• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

キャリアオイルの浸透

アロマテラピーの質問のんですが、キャリアオイルは真皮手前まで浸透して精油の成分を手放して血管に入るの?? もしくは真皮手前まで浸透して精油の成分だけが抜け出して血管に入るの?? 手放すというのがどういう理屈なのか少し疑問なんです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1000
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • suvi
  • ベストアンサー率28% (465/1643)

うまく説明できなくて ごめんなさい。 キャリオイルの キャリアは=運ぶという 意味なのはご存知だと 思います。 精油は濃度が高すぎて 植物性オイルで薄めて つかわないと 肌への刺激があるため、 皮膚に浸透性のある植物性オイル で希釈してつかいますが 脂肪を分解させたり、 皮脂を整えたり 皮膚までの働きはしてくれますが 精油のように香りはないため、 芳香成分によるリラックス効果や 脳や神経を落ち着かせたり、 あらゆる組織にまで 影響を与えられないことから 皮膚までで手放すという理屈、という (超)勝手な解釈をしてみました。 ベビーオイルをつかわないのは ミネラルオイルなどの 流動パラフィン、石油系ワックスは 肌を保護する 役割があるため皮膚に膜を 張ってしまうんです。 そのため、精油の持つ成分が 浸透できなくなって しまうみたいですね。 同じ植物性オイルではないと 混ざらないんでしょうね。 決してベビーオイルが 毒とか肌に悪いのではなく、 あくまで保護する 目的でつかうオイルと いう意味です。 長文でますます 分かりづらくなってしまいましたが、 再度回答をさせていただきました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

メチャメチャ分かりやすかったです!!!☆ 凄い分かりやすくて納得できました🎵ホントにありがとうございます🌟(*^^*) 助かりました🌠(^^)

関連するQ&A

  • 精油が体に吸収されるには

    精油をキャリアオイルに混ぜてマッサージオイルを作ったり、エタノールや精製水と混ぜて化粧水を作ってアロマテラピーを楽しんでいました。 ところが、最近出版されたメディカルアロマテラピーを謳った書籍に「精油を植物オイルと混ぜて使用すると、互いに親油性があるため引きつけあい、バリアゾーンを通れない植物オイルとともに精油もバリアゾーンを通れなくなってしまうため、精油の成分は浸透せず、香りだけの効果になってしまいます。」と書かれていました。 また、「エタノールなどのアルコール類と精油を混ぜて使用すると精油の成分がエステルに変化してしまい、精油の薬理効果は失われてしまいます。」とも書かれています。 化学的な事が分からないので、これらの内容は化学的に正しいのか教えていただけるとありがたいです。

  • 製油 キャリアオイルの経皮吸収について

    経皮吸収を促進する条件に、(1)皮膚温度を上昇させる (2)角質層の水分量を多くする (3)塗布後に部位を密閉するなど と本に書いてありました。(1)は血流が良くなるから(3)は製油の揮発を抑える (2)がどうしてなのかわかりません。精油やキャリアオイルは親油性なので、角質層の水分量を多くすると 逆に吸収は悪くなるのでは? アロマテラピー資格取得のため、独学中です。(2)の根拠を教えてください。よろしくお願いします。

  • クレンジングに最適なキャリアオイルは?

