• 締切
  • 暇なときにでも

クローン人間。つくることができるのに何故、してはいけないという人がいるのですか?

  • 質問No.864128
  • 閲覧数9475
  • ありがとう数45
  • 気になる数1
  • 回答数17
  • コメント数0

お礼率 48% (1474/3051)

医学技術的にクローン人間をつくることができてしまったのであれば、クローン人間をつくってもいいのではないですか。
どうして、それはしてはいけないという人がいるのですか。
クローン人間がキープされていれば、心臓も肝臓も全ての臓器の移植手術を延々と待つこと無しに、即手術ができて死なずに助かるのでは。
どうしてこの医学技術の画期的進歩がいけないことなのですか。
私の息子は心臓移植の心臓を待ち続けて結局は死んでしまいました。

回答 (全17件)

  • 回答No.17

ベストアンサー率 56% (47/83)

すみません納得がいかないので僕も一言。

hikokurowさん、質問があります。
なぜクローン人間を医学的「物体」と考えているのか、僕に教えて下さい。


生命を人間の都合のいいように解釈しているだけにしか見えないのです。
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

No.11さんへのお礼欄に述べさせていただきましたとおり、非公開で保管するという状況下で管理されているからです。つくられたときから意識は無く、動かない状態なのです。
申し訳ございませんが、このあたりで打ち切りたいと思います。
どうもありがとうございました。
投稿日時:2004/05/22 09:37
  • 回答No.16

ベストアンサー率 20% (64/315)

クローズされようとしているときにすみません。
でも、ひとつだけ。

臓器を取るためのクローンの細胞も生きています。
もたせようと思えば感情ももてます。
もしも、亡くなった息子さんとまったく同じ顔の眠っているクローンを見て「こいつから心臓とってやろう」と思えますか?

再生医療で臓器は難しいと書かれてますが、私はそう思いません。
実際に医療に携わってはいませんが、いろんなかたがたの情報をいただき、近い将来必ず実現できると思っています。

クローンだって、臓器移植だってほんの数十年前まで夢のまた夢。SFの世界だったではないですか?

人命を助けるために必要な医療と思っていらっしゃるのはとっても大事なことだと思います。
でも、それとそれを移植される側が望んでいるかどうかは別物でしょう。
そんなときからいつの日か必要になる臓器のためにクローンを作って生かし続けるということは私には人道的に理解できません。

トビ主さん。
同じ移植希望患者の家族だからこそあなたの言いたいこと、伝えたいこと、訴えたいことはよくわかります。患者を持たない人との温度差も、その歯がゆさも。私の母だけでなく、私の姉も同じ病気で亡くなっています。いずれ、私も。と恐怖に駆られることもあります。
でも、移植うんぬんよりも母の示してくれた「自分らしく生きる」ということを大事にしたいと思います。

横道にそれたレスごめんなさい。
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

本当に有難うございました。
お母様の人生観は素晴らしいと思います。
でも、私は坊主にはやっぱり何が何でも生きていてもらいたかったし、これから先、同じような境遇にでくわしてしまう方々の為に、倫理上許されない云々という圧力に屈することなく医学技術の研究開発を行なっていってほしいと願います。
自分の臓器が再生できる医療技術が出来上がることを祈りつつ、このあたりでクローズしたいと思います。
投稿日時:2004/05/22 09:30
  • 回答No.15

ベストアンサー率 21% (61/281)

現時点では、クローン人間は短命(細胞分裂の回数が少ないため)と言われているので、そこから移植しても中々難しい問題なのではないでしょうか。

医学と言うのは只の化学技術ではありません。spiritualと言う事について考えてみてもいいかも知れませんね。
  • 回答No.14

ベストアンサー率 14% (298/2040)

クローンを、物扱いにしているのはいけません。
そんなこと言っていると、クローン同士が氾濫を起こしますよ。
それこそ「クローンの逆襲」と大戦争を引き起こしてしまいます。
そんなことないように、少しは頭を使ってください。
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

もうそろそろこの質問をクローズしようかと思っていたところです。
クローンは逆襲することはできません。クローンは自由に動くことができないようにされているからこそクローンなのです。
大戦争って、どことどこが戦うのですか。
頭を使う使わないの以前の問題なのではないでしょうか。
ちゃんと質問を読解したうえで、批評等するのではなく、あくまでも質問にお答えくださいますようお願いいたします。
投稿日時:2004/05/21 20:11
  • 回答No.13

ベストアンサー率 23% (27/113)

なかなか難しい問題ですね。技術的に可能であるのは何故クローン人間を作ってはいけなのか?只、仰るようにクローン人間が医学的物体となる可能性があり、またそのように利用される懸念があるからこそ、クローンは作ってはいけないと言うことなのではないでしょうか?

