• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

団塊世代の10年下の世代の特徴(男性)

主人が良く車の中で話題にしてきます。 主人(1956年生まれ)は若い頃から、10年上の団塊世代に泣かされてきた。 とぼやいています。 ある時は兄貴のよう寄り添ってくるけど、気がついたら本音を吐いてしまい、 冷たい仕打ちにあって来たと言います。 (もちろん団塊世代みんなからではないです。) 一方で、10年下の世代とはとても仲が良い。主人は10年下の世代をかわいがっています。 家にも後輩をよく連れてきます。外でも良くおごっているようです。 しかしながら15年ぐらい後の世代からはとても苦手だと言います。 いわゆる団塊ジュニアなのでしょうか? 主人は、15年以上上の世代の方とはうまくいっていたと言います。 リタイアされた方ともよく遊びに飲みに行っています。 かわいがられているようです。 ついに団塊世代は65歳を迎え天下の時代と思いきや、15年から20年下の世代の突き上げが きついと言います。 これは世代間の差なのでしょうか? 主人が言うには、 俺の世代は、よくバブル世代と言われるがそうでもないんだよな。 就職した時は、オイルショック後ようやく、就職事情が復調し始めたころ。 バブル時期にディスコなんかで遊びまわったのはもう少し下の世代。 子どもの頃は時代が良くなって行ったという感はある。 東京五輪は小学生低学年 大阪万博は中学生 札幌五輪が高校生。 オイルショックがやって来て狂乱物価の高校から大学生。 日本の未来が心配だ心配だと言います。 主人はよく時代の変化を観察していると思います。 7歳下の私 あまり時代の変化を覚えていない。 1.この違いは何なのでしょうか 男女の感性差? 世代の微妙な差? 2.主人には何か潜在的に悩みがあるのでしょうか? 寿退社して専業主婦なので男社会が良くわかりません。 (金銭的な不安はそれほどありません。) 3.昭和30年代前半生れ には、独特な世代の特徴があるのでしょうか? 新人類と呼ばれたのは昭和34年生まれ以降らしいです。   

noname#198671
noname#198671

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数490
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

