• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本車のハイオク仕様 適正オクタン価は?!

いわゆるスポーツカーは除きます 一応はレギュラーでもOKだけど、本来の性能を発揮するにはハイオクが基本となる仕様の日本車の乗用車 実際の適正オクタン価はいくつなのでしょうか? 欧州車だと、実際に欧州では3タイプのガソリンが販売されているらしく、それに合わせて取説には ・本来の性能を存分に発揮したい場合は、98以上 ・普段使いで過不足ないのは、95 ・故障はしないけど緊急時に仕方ない場合は、90 という旨が記されています その欧州車に試しにレギュラーを入れてみたら、ハイオクとの価格差以上の燃費悪化と著しいパワーダウン レギュラー:ハイオクの半々のブレンドだと、普段使いではハイオク100%と燃費もパワーも遜色無し 石油会社に問い合わせてみたら、ハイオクとレギュラーをブレンドすると、オクタン価はその割合に応じて平均化するとのこと なので、取説の記載通りとなりました では、日本車のレギュラーも可のハイオク仕様車はどうなんでしょうか? ほとんどが輸出もされているので、ミドルクラスのオクタン価95でも十分? (ハイオク・レギュラーの半々ブレンドでも十分?) それとも、ECUが日本向け仕様になっていて、やはりハイオクじゃないと燃費もパワーも十分には発揮できない仕様?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1152
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

2006年のことですが、三重県津市のある給油所で10年間にわたり、「ハイオク」を取り違え、「レギュラー」を顧客に販売していたことがあって、大きなニュースになりました。 誤って販売した量は約166キロリットル。 延べ数千台の車が「ハイオク」のつもりで走っていたことになります。 この事実から推定しますと、 “走り”の変化にほとんど気づいていないこと、そして、気になるような酷いノッキングは発生 しない、と言うことです。 ハイオク仕様車にハイオクを入れて真価を発揮するのは、エンジン高回転・高負荷時です。 最もノッキングしやすい領域であり、かつノッキングが連続して発生すれば、エンジンに大きなダメージを与える領域です。 例えば、4人乗車で上り坂をグングン走っているときです。 ガソリン自体の持つエネルギーは、ハイオクもレギュラーも同じです。 ハイオクは、高圧縮してもノッキングしにくいので、高圧縮できます。 より高圧縮できれば、爆発燃焼時、ピストンを押し下げる力がより大となって、力強い走りとなります。 上記の例で、乗車人員が少なくなれば、また、坂道の勾配が緩やかになればなるほど、ハイオクの効果は薄れていきます。 少々の上り下りがあっても一人のんびり走っている分には、ハイオクもレギュラーも変わりません。 >一応はレギュラーでもOKだけど、本来の性能を発揮するにはハイオクが基本となる仕様の日本車の乗用車  >実際の適正オクタン価はいくつなのでしょうか? JIS規格、オクタン価96以上のハイオクです。 メーカーが責任を以て推奨している値です。 高回転・高負荷であっても、EGRなどの不調が起きたと言うような、そのような不測の事態も想定して、実証実験して確認した値です。 現実には、レギュラーのガソリンが使われたとしても、また、ハイオクと混合されてどのようなオクタン価になっていようとも、瞬時に(数秒後)ノッキング限界すれすれの点火時期でエンジンを回転させることができる仕組みになっています。 この仕組みを「ノックコントロール」と呼んでいます。 90年代以降の乗用車であれば、レギュラー仕様であっても、ノックコントロールを採用しているはずです。 軽でもターボ車には採用されています。 しかし、車の“走り”が少々落ちてもよいのであれば、自己責任でレギュラーを混合するという選択もありですが、うまくいくかどかは、それは個々の車によって異なります。 まず、搭載されたECUとセンサー類の性能によります。 同じ銘柄の車であっても、年式や走行距離によって、“ノッキングの出やすさ”が違いますから、やってみなければ分からないというのが現実です。 車は、経年変化で燃焼室のデポジット(燃料のもえかす)が増えたり、冷却性能が劣化したりして、ノッキングしやすくなります。 つまり、個々の車によって、ハイオクにレギュラーを混ぜた場合の、影響が異なるわけです。 だから、「実際の適正オクタン価はいくつなのでしょうか」に対する回答は、 「走行条件によってはある程度、走行性能が低下するおそれがあることを許すとしても、個々の車によって異なります」としか回答できません。 なお、ECUの点火時期制御は、優れた学習機能を有する日本の技術が世界一です。 ハイオク給油ミス http://techon.nikkeibp.co.jp/rcolumn/DM_COLUMN_LEAF/20061019/122458/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • VWゴルフのハイオクガソリンをレギュラーに

