• ベストアンサー
  • 困ってます

団塊ジュニア世代親と脱ゆとり教育を受ける子供

バブルや団塊ジュニア世代が産んだ子供が脱ゆとり教育を受ける時代になりましたが いけいけドンドンで社会を生き抜いて来た親と学習指導要領が増えた教育を受ける子供の間に軋轢はありますでしょうか? 私は親は戦中生まれながら団塊ジュニア世代で、80年代の校内暴力と管理教育を見て育ってきて様々な干渉を受け、それでも自分の精神疾患と不景気出口がない時代を過ごしてきたなと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数657
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2876/8338)

因果関係や世代関係の捉え方が全く判らないですが・・・。 現状が「学習指導要領が増えた教育」とすれば、「80年代の管理教育」などとは類似性・共通性があり、その他の世代間と比べれば、少なくとも「教育環境の違いによる軋轢」は緩和される方向かと。 それと「ゆとり教育」そのものは、国策上の大きな過失ではあるものの、学校教育・義務教育に限定されるもので、家庭教育や高等教育に絶大な影響を与えたとまでは言えないでしょう。 ゆとり教育世代に問題があるとすれば、その最大の責任は、義務教育などに過度に依存し、家庭教育などを放任した親にあると思います。 言い換えたら、国のバカさには呆れますが、そのバカに合わせて、親までバカになる必要は無いと言うことです。 バカに合わせる様な親であれば、管理教育・ゆとり・脱ゆとりなどは無関係に、子供と軋轢を生じても、仕方がないでしょう。 それどころか、社会と軋轢を生じる可能性も大です。 またそもそもは、軋轢を生じることは、問題ではありません。 価値観が違う人間が複数いれば、程度の差はあれ、何らか軋轢は生じて当然であり、それが親子関係で生じても、何ら不思議はないです。 問題は、軋轢などが生じた場合、その解消・解決能力があるか?と言うことです。 かつ、親子関係においては、その解決能力等が期待される主体は、年長者である「親」です。 言い換えれば、世代などには無関係に、自立(自律)的な親に育てられた子供は、自立的に生育するでしょうし、逆に依存的な親に育てられた子供は、依存的に生育し、まだ親も子も、各種軋轢を生じるだけでは?と思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 怒鳴るだけで褒めなかった80年代の母親の躾

    戦中生まれで子供が団塊ジュニア世代くらいだと、例えばテストの点数が低いと体罰をふるってでも怒鳴り散らすのに、いい点取ったとしても『当たり前です』と言って絶対褒めないのが普通でしたか? 私の母親がまさにそんなタイプだったのですが…。 母親も幼少は空襲に遭ったり母を亡くして継母に育てられたりして大変だったかもしれないけど、それでも『中学生の親はみんなそうだった。』と言い訳します。 私や兄や姉が中学時代を過ごしたのはちょうど校内暴力や管理教育が横行した80年代だったので、80年代の中学生の親はみんなそうだったんでしょうか?それとも母親が特殊だったんでしょうか? 父親も戦中生まれで80年代当時高校(そんなにレベル高くない私立高)の教員やっててそれなりに厳しかったかもしれませんが、母親より繊細で胃潰瘍や鬱になったりしたのもあって比較的近い目線で話を聞いてくれた方です。

  • 団塊世代は第二次ベビーブームを作ったのに…

    何故団塊ジュニアは第三次ベビーブームどころか少子化問題に発展するくらい子供を作らなかったのですか? 管理教育が流行った学校教育やバブル崩壊も関係しますか? 私も団塊ジュニアの世代(但し親は戦中生まれ)ですが、同世代は思いやりに欠けた自分勝手な人が多い印象で、余裕がない気がします。

  • 学校嫌いでアイドル好きの子供はどう思いますか?

    普段学校休みがちで行ったとしても体調崩して保健室にお世話になるのに、AKB48だとかの握手会になると元気になってイキイキと行く子供っていますか? もし自分の子供がそうだとしたら握手券破いたりCDなど取り上げたりAKB48だとかの悪口言いますか? 特に学校時代校内暴力やそれ以降の管理教育でとても窮屈な時代を乗り越えてきたのが親世代だと思うので綺麗事なしで率直な気持ち教えて下さい。

  • 団塊世代と団塊ジュニア世代にはさまれ困る新人類世代は私だけ?

