• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

社会保険料について

今年の3月31日付で、契約期間満了で退職した者です。その職場の統括と事務担当は、『3月31日付で退職なので、4月1日が資格喪失日となり、月をまたぐので、2ヶ月分、社会保険料が引かれます』という説明があり、4月15日払いの給与明細を見たら、毎月引かれる社会保険料の2倍の額が引かれておりました。4月1日からは、国保と国民年金に切り替えですが、その分の保険料は既に支払いました。 結果的に、4月分は、社会保険料が引かれ、国民年金と国民健康保険料を支払った形になるのですが、これは、だぶって支払った事にはならないのでしょうか❓ どなたか詳しい方、教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数234
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • srafp
  • ベストアンサー率56% (2185/3855)

> 今年の3月31日付で、契約期間満了で退職した者です。 > その職場の統括と事務担当は、『3月31日付で退職なので、4月1日が資格喪失日となり、月をまたぐので、2ヶ月分、社会保険料が引かれます』という説明があり、 > 4月15日払いの給与明細を見たら、毎月引かれる社会保険料の2倍の額が引かれておりました。 本来、当月に支給する給料から控除できる保険料は前月分のみです。   →月末時点での資格状況で保険料が賦課される   →だから、通常、給料を支払った時点(例えば25日)では、当月分の保険料が賦課されるのかどうかは不明。なぜなら、給料支給日の翌日に死亡したらその月の保険料は賦課されないから。   →その為、法律に従って保険料徴収をしていると自負している企業では、採用された月またはその翌月に支給する給料からは保険料を控除いたしません[控除額に満たないからではありません]。 一方、社会保険(健康保険及び厚生年金の意味)の被保険者資格喪失日ですが、今回は期間満了による退職なので「退職日の翌日」となります。 そうすると、3月末の時点では被保険者なので3月分の保険料が賦課されます。 この場合、法律の条文に定められている例外事項「前月と当月の2か月分を徴収してもいいですよ」に該当いたします。 よって、論理上は「保険料が2倍になっている」と言う事は有り得ます。 > 4月1日からは、国保と国民年金に切り替えですが、その分の保険料は既に支払いました。 > 結果的に、4月分は、社会保険料が引かれ、国民年金と国民健康保険料を支払った形になるのですが、 > これは、だぶって支払った事にはならないのでしょうか❓ 「給料の締日と支給日」「雇用された年月日」「最初の給料明細書で保険料が控除されていたか否か」が不明なので、ダブっているかどうかの判断はできません。 上に書きましたような理由から、『企業側は「2月分および3月分」を正しく徴収した』と解釈もできます。一方、法律の特例を誤解し、ご質問者様がご懸念為されているように『3月分および4月分を徴収した』『単なる事務のミスで月末退職者だから2倍徴収した』と言う事になっているのかもしれません  →『4月分徴収』または『勘違いによる2倍徴収』は当然法律違反ですが、大抵の場合、ご質問者様の年金加入記録には「厚生年金は3月分まで」としか記録されません。   その為、年金事務所に出向いて年金記録を調べても「4月分を二重納付」と言う事実は出てこないかもしれませんね。 可能であれば、期間契約を結んだ後、最初に受け取った給料から健康保険及び厚生年金保険の明細書が控除されていたか否かをご確認ください。 「年金事務所に聞いてもダメ」「給料明細書はどこかに行ってしまった」と言う状態であるならば、辞めた会社に依頼して、『(労働基準法に基づく)賃金台帳』『(年末調整の時に必要な)源泉徴収簿』などの法定書類をコピーして送ってもらう事は無理ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変分かりやすいご回答、有難うございます!契約更新満了で退職になっておりますが、人員削減で、私と同じような立場の方々が他にも多数おり、その方達の話しですと、会社に問い合わせても、たらい回しにされ、曖昧にされたと言っておりました。『そういう体質の会社なんだよ!』と言われ、結局、社保も国民年金も両方支払ったそうです。私は給与明細を持っておりましたので、初回の明細を見ましたら、社保は引かれていました。結局、泣き寝入りみたいな形になってしまいましたが、srafpさんの親身な回答を見ておりましたら、心が軽くなり、明らかに二重払いのような気もしますが、諦めようと思います。 親切丁寧なご回答に、心から感謝です。有難うございました(^-^)

