• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

役員報酬と社会保険等に関して

役員報酬と社会保険等に関して教えてください。 有限会社で代表取締役をし、新たに株式会社を設立して取締役に就任した場合(奥さんが代表取締役になります)、有限会社で社会保険に加入しているのでどのような扱いになるのでしょうか? もし、役員報酬として支払う場合どのようなかたちになるのでしょうか?例えば、役員報酬月額200万とした時の処理の方法を教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1016
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#24736
noname#24736

#2の追加です。 失礼しました、新しい会社の方でしたね。 乙欄の適用になります。 392,800円にその月の社会保険料控除後の給与等の金額のうち1,130,000円を超える金額の35%に相当する金額を加算した金額となります。 304500円+と392800円で、支給額は697300円引いた1302700円になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も質問に答えて頂きありがとうございました。 全て的確でわかりやすかったです。 ありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#24736
noname#24736

#1の追加です。 源泉税は、176万円で326270円、176万円を超える24万円の35%が84000円ですから、410270円になります。 参考urlをご覧ください。 今間での未徴収については、遡って徴収して納付する必要が有ります。 納付が送れると延滞税を課せられます。

参考URL:
http://www.eonet.ne.jp/~matuura/getsugaku_zeigakuhyo.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いろいろありがとうございます。 源泉税の件ですが、他の会社で社会保険に加入している場合は乙欄で113万円を超える金額の35%になるんですよね? なので、200万の場合、304500円と392800円になって、 支給額は697300円引いた1302700円でいいんですよね? 先ほどまちがって、甲欄で質問してしまいました。ごめんなさい。よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1
noname#24736
noname#24736

社会保険は、一週間の勤務時間と出勤日数が正社員の4分の3以下であれば加入できません。 2ケ所で働いている場合、一週間の勤務時間や勤務日数が短くて、1ケ所でしか社会保険に加入できない場合は、その加入する会社での給料の額によって保険料が決ります。 (もう一ケ所の給料は関係ありません) 2ケ所で加入できる状況の場合は、「2以上事業所勤務届」と「選択届」を社会保険事務所(又は健康保険組合)に提出して、どちらかの事業所で社会保険に加入することになり、両方の給料を合算して保険料を決定して、2ケ所で按分して給料から保険料を控除することになります。 所得税については、メインの勤務先へのみ「扶養控除等申告書」を提出し源泉税は甲欄が適用され、、サブの勤務先では乙欄で源泉徴収をして、年末調整は出来ません。 従って、年末調整を受けたメインと、年末調整を受けないサブと、両方の源泉徴収票を添付して確定申告をして、1年間の所得税の精算をする必要が有ります。 なお、甲欄より乙欄のほうが源泉税が高いので、確定申告をすると、源泉税が還付になる場合があります。 役員報酬を支払ったときは役員報酬で処理をします。 役員報酬 2000000 / 現金 2000000 なお、役員報酬が過大な場合は損金として処理できないことが有ります。 参考urlをご覧ください。

参考URL:
http://www.rakucyaku.com/Koujien/M/F05/F500100

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事どうもありがとうございます。 その取締役は、株式会社での一週間の勤務日数勤務時間が短い為有限会社での健康保険加入になる。つまり、役員報酬200万から乙欄の税金を引いたものを支給するということですよね?176万を超える金額の35%ですから24万の35%で8万4千円に392800円を足すと476800円 支給額は1523200円。こんなかんじでしょうか? もうひとつ質問させてください。 過去3ヶ月にわたって、税金を引かないで200万を支払っていた場合どのように処理すればよいのでしょうか?

質問者からの補足

たびたびすみません。 その取締役は、株式会社での一週間の勤務日数勤務時間が短い為有限会社での健康保険加入になる。つまり、役員報酬200万から乙欄の税金を引いたものを支給するということですよね?176万を超える金額の35%ですから24万の35%で8万4千円に392800円を足すと476800円 支給額は1523200円。こんなかんじでしょうか? もうひとつ質問させてください。 過去3ヶ月にわたって、税金を引かないで200万を支払っていた場合どのように処理すればよいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 役員報酬?について

    資本金60万円の有限会社です。立ち上げ時に代表取締役と妻の私が2万円ほど出資して起業しました。役員2名となるかと思います。実際の作業としましては代表取締役が従業員として仕事をし、私が経理を手伝っています。いままで利益がでていなかったため、代表取締役は役員報酬として給与を、私は頂いていませんでした。でも今期の終わりごろからやっと利益がでてきたため、私も役員報酬を少しでもいただこうとおもっていますが期の途中で受け取ることはできますか?それから月5万円程度でも仕分けは役員報酬となりますか? 初歩的な質問ですみません。よろしくお願いします。