    VWゴルフのハイオクガソリンについてです。 欧州のレギュラーガソリンのオクタン価は、日本ではレギュラーとハイオクの中間にあるとのことで、欧州輸入車はハイオク仕様になる、と聞きました。 そこで質問です。 そうだとしたら、給油時にレギュラーとハイオクを半々に入れば、節約にもなるし、オクタン価的にもちょうど良くなると思いますが、何か問題があるでしょうか? 教えてください。

  • 欧州のオクタン価と日本でのガソリンの入れ方

    よく、欧州ではオクタン価が高めなので輸入車はハイオクが合う~のような話を聞きますが、私の場合バイクなんです。 車種はホンダCB500、スペイン向け逆輸入車です。 油種の指定も無かったのでずーっとレギュラーを入れていたのですが、試しにハイオクを入れたところ、タコメーター後半での軽さが全然違うんです。 電子頭脳を積んでいる車とは全く異なる、キャブ仕様庶民バイクですが、そこまで考えて設計されているものなのでしょうか?それともただのプラシーボなんでしょうか・・・。 日本だとレギュラー90、ハイオク100、欧州だとレギュラーで95とよく言われますが、逆車でこの差を体感したことのある方、試しにブレンドしてみたことのある方などのご意見をお聞かせください。m(_ _)m

  • ハイオク仕様に・・・

    ホンダのMDX(ハイオク仕様)にレギュラーを入れたらどのくらいパワーが落ちるんでしょうか。ハイオクとレギュラーを半々ではどうでしょうか?ガスが高くて堪らない今日この頃なんで少しケチりたいんですが。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

ヨーロッパでは、3種類では無くもっと多くのオクタン価でのガソリンが販売されて居ますよ。 日本の様に、レギュラーとハイオクと分かれて居る様な感じではありません。 スタンドの看板にオクタン価が出て居る位です、 日本のレギュラーガソリンはオクタン価が89以上と言うのがJIS基準だったと思います。 そこに98のハイオクを同量入れれば、92~3になる訳です。 ヨーロッパなどの車の場合は、日本で言うカタログや取扱説明書を見れば、オクタン価ごとのパワーと燃費が書かれて居ます。 95なら何PSの燃費がいくつ、98なら何PSの燃費がいくつ、と言う様に書かれて居ます。 日本車でも同じです。 オクタン価の低いレギュラーを入れると、最大出力は落ち、燃費も悪くなります。 当然オクタン価を下げたブレンドガソリンを使うのなら、燃費は落ちますしパワーも無くなります。 わざわ、間のオクタン価をくつって実験する事はありませんが、マッピングを変えた所で、オクタン価を下げれば、燃費とパワーは落ちると言う事には変わりがありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

2年前まで所有していたハイオク仕様の車では、ブレンドの95オクタンで燃費、ドライブフィーリングに変化は生じませんでした。 それ以下のオクタンでは燃費が悪化しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ハイオクとレギュラーの混合

    欧州車に乗っています。 ガソリンはオクタン価95以上が指定されており、レギュラーだとやはりエンジンへの影響等が不安で、今はハイオクを給油しています。 質問なのですが、日本のガソリンのオクタン価はレギュラーが90、ハイオクが100と言われています。 例えば、それぞれを半々ずつ給油した場合、オクタン価95のガソリンとなるのでしょうか? オクタン価とはこういった単純に計算できるものではないのでしょうか? 宜しくお願い致します。 また、ハイオクとレギュラーを混合する事の影響についても何かありましたらお願い致します。