ご主人が考えてそうなこと。参考までに。 --- 私も時代変化と世代変化については良く考えるようになりました。 男社会と言うのは、競争社会です。 競走を楽しんで自分を成長させる仕組みになっています。 個人戦と団体戦の二つのジャンルが大体ありまして、 企業を選ぶ人は団体戦が肌にあっている人達です。 団体戦の本質は、組織の成長と維持です。 つまり自分の世代での強さは、後の世代では逆転しているかもしれませんし、 されているかもしれません。 学生時代の部活やサークルと似ていますが違うところがあります。 学生時代に所属する組織は、仮初の場所です。 就職をして企業に所属すれば、そこが最後の場所です。 ですので、 自分が大切だと思った何もかもを、後輩に伝授したいと思うわけです。 私はこの発想を自然だと思いますが、 自分が大切だと思ったことが、世代により違ってくると、 下の世代にとっては分けが分かりません。 自分の成長度合いが問題であるならば、 後々成長し、先輩の思いやりがわかってくるわけでして、 後で感謝することになります。 しかし、 価値そのものが違ってきており、 年上の世代が思うほど、有り難くない場合もあります。 これは幾ら悩んでも、「私のため」にはならず、 最後は「苛めなんじゃないだろうか?」 とか思ってしまいます。 若いうちは、先輩として後輩より多くの経験と知恵があると信じています。 ですので深く考えず、 「後輩には反骨精神があるもんで、最初は嫌がるもんだ」 と考えて、無理にでも教えようとします。 実際問題、そこで先輩側が面倒になって放置してしまうと、 後輩のためにならない場合が多いですね。 団体戦での通過儀礼でしょう。 ある程度年を取ると、はっと気がつくことがあります。 「あれ、今の時代ってそうなってたの?」 ぞっとするというか。 それを知らずに、無理に後輩に押し付けていたと分かるときがあります。 どれだけ後輩が悩んで、自分の顔を立ててくれたのか。 大変恥ずかしいことです。 同期や先輩、後輩と競い合いながら自己を磨いて自信をつけた後、 世の中の変化について興味が減ってしまい、 すっかり時代に取り残されてしまう。 この経験をした方は、深く反省して、組織の中だけではなく、時代を読もうとします。 そこに追従して、自分の力を維持したいと思うわけです。 自分には感覚的に馴染めないものを受け入れる作業ですから、 これを一人でやるのは辛い。 そこで、誰でも良いから聴き手になってもらう。 話しながら考えると言う方法を良くやります。 信頼している人を選んで、誰も聞いていないところで、頭の整理をするわけです。 相手は何の話か分からないで混乱しますから、申し訳ないと常々思います。 自分の場合はこうだった。相手の場合は同だろう? と世代を超えて想像をめぐらすわけです。 「ポイントとなる違いは何だろう?」 それが分かれば、そこから手繰って想像すれば、自分を修正できる。 本質を探ると言います。 この思い出の反芻をしているときに、 ちょっと腹が立った、感動した、などと言う記憶もよみがえり、 そこで寄り道をして、その話を聴き手にしてしまう場合もあります。 これはテーマとは違う個人の思い出です。 本人は(意外と)自分のほうが間違っていると知っています。 ですので、あまり深く受け取らないでも大丈夫でしょう。 晩年になると、 自分を修正した後、言い方ややり方を変えて、 「自分が大切だと思っていること」 を如何にして上手に後輩に伝えられるか? これを自分の最後の価値とするようです。 世代が変わりすぎると、拒絶されることが多くなります。 また、世代が違いすぎて、上のほうが伝えることを諦めた場合、 後輩にとっては楽ですから、その世代を好きになる傾向があります。 10年くらいの差ですと、頑張って教えようとしますから、 下からすると物凄く迷惑です。 というのは、自分が教わったやり方を踏襲しようとするので、 「うさぎ跳び」 の様なトラディショナルな実践手法を強制するからです。 「うさぎ跳び」は、身体に損傷を与える危険のほうが大きいと知られています。 しかし、これを知らない(先輩)が教えれば、ただのシゴキです。 「うさぎ跳び」はたとえ話ですが、 人物を成長させるための通過儀礼に相当するものを、 下の世代に合わせずに、強制することは沢山あります。 こうしたとき、後輩は悩んだ末に、 「ありがとうございました」 とキラキラ輝く目で見つめ返すことを選択します。 私も10年ほど下の後輩が可愛くて、必死に教えたことがあります。 しかし、良く考えると、その方々も部下を抱える、中年です。 人物としては自分と同じくらいか、それ以上に成長しているんですよ。 彼らは、新人の頃の気分を必死に思い出し、 「先輩に教わって新たに生まれ変わる後輩」を演出し、 先輩にサービスをしていたわけです。 下の世代のほうが、上の世代の研究をしているんです。 ですので上の世代にどう接すると、相手が喜ぶかをわかって実践する。 ですので、 「10年上の先輩には苛められ、10年下の後輩には慕われている」 と言う錯覚に誰もが陥ります。 10年上の先輩に苛められたと思っていても、 先輩の側は慕われていると思っているわけです。 さて、ここまでの話は、質問者さんが言う、男社会での話です。 責任ある地位を経験した人は誰もが思うところでしょう。 しかし、昨今は時代変化が激しすぎて、 こうした一般論以外の問題が起きています。 古い世代の方は、文字を自分で書き、これの上達度合いで人格を測っています。 しかし、これはデジタル機器によって補完され意味を成さなくなっています。 また、知識という者を頭に詰め込むと言うのがホワイトカラーのステータスでした。 しかし、これらは携帯端末により秒単位で検索されてします。 人づてで人物を紹介してもらうと言う方法が古くなっています。 思考力を武器に人間の価値を残そうと考えても、 昨今では自分で運転する車やコンピュータ将棋がプロ棋士に勝つなど、 コンピュータの実力が人間を凌駕しつつあります。 残るは人と人の付き合い方。 人を指揮し、団体戦を制するためのノウハウです。 戦国時代、他の時代小説を読む人が多く、 武将がとった考え方、性格などが良く参考にされます。 歴史に学ぶということです。 しかし、歴史上にコンピュータはありません。 参考になるとしたら、鉄砲をもって戦国時代を制覇したケース。 科学と技術の進歩に対して、人の組織力が負けるケースです。 とはいえ、鉄砲ですら、人間が使用する道具でした。 ここには人が介在しており、人を統べるノウハウは必要であり、 今の時代を現すケースではないでしょう。 私が旧世代と呼ぶ世代は、 人が戦闘や労働の主役であると信じており、 人を統べるノウハウは変わらないと思っている世代です。 戦闘や労働の主体が機械に変わってしまったら、 人間を大量に組織化する必要自体がなくなってしまい、 少人数の精鋭のみで事足りるようになります。 この少人数の精鋭を統べるためのノウハウは、それほど難しくないのです。 機械が人の代わりに働くようになれば、誰もが仕事をしないで済むようになります。 しかし、仕事をしないで済むと言うことは、仕事が無いという事を指しています。 かえって困窮すると言うことです。 昨今は、個人が大規模機械投資をして、一人で儲けると言う時代です。 これに対して、多くの日本企業は追従できず、若者に仕事を残せなかったんです。 人のあり方ばかりを説いてしまい、 科学や技術の進歩について、油断をし過ぎていたのでしょう。 そして世代間ギャップとして大きなポイントです。 コンピュータが出現する前の時代を知っており、 「人間が主役であった時代」 をイメージできる世代と、 「人間が主役であるはずが無い」 と確信している世代のギャップです。 この両者が、正しいモノを説こうとすれば、相容れません。 後者の世代は、 「実質的には役に立たないものを上から教わるものだ」 と体感しております。 教える側は、 「そう思うけど後で価値が分かる」とたかをくくっています。 異変と言うのは、「本当に役に立たない」ことです。 さらに問題が深まるのは、 「機械が主役なので、人間は人間同士の仲良くすることが価値なんだ」 とつじつまを合わせてしまい、 ・実質的に誰かに貢献することは意味の無いこと。 ・機械に任せればいい。 ・人と仲良くすることに貢献することが、上の望み。 と言う具合に世界観をつくってしまっているんです。 こうなると一見して優秀に見えて、そうじゃない。 上のほうはこれで悩み、何が異変の原因なのか必死に考えています。 その答えが、自分たちの価値を無くすところにあるため、 余計に難しくなっているのです。 今の時代は、政治家や経営者が主役なのではなく、機械と科学者が主役です。 若い世代は、「何をいまさら」と言う筈です。 ところが、ほとんどの大人に取ってはショックでしょう。 この世代間ギャップは人類初の経験です。 これを乗り切るためのノウハウも無いわけです。 --- 以上、ご参考に成れば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。素晴らしい分析だと思います。 主人は、それまでは人が必要だった仕事でどんどん人が必要がなくなっている。 子どもの頃は、バスの運転手さんが、車掌さんを兼ねるワンマンバス 駅の切符売ってたおばさんも駅員さんも今はいません。 販売機が出来ました。 改札口にも駅員さんがいません。改札機が出来ました。ホテルの精算まで機械化。 ガソリンスタンドもセルフ化。 そもそも昔からあったスーパーも省人化だけど。 さらには、バイトやパートで多くの仕事ができる時代になったともぼやいています。 私もコンビニに行きますが、ものの販売だけでなく、簡単な調理 振り込み コンサートチケットの発券何でもできる仕組みになりました。 支払方法もカードから電子マネーいろいろ。 こうなると、これまで頑張ってきたビジネスマンの行き先がない と深刻な顔をしています。 俺の場合は、あと5~6年 我慢すれば何とかなるだろうが。 子たちの世代はどうすりゃいいのだ? いつまでも安心できない。と言っています。 私は、そんなに不安視していませんが、主人の不安感は強烈です。 男性の方が女性より先行き不安感が強いのでしょうか? (社会人になった息子 安月給なので少しだけ、できるだけもので補助しています。) 主人は、とにかく補助してでもいいから、結婚させろ。と言っています。 今の時代は、結婚もままならないと言っています。 主人の部下たちには独身が多い。 主人のボヤキに、30代の部下が4人結婚したのに、誰も披露宴をしない。 どうなったんだ? と言われます。 この国は、失われた20年で価値観まで変わってしまったのか? いつかは、主賓挨拶 いやだけど人としての成長のため声かかることを期待していたのに。 一方で、10年上の世代の人が、お気楽に遊んでいる姿に なんで俺はこんな複雑な思いになるんだ? と言われます。 何が何だかわからなくなったのですが。

