• ベストアンサー
  • 困ってます

フローリングの張り方向を変えたい

自宅、2階の6畳洋室をリフォーム中です。 床の張替えのため、根太、12ミリの下地合板を交換し、フローリングを張る段階です。 2階梁が部屋の短手方向に通っているので、長手方向に根太を施工し床下地合板を張りました。 フローリングは部屋の短手方向に張るのが一般的なようですが、 施工後の美観や仕上がり状態を考えると部屋の長手方向にフローリングを張りたいのです。 そうした場合、構造的な問題や、強度的な問題があるのでしょうか? もし、問題があるのなら、長手方向にフローリングを張るためにはどうすればよいのでしょうか? 建築のプロの方、教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数685
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

リクエストお応え (1)の補足: (2)の方の回答と同じ意味 参考web一例 http://www.rofuu.com/2x4pureto.htm 「04.6.18 根太取り付け完了。 ころび止めもつけました。」というところの写真。 「転び止め」と言う用語と同義です。 コンパネそれぞれの合わせ目が縦横どっち方向も全部根太の上に載るように、根太の直行方向の合わせ目にも補強材を入れる=根太つなぎ=ころび止め

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考webを拝見して、言葉の意味をと説明を良く理解できました。 わかりやすい説明に感謝いたします。 有難うございました。

関連するQ&A

  • フローリングの施工法を教えてください

    無垢材を使ってフローリングをDIYで施工しようと思っています。 次のような状況での無垢材での施工についてご指導ください。 長方形の約7畳の部屋に施工する予定です。(現在の状態は根太の上に合板のフローリング材を直張りしています。経年劣化でぶよぶよの状態です。) 現在のぶよぶよのフローリングは撤去し、根太の上に合板を捨て貼りした上で無垢のフローリング材を取り付けるつもりです。 フローリングは、長方形の長い辺の向きに並べたいのです。 昨日、床下から調べたところ、根太は長方形の長い辺の向きに並んでいました。 この根太の上に合板を捨て貼りして、フローリング材を長方形の長い辺の向きに並べようとすると、 根太とフローリング材が平行になっているので、釘を捨て貼りの合板にしか打つことが出来ません。(フローリング材の位置がたまたま根太の上にくる場合を除いて) 以前大工さんにフローリングを施工してもらった部屋があるのですが、 やはりのこ部屋も同じ条件たっだので、床下から調べると、根太とフローリング材の向きが平行で 釘を捨て貼りの合板にしか打っていませんでした。 ただし、このフローリング材は無垢ではなく合板でした。 無垢のフローリング材を利用して上記のような施工で大丈夫でしょうか? 例えば、 フローリングを固定するのにミニビスを利用して、固定するピッチを細かくするとか、根太を増やして捨て貼りの合板をしっかり固定するとかすれば大丈夫でしょうか? どのような施工法であれば、長方形の長い辺の向きにフローリング材を並べても大丈夫でしょうか。 無垢の寄木のフローリングなら大丈夫でしょうか? あきらめて、フローリング材の向きを変更するか、合板のフローリング材を使用するしかないのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 剛床工法の場合のフローリング貼り方向について

    木造建築の現場監督をするようになって1年ほどです。 最近会社で一番キャリアのある人間がやめてしまって、自分が判断しなければいけない状況です。 その人から、大引方向にフローリングを貼るように教わりました。 さて、4mを越える長細い部屋に長手方向にフローリングを貼りたいのですが、その教えに沿うと、長手方向に大引きをかけなければいけません。 その場合、そのためだけに基礎立ち上がりを作って土台を通さないといけなくなります。 根太工法でフローリングの貼り方向に注意しないといけないのはわかりますが、剛床工法でそういった注意は必要なのでしょうか? 当方の仕様は、剛床工法24mm構造合板+フローリングです。 詳しい方、教えて頂けませんでしょうか?