  • レギュラー仕様にハイオク

    NCP31bBレギュラー仕様にハイオク入れたらそれにあわせてノックセンサーが感知してそれなりに点火時期がかわるとききました。どのくらい点火時期はかわるんでしょうか? レギュラー仕様ECUでオクタン価でどのくらいまで対応できるんでしょうか? 出光の人はレギュラー仕様ECUだとオクタン価96位しかしんかくはしないといってました。

  • ハイオクとレギュラー仕様のエンジンについて(NA限定)

    エンジンのスペックを見ていて気づいたのですが、 同一排気量のNAエンジンとしてハイオク仕様とレギュラー仕様について 1.ハイオク仕様はMAXパワーがかなり高い 2.トルクは若干ハイオク仕様が高い 3.最高回転数はかなりハイオクが高い 4.ハイオクはアンチノック性がレギュラーより高い 以上から下記内容はあっていますでしょうか? 5.ハイオクガソリンは高回転こそ生きる  つまり高回転時はノッキングしやすい 6.レギュラー仕様は高回転を捨てることにより  圧縮比を高めることができ、結果トクル、燃費を  高めることができる。その分パワーはとれない。 7.レギュラーでパワーをとると圧縮比低下、その分  燃費低下

  • ハイオク仕様車とレギュラー仕様車

    車のエンジンにはハイオクとレギュラーの仕様車がありますが、ハイオク仕様車にレギュラーを入れるとやはり良くないのでしょうか?(故障につながるようなことがあるとか・・・) また、レギュラー仕様車にハイオクガソリンを入れると燃費が上がると聞いたんですがホントでしょうか?

  • バイクにハイオク仕様が少ない理由は?

     前から疑問に思っていたバイクにハイオク仕様車が少ない 事についてアドバイスをいただきたいと思います。m(__)m  僕が聞いた話ではハイオクというのは オクタン価が高い→圧縮比が高くなっても自然着火し難い 高性能エンジン→おおむね圧縮比が高い→レギュラーだとマズイ  といった理由だったと思います。  洗浄成分が入っているからという理由もあるそうですが 今回は圧縮比とかそちらの方面のお話しでお願いします。  確かYZF-R1が最初に販売された時 1000CCで150馬力だったと思いますが レギュラー仕様と本に書いてありました。  車だったら絶対ハイオク仕様になっているだろうと思うのですが アメ車(四輪)で排気量に対して低馬力、低トルクなのにハイオク仕様 というのを結構見かける気がします。  でも車のカテゴリーで日本車だったらハイオク車にレギュラーを 入れても問題ないが外車で同じ事をやると壊れやすいとありました。  バイクの雑誌で僕と同じようなことを質問している人がいましたが 専門家の回答は圧縮比が高くてもレギュラーで大丈夫なような ピストン形状だから?というなんかあいまいな回答でした。  長くなりましたがこれらの事について教えてください。m(__)m  (素人なのでわかりやすくお願いします)    

  • 低燃費志向のハイオク仕様車

    今月は、とりあえずガソリン価格が下がってきていますが、ガソリンが高騰するとハイオクとレギュラーの値段の価格差(比率)が小さくなるように思います。 通常ハイオク仕様車は、パワーを追求するスポーツカーや高級車に設定されていると思います。  しかし、発想を変えて、ハイオクガソリンのアンチノック性を最大限に利用し、パワー追求ではなく低燃費志向の高圧縮比ハイオク仕様車を設計するとしたら、レギュラーとハイオクとの価格差を吸収できるような低燃費な車って実現できるものなんでしょうか。 もし、すでに実現されているとしたら、例えば、将来ガソリン価格の高止まりが決定的になった時に、軽自動車から高級車まで、全車種ハイオク仕様に切り替える方策もありでしょうか。

  • 日本のガソリンは、ハイオク・レギュラーの二種類だけ

    日本のガソリンは、ハイオクとレギュラーの二種類しかありません 諸外国には、ハイオクとレギュラーの中間のオクタン価も含めた三種類が珍しくありません 輸入車の日本語版取説にも、三種類のオクタン価における特性についての記載があります 日本では、オクタン価が二種類しかないのはナゼなのでしょうか?