関連するQ&A

  • 団塊世代と団塊ジュニア世代にはさまれ困る新人類世代は私だけ?

    昭和34年生まれ いわゆる新人類世代です。ALLWAYS~3丁目の時代の残り香も知っています。 次第に家の中に電器製品が増えていきました。内容も変化が。 若い時から10年上の団塊世代には小言をうるさく言われ困っていました。(みんなひとからげにするつもりはありません。もうちょっと上の戦中生まれにはあまりしつこく小言をいわれませんでした。もっともあたのは親世代である、昭和ひとけた世代でした。) 最近は、団塊ジュニア世代が中堅社員になり、傾向として(みんなひとからげにするつもりはありません。)このせだいは、私の10年程度下世代に比べ、ドライで1、0思考でつついてくる(自分はコンピュータでないので答えは1か0だけではないと信じています。0.5という答えもありだと思います。)し、愛想が悪い人が多く感じます。(あいさつをしても返事がない。あいさつをしない。)、昭和50年ころ以降生まれの若い社員は、愛想が良く屈託がないものが増えて来ます。 世代ということでくくるのは問題があるかも知れませんが、これで大変神経を使います。 1.このような悩みを持つのは私だけでしょうか? 2.このような世代へのよき対処法は? (団塊世代は、一度定年で消えていくとは言え再雇用でまだ5年以上残ります。団塊ジュニア世代とはあと十数年付き合いがあります。)

  • 団塊世代(ホワイトカラー職場)は年齢が下の世代をどう見ているのか?