関連するQ&A

  • 社会保険料について

    社会保険料について質問があります。 3月31日に退職しましたが 社会保険資格喪失日も3月31日で処理されていました。 国保の手続きをした時に 「普通は翌日なんですけどこれだと3月分も支払いしていただくことになります。」 といわれました。 もう手続きされてしまっているのと早く保険証が欲しかったので それでお願いしてしまいました。 勤務していた会社は15日締め翌1日払いなのですが 4月1日になって給与明細が送られてきたので見てみると 社会保険料が1ヶ月分まるまる徴収されています。 いろいろと調べてみると 「従業員が会社を退職した場合、社会保険の資格喪失日は退職日の翌日となります。そして資格喪失の日の属する月は社会保険料を徴収しません。」 というのがありました。 これに従えば4月分の給与(3月15日~3月31日分)から 社会保険は控除されないと思うのですが どうなのでしょうか? もしご存知の方がいましたら教えてください。

  • 社会保険料について

    4月1日から2つの会社が合併をし、名前が変更になりました。 その際の手続きとして、社会保険事務所の方から聞いてきたとことによると、AとBの会社があって、Aの事業所番号をいかすとしたら、Bの会社の事業所全喪届と被保険者の資格喪失届を出し、Aの会社の名称変更をして、さらにBの会社にいた被保険者の資格取得届を提出するようになると言われました。 その場合、資格喪失日はいつにすればよいのでしょうか。 通常は、退職日の翌日かと思うのですが・・・。3月31日を退職日としてしまうと喪失日は4月1日になってしまい、この月の社会保険料も発生してしまうことになります。3月31日を喪失日にしてしまっていいのでしょうか。 また、B会社にいた人は、A会社で4月1日に資格取得となるので、資格取得時決定をすることになると思います。給与支給日は4月15日なので、ここから4月分の社会保険料を徴収してしまってよいのでしょうか。給与からは前月分の社会保険料を徴収すると本に書いてあるのですが、どうなのでしょう。 質問がごちゃごちゃになってしまい、わかりにくいかと思いますが、 手続きに詳しい方教えてください。

  • 社会保険料の支払いについて

    社会保険料の支払いについて 4月1日臨時社員にて入社し2日目に退社しました。 5月に入り、社会保険料の請求が来ました。2日分の報酬金1万円に対し社会保険料25000円の請求です。退社後、市役所に国民健康保険・国民年金・介護保険の手続きをし、4月分の国民年金のみ払い済みです。会社に伝えると4月分は社会保険料(健康保険・介護保険・厚生年金)と市役所(国民健康保険・介護保険・国民年金)の請求の2重に保険料を支払う事に法律上決まっていると言われました。報酬1万円対し社会保険料25000円の請求とは納得しがたいのですが、どうしても支払わなければならないのでしょうか。また、4月分の健康保険は支払い済みなのにまた支払う必要が有るのでしょうか。宜しくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • chonami
  • ベストアンサー率43% (448/1036)

4/1に喪失なら、4月分の保険料はかかりません。 ですので、国保と国民年金の保険料は4月分から払うことになります。 ただ、給与の締め日がわかりませんので、会社が間違って引いているかどうかは判断できません。 締め日によっては最後に2ヶ月分引くことも有り得ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

chonamiさん、ご回答有難うございます!毎月の給与の締めは、末締めです!

関連するQ&A

  • 社会保険料額について。

    2月1日から入社し、2月28日に給与明細を貰ったのですが、(20日締めなので9日分の給与です)54000円でした。それに対し健康保険料が6344円、厚生年金額が10786円でした。因みに前年の7月半ばから今年の1月末まで失業手当をもらっていましたのでそれまでは国民健康保険と国民年金に入ってました。 この社会保険料はちょっと多い感覚があるのですが、こんなものでしょうか?

