• ベストアンサー
  • 困ってます

隣地との境界線

今回、隣地の地主から土地の測量の申し入れがあり土地家屋調査士が測量に来ています。 登記簿に記載されている土地の面積より、実際の土地の面積のほうが大きいのです。 土地の2方向は道路で境界杭(コンクリート製)があります。 しかし公図と当方が購入した土地と形が違っています。 購入した当時は昭和20年台で図面などはなく、地番と面積(実測より小さい登記されている面積)だけが記された契約書だけ残っております。 公図では隣地境界線が2点を結ぶ直線になっていますが、昭和20年台に土地の造成をする際に作成した図面ではもう1点ポイントがあり公図より大きい土地になっております。 そのポイントには杭などはありません。(上記の造成図面でしか証明できません) 土地家屋調査士は「公図が直線なのでそのとおりにする」と言っておりますが、納得いきません。 今のところ穏便にしておりますが、登記面積より実測した面積のほうが大きいことが弱みになりそうで、どうしたら良いのかわかりません。 土地地積更正登記はしなくてはいけないのでしょうか? 隣地境界をどのように主張すれば良いのでしょうか? 皆様の意見をお聞かせ下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1269
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • teinen
  • ベストアンサー率38% (824/2140)

 地積測量図のない土地は,大抵,登記されている面積より大きいのが普通です。  私共測量関係者の間では.「縄延び」と言います。昔は縄で周長を測ったのですが,ピンと縄の張ると縄が延びて,正確な長さより短く測量されていました。  と言うことで,登記の面積より実測の方が大きいのは普通ですので,何も弱みに思う必要はありません。    さて,直線上に公図では折れ点がある場合,これを無視して一直線であるというような地積測量図は登記所が難色を示します。同じく,公図で一直線になっている土地について,途中で折れ点があるような地積測量図についても難色を示します。    隣地境界は,本来は行政が確定しなければならない事案ですが,現実には隣接土地所有者同士の話し合いで決められています。もし,土地家屋調査士が示した測量図に納得が行かなければ,境界同意の書類に印鑑を押さなければ良いのです。  結局は隣接土地所有者と納得が行くまで話し合うしか境界を確定できないのが現実です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

teinenさん、回答ありがとうございます。 「縄延び」の件、大変参考になりました。 おっしゃられるようにまずは話合いをしてみます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#8692
noname#8692

「公図」の意味をご存知ですか? 「公図とは道路や隣地との『位置関係』を示す図」であって「土地の形や面積を示す図」ではありません。 土地の面積や形状を示す図は「地籍測量図」と言う図があり、現在は公図も正確になってきていますが昭和20年代の公図なんて「位置関係を示す図」以上の根拠はありません。 また当時は土地の税金を安くするために土地の面積を実際の面積より小さく登記するのが「普通」です。 つまり昭和20年代の公図は位置関係を示すだけの図であり、形状はいい加減であり、また現状の土地の面積より狭い面積であってもなんら不思議ではない(てか一般的)のです。土地を扱う人間であればそのことは「常識」です。 分っている上で言ってきているのです。 「隣地境界」は接する土地の所有者がお互い納得した「点」が境界となります。 また、10年間なんら問題なく占有所有していた場合は時効取得できます(悪意があったり、重大な過失があったとしても20年で時効取得できます)。 主張すべきところは主張すべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

hutuuno_hitoさん回答ありがとうございます。 土地家屋調査士はおじいちゃんで悪い人ではないと思うのですが、ややっこしい事に首を突っ込みたくないのでしょうか。 登記してある面積が小さい事が「悪意」みたいな感じで弱みになるのでは?と思っておりました。 正当な主張として語ってみます。

  • 回答No.2
  • ta-chi
  • ベストアンサー率24% (28/116)

