• 締切済み

HDD交換 3TB x2個 MBR / GPT

2台搭載しているハードディスク(1TBx2,Raid0)のうち、片方が破損してしまったので交換を予定しております。 先日、いっそ両方交換しようと思い、3TBのHDDを2台購入しました。 ところが、こちらの知識不足で使用しているマザーボードが3TBのHDDをフル活用できない(?)、”UEFI”非対応のマザーボードである事が解りました。(GA-P55A-UDR) 使用マザーボード : P55A-UDRのスペックは下記。 http://kakaku.com/item/K0000067943/spec/ OSは、Windows7 pro 64bitです。 2台のHDDのうち、OS起動用HDDのフォーマットはやむなくMBRにしようと思うのですが、もう片方のHDDはGPTにしても問題無いのでしょうか? (なるべくは3TBの性能を生かせればと思いまして…) どなたか"今回の場合の最適な設定方法"を、ご教授頂けると有難いです。 それと、追加でお伺い出来ればと思うのですが、 ※今回のような片方のHDDが破損してしまった場合でも、「EaseUS Todo Backup」のようなココピーソフトを使用しても差し支えないか? ※もし片方MBR、片方GPTの設定にできた場合、Raidの設定で最適な方法があるかどうか? 中途半端な知識で恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します。

みんなの回答

  • Wr5
  • ベストアンサー率53% (2177/4070)
回答No.2

>2台のHDDのうち、OS起動用HDDのフォーマットはやむなくMBRにしようと思うのですが、もう片方のHDDはGPTにしても問題無いのでしょうか? 問題ないはずです。 OSの方は64BitでGPT対応しているでしょうし。 I/Fに空きがあるなら256G程度のSSD購入して、そちらをブートデバイスにする。 という手もあるかと。 >※今回のような片方のHDDが破損してしまった場合でも、「EaseUS Todo Backup」のようなココピーソフトを使用しても差し支えないか? 「とどめを刺す」という場合もあるかも知れませんので、その辺りはご注意を。 パーティションごとの丸ごとバックアップみたいですので、リストアした後でスキャンディスクなどでエラー情報の再設定が必要…かもしれません。 # 私は…エクスプローラで地道にコピーしてましたが。 自宅のハードウェアRAID(1+0)でエラーが発生した時は…1Tx4を1台ずつ交換してリビルドしてました。 # ものすごく時間かかりましたけどね。(交換したドライブの方が速いモノでしたので…2台交換が終わった後はいくらか早くなりました)

iiqqiippii
質問者

お礼

Wr5さん 詳しく教えて頂き、有難う御座います! >>I/Fに空きがあるなら256G程度のSSD購入して、そちらをブートデバイスにする 扱いに慣れていないので少し不安もありますが、これが良策かもしれませんね。 SSDには手を出した事は無いですが、検討してみたいと思います。

  • wormhole
  • ベストアンサー率28% (1617/5645)
回答No.1

>2台のHDDのうち、OS起動用HDDのフォーマットはやむなくMBRにしようと思うのですが、もう片方のHDDは>GPTにしても問題無いのでしょうか? RAIDを構成するストレージは、それで1つのストレージとして扱うのでできません。 RAIDにしないなら可能です。 >※今回のような片方のHDDが破損してしまった場合でも、「EaseUS Todo Backup」のようなコピーソフトを使用しても差し支えないか? RAID0は構成するストレージが全て生きていないとできません。

iiqqiippii
質問者

お礼

wormholeさん ご教授頂き、有難う御座いました! Raid0、再検討してみたいと思います。

関連するQ&A

  • 3TBのHDDをMBRで使いたいです

    HDDは2TB以上の場合、GPTでないといけないと聞きました。 しかしMBRで3TBのHDDを使いたいのです。 理由は、HDDを新しいものに変えるのですが、旧HDDがMBR形式の2TBだからです。同じ形式でないとクローンを使ってのバックアップはできないそうです。 どうにかできないでしょうか?