    ※はじめにお断りしておきます。世代で皆が同じと言うことはないと思います。ただ世代、経歴、職種で似た傾向はないかと思い質問します。 昭和35年生まれいわゆる「新人類世代」です。 中学までは地元の公立。高校→大学は、同一学園内の私学。 高校までは並の学業成績でした。 大学(商学部)は、学科3位で卒業しています。(但し、このことを会社で話したことはありません。) 雑学が豊富?のため若いころはクイズ番組によく出て賞品をもらいました。(最近も1度)今は伝説の「アメリカ縦断ウルトラクイズ」でも最後の方まで残りました。 今は、一部上場製造業(産業用機器)で副部長職です。 前置きが長かったですが・・・ 若い時からずっと、いわゆる団塊世代の小言には参っていました。 (年齢が上の人は立てる行動には心がけていました。一概には言えませんが、高卒で昇格した人が多いです。今なら大学に行くことも選択できた方々でしょう。・・・ひがみもあるのでしょうか?) 課長職以降は、新人類世代の後輩とはうまくいきますが、団塊ジュニアの属性世代には悩まされました。(上を上と見ない。突き上げが強い栄光がある。)最近入社してくる世代は、わりと素直でうまくいきます。 いわゆる2007年問題、団塊世代が次から次に定年ですが、定年再雇用制度で65歳まで残れます。 嘱託になってもこの団塊世代は小うるさい傾向を感じます。(得てして老害と感じる。) 私から見て性格の良いタイプの方は関連会社に行ったり、協力会社から招かれてそちらに行く傾向があります。) このようなこともあり、社員に邪魔と感じる存在が残ります。 (さっさといなくなってくれた方が良いのですが。) 団塊世代の方々は、下の世代に対しどのように考えているのでしょうか? このようなタイプの方(同部署にいれば元上司が部下になる。)とうまくやるにはどうすればよいのでしょうか。

  • 団塊世代の方、青春時代のアーティストは?

    タイトルの通りなのですが、 団塊世代の方が青春時代(10代~20代)によく聞いていたアーティストというと、どんな方々でしょうか? 国内・国外問いません。よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • eld3399
  • ベストアンサー率4% (16/345)

新時代に移行したのは、西暦1937年からだといわれています。この年から世界的に急激な変化が始まり、今も続いています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

皇太子殿下も確かそのくらいのお年、でしょうか。もう少しご年長でしたか。 そろそろ、何の世代かでなく、その時何を持っていたかの括りで語ってもよいのではないか、と思います。 県民性占いや干支占いは時々楽しいけれども、あまりに括りが大きすぎて傾向に漏れた人生を送っている人々が、私は気の毒であると思います。それと、似てる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皇太子殿下は1960年(昭和35年)2月23日 です。 主人より4つ年下です。

  • 回答No.3

新人類です。バブル世代というのは我々より更に下ですね。 ちなみに世代区分は、 団塊の世代(全共闘世代):1947年-1949年生まれ しらけ世代(無共闘世代):1950年-1960年生まれ 新人類(共通一次世代前期):1961年-1964年生まれ バブル世代(共通一次世代後期):1965年-1969年生まれ 氷河期世代(団塊ジュニア):1970年-1974年生まれ となっています。 ご主人はしらけ世代ですね。『俺たちの旅』の登場人物と同じ代。 新入社員の際はご主人の世代が教育係でした。 > 1.この違いは何なのでしょうか > 男女の感性差? > 世代の微妙な差? 経済社会に継続的に参加しているか否かという違いだと思います。 > 2.主人には何か潜在的に悩みがあるのでしょうか? > 寿退社して専業主婦なので男社会が良くわかりません。 > (金銭的な不安はそれほどありません。) たしかに我々の世代はご主人の世代を突き上げています。 批判の対象は常にご主人の世代です。 バブル期に危機意識を持っていたのは団塊の世代と我々の世代であり、ご主人の世代は安定を志向しました(というか好景気はいつまでも続くと思い込もうとしていた)。 バブル崩壊後、指導力を発揮してくれと何度も懇願したのに敵前逃亡したのもご主人の世代です。 我々世代は危機にあって逃げ出すことしかしなかったご主人の世代を信用していません。 ただ、直近の世代というのは対立するものです。 実際、我々の世代は直下のバブル世代から突き上げられていますから。 > 3.昭和30年代前半生れ には、独特な世代の特徴があるのでしょうか? > 新人類と呼ばれたのは昭和34年生まれ以降らしいです。 一言で言えばチャレンジしない。だから指導力が弱い。 と言っても我々は彼らを嫌っているわけではありませんよ。 プレーヤーとしての能力はありますから尊敬はしています。 それだけに我々からしてみると「もっと出来るはずでしょ」という思いが強いのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。しらけ世代(無共闘世代)ですか。 子どもの頃は、当時の学生がゲバ棒持って、講堂に立てこもる姿、バカじゃないかと思ったそうです。 最近の若い世代のスクランブル交差点でのハイタッチ それが転じた、なくなる踏切でのハイタッチも変だと言ってます。 (新人類に入るであろうわたしも、ゲバ棒持って火炎瓶投げつける姿に共感しません。) しらけ ・・・と言いますが、興味のあるものに対する思い入れはすごいです。 (主人の場合はNo.2さんのお礼でも書いた、博覧会マニア。) 主人はバブル期に特に踊っていません。あのころ株でもかってりゃバカでも儲かったよね。といいつつ、 結局何も買わなかったそうです。それだから損もしなかったと言っています。 結婚したのはバブル期よりはあと。1990年代。 「凸凹人生はいやだ」と確かに主人は言います。 これが、だめなんでしょうか? ・・・でも私も失敗されたらいやだなぁ。