悪徳不動産屋です。 このケースの場合、話合いで解決するしかありません。 昭和20年代の造成図は公的書類ではないのであくまで参考程度です。公図が直線だから直線ですよというのも少し変です。公図ではなく地籍測量図はないのでしょうか?そうすれば、正確なポイントの位置がわかるのですが…。まあこのような問題になるということは地籍測量図ないのでしょうね。お互いの納得いくように話合ってください。それから測量に入っているなら、境界確定の為に測量していると思います。後日、貴方のところに確定させるため署名、捺印(実印)させられると思います。納得がいかないなら実印を押さなければ良いと考えます。 でも、最悪の場合は調停でしょうね。それでも納得がいかなければ裁判です。隣地との事です。じっくりと話し合って解決するのが一番です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ta-chiさん回答ありがとうございます。 地籍測量図はありません。 まずはハンコ押さないで言い張ってみます。

  • 回答No.1
noname#11476
noname#11476

公図どおりにポイントを直線で結んだときの面積は登記上の面積と大体一致しますか? するのであれば、そちらが正式である可能性が高いですね。 土地家屋調査士の判断に納得が行かない場合は裁判により裁判所が決めます。 ただ明確な根拠がなければ裁判所は土地家屋調査士と同じ結論を出す可能性が高いです。 上記の場合、ご質問者が境界の位置を購入時より錯誤していたということで、これの原因は不明ですが、どうにもなら無いと思われます。 もし購入が10年以上前で公然とご質問者の土地として所有していたのであれば、時効取得を主張するという可能性もありますが。このへんは弁護士とご相談ください。 実務的には、土地の境界はそれとして、お隣さんと話し合って、その錯誤していた土地の部分を分筆してもらってご質問者に譲渡する(有償/無償はどちらでも)という方法で現状の敷地を確保するという方法もあります。 なんにしても土地を購入したときに公図を確認していなかったのは失敗でしたね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

mickjey2さん回答ありがとうございます。 公図の面積は登記の面積よりはるかに大きいです… 時効取得の件も弁護士に相談してみます。 当時(祖父が土地を購入)は土地の売買は適当だったのでしょうね。 裁判所に判断される事は避けたいと思います。

関連するQ&A

  • 隣地との境界線

    現在、土地の境界線であたふたしています。 相続で受け継いだ土地なのですが、登記簿どおりの杭になっております。 しかし、隣地の方がいろいろとはみ出して物を置いたり、荷物の搬入にうちの敷地を通過しなくてはならない立地状況だったりで、どうにかならないか相談したところ、相手方もすぐに何とかするような話だったのですが、色々相手が調べたら、何年も前にうちの敷地を少しばかり(人が通れるくらい)買い足しているとの事・・・。  ただ登記簿にも載っておらず杭も移動してないが公図?ではそうなっているとのこと。  お互いに相続しているので話がなかなか進まず、こういう場合は土地家屋調査士に介入してもらい杭を移動してもらった方がいいですか?  また、その場合、調査士の費用は杭を移動していない向こうが持つべきですよね?  

  • 自宅が隣地の境界(公図上)を超えて建ってしまっている場合、ローンは組め

    自宅が隣地の境界(公図上)を超えて建ってしまっている場合、ローンは組めないのでしょうか。 ・公図より実測の土地の面積が大きく、隣地の境界を越えていた。 ・その超えている部分に家が建っている。 ・隣地の所有者は既に亡くなっている(今住んでいる、おばあちゃんのお姑さんにあたる)。 ・隣地との境界は30年以上前に、お隣さんの了解も得て建てたブロック塀。 以上のような状況が、今回リフォームをするにあたり、自宅の登記もされていなかったので土地家屋調査士に測量をしてもらった際に判明しました。 このような場合、土地、建物を担保にローンは組めないのでしょうか。 (既に、一社からは難しいと断られました) また、円満に境界を超えた部分の土地を取得する事は可能でしょうか。 (父は、もめたくないと言っているので) 回答よろしくお願いします。