  • 役員報酬の期中増額について

     A社において取締役であった人(親会社B社からの出向役員でA社とB社の2社から給与受給)が、 A社の代表取締役の退職により、期中において新たにA社の代表取締役に就任しました。  社会保険等はB社で加入し、A社の所得税は乙欄にて控除していました。  A社の代表取締役になったことにより、B社を退職することになり、A社のみで給与を受けることになったため、就任日の翌月からA社の役員報酬を増額しました。  この場合、増額部分は、役員賞与として損金不算入となりますか?  議事録等の書類は作成してあります。

  • 役員報酬

    代表取締役1人の会社を設立します。 給料として役員報酬をもらいますが、 たとえば8/1に設立して役員報酬を10月末締めの翌月11月末払って可能でしょうか? つまり設立してから8月分9月分は報酬なしで10月より報酬ありにしたいのです。 また末締めのよく月末払いと言うのも可能でしょうか? これらをやるとき手続きが必要でしょうか? よろしくお願いします。

  • 親族を役員?

    会社を設立しようと考えています。 私が発起人になりその後、代表取締役に就任しようと考えています。 そこで税金上有利な方を教えて頂きたいのですが、 親族が設立する会社で働いてもらおうと考えています。 その親族は取締役に就任してもらい役員報酬を支払った方が良いのでしょうか? それとも、従業員として働いてもらい給料を支払った方が良いのでしょうか? また、社会保険の観点から見てもどちらの方が良いのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 役員報酬ゼロの場合の社会保険

    今年8月に株式会社を設立しました。当面は役員2名体制です。 まずは事業を軌道に乗せるため、余計な家計を使わないため実家に引越したり役員報酬もゼロで考えています。 法人を設立した場合、社会保険に加入義務があるので(多くの設立したての会社は入っていないようですが)、社会保険事務所に加入手続きに行ったところ、「役員報酬ゼロでは社会保険に入れないし、月額でも毎月の社会保険料代やら税金くらいは払える設定してくれないとちょっと困りますね」と加入を断られました。 その後、「稀に役員報酬ゼロの方で申請に来られるのですが、その方にはまずは国民健康保険加入を勧めています」と言われました。 今は役員報酬ゼロでは加入できないとは知らなかったので、国民健康保険への加入を検討しています。ちなみに前職はサラリーマンでしたが、任意継続の加入期間20日はすでに過ぎています。 やはり健康のことですし、健康保険には加入しておきたいと思います。 そこでご相談したいのですが、このようなケースの場合、国民健康保険に加入することは可能なのでしょうか?また知人からは国民健康保険料は事情を話すと多少値切れるという話もよく聞きます。 どうも法が矛盾している気もして複雑な思いです。 ぜひアドバイスをお願いいたします。

  • 役員報酬の増額について

    会社は20人程度の株式会社です。 今年1月に役員になり3月に代表取締役になりました。 前任の代表取締役(オーナーではない)の役員報酬の半分程度になっています。 会社の業績は従来どうりですが前任者の不要な借入れにより債務超過になっています。代表就任後に会社の財務状況がわかりました。 役員は前任者を含め4人です。 前任者の役員、2名は役員報酬を半額に減給しました。 3月に7000万円の保証人になりました。 役員報酬の増額は無理でしょうか、(私と新任の取締役の報酬の増額) 方法を教えてください。 宜しくお願いします。

  • 役員報酬について

    この度、業績不振のため、役員報酬の大幅な改定を予定しています。有限会社です。 現行では、代表者100万円/月、取締役80万円/月(家内)の役員報酬を社長15万円/月、取締役50万円/月に改定したいと思っています。代表者より他の役員のほうが報酬が高額な場合は、税務署から報酬としての否認が必ずあるのでしょうか?また、左記の場合どのような理由があればそれが認められるのでしょうか?

  •  役員報酬改定

    前社長が期の中途で死亡、残りの取締役が代表取締役に就任した場合、役員報酬を引き上げることが可能ですか。  決算期間  H23.9.1~H.24.8.31 社長死亡日 H24.4.26  前社長の役員報酬 37万     代表取締役A 29万から100万 代表取締役B 15万から100万に5月分から引き上げましたが 税法上通りますか。  社長死亡につき2250万の保険金がはいったため、社長の遺族に見舞金、退職金総計500万を支払っています。  

  • 役員報酬をゼロ、社会保険料は?

    赤字で借金も膨大になったので、役員報酬(私・代表取締役)をゼロにしようと思います。 社会保険料はどのようになるのでしょうか?また手続きがいるときはどのように届け出をしたらよいのでしょうか? ちなみに妻と子どもがいます。妻は先日まで一緒に役員をしていましたが、困難なので私の扶養に入りました。

  • 初めての役員報酬

    有限会社を設立して事業を始める場合、最初の役員報酬は、いつ・どのようにして決めればよいのでしょうか? 「設立後○○日以内に○○総会で決める」とかいう決まりがあるのでしょうか?