    昭和34年生まれ いわゆる新人類世代です。ALLWAYS~3丁目の時代の残り香も知っています。 次第に家の中に電器製品が増えていきました。内容も変化が。 若い時から10年上の団塊世代には小言をうるさく言われ困っていました。(みんなひとからげにするつもりはありません。もうちょっと上の戦中生まれにはあまりしつこく小言をいわれませんでした。もっともあたのは親世代である、昭和ひとけた世代でした。) 最近は、団塊ジュニア世代が中堅社員になり、傾向として(みんなひとからげにするつもりはありません。)このせだいは、私の10年程度下世代に比べ、ドライで1、0思考でつついてくる(自分はコンピュータでないので答えは1か0だけではないと信じています。0.5という答えもありだと思います。)し、愛想が悪い人が多く感じます。(あいさつをしても返事がない。あいさつをしない。)、昭和50年ころ以降生まれの若い社員は、愛想が良く屈託がないものが増えて来ます。 世代ということでくくるのは問題があるかも知れませんが、これで大変神経を使います。 1.このような悩みを持つのは私だけでしょうか? 2.このような世代へのよき対処法は? (団塊世代は、一度定年で消えていくとは言え再雇用でまだ5年以上残ります。団塊ジュニア世代とはあと十数年付き合いがあります。)

  • どうしてベビーブーム世代の世話を他の世代がするの?

    正直いって迷惑ですよね。 日本の適切な人口は6000万とか7000万とよくいうし 現状の1億3000万いても それがアメリカのように複数の都市に分散しているならまだしも 日本は南関東に集中。 実に首都圏一帯だけで3000万超えという異常な人口数、人口密度。 子供の数でみても 他の先進国で100万以上も毎年生まれているのは アメリカと日本だけ。 でもアメリカは日本の国土の30倍以上なのに出生数は2,5倍程度。 どんだけ日本は高い人口密度なんだって感じ!! G7のドイツもフランスもイギリスもイタリアもカナダも40万とかせいぜい60万程度の出生数なのに 高齢者の割合は日本よりも格段に低い。 ドイツもフランスもカナダも日本より広いのにね。 これって、いいかえると、ベビーブーム世代の高齢者が多すぎるのが要因ですよね。 団塊世代と団塊ジュニア世代ですか。 どうしてこの世代の年金を負担しないといけないの? 誰もベビーブームなんて起こしてくださいなんて頼んでないし 団塊世代は戦中に産めよ増やせよ政策があったので 少しはそういったのがあったのかもしれないけど 団塊ジュニア世代に関してはそんな事はなかったし むしろ国から出生抑制発令まででたのですよね?

  • ACだったんじゃないかと思う教師とその関わり

    学校時代を振り返ってみて明らかにACの教師っていましたか?私はいました。 中学の頃の若い教師でしたがとにかく厳しいと言うか『自分に甘く人に厳しく』がモットーで自分のおてんば自慢しては素直で甘ったれた人に対して攻撃するのが好きでしたね。 私自身当時は母親と不仲で更に親に甘えられないのを教師に甘えてたところがあったのでその教師にかなり嫌われてました。 例えば些細な事で謝っても態度などでダメだししては許さなかったり、正直な事を話しても『屁理屈』と返されたり。 だから私もその教師に対する反抗が激しくて何言っても無駄だと思って黙り込んで『帰りなさい』と言われてそのまま帰った事もあります。 よくそんな教師がいながら不登校にならなかったと思います。 でも人に対しては『過去の話するな』とか言いながら自分が高校生の頃親と言い争いをしても甘ったれなかったとか、幼稚園の頃から妹の親代わりになってたとか色んな面で苦労話を聞かされたもんです。 80年代の話で更に中学その物も校内暴力から管理教育に移行した時期なんだろうと思うので余計生徒に舐められない様にしたかったんだろうと思います。だけど妙に独りよがりだった印象も否めません。 結局私が中学卒業した頃に寿退職したので今は教師やってるのか分かりませんが、今だったら大体50代なのでまだACと言う言葉がなかった時代にそんな教師にめぐり合ったのが微妙なもんです。

  • 限定社員制度で団塊ジュニア世代の大量リストラ到来?

    やめても残っても地獄、どっちを選ぶのか? 1970年代前半に人口ピラミッドがでっぱている所がある それが団塊ジュニア世代だそうです。自分らの産まれる前の事なのでよくわからないけど 大企業では400万~500万ほどの余剰正社員を抱えてしまっている。 そこで安倍首相が解雇の規制緩和を打ち出し限定社員制度を導入すると 一番リストラが多いのが、この団塊ジュニア世代の40歳前後の世代なんだそうです。 その分、若者の雇用が増えるメリットはあるのだけど。 会社側にとって辞めてほしくてやめさせる場合は 退職金が割増になります。 なのでおいしいといえばおいしいのですが 40代でリストラにあった人の4割近くは1年たっても再就職が難しいとの事。 そこで独立開業(自営業等)をするがこれまた40代以降で独立開業をはじめたものの5割以上が 1年以内に廃業している。 よって会社からやめてほしいと言われても安易に割増の退職金目当てでやめると このザマ、生活保護受給できればまだマシで この生活保護の風あたりが厳しい時代、役所の公務員も安易に生活保護なんて受給させない そうなると最悪ホームレスに転落するリスクも高い。 この記事に対してコメント欄では ★ リストラにあうってのはそのレベルの能力、仕事っぷりの奴等だし 自業自得だ ★ 無能なのにバブル景気で運良くはいれたが 機械化やグローバル化が進めば 人件費はどこの企業も抑えたいのだから 外国人を雇ったり、非正規社員を雇ったりする するとバブル入社の人は人件費だけは高いけど 人件費の安い人達と比べて特別能力が高いわけでなければ 安い方を取るので解雇されるリスクが高くなるのは当たり前 ★ 時代は変わった、今はどれだけ人を削って出費を減らすかの時代 保険会社や証券会社なんていうのも当時は人気があったが今となっては 保険、証券はネットが当たり前。 その当時に入って高い手数料とって飯食ってた人も今は仕事がほとんどないだろう ★ ITが当たり前の時代になると要らない産業ばかりで 供給と需要のバランスがとらなくなるのはいかしかたない事だ 高度経済成長期のように物があまりなかった時代と違って 今は物が揃っている時代なので、生活必需品以外は相当優れていないと 消費者はなかなか買ってくれない。厳しい社会だ。 などのコメントが多かった。