それと、例えどのような状況であろうと、かけがえのない一回限りの人生であるところに人間の生きると言う本質があるともいえましょう(大層な事を言って申し訳ありません)。


また、臓器移植に限定するなら、クローン人間を作らなくても、医学的にはそう遠からず可能になることと思います。

それとまた、たとえ試験管ベイビーであっても、精子と卵子の結合による誕生との、生殖に関する根本的な問題が存在すると思います。クローン人間ではそのあたりの問題が十分に論議されてないのが現状ではないでしょうか?

この問題は色々な観点から考えられること思いますが、近い将来人類の大きなテーマになることでしょう。
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

ご回答をお寄せくださいまして有難うございました。
クローン人間をつくらなくとも、クローン的臓器をつくる技術がある云々、これっていつか忘れましたが、実験用ネズミ若しくはモルモットの体から人間の耳が出てきている映像をテレビのニュースで見たような記憶がありますが、これのことなのですか。
しかし、私の理解している知識の範囲においては、この技術でもって人間の臓器をつくり出すことはできないと思いますが。
でも、よくよく冷静に思いめぐらせますと、たまたま何かの事故等に遭遇し、それでもって脳死状態となって、心停止ではなく法的に死亡していないにもかかわらず、その方の体から臓器を全て取り出して、臓器移植するという現在の移植治療の実態の方が、よほど人としての倫理観からするといびつでおぞましいように私は感じるのですが。
それしか方法が無かったのでそれを待ち続けましたが、そんなことをするよりは、最初からクローンが保管されていれば…、そのほうがよっぽどクリアーだと思うのですけど。
すみません、ちょっと熱くなってしまいました。
もうそろそろこの質問もクローズする頃合ですね。
marutakaさん、本当に有難うございました。
投稿日時:2004/05/21 19:59
  • 回答No.12

ベストアンサー率 20% (64/315)

11です
トビ主さんのお気持ちよくわかります。
でも、クローンも保管場所から出されれば一人の人であるということをみなさんおっしゃりたいんだと思います。

最近、いろんな場で話題になっていますが、再生医療も盛んになってきています。
すでに、耳や歯は実用段階にまで来ていると聞き及びます。
私としては、こちらが発展することを希望したいです。
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

有難うございました。とにもかくにも、人の命を助けるということの為に医療医学が進歩発展することはけしからんことではないと私は信じたいです。
投稿日時:2004/05/20 21:59
  • 回答No.11

ベストアンサー率 20% (64/315)

私の母も心臓移植しか完治のない病気にかかっています。
余命わずかといわれたこともありますから、亡くされた息子さんをもたれた無念もわかります。
でも、息子さんは自分そっくりのクローンから心臓をもらうことを希望されたのでしょうか?

私の母はいったん登録した移植リストから削除してもらい、「移植しなくてもこんなに前向きに生きている自分を同じ病気の人に知って欲しい。お手本になりたい」と現在もつらい治療に立ち向かっています。

移植しか完治しない病気でも移植しないで生きようとする人もいるんです。
息子さんの無念、親としての気持ちはわかりますが、クローンイコール息子さんの生と考えるのはさびしくないですか?
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

