• ベストアンサー
  • 困ってます

台風に伴う波

  • 質問No.8695578
  • 閲覧数104
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

台風中心付近は低気圧性曲率が大きい領域であり、風浪よりもうねりが卓越しやすい。
という記述が参考書にあるのですが、理解できません。
なぜうねりのほうが卓越しやすいのでしょうか。
どなたか教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 27% (1021/3685)

海面の揺れを「波」と云います。
音や光も波として伝わります。
波には、長いものから短い物まで、色々な波長が含まれて居ます。音の場合には、波長の組み合わせで音色が変わり、音源のエネルギーが大きい程、単に音が大きくなるだけでは無く、多様な波長の波が重なり合って発せられます。
台風の中心付近では強い上昇気流が働いて、海面が大きく盛り上がります。盛り上がった海面は水準状態に返ろうとして、水面の低い方へ流れようとする力が働きます。その盛り上がりと復帰の力の働きが、波として伝わることになり、様々な波長の波が重なり合います。
穏やかな日の海岸でも、様々な波が見られます。
さざ波、小波、大波、波浪、うねりと、波源のエネルギーが大きい程多くの波長成分を含んだ波を生じ、波長の長い波ほど遠くまで伝わります。
池に砂粒を落としても左程の波は立ちませんが、大きな石を投げ込むとそれなりに大きな波長の長い波を生じます。
うねりは、穏やかに日にも見られます。海岸の小高い所から水平線に目をこらすと、水平線がゆっくりと上下しているのが確かめられます。
台風のエネルギーが強い程、波長の長いうねりの成分が卓越してきます。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (2656/12202)

波長が長ければ干渉しにくいのでしょう。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