  • 親から受けた、言葉の暴力

    「いじめられて幼稚園にも行きたがらない子」 「内向的で人とのつきあいが下手くそ」 などと言われ、「自分ってそんなもんなんだ」と思っていました。 校内暴力が盛んな思春期を過ごしたあとも、親から私に対する評価はそんなものでした。 大学時代の友達は言ってくれます。 「最初に声をかけてくれたのは、そっちじゃん」 会社の先輩も言ってくれます。 「何で、あんな他の部署の人と知り合いなの」 ・・・意外と積極的なのかなぁ?と感じ始めました。 今でも「ビールなんて買いに行くな。みっともない」・・・ 何をしても「みっともない」と言われてしまい、心が痛いです。 育った環境が違うのだから「仕方ない」とスルーしています。 親から受けた言葉で「とらうま」に感じるものってありますか?

  • 団塊世代の10年下の世代の特徴(男性)

    主人が良く車の中で話題にしてきます。 主人(1956年生まれ)は若い頃から、10年上の団塊世代に泣かされてきた。 とぼやいています。 ある時は兄貴のよう寄り添ってくるけど、気がついたら本音を吐いてしまい、 冷たい仕打ちにあって来たと言います。 (もちろん団塊世代みんなからではないです。) 一方で、10年下の世代とはとても仲が良い。主人は10年下の世代をかわいがっています。 家にも後輩をよく連れてきます。外でも良くおごっているようです。 しかしながら15年ぐらい後の世代からはとても苦手だと言います。 いわゆる団塊ジュニアなのでしょうか? 主人は、15年以上上の世代の方とはうまくいっていたと言います。 リタイアされた方ともよく遊びに飲みに行っています。 かわいがられているようです。 ついに団塊世代は65歳を迎え天下の時代と思いきや、15年から20年下の世代の突き上げが きついと言います。 これは世代間の差なのでしょうか? 主人が言うには、 俺の世代は、よくバブル世代と言われるがそうでもないんだよな。 就職した時は、オイルショック後ようやく、就職事情が復調し始めたころ。 バブル時期にディスコなんかで遊びまわったのはもう少し下の世代。 子どもの頃は時代が良くなって行ったという感はある。 東京五輪は小学生低学年 大阪万博は中学生 札幌五輪が高校生。 オイルショックがやって来て狂乱物価の高校から大学生。 日本の未来が心配だ心配だと言います。 主人はよく時代の変化を観察していると思います。 7歳下の私 あまり時代の変化を覚えていない。 1.この違いは何なのでしょうか 男女の感性差? 世代の微妙な差? 2.主人には何か潜在的に悩みがあるのでしょうか? 寿退社して専業主婦なので男社会が良くわかりません。 (金銭的な不安はそれほどありません。) 3.昭和30年代前半生れ には、独特な世代の特徴があるのでしょうか? 新人類と呼ばれたのは昭和34年生まれ以降らしいです。   

  • 子供の教育に、親は積極的に関わるべき?

    子供の教育に親が積極的に関わるべきなのでしょうか?最近、日本の抱える教育の問題点として、家庭の教育機能の低下があげられているというのを目にしたのですが・・・ 私自身、常識こそ家で教えられましたが小学校時代を思い返しても勉強を親に見てもらった経験もなければ、両親から「勉強しろ」と言われることもなかったように思われます。聞いていると周囲の友人もそういう人が結構います。ですが、その人たちが勉強ができないとかそんなことは決してないように思います。私の場合だと親に言われた方が自発的にやるのと比べやる気が削がれてしまうので、親が関わるべきかどうかは子供のタイプによるところが大きいと思うのですが・・・ それでも家庭の教育機能というのは重要でしょうか? 学習面、道徳面の両方意見をいただけるとありがたいです。