  • 回答No.2
  • IDii24
  • ベストアンサー率24% (1595/6502)

自分もご主人よりは下ですが同じ年代です。団塊でもなくバブルでもありません。でも考え方は違います。 昭和30年代生まれは団塊世代を見て育ち、いつか自分たちもああなるんだと目標にしてきました。憧れがあったわけです。でも自由な発想で生きている団塊世代を追いかけている限り追い抜くことはできなかった世代だと思ってます。 そうしているうちに、自分たちの世代は通り過ぎ、バブル世代やゆとり世代が幅を利かせてます、そう同年代は何もできなかった世代なのです。民主党の連中の大半がこの年代ということ、オウム真理教の連中もこの年代です。PCだけは得意だけど人との連携が苦手で、外国への憧れと卑屈感だけが大きく結局頭でっかちでなにも実行できなかった世代。 バブル世代のようになりふり構わず遊べず、女性も社会進出もままならずもやもやばかりしている連中なのです。 かといって中途半端な倫理観だけは持ち合わせているので新しい社会に適応できません。吹っ切れて無いのですよ。新しいものは生んでいない。 海外でもビルゲイツやスティーブジョブスが同年代でご存知の通り二人とも成功はしていますが、変わり者です。PCの世界を作ったのは我々の年代ですが、個人の中で完結するから作れたのです。でもこれからITも社会に対応して大きな枠組みのなかで考えて行かなくてはいけない。そう、だから対応できず日本のITや電気メーカーは衰退したのです。 結局共通一次世代とは受験戦争で大学をでて大企業に入ることだけを目標に生きてきたために、そこで人生終わってる。やはりがり勉は人間を大きくはしなかった。そういう結果だと思います。 ご主人が言っている昭和34年以降と言いますが、30年代は同じですよ。 やはり違いが出てくるのは1970年代以降に生まれた人たちでしょう。ただ彼らにも期待はできませんが。 日本が大きく変わったのは1970年の万博以降です。はっきり言えばそこから先は今まで殆ど変わらないと考えてます。車をどこの家庭でも持ち、電話も一家に一台、余暇にレジャーという言葉が一般化してそれまで家族で遊ぶなんて意識の無かった人もレジャーを大事に。海外旅行もそれまでは審査が厳しかったのを緩くして一般化。TVも一家に一台になりドラマも盛んに作られるように。生活も意識も一機に変化したので、これ以前を知ってる世代と知らない世代では壁があって当然なのです。 つまり昭和30年生まれは団塊が幅を利かせていて自由にできないうちに次の世代にバトンタッチ時期に成ってしまった空白の世代だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。可哀想な世代ということですか? この世代で目立つ人 桑田圭祐かな? 他にもいるでしょうが。 日本が大きく変わったのは1970年の万博以降 私の家では、特に貧しかったわけではありませんが、大阪万博にも行っていません。家族旅行の記憶がありません。 (東京オリンピックは幼児でしたが、大阪万博は小学校低学年。) 主人は、東京オリンピックは沿道で観戦 大阪万博には春休み、夏休みと二度行ったそうです。 大阪万博の興奮が今でも忘れられないと言っています。 主人の万博マニアは並はずれている?? その後の沖縄万博(大学生) 神戸ポートピア つくば万博 デザイン博 花の万博 さいたま博 横浜博・・・バブル期に多数 愛・地球博 とにかく博覧会と聞くと血が騒ぐようです。 海外までは手を出していなかったのですが。上海万博にはついに行って来てしまいました。 万博に行くと元気をもらえるというのです。  ただ、1970年大阪の博覧会で見た、すべて 世界 これを上回るものが一つもないと言います。 夢を追いかけたけど夢がつかめなかった世代ということでしょうか? 青い鳥は逃げていく 団塊世代がいなくなった途端に会社の人事制度が手のひらを返したようにきつくなったと言っています。 ・目標管理あたりからスタート。 ・成果主義と言ってもエセ成果主義?でも賃金ダウン ・育児休暇を男がとる??  ・子どもが熱出したと言って休もうとしたら上司にそんなの奥さんにやらせろ!と怒鳴られ私も凹みました。 ・怒鳴られてたまにほめられ頑張って来たのに。 叱ってはいけないコーチング?? これが一番きついと言います。  

