宇宙飛行士が長い間いなかったのは、女性は男性より身体が小さいので、宇宙服が女性には大きすぎてブカブカだったので、そのため女性宇宙飛行士がいなかったのでしょうか。

  • 宇宙飛行士の体験談を、まとめた本ないですか?

    宇宙から帰還した宇宙飛行士の記者会見を見ていると非常に面白いです。 宇宙空間と地球上の違い、地球に戻ってからの宇宙・宇宙へ行く前との感覚、筋力の違い。 地球に戻った直ぐは自力で立てない、平衡感覚が失われる、骨密度の低下、筋力の低下、宇宙ステーション内での実験、宇宙ステーション外へ出るのに宇宙服(?)を着るのに気圧調整に長時間かかる、等々。 学問・知識がなくても話を聞いていると面白いです。 こういった、あまり専門的・難し過ぎない、簡単な宇宙飛行士の体験談を、まとめた本ないですか? 日本人宇宙飛行士の人が本を出してるので、それを読めばとも思いますが、予算的に辛いです。

  • 女性宇宙飛行士の身体が小さい問題はどう解決したのか

    昔、女性がスペースシャトルの乗員として、宇宙飛行士になり始めたとき、 女性は男性宇宙飛行士に比べて身体が小さいので、 宇宙服がぶかぶかだったりする問題があると言われていた気がしますが、 その問題はどう解決されたのでしょうか。 女性宇宙飛行士の身体が男性より小さいことによる、 宇宙服のサイズが合わない等の問題はどうなったのでしょうか。

  • 宇宙飛行士になるというのは要は転職ということ?

    自衛官や全日空の方が宇宙飛行士に選ばれたそうですが、これは転職と考えていいのでしょうか。 すなわち、宇宙飛行士の任務を終えた後も、定年までJAXA等の職員として給料を支給され、生活していくのでしょうか。 それとも、もとの職場に戻るのでしょうか。 ふと気になったので、ご存じの方は是非教えてください。