-PR-
締切済み

鶏肉の手羽先と手羽中、手羽元の違いって?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.87542
  • 閲覧数34168
  • ありがとう数26
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 50% (5/10)

私は、鶏肉が好きで、特に手羽先には目がないのですが、肉屋さんで、手羽先、手羽中、手羽元とあって、だいたい、手羽先を買うのですが、そもそも、この3つは、にわとりの手(腕)のどの部分を指しているのでしょうか?

あと、レシピに手羽先とかいてあるのに、手羽元や手羽中を使っても差し支えないのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

みんなが選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 34% (291/849)

手羽元:胸肉に一番近く多く肉がついています。脂肪が少なく柔らかいのが特徴
    から揚げ向き

手羽中:普通は袋状に裏返し、チューリップチキンとしても売られています。
    から揚げ・煮込み向き

手羽先:肉は少ないですが、ゼラチン質と脂肪に富んでいます。
    ポトフ、煮込み、スープ等に適しています。

同じ手羽ですから、手羽先の代わりに手羽中や手羽元を使っても良いと思いますが、上記のように特徴を生かしたほうが更に美味しいと思います。

参考URLは部位の写真での説明です。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 37% (593/1595)

分りやすく書くと・・・
手羽全体=手羽元(第一関節より根元部分)+手羽先(第一関節より先端部分)

手羽先ー先端の手指部分=手羽中 と言う具合ですね。

料理法については下の方がおっしゃっている通りです。
自分が調理してみると、肉そのもののボリューム感がほしい時は手羽元(ウイングスティック)、味わいがほしい時には手羽先を使っているような気がします。
手羽中は肉は少ない分、加熱時間も短く済むので、忙しい時の強い味方です。
(味付きなんかでもよく売っていますし) 


  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 31% (81/257)

回答じゃないです!!

そもそも、手羽先として売られているもので、手羽中を除いて売っているとこなんてないでしょう。

実は私も、「手羽先フェチ」です。手羽中を含めてですが、鶏肉のいいところが全て揃っていて値段も安い。「ささみ」なんか高い銭出して食う気になれません。刺し身にはいいですけどね...。

私の場合、10中8,9、中華風の煮込み料理にします。乾燥椎茸、筍と一緒に酒と醤油で煮込みます。好みで八角や粒山椒を入れます。仕上げに片栗粉でとろみを付け、好みで五香粉やゴマ油を垂らして出来あがり。

酒は紹興酒が理想ですが、日本酒でもOK。あれば中国ハムを加えると一層コクガでます。無論なくても鶏から旨味がでるので十分。私は旨味調味料を使わない主義なので、ウラワザとして、昆布(できれば羅臼産)を加えます。ただし途中で引き上げて完成品からは除去。

これを手羽元でトライしたこともありますが、駄目。全然駄目というといい過ぎですが、まあ、ハッキリ言って別物ですね。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