  • MBRとGPT

    1TBをMBRで利用していたLinuxのSMBファイルサーバーのストレージ(実質917GB)が不足してきたので3TBのHDDをGPTで別途追加しました(実質2.7TB)。 それぞれパーティションは1つで、MBRで利用済のデータをrsyncでMBR→GPTにコピーしたところ、元の利用サイズは801Gだったのがrsync終了後のGPTディスク上では755Gになりました。 これはMBRのセクタ512Bなのが原因で、問題ないのでしょうか? もちろんさんざんLinuxの恩恵をうけながらrsyncの動作を疑うなんておこがましくて出来ないのですが、ググってみてもMBRからGPTへのデータ移動後のサイズのずれに関する話題を見つけられなかったので、、、 ちなみに厳密には 1TのMBRのHDD上の元サイズ801Gは 839163596バイト 3TのGPTへのrsync後のサイズ755Gは 790763420バイト で、df コマンドでの取得値になります。 宜しくお願いします

  • ハードディスク(HDD)をGPTからMBRのものに

    某メーカー製PCのHDDが1TBにもかかわらずなぜかGPTという2TB越え用の形式でした。 色々と不便だし、GPTはHDDがRAW化するなど不具合の話が多いのでMBR形式のHDDに変えたいと思っています。 今考えている手順は 1.手持ちのソフト(paragon backup)で GPT形式の元のHDDのOSが入っているCドライブとリカバリ領域だけをバックアップ 2.移行先のMBRのディスクに2つパーティションを作る 3.そのパーティションにそれぞれのドライブのバックアップデータをリストア これで行けるでしょうか? 事情により早い回答を求めております。

  • HDDのフォーマットについて MBRとGPT

    昨今、大容量のHDDの登場でフォーマットにMBRとGPTがある事について記載のあるブログなどをよく見るのですが、この点について質問です。 GPTにより大容量HDDを使える様になった事は分かりました。 しかし、どこのサイトも「少ない容量のHDDをGPTにしてもメリットがありません」という様な記述ばかりで、デメリットについては書かれていません。 唯一、GPTで見つけたデメリットとしては、古いOSでは読み込めない事、システムには使えない事でした。 その他にもGPTにはデメリットがあるのでしょうか? 例えば、正確には忘れてしまったのですが、一部のフォーマットでは一つのデータが極端に小さくても、最低サイズがでかいので、場合によっては多く容量を消費してしまう。 みたいなそういう話です。 例えば、GPTでフォーマットすると読み込みに時間がかかるとか、デフラグがうまくできないとか、そういう事があるのでしょうか? それと今回の質問で、最も重要なのがエラーをはくHDDをMBRからGPTに変える事で、エラーを回避できる可能性はないか? という部分です。 HDDメーカーが稀にやらかしたHDDを販売してしまい、ファームウェア更新などで修正できると記載のある物がありますが、うちにもまさにそういうHDDがあります。 ファームウェア更新はしましたが、やはり定期的にエラーを出します。 主に「フォーマットが必要です」みたいなものです。 MBRとGPTで仕組みが全く異なるのであれば、MBRでエラー回避を想定していたファームウェアで回避できない問題でも、GPTにする事で正常に使える様になったりはしないものでしょうか? 2TBのHDDなので、諦めて捨てるにはちょっと惜しいので、どうにか使える様にしたいのです。 ちなみにHDDは海門のものです。

  • HDDをGPTからMBRへの変換したい

    Windows7 Home Premium 64bit を使用しております。 ノートPCのHDDがGPTであり、容量が1TもないのでMBRへ変更したいと思っておりますが、HDDのボリュームを全て削除しないとMBR⇔GPTができないようでCドライブ(Windows)を含んでいる為削除できません。 何か方法はないのでしょうか。

  • HDDでMBRからGPT変更で高速?