  • 回答No.1
  • shiroya
  • ベストアンサー率10% (117/1144)

ご主人のものの見方が適切とも思えませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。 世代をいっぱひとからげにはできないと思いますが、主人がおかしいのですか?

関連するQ&A

  • 主婦層や団塊世代対象の塾

    私は最近まで塾講師をしておりました。今,子供を塾に行かせるのは当たり前な時代になっていますが,主婦層や団塊世代対象の塾があったらみなさんはどう感じるのかな?通ってみたいと思いますか?講師時代,主婦の方が今の内容は教えたくても教え方が変わりすぎて,教えられないとよく聞いてたので。

  • 世代ごとの呼び名って

    「団塊の世代」などのように、他の世代にもそれぞれの「呼び名」のようなものは存在するのでしょうか? いわゆる団塊の世代は、昭和21~24年生まれをさすそうです。 しかし、私の場合、親は団塊世代になりますが、私自身は「団塊Jr(第二時ベビーブーム:昭和45~49年生まれ)」にはあてはまりません。 約10年程も若いのです。これは世代論の矛盾になると思うのですが… 親が団塊世代なので自分はてっきり団塊Jrだとばかり思い込んでいました。 自分の世代(二十代頭)も含めて、世代ごとの呼び名って一体どんなものがあるのでしょう… 少々検索してみたら「新人類」「太陽族」「プッツン族」なんていうものが出てきました。 新人類はただの死語のような気がするし、プッツン族、なんてマスコミがむりやり流行らそうとして失敗したような感じの言葉…。うーん。 皆さんの解答、意見をお聞きしたいです。よろしくお願いします。

  • 世代の呼び方と区分け

    戦後世代・・65~75 団塊世代周辺・・55~65 シラケ世代・・45~55 新人類(現代っ子)・・35~45 団塊.Jr世代周辺(続・現代っ子)・・25~35 ゆとり教育世代周辺・・15~25 この区分け、合ってますか? 歳が違う、こういう呼び方もあるんじゃないかという意見をお聞かせ下さい。

  • 引退後の団塊世代とネット・メディアの有効活用は? 思い浮かばず、困っています。

    はじめて投稿します。 現在高校生で、ただいま「情報」の授業の宿題に困っています。 その宿題というのは、”ネット・メディアを使った社会変革”というものです。 ただしボランティア的なものではなく、将来的に商品にもなることを視野にいれて考えなければなりません。 例えば ・寝たきりの方や高齢者の方にこそネットを使うべき→テレビインターネットの開発 ・ケータイをよくつかう子供に、手軽に勉強を→ケータイでの勉強ソフトの開発 とういものなどです。 私は、現在話題になっている団塊世代注目しました。 理由は ・2007~10年の間に、たくさんの方が引退する ・全闘世代で精神的 ・高度経済成長期を支え、パソコンにもつよい ・現在生きがいがみつけらず、自殺してしまう方も多い などです。証拠としてグラフなどもつけなければならないので、現在はこの程度しかわからないのですが…。 彼らと”ネット・メディア”をつないで考えているのですが、なかなか思い浮かびません。 なにか、引退後の団塊世代の方にも有意義な、”ネット・メディアを使った社会変革”(将来的に商品にもなる!) ものはないでしょうか? 実際にこの世代の方のご意見をうかがおうと思っても、私の周りにいないため聞きたくても聞けない状態です。 ギリギリまで考えたのですが思い浮かず、最終手段としてこうして書き込んでしまいました。 どうぞご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