  • ハイオクガソリン仕様の車にレギュラーガソリン

    平成10年(1998年)式ニッサン・ステージア RS 2500ccのハイオクガソリン仕様に乗っています 最近のガソリン高騰で燃料費が家計を圧迫します ハイブリッドカーや低燃費の車に乗り換えたいのですが余裕が無くて現車で我慢してます 周知のようにガソリンが高騰しており、ハイオクガソリンはいまや1リッター167円になりました そこで、ハイオクにレギュラーを混ぜても大丈夫なのでしょうか? 車に詳しい人の話では、昔のハイオク車にレギュラーを入れるとノッキングしてパワーが落ちて走ら なかったけど、最近の車にはオクタン価のセンサーみたいなものが付いていて20~50%くらい混ぜ ても大丈夫だと話していました もちろん車、エンジンによくないのは推測できますが、半分くらいなら大丈夫なのでしょうか? 内燃機関に詳しい方のお話を聞きたいと思い投稿しました よろしくお願いします

  • レギュラーとハイオクなどに関して、

    レギュラーとハイオクなどに関して、 こんにちは、よろしくお願いいたします。 表題に付いてなのですが、私の会社の先輩の中に2人ほどレギュラー仕様の車にハイオクを入れている人がいます。 その時によっても入れ方は違うようなのですが、「今日はハイオクを半分足したよとか、やっぱりハイオクを入れるとパワーが違うし燃費も良くなるよね」などと2人で仲良く話し合っているようです。 ハイオクの方がレギュラーよりも値段が高い事が、この先輩達のような思い違いや、思い込みをしてしまう人達を生み出してしまう原因なのだと思います。 仲の悪い先輩ではないので、無意味な事で無駄な出費になるだけだから止めさせてあげたいと思うのですが、2人とも完全に思い込みが激しくて、後輩の立場である私のアドバイスなどまともに聞いてくれそうも有りません。 ハイオクはオクタン価を高くして着火点を高くする事で不正爆発を抑制したり、エンジンの圧縮圧を高めた車に使用してハイパワーを発生できるようにしてあるだけで、別にレギュラーと比較して高級なガソリンという訳ではないので、元々がハイオク仕様でない車に使用しても全く意味が無くお金の無駄遣いにしかならないのは、有る程度の車の知識が有る人間なら分かるはずなのですが・・・。 (簡単に言うとハイオクは燃え難いガソリン?、少しニュワンスがちがうかな?) (プレミアムガソリンの中にはわずかな洗浄成分が入っている物が有り、10万キロくらい使い続けると違いが出て来るとは聞いていますけどね) 私達の勤めている会社は自動車を製造している会社なので、先輩達だって車の知識は一般人よりは詳しいはずなのですが駄目です、製造メーカーの社員ですらこの状態ですから、一般のユーザーがハイオクは高級なガソリンで値段が高い、だからレギュラー車にハイオクを入れると燃費やパワーがアップすると思い込む人が大勢いる事は無理も無い事だと思います。 話が横道に反れましたが、そこでレギュラーとハイオクの違いの意味や、レギュラー仕様の車にハイオクを入れても全く意味が無い事を簡単に分かりやすく説明しているサイトをご存知の方が居られましたら是非教えて頂きたいのです。 もしくは、この2人の先輩に後輩の私が上手くガソリンの特性の事を説明するのに、良い手立てがございましたらお知恵をお貸し下さい。 長くなりまして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

  • 欧州車がハイオク指定ならば?

    某輸入車ディーラーで「欧州と日本ではガソリンのオクタン価が異なるのでハイオク仕様になります」といわれました。 単純な疑問 「では、ハイオク仕様国産車をヨーロッパで走らせるときはあちらのレギュラーガソリンでいいの?」 くだらない質問でスミマセン。国内でもガソリン価格の高騰でハイオク仕様車にレギュラーを入れている人がいるのは知っています。まあ、走るんだろうなとは思いますが、当たり前のように「ハイオク仕様」です」と言われたので・・・・・ ガソリンの質が悪いといわれる中国でもBMWやAudi走っていますけど、中国のハイオクってどうなんでしょ?