No.11さんのこのスペースを使用することをまずお許しください。そして、皆さん、聞いてください。
今この時点で11人もの方々からご回答いただき、正直大変驚くと共に有り難く思っております。皆さん、本当に有難うございました。
まず皆様にご理解いただきたいのは、私は私の息子のことを助けたいが為に今回の質問をしたのではないというこを。
息子のことは涙に溢れながら苛立ちましたが、それこそ米国映画の「ジョンQ」のデンゼル・ワシントンの気分でしたが、私が心底言いたいのは、これから先々の時代の今からのことなのです。
つまりは、私の息子のような人々が助かる為に、進歩した医学技術、すなわちクローン技術を活用、駆使してほしいのです。
つまりはこういうことなのです。国の管理による機関をつくり、先々の移植医療として希望する国民については、その機関のみがクローンを脳死の状態で責任を持って管理し、クローンを希望する国民は生まれた時からほぼ同時にクローンを申請し、且つつくっておき、その国営機関がカプセル等の中で脳死状態で維持保管しておくという国家的システムをつくってはどうですかということを言っているのです。
ですから、クローン人間に対する私のイメージは、人間ではなくて保管されている医学的物体なのです。
長々とえらそうなことを述べて、申し訳ございませんでした。
でも、救うことができる命は、やっぱり最大限の技術なり努力でもって救うことが、人としての自然な行動なのではないのでしょうか。
投稿日時:2004/05/20 20:37
  • 回答No.10

ベストアンサー率 32% (84/255)

お話から想像するには、

 今、あなたのクローンができたとして、そのクローンさんが戸籍を得て、心臓病になったとしたら、あなたの心臓を提供することになるのでしょうね。だって、その人の方が若いから、長生きできる可能性があります。
 また、あなたとクローンさんは同一の権利を有したとしたら、あなたの親の財産はクローンさんにも平等に分けることになるでしょうね。
 クローンは、まったく同一ではなく、かなり病的な状況になりやすい話もありますね。重病だったり、犯罪者になったりしたとき、あなたはどのような立場になるのでしょか。そのクローンの元はあなたですから、すべての責任を負うのでしょうか。
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

有難うございました。No.11さんの欄を使わせていただき、ご回答くださいました皆様への御礼の言葉等を述べさせていただきましたので、ご参照ください。
投稿日時:2004/05/20 21:56
  • 回答No.9

ベストアンサー率 56% (47/83)

まず、亡くなられた息子さんのご冥福をお祈りいたします。
難しい内容の回答が多いので、僕はなるべく平易に答えたいと思います。

「人は、人間らしく生まれる権利がある」

と僕は考えています。だから僕はクローン人間に反対です。
クローン人間がもし生まれてしまったとしても、
クローン人間は「モノ」ではなく
一つの「生命」、「人」ですよ。
hikokurowさんはクローン人間を
「モノ」として見ていませんか??

果たして、クローン人間と僕らで
何が違うのでしょうか?
僕らはモノではなく、生命ですよね。
クローン人間も生命です。

また、「クローン人間は移植用」というように

「人間が人間の存在意義や生死を
勝手に決めるなんて、断じて許されません!!」

それは殺人です。
クローン人間が、医学技術の画期的進歩というのは大きな勘違いです。
以上が僕からの提言です。

PS:マスコミ等の情報とは異なり、確かに目覚しい発展ですがクローン技術は事実上まだ完璧ではありませんよ。
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

有難うございました。No.11さんの欄を使わせていただき、ご回答くださいました皆様にお礼の言葉を述べさせていただきましたので、ご参照ください。
投稿日時:2004/05/20 21:54
  • 回答No.8

ベストアンサー率 33% (3/9)

クローン人間を作ったとして、促成栽培ができるわけではないので、成長するのに同じだけの時間がかかります。それと、クローンは培養液でカプセルから誕生しません。女性から十月十日かけて生まれます。
例えば、あなたのお子さんに先天性の疾患があり、将来、移植手術をするために、お子さんのクローンを作ります。
手術可能な年齢になるまで、あなたはお子さんとクローンを両方育てなければなりません。(里子に出しますか?)
月日は流れて手術が可能な年齢になり、病状も思わしくありません。
いざ手術という段になって、あなたはお子さんそっくりのクローンを殺せますか?心臓を取るということはそういうことです。
こういうことも考えられます。
移植が成功しても、免疫やその他移植後のリスクは高いままで、健康に長生きできる確率はまだ低いです。するとお子さんとそっくりな健康であるクローンの方を生かし、お子さんを見殺しに…。
本末転倒です。

クローン臓器に期待しましょう。
お礼コメント
hikokurow

お礼率 48% (1474/3051)

有難うございました。No.11さんの欄を使わせていただき、皆様に御礼申し上げましたので、是非ともご覧くださいますようよろしくお願いいたします。
投稿日時:2004/05/20 21:52
17件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