    マザーボード(GA-B75M-D3H)、CPU(i3-3220)、メモリー(8GB)の構成ですが2TBのHDDにMBRフォーマットでwindows8.1 64bit をインストールしています。 SSDにすれば高速起動が出来ることは承知していますがHDDのままGPTにした場合ではどの程度の高速化が望めるのでしょうか。まったく高速化は期待出来ませんか。 なお、現在電源入れ起動でデスクトップ画面になるのに80秒くらいかかっています。スリープ起動で15秒くらいです。

  • 外付けHDDやSSDをGPTに変換する意味

    外付けストレージをGPTへ変換の件 外付けHDD(RAID1)や外付けSSD等は2TB以下だと通常はMBRでフォーマットされてしまいます。2TB以上だと逆にNTFS、アロケーションサイズは標準か4KB、GPTでフォーマットしないと全ての領域を使えなくなります。2TB以下の外付けHDDやSSDをPowerShellやコマンドプロンプロトのDISKPART、LISTDISK、CLEAN、SELECT DISK、CONVERT GPTコマンドを使って、GPTに変換してからNTFS、4Kアロケーションフォーマットをすれば、MSR領域が作成され、セキュリティーが少々上がり、MBRよりGPTの方が新方式なので気持ちが良いと感じていますが、ここまで拘る必要性はありますか? https://freesoft.tvbok.com/tips/hdd_ssd/gpt_msr_128mb.html GPTについての記事を読んでMBRよりGPTのほうがええなあと思っただけですが専門的な人ご自分はどうされているのか教えてください。

  • BIOS/UEFI起動とMBR/GPTの関係

    自分の環境 「ディスクの管理」>目的のディスク(SSD)のプロパティ>ボリュームと見ていくと パーテーションのスタイルが「マスターブートレコード(MBR)」となっています。 いまいち、MBR/GPTを理解できていないのですが、 マザーボードは「ASUS H87-PRO」でBIOSに入ると「UEFI」起動します。 BIOS起動はMBRのみ対応 UEFI起動はMBR/GPT両方対応 ということでしょうか? 自分の場合は、UEFI起動でMBR形式のディスクを読込んでいる? GPT形式に変換ツールがあるようです。 他に内蔵1TBと2TBのHDDがあるのですが、 将来性を考えた場合MBRからGPTに変換した方が良いですか? よろしくご教示お願いします。

  • HDD容量UP(1TB→3TB)の仕方を教えて

    現在使っているPCのHDD容量UP(1TB【MBR形式】→3TB【GPT形式】)を予定しています。 質問:単純にクローンソフトでシステムを移植(1TB【MBR】→1TB【GPT?】)した後、残った容量をアクティブ化(+2TB【GPT】)すればいいでしょうか。もし、NGであれば、その方法を教えてください。 システム構成:OS:win10pro 64bit、CPU:i7-4770、memory:16GB システム移行後は、下記の様にしたいのですが? WD10EZRX(1TB:MBR形式)     ↓ WD30EZRZ(3TB:GPT形式) P1:システムで予約済み:シンプル:ベーシック:NTFS:正常(システム、アクティブ、プライマリーパーティション):100MB P2:Windows10Pro(C:):シンプル:ベーシック:NTFS:正常(ブート、ページファイル、クラッシュダンプ、プライマリパーティション):308GB P3:(ディスク0パーティション3):シンプル:ベーシック:-:正常(回復パ-ティション)460MB P4:Data(D:):シンプル:ベーシック:NTFS:正常(プライマリパーティション)622GB ―――――――――――――――――――以上がクローン内容 P5:Data(E:):シンプル:ベーシック:NTFS:正常(プライマリパーティション)2000GB よろしく、お願いいたします。

  • RAIDでも2TBの壁ある?

    1TBx5台のHDD構成で購入したら、RAIDが2つ構成されてきました。 これは、2TBの壁によるものでしょうか?OSは2003ServerR2をインストール予定です。 5台でRAID5を1つ組みたいのですが、どういう手順で行えば良いでしょうか?