  • 団塊世代が受け取る年金額

    夫はS.23生まれの団塊世代です。 先日、社会保険庁より「年金見込額の結果について」が送られてきました(HPで申し込んでおりました)。 それによりますと 1.報酬比例部分支給開始時(60歳)    平成20年4月分からの老齢厚生年金              約:156万円                  (@13万円 ) 2.定額部分支給開始時(64歳)     平成24年4月分からの老齢厚生年金              約:230万円                (@19万円) 3.65歳時点    平成25年4月分からの老齢基礎年金・               老齢厚生年金              約:236万円                 (@19万7千円)  とありました。 夫は高卒で、学校を出てから現在の会社に40年近く勤めております。 現在の年収は850万で、多くもないが、さりとてそんなに少ないとも思いません。 この受け取る年金額は、金額としては妥当な処なのでしょうか? 実は、夫より10歳年上のお隣さんは夫婦合わせて30万円と聞いております。(奥さんは専業主婦。結婚前に3年間勤める) お隣の年収は我が家とほぼ同じか、若干、少ないような感じです。 私の国民年金+19万7000=約26万なのですが、 お隣との年金の差額、約48万(年)は 何がちがうのでしょうか? お隣は大学出とは聞いてますが、年収が同じならば 受け取り額も変わらないものだと思ってたのですが・・。 年金額30万で考えていたので老後設計が大きく狂ってしまい、パートをやめてのんびりしようと考えてましたが、やめる訳にもいかなくなりました。 お隣との月4万の差って何なのかご存じでしたら教えて頂けないでしょうか?    

  • 世代の呼び方と区分け

    焼跡派83~73歳 戦後世代72~64歳(戦時中の事をあまり覚えていない世代) 戦後派(アプレゲール)63歳~55歳 (団塊世代61~59歳) シラケ世代54~50歳 三無主義49~40歳 新人類(現代っ子)39~20歳 ゆとり教育世代19~10歳 ・・・という風に区分けしてみましたが、多分間違っている部分があるだろうなと思って質問してみました。根拠のある部分と勘で決めた部分があるので。 間違っている部分や、他にこんな呼び方があるなどのご意見をお待ちしております。 また、新人類(現代っ子)の所はスパンが長い気がするのですが、出来たら10年ぐらいで区切れる呼び方があったらお教え下さい。 何故こんなことを考え出したかというと、最近若年層を罵倒するネタに政治政策による学力低下の問題を引き合いに出されることがあるのですが、そう言っている輩も上の世代から何らかの形で馬鹿にされてきたものだという事を忘れているというか、再認識しておくべきなのではないか、という事を考えさせられたので。

  • 世代間の歪な労働条件。このままでは日本はどうなる?

    今や新卒組は売り手市場で会社のほうから大学に「ぜひうちの会社に来てください」とお願いに行っている時代です。 20代後半~30代前半までの団塊Jr世代は人口率が団塊世代の次に多く、日本を支えていかなければならない世代なのに不幸にも親である団塊世代の傲慢が引き起こした大不況のために超氷河期となり就職できない人が大量に出てしまいました。 派遣や偽装請負やフリーターで年収が100万~200万円台の人が多く、この世代が今後の日本を支えるにはかなり無理があると思います。そこへ現在の就職世代が軽々と正社員になって退職していく団塊世代の代わりとしてとても期待されて入ってきました。 はっきりいって氷河期世代は負け組みだらけで現就職世代の重荷になると思います。税金も払わず年金も払いません。親が団塊世代なのでなんとか生きていけている状況です。 このようなかなり歪な労働状況では今後の日本はどのようになっていくと思われますか?というかもはやどうにもならない時代になってしまったと思いますか?私はもうダメだと思いますけど。