  • 社会保険料を払うということは

    質問です。この10月から育休を取るのですが、社会保険料の納付をするように会社から言われています。これを払うということは、どういうことでしょうか。国民年金などは払わなくてすむのでしょうか。。。

  • 源泉徴収票の「社会保険料等の金額」欄について

    いくら調べても当てはまる例が出てこなかった為、初めて質問します。 せっかく払った国民年金が、きちんと社会保険料として控除されているのか心配です。 どなたかお解かりの方がいましたら教えて下さい。 私は某会社でアルバイトとして働いており、年金は国民年金を払っています。 その私の源泉徴収票についてなのですが、「社会保険料等の金額」の欄が「ゼロ」となっており、「摘要」の欄に「国民年金等260、000」と書かれています。 調べたところ、以下の文章を見つけました。 『「社会保険料等の金額」の欄は、給与から天引きした社会保険料と、社員が「保険料控除申告書」に書いた社会保険料との合計額を記載することになっています。そして合計額のうち、社員が「保険料控除申告書」に書いた社会保険料の額を摘要欄に記載することになっています。ですから「摘要」欄にあなたが「保険料控除申告書」に書いた社会保険料の額(国民健康保険料XX万円)が書かれているはずです』 私には給料から天引きされる社会保険料はありませんが、自分で払った国民年金があり、 きちんと会社に申請しています。 上記の文章にあてはめれば、私は社会保険料であるところの国民年金を申請してあるのですから、「社会保険料等の金額」の欄には、申請した国民年金の総額が、「260,000円」と記載されるべきなのではないでしょうか? それとも、給料から天引きされる社会保険料が無く、国民年金の支払いだけがある場合は、 「社会保険料等の金額」の欄は「ゼロ」と記載され、「摘要」の欄に「国民年金等260、000」と書かれるのが普通なのでしょうか? しかし国民年金もれっきとした「社会保険料」ですし、調べた限りでは 「社会保険料等の金額」の欄には、給与から天引きした社会保険料と、社員が「保険料控除申告書」に書いた社会保険料との合計額を記載し、つぎに「保険料控除申告書」に書いた社会保険料だけを抜き出して「国民年金保険料等XX円」と「摘要」の欄に書く、とあるので、やっぱり私の国民年金額は「社会保険料等の金額」の欄にも「260、000円」と書かれるべきなのではないかと思うのです。 せっかく払った国民年金が、きちんと社会保険料として控除されているのか心配です。 どなたかどうか教えて下さい。

  • 社会保険料の支払いついて

    2007年8月1日~2008年4月2日までA社で働いていました。 社会保険料は翌月の給料から引かれていました。 2007年12月17日~2008年3月31日まで体調不良で 休職しており傷病手当金をもらっていました。 2008年4月1日よりA社に復帰しましたが 事情があり4月2日に退職しました。 休職中もA社に在籍していたので 2008年 1月・2月・3月・4月分の社会保険料を請求されました。 1月分は既に支払い済で2,3,4月分の支払いが残っています。 請求されている金額を確認したところ、4月分は退職月になるので 社会保険料の支払いが2倍になると言われました。 A社を退職後、4月15日よりB社で働き始めました。 B社も保険料は翌月負担です。 このままだと4月分の保険料はA社とB社の2社分 支払わないといけないのでしょうか? 最初は保険料は日割り計算になるのかなと思っていました。 過去ログをみましたが、よくわかりませんでした。 もしよろしければ誰か教えていただけませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 月途中での退職と社会保険料天引きについて