  • 境界杭の確認

    昭和50年9月土地家屋調査士でもある隣地の地主と双方の土地を測量(隣地の地主が測量)し境界を定め、登記いたしました。(登記測量図は有ります)境界は直線とし(前と後ろの距離33.25m)3本の杭を(前、中、後ろ)入れました。  今年になり隣地が売却され、境界を確認することとなりました。隣地の買い主より依頼された土地家屋調査士(前地主の土地家屋調査士は亡くなっている)に、現況優先の旨の説明を受け現在の杭(前と後ろ)を確認いたしました。 質問の主旨は隣地の開発が始まって中の杭が発見されたことと、その位置です。当方の土地には境界に沿って工場(昭和51年1月建立)が立っていますが、隣地は現在まで空き地のままで、1~2mの盛り土がされ、中の杭は埋もれその存在を忘れていました。(境界確認時、中杭の存在の提示は無く、当方もしていません) 中の杭の位置は、現行の前、後の杭を直線で引くと、90mm隣地側にあります。前の杭は道路拡幅の際、後ろは水路整備の際に入れ直しがなされたこと、境界に沿い建っている工場の基礎位置が建築確認申請図面上60cmに対し、37cmになること(中杭は55cm位置)等、現在の境界に疑問を感じています。  執れる対応策がありましたらご教授ください。

  • 境界線のトラブル

    皆さんのお知恵の程お願いします。 土地の境界線のご相談なのですが・・・隣地の花壇が境界線が登記よりこちらに約40cm程入っている事でトラブルとなり隣地立会いのもと市役所に再度測定くい打ちをお願いしたところ隣地は『法的根拠がないと認めない』とその地点を認めませんでした。(隣地の土地が少なくなるため) 現在の測定距離と登記図面とでは明らかにこちらが少なくなっています。しかも隣地の味方の土地家屋調査士?と名乗る男が来て『そんな民事的な事を市役所に頼むのはおかしい。民間の土地家屋調査士でやるべき。そもそも地球は動いており過去に登記した図面等全く関係がない』と説教されました。更にその土地家屋調査士は名刺も一切出さず散々こちらが悪いと文句を言われ困っています。果たして本当に調査士かどうか・・・・ この場合はちゃんとした土地家屋調査士又は弁護士に相談しないとならないでしょうか? 恐らく隣地は調査士、弁護士が来ても『その地点は認めない』と言うと思われます。 土地家屋調査士+弁護士であれば強制的にその地点を認めさせる事が可能なのでしょうか? それと強制的に認めさせた場合その花壇を撤去する強制力はあるのでしょうか? 何卒宜しくお願いします。

  • 土地境界線の杭位置が間違っていることはあるでしょうか?

    土地を買ったのですが、図面に記載されている寸法と違うようです。 素人計測ですが、一辺が45cmほど短いのです。 図面は30年近く前に土地家屋調査士によって作成された「地積測量図」を法務局登記官がコピーしたものです。 境界杭の下部の楔形がかなり露出しており、抜いた後軽く刺し直したように見えるのも気になります。 悪意によるものとは考えたくありませんが、計測上の手違いなどで登記上の寸法と異なる位置に境界杭が打たれる可能性もあるでしょうか。 また、「地積測量図」とは完璧なものと考えて良いのでしょうか。

  • 隣地との境界について

    隣地の代理人の土地家屋調査士から連絡が来て、用地境界を確定させたいので立会して下さいと言われて現地で立会しました。 言葉にすると難しいのですが、図のように(1)と(2)のところに用地杭が建植されていいます。私はこの土地を買うときに(2)が隣地との用地杭だと聞かされていたのですが、代理人は(1)だと言います。 その理由は・・・  ○法務局にある図面は用地境界が一直線である。  ○私と隣地の前面の土地の持ち主達AとBは、(1)で境界を確定させている。  ○前面のAとBの境界にはブロック塀があり、(1)はまず間違いない。 こういう訳です。 私からしてみたら、前面の持ち主たちAさんとBさんの境界は確かに(1)かもしれないが、杭が2本あるということは、(2)が私と隣地の境界を示すものではないかと思うのです。そうではないと、(2)の場所に杭を建植する意味がありませんので・・・ ちなみに、全く同じ大きさ・種類の杭で建植された時期も同じようですが、私も隣人もいつ建植されたのかは知りません。 法務局の図面の境界が一直線で、現地には2本の杭がある場合、どう処理するのがいいでしょうか? アドバイスをよろしくお願いします。 -----+------    私      隣地 -----(1)(2)-----        |        |  前人A  |  前人B        |        |        |