  • 団塊世代の母の更年期とうつ。

    団塊世代の母の更年期とうつ。 母(61才)は、もともとそんなに家庭的ではありませんでしたが、それなりに家事はこなしていました。 40代の後半からだんだんと食事の支度が億劫になった様子です。 でも、母親という立場から、家族が食事を家で取るかどうかは気にしてくれて、聞きます。 しかし、食べると答えても、レタスひとつ買ってきているだけだったり。。。いわゆる普通の更年期でしょう。。 かといって、自分の更年期や、健康管理、というものには無頓着で、 または現実を受け入れるのを認めない、 なんか疲れやすいのよね~などと自分の弱さを家族に漏らすこともありません。プライドだけはチョモランマ級です。 鍵をかけ忘れる、風呂上がりに何も着ずに長時間のうたた寝、掃除が億劫になりベッドまわりに飲みかけペットボトル数十個。 もともと若い時から慎重さには欠けるタイプ、更年期になりノドの乾きに悩まされ。 台所は、洗い物はすぐにやりますが、食器棚、テーブルの上はもので溢れかえっています。買って来たものは置く、という感じです。 いろいろなこと、家族がカバーしてることにはあまり気付かず。 思い余って注意する父に対してストレスを感じている母です。 父も団塊世代です。特有の日本男性。褒めないし、労わないし、優しい言葉などかけません。 母が「久しぶりに丸の内行ってみたら、ブランドのお店がたくさんあるんだね~」と言うと、 父は「お前には、似合わないからハハハ」 一緒にホームセンターに行き、母が台所のテーブルクロスを買おうとしたところ、 父「そんなもの要らないじゃないか!テーブルの上を掃除してからにしろ!」 悪気はないのですが、こうやって純粋な気持ちを砕き続けるような会話が展開されていたようです。 まあ、日本人にキウィハズバンドになれと言ってもムリなのは分りますよね。。。。 ですから、母の健康を心配して注意しても、母にはストレスと反発心だけです。 私も女性なので、父には嫌気が差しまくっているのだろうと推測できます。 父には、母に優しい言葉がかけられないなら、必要以上に注意しない、など、 自分が変われないなら、相手にも強い変化を求めないなどのバランスを取って欲しかった。 母は受け止めすぎるタイプで、父はすぐ忘れるあっさりタイプです。 ケンカすると、母は居所も明かさず一週間ほど音信不通になります。気持ちは分りますがまるで小娘。 父はその時やっと焦り、私に事態の収拾を依頼します。 そんなことを2年に1回ほどの周期で繰り返します。相変わらず内容は同じことです。父の主張は正しくはありますが、状況にはまったく何の進歩もありません。 原因は、父が母を構うからです。 お互いに無関心を決めるご夫婦は、もう揉め事など殆どありません。 ふつうは年齢からしても揉めるのも疲れるようです。 そう言う意味では、私の両親は年齢にしてはやることが若いねと言われました。 先ほども言いましたが、母は自分の気持ちはこの期に及んでも、私にすら漏らさず、 私は事態が長引いていることに心配になり、母に連絡をしても 私には当たり障りのない返答のみです。 私もそんな母の性格をわかっているので、追いつめるような言葉は吐かないようにしています。 父は、数々の態度を反省、猛省せざるを得ない状態です。 いつも母を限界まで嫌気が差すほど追いつめてから、気付くのです。 だったらもう別居しかないかなとは思いますが、 ここで、気になるのは母の健康と注意散漫さです。 鍵のかけ忘れなどの防犯面や、 今は収まりましたが、睡眠導入剤を飲んでいた時に1、2度ですが幻覚をみている様子があったりしたので、そのような健康面で、とても心配です。 今父は、ひとりでビジネスホテルにいます。 今後どのような話し合いをして、どうしていったらよいか、私も模索しております。 私は電車で1時間のところで一人暮らしをしています。 不倫だとかDVではありませんが、うつ病というか更年期に伴う精神的な問題についてご経験のある方、知識のある方の意見が聞けたらと思います。私自身は独身なので、結婚後の大変さも想像しかできません。 よろしくお願いいたします。

  • 団塊・団塊Jr、新人類、ゆとり…世代間抗争について

    団塊の世代、新人類世代、バブル世代、氷河期・ゆとりの世代、などという世代間抗争があるようです。しかし、 ・団塊の世代は戦後生まれで、高度経済成長からバブルなどの恩恵を受けただけの世代で引っ張った世代でないのは事実。学生紛争やってただけ、その後、上の年代に引っ張られ、40代ぐらいまで良い時代を過ごしただけ、ベビーブームで人数が多いだけ、思想的に左翼思想無責任で放漫(それを面白いというわけがない、彼らが現役世代の上の年代になってから日本の社会が堕落腐敗したのみ) ・バブル世代、氷河期世代、というのは、就職時期にバブルで就職難ではなかった・就職難だったというだけで人格形成には関係ない。 ・教育レベルでいうと、新人類世代あたりを頂点(世界トップ)に、だんだん低下していき、全世代アジアトップの教育レベル(全世代そのプライドがあり、人格形成期にそれだけの努力と忍耐つまり苦労をしてきた。横並び一線ではなく差も明確ななか、みんな自覚をもち社会化しなければならなかった)。  それがいつの間にか、アジアトップから落ちて、 ・ゆとりの世代に至っては、新人類世代に比べ履修量は半分とか三分の一とかいうありさま。少子化の時代の競争率など意味がわからない。 なんら争えるものがない者たちが争いをしているだけだと思えるが・・・。 社内で厄介者とか、コミュニケーションが取れないとか、たかがしれたもの同士で他の年代を苦労知らずよばわりしたり…。格下うるさいだけか? 分類の定義も複数あり、分類も重複するなか何の争いなのか? 誰か教えてください。

  • 団塊世代について

    団塊世代の人たちは若者たちに子供を産め産めと言ってきますが いざ自分の家の近くに保育所ができるとなると反対運動で建設中止にしてしまいます。 お前らまじふざけんなよ、と思うのですが 皆さんは、この日本にとって老害でしかない彼らについてどう思いますか?