  • フローリング貼りの根太・大引きの方向

    現在ほとんどの室の床の仕上げがフローリングの物件を設計しているのですが、 フローリング・根太・大引きの方向について疑問になりました。 どこかで 束無しの場合 (1)大引きは布基礎で囲まれた矩形の短手方向に走らせる。 というのと、 (2)フローリングは部屋の長手方向に走らせる。 というのを聞いたことがあるのですが、 大引きを短手方向に走らせると、 根太が直交して走るので、その上に捨て貼りをしても フローリングはさらに直交するので短手方向になりますよね? (1)と(2)はどちらが正しいのでしょうか? 自分の考えとしてはよほど短手方向が短くない限りは構造負担を優先して短手方向に大引きを走らせると思うのですが、間違えているでしょうか? また、今回の物件は @910で鋼製束が入るので、基本的に加重が均等になるので、見た目を優先し トータルで長手方向が多い方向に フローリングを貼る室は全て(平屋です。) 同じ方向にフローリングを張ったほうが良いのでしょうか? 幼稚な質問ですみません。 何か抜けているところがあれば補足しますので ご回答下さい。よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

#1さんの補足 合板の継ぎ目には必ず下地材(根太)をかましてください。 そうしないとべニア板が古くなるとお互いに擦りあって音鳴りの原因になりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

根太つなぎの意味が理解できました。 有難うございます。

  • 回答No.1

>12ミリの下地合板を交換し =新たに12ミリ下地合板を張る 意味なら、仕上げ材方向どちらでも強度問題なし というか、長手方向根太に長手方向直にフローリング張れる訳はないので、ともかく上記でしょ。 下地合板の根太間の合わせ目は、床鳴り防止上根太つなぎを入れれば尚可

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

コメントを頂き有難うございます。 強度的な問題が無いと判り安心しました。 頂いたコメントの最後に、 >下地合板の根太間の合わせ目は、床鳴り防止上根太つなぎを入れれば尚可 とありましたが、素人なのでよく理解できません。 床鳴り防止上根太つなぎを入れるとは、どういうことなのでしょうか? ご説明頂ければ助かります。 宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 24ミリ合板床板と15ミリフローリングの間に敷く防音シート

    床下900ミリの基礎に根太レス工法で24ミリの合板を張り其の上に15ミリフローリングをと考えています。 未だ内部間柱など付けてない状態です。床下空間が広いせいか、床下梁には鋼製束を充分配置して床板の硬性は充分なのですが、合板の上を歩くと結構太鼓の様な音がします。制振、防音の為にフローリング下に敷く出来るだけ安価なシートを紹介して下さい。

  • フローリング施工方法

    フローリング施工方法 新築中の家のフローリングは根太の上に直接施工していましたが こちらでいろいろ拝見したり、ネットで見たりすると 直接根太の上に貼るのではなく、下に合板を1枚ないし2枚 置いてから貼っているようなんですが 根太の上に直接貼るのはどうなんでしょうか よろしくお願いします

  • フローリングの割り付けですが

    リフォームで洋間のフロアを施工しようとしています。この前玄関床のときは問題なかったのですが、今回はリビングの施工です。部屋の寸法は364センチ×367センチです、材料は長さ182センチ、幅9センチの無垢材です。当初短手の方向に張る予定で、ちょうど良いと思っていましたが、よく調べると根太が短手の方向にはいっておりフロアを短手に張ると根太と平行になってしまいます。根太と直交させる貼り方ですと3センチ材がたりません。なお施工方法は既存の合板床の上に重ね貼りです。この場合どのような割付をするのが良いのでしょうか?

  • フローリング貼りの割付についてです

    素人です、リフォームで洋間のフロアを施工しようとしています。この前玄関床のときは問題なかったのですが、今回はリビングの施工です。部屋の寸法は364センチ×367センチです、材料は長さ182センチ、幅9センチの無垢材です。当初短手の方向に張る予定で、ちょうど良いと思っていましたが、よく調べると根太が短手の方向にはいっておりフロアを短手に張ると根太と平行になってしまいます。根太と直交させる貼り方ですと3センチ材がたりません。なお施工方法は既存の合板床の上に重ね貼りです。この場合どのような割付がベストなのでしょうか?