  • 土地の購入の境界線について。

    土地の購入の境界線について。 境界不明瞭でもめそうな土地を安く購入する予定です。 もし、うまく話がまとまらなければ、接道義務が果たせず、建築できない土地になります。 通常は売主が土地家屋調査士に依頼して成功した場合のみ購入となるのでしょうが、今回は破格の為、それは難しそうです。 ただし建築できないなら不要な土地となります。 自腹で先に土地家屋調査士に依頼し、成功したら購入すべきでしょうか? それでもしダメだったら、土地家屋調査費は取られるのでしょうか?(概算で20万円) 成功、失敗の場合であらかじめ報酬を決められないものでしょうか? ちなみに測量図はなく、公図のみです。 売主は境界を把握しておりました。 隣地がそれを拒んだ場合を想定しております。

  • 土地の境界線問題で悩んでます。

    土地の境界線問題で悩んでます。 以前隣人が当方が思う境界線より外側に塀を作ったため揉めていたのですが、 隣人が3年ほど前に引っ越し、 最近になり土地の売却に伴い測量するので境界線の確定を申し出てきました。 どうなっているのか確認のため地積測量図で調べてみたら登記されておらず、 実地でも特に印はありません。 ただ公図を測ってみると塀の造られている部分はどうも筆界を越えておりましたが、 塀は造られて20年以上経っているため、 おそらく時効取得になると思っております。 現状では隣人は立ち会いは民民での境界線確認を求めてきており、 当方としては後でまた揉めると困るので、 官民での境界線確認をお願いしようと思っておるところです。 ここで質問なのですが、 ・隣人宅は二方が密接した家屋に囲まれており、そういった場合でも土地家屋調査士は筆界と一致する調査は可能なのでしょうか? ・官民の場合の依頼の場合は土地家屋調査士に測量する費用を当方が負担しなければならないのでしょうか? (ちなみに当方は自分の土地を測量する気はないです) ・もしその塀の部分が時効取得されていた場合は先方に登記のやり直しを依頼できるのでしょうか? ちなみに隣人は税理士なので法知識には長けていそうで大変困っております…。 以上三点ですが、足りないところがあれば後で加えます。 宜しくお願い致します。 ・ 私としては第三者

  • 土地の境界線について

    土地の境界線について 地続きの隣の土地を購入することになりました。 境界線がどこにあるのかを探してみたのですが、「杭」が全くありません。 測量士さんにお願いして測ってもらったら正確な坪数がでるのでしょうか? 公図は取り寄せてもっていますが、素人の私が単純に測ってみたら公図と坪数が違うように思えます。(測り方が違うのかも・・・) 契約書には「測量した面積によって坪数×坪単価=支払い金額になる。」と書かれています。 境界線がはっきりしていないので、測量がしっかりできるのか不安です。 よろしくおねがいします。

  • 隣地との境界確定後に隣地所有者が変わった場合

    以前に隣地所有者と民々境界確定書を交わしました。土地家屋調査士作成の測量図面と印鑑証明も添付しています。 その土地は現在空き地になっているのですが、最近隣地の所有者が変わったらしく、境界を確定したいので立ち会いにきてほしいとの連絡がありました。 話を聞くと私が境界確定書を交わした時から何度も所有権移転があったらしく、今の所有者は境界確定書があることは知らなかったとのことです。 このような場合、以前の所有者と交わした民々境界確定書の法的効力はあるのでしょうか? 長文になりましたがご教示頂ければ幸いです。