    すみません。素人なので質問させて下さい。2点あります。 2月10日に退職しました。現在無職です。 給与は毎月20日締めで月末払いです。 従ってやや変則的な日で退職したことになります。 質問(1) 私学共済に加入していましたが、毎月一定額の社会保険料(年金・健康保険・雇用保険等)を支払ってきました。 2月分の給与から、前月通りの社会保険料が差し引かれていますが、給与計算期の途中で退職したということで、社会保険料は日割り計算されないのでしょうか。 質問(2) 国民年金、国民健康保険の手続きは済ませました。 この場合、2月分から保険料を支払うということでしょうか。 支払うとすると、2/1~2/10は私学共済と国民年金・国民健康保険の加入期間がダブってしまうことにならないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 退職時に支払う社会保険料について

    3月31日付けで退職します。現在の職場の締めは20日なので、20日で退職すると、社会保険料は2ヶ月差し引きになるそうです。でも、31日まで在職すると、10日分の収入があるので、結局3ヶ月分の保険料を差し引きます。と、経営者にいわれました。保険料の支払いは、個々の事業所の締めの日とどのように関係しているのでしょうか? 次の就職が決まっていないので、4月1日に、国民保険に切り替えようと思いますが、何か問題ありますか? 友人が、1ヶ月分の保険料は、事業所の預かり金として処理されるのではないかといいます。本当は支払う必要がないのではないかといわれたのですが・・・ 何のことか理解できません。

  • 確定申告の社会保険料等の金額について。

    確定申告のことで質問があります。 宜しくお願いいたします。 社会保険料等の金額ですが、 去年の11月に会社を退職し、12月に国民年金、国民健康保険に加入しました。 その場合、源泉徴収の金額と、12月分の国民年金、国民健康保険の金額を申告するのでしょうか? 明日申告に行こうと思っていて、ただ今Webで作成中なのですが、 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書はまだ手元に届いてません。 その場合、申告できないのでしょうか? 無知で申し訳ございません。

  • 払いすぎの社会保険料

    社会保険料・厚生年金ですが、私の勤めていた会社は25日締の月末払いの会社で、4月25日に退社したので、4月分は国民保険、国民年金になると思うのですが、給料明細を見ると社会保険料・厚生年金がしっかり引かれていました。私の勤めていた会社はなぜか社会保険料・厚生年金が当月分を、その月の給料から天引きしているので、昨年の2月1日入社の時の初給料からも引かれていたのを覚えているのですが、初給料の給料明細をなくしてしまい、会社にもはぐらかされて返してもらえません。。。初給料から社会保険料・厚生年金を天引きされていたという証明を、給料明細以外でできる方法はないでしょうか。。

  • 退職日による社会保険料の支払、損or得?

    過去のレスもいろいろ参考にさせていただいたのですが、どうしてもハッキリ理解できないので、教えて下さい。 例えば「10月31日に退職すると資格喪失日が11月1日になる為、10月分まで給料から天引きされるので、30日とかにすると良い」という内容があります。 退職後しばらくの間は再就職しないとすると、当然国民年金と国民健康保険に加入するわけですが、30日退職の場合は10月分の社会保険料が天引きされていないわけですから、10月分から国民年金と国民健康保険を支払うということですよね。 31日退職の場合は11月分から国民年金と国保(略)を支払うわけですよね。 そうすると、厚生年金の期間を1ヶ月伸ばす方をとるか、もし高給の方なら天引きされる額のほうが多いので、それを嫌って月末を避けるとかという選択で、「単に月末が良いというわけではない」という結論で良いのでしょうか。 解釈が違っていたら、ご指摘をお願いします。

  • 2年間遡って社会保険料を払えと言われました。。

    現在とある会社に勤めています。会社が年金事務所から指導を受け、 この度2年間遡って社会保険料を払えというお達したきたと社長から 言われました。そして保険料を分割で今後ちょっとずつ払っていくことになった のですが、とてもじゃないですが払えそうにありません。現在まで私は 国民健康保険と国民年金に加入していましたが、国民年金は若年者で 給与が少なく支払いの猶予を受けていました。 金額にして約50万払えとのことです。私の毎月の標準報酬はおよそ16万ほどです。 この金額は妥当なのでしょうか・・?そして払った国民健康保険料は帰ってくるのでしょうか・・(涙) お知恵を貸していただければ幸いです。