  • フローリングの施工(長手向き)について

    初心者で何時もお世話になります。 フローリングの施工(向き)について、 玄関ー廊下ー突き当たりキッチンの並びの廊下とキッチンをフローリング床にしたいのですが、 廊下の長手方向にフローリング材の長手方向を合わせると思いますが、 キッチンに続く時キッチンでのフローリング材長手方向は廊下での向きに合わせるのでしょうか? 廊下ーキッチンの境にドアは無く、キチン間取りの長手は廊下のそれと同じです。 境に見切り入れるが良いでしょうか? 一般的に(廊下は分かり易いのですが)部屋の場合、 二部屋続く場合等それぞれのフローリング長手向きに決め方 (隣との兼合いも)あるのでしょうか? よろしくお願いします a_z100

  • フローリングをはる方向

    もうすぐ新築した3階建ての家に引越しをする予定です。 家のクリーニングが終わったので、見に行くと 一部屋だけフローリングの方向が違っていました。 というのも、2階のリビングは長方形の家なので 家の長辺と同じ、縦方向にフローリングがひいてあります。 3階に行くと1部屋は横の方向に、もう一部屋は縦方向にはっているのです。 その3階の横方向にはられているフローリングが他とは違うので すごく違和感を感じました。 これは、構造上仕方ないのでしょうか? それとも、ミスなのでしょうか?

  • 【木造家屋】フローリング下地が薄い場合の根太固定

    お世話になります。 2階の畳部屋をフローリング張りにしようと日曜大工に励んでいる初心者です。 フローリングの下地合板の下に入れる根太ですが、ネジで固定せず、ボンド接着としても音鳴りを防げますでしょうか? ■根太固定にネジを嫌う理由 畳をめくったところ、1階の天井板(厚さ18ミリ)が、2階部屋の下地として出てきました。 根太や合板はしっかり留めておかないと音の原因になるからと、ネジ留めすることを勧められました。 下地に掛かるネジが短くてはしっかりとまらないからと、厚み18ミリの天板を貫通する長さのネジで留めるようアドバイスをもらいました。 しかし、1階の天井からネジが出てくるのは嫌です。 ■木工用ボンドで根太を固定 別の友人からは、18ミリの天板に10ミリ入るくらいのネジで留めたとしても仕上がったフローリングの上を歩いているうちに天板が痛むから、木工用ボンドで貼り付けるだけにしておいた方が良いとアドバイスをくれました。 ■自分なりの結論 (1)下地(1階の天板厚さ18ミリ)と根太は、木工用ボンドで接着する。 (1)-2. 下地(天板)の下に大引が通っているところだけ長いネジで根太を固定する。 (2)根太と合板は木工用ボンドとネジで固定する。 (3)合板とフローリングは木工用ボンドと釘で固定する。 これで、音鳴りは防げるものでしょうか? 木がそったときに大丈夫かな?と思うのでちゅうちょしています。 よろしくお願いいたします。

  • フローリングの貼る方向

    現在基礎を終えたところで、最終図面をハウスメーカーより渡されました。 フローリングの貼り方向について少し違和感があるのですが、いかがでしょうか。 2階リビングで、洗面所・トイレ以外は全て同じフローリングです。 ドアがあるところには見切り材があります。 もしかすると、ベランダの前の小上がりスペース、ベンチスペース(奥行き90cmです)を長手に貼るのを優先したのかもしれません。 全て並行に持ってきたのかもしれませんが、階段を上がってきて、リビングに向かって歩くスペースが縦のラインだと思うので、なんか気持ち悪いです。 ベンチスペース・小上がりスペースのフローリングと、リビング、ダイニングエリアのフローリングの向きを変える(段差があるので納まりは大丈夫なはずです)。 以上の事をするのは不自然な事なのでしょうか。 また、この間取りの場合、本来どういった向きで貼るのが一番一般的なのでしょうか。 (一番いいのでしょうか) よろしくお願いいたします。

