• 締切済み
  • 暇なときにでも

超感覚アナルマン

2巻以降が出ないのは、出版社とのトラブルがあったという噂なんですが、 事実関係はどうなのでしょうか。 今後も出る見込みはないのでしょうか。

  • K-1
  • お礼率61% (340/557)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数491
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.1
  • harupu
  • ベストアンサー率25% (13/52)

ごめんなさい、解答じゃないのですが・・・。 そんな噂自体を知りませんでした。 そうだったのですか。 初めて知りました。 毒にも薬にもならない莫迦莫迦しさが、 すごく好きで次巻を待っていただけに残念です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「トライガン」読む順番?

    「トライガン」シリーズを読もうと思うのですが、 「トライガンマキシマム」より「トライガン(全3巻)」が先ですよね。 では、「トライガン♯1、2(全2巻?)」というのは? 旧トライガンを新しい出版社で発行し直したものなのかな、とは思うのですが巻数も違うようですし…

  • 漂流教室の第二巻

    TVで漂流教室が始まったことに触発されて、原作のマンガ(小学館文庫)を買い求めました。ところが1巻と3巻~6巻が手に入ったのですが、2巻だけどうしても手に入りません。出版社にも在庫がないそうで、しばらく手に入れられそうにありません。(テレビの影響ってすごい) そこでお願いです。 2巻を飛ばして読もうかと思ったのですが、やっぱり内容がつながりません。どなたか2巻のあらすじをご説明いただきたくお願いします。

  • 漫画のスキャンレーションに対抗策はないのですか?

    日本の漫画や雑誌が違法にアップロードされ、 英語などの各言語に訳したものがネット上に散見されます。 いわゆる「スキャンレーション」です。 日本の出版社が提訴したという事例を聞いたことがありません。 警告などは何回もしているようですが・・・ 何故、提訴しないのでしょうか? 出版社側に勝つ見込みがないのでしょうか? 法的な観点から教えてください。

  • お寿司の本

    けらえいこ「あたしンち」の2巻、22話(92ページ)で、 みかんとユズヒコが見入っている、 えんえん握り寿司の写真だけの本がありますよね。 これは実際にある本らしく、以前見かけたことがあるという友達が 欲しがっています。 本の題名、出版社などご存知の方がいらしたら教えてください。 よろしくお願い致します。

  • やまねあやの ファインダーシリーズの2巻目について

    つい先日、本屋でやまねあやのさんのファインダーシリーズを目にして、面白そうだと思い、購入しました。 でも、本屋に1巻と、3巻と4巻しか見当たらなかったので、とりあえずその3冊だけを購入しました。 1巻を読んで、どうしても続きが気になってしまい、3巻に手を伸ばしたんですが、2巻を読んでいないので、さぞかし意味の分からない展開になっているだろうと覚悟をして開いたんですが、実際には何の問題もありませんでした。 そこで、逆に疑問です。 2巻目は、一体どんな内容だったのだろうと^^; 2巻目を探しているのですが、なかなか本屋などでは見当たりません。 確か、出版社が一度無くなって、コミックの方も新装版になっているんですよね?? 私が買った1、3、4巻も新装版の方だと思うんですが、2巻は新装版にはなっていないのでしょうか? ネタばれにならない程度の2巻目の内容と、2巻の新装版についてご存知の方がいらっしゃったら、回答をお願いします。

  • スラムダンクがおわったことについて

    噂話かもしれないので、ファンの方には怒らずにきいていただきたいのですが、最近、友人から「スラムダンクがあんなふうに途中でぷっつり?みたいな感じで終わっているのは、出版社さんと揉め事があったからみたいだよ。」ということを聞きました。 だから、そのあとにでた、続編の黒板のはご自身のHPで売っていたのかな?と思ったですが、でも今、同じ出版社でリアルを掲載しているということは、これはデマ情報なのかな。と。 ちょっと気になったので、ご存知でしたら教えてください。

  • 著作財産権を放棄したら著者も同一表現は不可?

    出版社から、過去に出版した私名義の書籍の著作権を放棄してくれといわれています。 もう初版の印税も受領したし、今後増刷の見込みもないし、 原稿の二次利用があったとして、どう使ってもらおうと構わないので 財産権の放棄や人格権の不行使も異存はありません。 ただ、今後同一テーマで私がなにか書くときに、 表現の同一・類似があったら、その出版社から「著作権侵害」と いわれるのかどうかが心配です。 私名義の著作物は、出版社の思想または感情を表現したものではなく、 あくまでも私のそれを表現したものなので、 今後の著作活動で表現が重なることはありますし、 それを放棄ということは、その思想や感情自体をやめるということですから、 現実にできないのではないかと思うのです。 ですから、基本的には了承しても、そうしたトラブルを回避する 留保をつけておきたいのですが、どうすればいいでしょうか。

  • フリクリが欲しい

    ウエダハジメ氏の『フリクリ』という漫画を探しています。一巻はインターネットで注文して買えたのですが、2巻はどこの横浜のどこの本屋にもないし、ネットショップのサイトでも在庫なしでした。 出版社の在庫もないそうです。 どうにかしてこの本を手に入れる方法はないでしょうか? 多少遠くても売っているところがわかれば買いに行きたいです

  • 書籍の著者に払われる印税の確認法

    著書に入る印税は 一部例えば100円×部数=総印税額 となると思うのですが、一部についての印税単価は明確ですが、どれだけ売れたかは、出版社は著者にどのようにアカウンタビリティを発揮して説明するのでしょうか? 出版社が売れた冊数をごまかして著者とトラブルになるようなことはないのかという素朴な質問です。

  • 小説等の文庫化

    小説等の書籍が出版され数年後に文庫化されるとき、出版社が変わることがよくありますが、これはなぜでしょうか。 また、作品の著作権などは著者だけでなく出版社にも帰属すると思われますが、どのような扱いとなるのでしょうか。 ご存知の方、ご回答よろしくお願いします。出版社関係の方のご回答を頂ければ幸いです。