• 締切済み
  • すぐに回答を!

海外法人が日本で資産を所有する場合

知り合いの外国人(海外法人の社長)より、日本の工作機械を購入して そのまま日本で所有したいとの相談を受けております。 ちなみにその会社には日本法人(事務所)はありません。 日本に事務所がない海外法人が、日本の固定資産を所有することは できるのでしょう? おわかりになられる方、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数58
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • -9L9-
  • ベストアンサー率44% (1087/2421)

所有するのは自由ですが、 所有してどうするんですか?放置して腐らせるつもり?置き場所は? 固定資産税やら国内源泉所得課税やら廃棄物処理法やら、問題は数多くあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 固定資産の撤去

    工作機械を購入して機械室(金属製のプレハブ)に設置しました。 ドアから入らなかったため、壁を取り外して機械を入れました。 その後新しい壁を取り付けたのですが、この費用は工作機械の取得 価格に加算して固定資産計上すれば良いのでしょうか。それとも機械室の資本的支出になるのですか。 また、壁を取り外した費用は固定資産除却損になるのでしょうか。 この機械室は95%の償却が済んでおり、現在5年均等償却をしています。そのため、取り外し費用の方が帳簿価格よりも高くなるなってしますのですが、どう処理したら良いでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 償却資産の申告について

    とある金属部品製造メーカーで役職に就いてる者です。 30年ほど前に購入したフライス盤という工作機械があるんですが、 当時はバリバリ稼動してましたが、現在では(ここ5年ぐらい) 全く使用していない。 まだ動くけども、部品製造にあたって、その機械では求められてる 精度が出せないので使わなくなった。 これから先も使う予定は全く無いと思ってます。 工場内が非常に狭いので、使わない機械をいつまでも置いておくよりは 処分して新たな作業スペースを確保しようと考えてます。 社長に処分をして貰うよう打診したんですが、返事が 「償却資産だから出来ない。したらダメ」の一点張りです。 私は償却資産や固定資産の扱いについて全く詳しくなく、 その社長の言ってる意味がよく解らない。 そこで教えて頂きたいんです。 ポンコツ機械でも置いておく事のメリットは何なのか? 自分でも色々調べたんですが、会計や税法に対して無知なもので。 私が思うに、使わない機械(固定資産)はとっとと処分して 余計な税金を払わずに済むのになぁと思ってます。 私が何にも解ってないんでしょうか・・・ どうかご意見宜しくお願いします。

  • 法人の固定資産税申告書の記載方法は?(固定資産を所有していない場合)

    法人の固定資産税についてお聞きしたいのですが、 固定資産を所有していない場合、申告書の必須項目はどこになるのでしょうか。 東京都の申告書だと備考に該当なしと記載とありますが、他の項目についてが分かりません。ご教授ください。

  • 社内で使用する工作機械の製作について

    固定資産について教えてください。 社内で使用する工作機械を製作中に 加工ミスしてしまった場合に取り外した部品は 取得価額より除くことは可能でしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 固定資産税における法人2社の持分所有の場合について

    固定資産税における法人2社の持分所有の場合について 固定資産税における法人2社の持分所有の場合についてお教えください。 私は零細法人2社を経営しております。便宜上、A社とB社と書かせていただきます。 2社とも賃貸事務所と役員の自宅で業務を分けて運営しております。 A社では、数年前に事業の運営場所を移転するつもりで、土地を購入しました。しかし、不景気により事務所の建築の計画が止まってしまっています。 上記の土地の固定資産税の課税標準額は、290万円です。 A社が事務所建築をすれば、B社も同時に間借りする予定ですので、土地の一部を持分登記で所有権移転をすることで、固定資産税対策となったり、法人税などの節税に役に立つのでは?と検討しています。 ですので、1割程度の持分をB社に持たせると免税点未満となり、B社は無税でA社は今よりも減額となるかなと考えています。 さらに、事務所の一部を住居とし、私自身が住むことも想定していますので、私も同様に1割持分を持つことも考えています。 税金対策的に、私の考えは正しいでしょうか?

  • 海外の法人が日本で営業を行う方法

    海外の法人が日本で営業を行う方法 海外の会社が日本で営業を行う場合に 日本法人の設立と営業所の登記という2つの方法があると 聞いたんですけど、違いが分かりません。 色々と費用面や手続きなども違ってくるのでしょうか。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 海外法人が日本で会社設立するのが、日本法人の場合と一緒?

    現在、日本で特定労働者派遣のための会社を設立したいと思っています。出資法人は日本の会社と、中国の会社、米国の会社の三つ会社になります。いろいろ調べましたが、海外法人による出資した場合に、日本法人と一緒かについてどこにも掲げていないようです。恐れ入りますが、わかる方に以下を教えていただけませんか? 1、特定労働者派遣の許可証を取るためにどこが難しいですか?どうすれば取れますか? 2、海外法人による投資の場合に、手続き上違いがありますか?優遇政策がありますか?

  • 流動資産と固定資産の仕分け

    ある問題集に 「固定資産のうち残存耐用年数が一年以下となったものは流動資産とせず、固定資産に含まれる」 という記述があり、適切であるとして正当肢となっていました。 これは「固定資産のうち残存耐用年数が一年以上あるものは流動資産とする」という意味ですか? しかし、文意としておかしいですし、そもそも固定資産が残存耐用年数の違いで固定資産に仕分けされたり、流動資産に仕分けされたりすることがあるのでしょうか? 会計初学者のため「???」です。 また、解答の解説にある「なお、たな卸資産のうち恒常在庫品として保有するもの若しくは余剰品として長期間にわたって所有するものは、固定資産とせず流動資産に含ませるものとする」 という記述も「???」です。 たな卸資産って元々流動資産ではないのですか? これは単に「たな卸資産に関しては1年基準を適用しません」という意味でしょうか?

  • 20万円以上はなぜ資産?

    実務に就いてまだ日が浅いので 疑問に思ったのですが、 無形固定資産について 20万未満は費用に落として、 20万以上は資産計上していました。 理論的にはなぜでしょう? 法人税での規定があるのでしょうか? それとも実務上の慣行でしょうか? うちの会社だけ? 例えば20万未満のソフトウェアは保守管理費として、 20万以上はソフトウェアとして無形固定資産計上 したり。 有形固定資産については 10万未満は少額資産の損金算入で費用化、 10万以上20万未満は一括償却資産として扱い、 大法人では20万以上は資産として計上するのは わかるのですが、 無形固定資産はなぜなのでしょう?

  • acer日本法人 社長様

    acerの日本法人社長様(現在)はボブ・セン社長でよろしいでしょうか。 違う場合は名前をお願いします。 また、ボブ・セン社長の英単語スペルはどのように書くのでしょうか。 宜しくお願いします。