  • 畳からフローリングへのリホームについて

    4畳半の畳の部屋をフローリングにしようと思います。畳をはがすと床下地は10cm×12mm厚の杉の板が根太の上に釘で敷き詰められていました。この杉の床下地が 築40年ということから、ペコペコしていましたので、今回のフローリング工事の計画となったわけですが、根太 大引 大引きをささえる束石と束床 束石は大谷石で その下は土という状況です。部屋は北側で 杉の床下地がペコペコになった原因が湿気によるもので、シロアリ等の被害はありませんでした。 (1) 大引の面から畳の上部表面まで12cm(杉根太4cm5mm角 杉の床下地1cm2mm厚 畳5cm7mm) 若干誤差がありますが・・? (2) 大引きの面と4畳半の土台柱4辺の面は高さが同レベルになっています。 土台柱の4辺のうち2辺は基礎の上に乗っていて、(角部屋のため)土台柱2辺は大谷石の束石に乗っています。 大引き2本はそれぞれ中心に束石 束柱で補強されています・ ペコペコになった12mm厚の杉床下地と根太はすべてはがしてしまいました。 長くなりましたが、以下3案あり質問があります。 1案 大引き 土台柱の面からフローリングまで12cmあります。根太を8cm×5,5cmのヒノキ7本を製材所で作ってもらい貼り、24mmのヒノキF★★★★構造用合板を貼り、15mm厚のヒノキのフローリングを貼る。 2案 大引 土台柱の面から12cmあります。 根太8cm×5.5cmのヒノキ7本を貼り、    10cm×12mm厚の杉かヒノキの捨て板(野路板・床下地)を貼り、その上に 12mmのヒノキの構造用合板を貼り、ヒノキの15mm厚のフローリングを貼る。 3案 上記2案とも1mm余裕があるので、    1案の場合 構造用合板の裏に、農業用ビニールシートを張り付ける。    2案の場合は 杉かヒノキの捨て板(野路板・床下地板)と 12mm厚の構造用合板の間に 農業用ビニールシートを入れる。 上記の案があるのですが、どれがベストでしょうか?それとも素人考えなので、何かお かしいところはありますか? あと、床下は土なわけで、その土の上に「湿気防止の床下地専用のシート」や、 「断熱材」?は専用のものはありますでしょうか? ある、フローリング販売会社のかたは、農業用ビニールシートを土の上に貼ったほうが 良いのではないか? 農業用ビニールシートは ホームセンターでメートル280円くらいで販売されていま すが、そのようなものでよいものなのでしょうか? 色々、質問がありますがよろしくお願いします。 大がかりな工事で、なかなか出来ないDIY延長の床工事なので、慎重になっています。 よろしくご指導お願いします。

  • 和室のフローリングへの変更

    築30年の団地住まいです。和室をフローリングに変更のため、畳下を確認したところ、コンクリートスラブではなく、木毛セメント板が敷いてありました。 これを取り除くことは難しいため、コンクリートスラブでの場合と同様に、木毛セメント板の上にスタイロフォーム単体を敷き詰め、その上に構造用合板、 そしてフローリングという工法を考えてはいます。スタイロフォームを使用する工法を調べておりますが、合板をどう固定するのか、誰も触れていません。 例えば、"根太なしで、まず3ミリベニア(正確には2.8ミリです)その上にスタイロフォーム40ミリ そして12ミリのフローリングを貼ります。"等。 そこで質問ですが、 (1)私の考える方法としては、床鳴り防止と根太固定のため、部屋を1周する様に根太を貼り、それから303mm間隔で根太を置いてゆき、根太の間に スタイロフォームをはめ込み、合板打ちつけという作業になるかと思います。910mm間隔等、 根太本数は減らしても、合板固定のため根太なしは無理かと思います。このやり方で問題ないかアドバイスいただければ助かります。 (2)スタイロフォーム下地は一般的な遮音フローリングのひとつです。上記(1)の場合でも、マンションでの必要遮音等級L45を満足できるレベル になるのでしょうか? ご意見いただければ有難く。 。