    汚れがきれいに落ちてさっぱり洗い流せる市販のクレンジングオイルを長年使用してきたのですが、乾燥がひどいのはこの「さっぱり洗い流す」ための合成界面活性剤のせいであっただろうことを最近知りました。 そこでキャリアオイルでメイクを浮かせて濡らしたコットンで拭き取るやり方に変えました。とりあえず手持ちの生協スクワランを使っていたのですが、もうすぐなくなるので今後どのオイルを使おうかといろいろ調べたところ、情報が錯綜してひどく悩んでいます。 クレンジングに最適なキャリアオイルは何でしょうか? とりあえずあれこれ調べた中で出てきた情報 ・オリーブオイル、スイートアーモンドオイルは重すぎる ・オレイン酸系のオイルは、アクネ菌のエサにので、肌に残った場合、 にきびができやすい ・天然植物油には、肌内部に浸透しやすい成分がいくらか含まれ、   これらの成分が肌内部に浸透し、油分過多となる  メイクの汚れも浸透させてしまう ・スクワラン、オリーブオイルなど一部のオイルは長期使用で  皮脂腺が退化 ・グレープシードオイルはさっぱりしすぎてオイリー肌向け ・ミネラルオイルは現在は非常に安全だが肌に残留しやすく、  残留するとシミなどの 原因になる ・食用の油を製造する工程で合成添加物を加えられる(酸化防止や  色素をつけるため等)ことが多いので化粧品として売られている油で  クレンジングしたほうが良い などは正しい情報なのでしょうか?また、この中でどの情報に重きを置くべきなんでしょうか? それぞれ肌に合う合わないはあると思うので、合うかどうかは実際に試してみないことには分からないことは承知していますが、一般的な選択判断の基準として、知っておきたいと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • suvi
  • ベストアンサー率28% (465/1643)

血管まで入ると いうのは キャリオイルでは なく、精油は香りが あるので呼吸と 一緒に皮膚を通して 血液中に入る、というような ことでしょうか。 私が持っている 本の中から 仕組みを貼り付けて おきます。 手放すという理屈は 精油の方が分子が細かい からでしょうか? 知ってる限り、想像ですが 参考になればいいと 思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ほんとこんなグダグダな質問に親切丁寧に答えてくれてありがとうごさいます!!

質問者からの補足

質問が分かりにくかったかもです(>_<) キャアオイルが真皮か表皮まで(どっちか分からない)浸透して、そっから精油の成分だけ手放して血管の中に入る、分子量の差でキャリアオイルは血管の中には入らないけど肌に浸透するから効果あるのなんとなくは分かります。精油は分子が小さいから血管に入るってのもなんとなく分かります。 が、、キャリアオイルと精油は混ざってるのに浸透してから精油の成分だけが血管に入るのがよくわかってないのです。手放すってよく聞くんてすけどとういうメカニズムで手放すの?それか分子が小さい成分だけ入るのか? 例えばだけど、アロママッサージでベビーオイルのような鉱物油はアロマを入れても浸透しないからオススメてきないとよく書いてるんてすが、ベビーオイルでも精油を混ぜていればベビーオイルは表皮に浸透せずとも分子の小さい精油の成分だけは浸透してから血管にはいるのでは? みたいな…分かりにくいですかね?(>_<)

  • 回答No.1
  • suvi
  • ベストアンサー率28% (465/1643)

キャリオイルは 血管まで入ることは ないと思いますが、 一応、説明書を 貼り付けておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • キャリアオイルって化粧水にいれて平気?

    こんにちわ。先日も手作り化粧水関係で質問させていただきましたが、また疑問がでてきたので 質問させてください。 手作りのシンプルな化粧水に、ハーブウォーターか、 エッセンシャルオイルをいれようと思ってます (このアドバイスを前回うけました★) そこで、ハーブウォーターは適当に一緒にまぜて平気そうですが、オイルは、キャリアオイルとやらでまぜてから化粧水にいれるべきでしょうか?レシピにはそのまま入れているものもあるので、キャリアオイルを使わなくてもいいとは思うのですが。 いくつかサイトをみましたが、いまいちキャリアオイルの使用法がわかりません。マッサージオイルを使うときだけに使うのでしょうか?化粧水にいれても平気ですか? めんどくさいのでエッセンシャルオイルだけ数滴たらそうかな~と思ったのですが(化粧水に)、キャリアオイルをつかったほうが(加えたほうが?!)効果が上がるなら使ってみたいと思ってます。 手作りシャンプー、マッサージオイルなどを作るときにキャリアオイルを使うのはわかるのですが、ふつ~のさらさらの化粧水にいれてもいいものなんでしょうか?^^; アドバイスよろしくお願いいたしますM(__)M PS 普通の化粧水と、 頭皮用の化粧水を作ろうと思ってます。 頭皮用はハゲ予備軍の彼にあげようと思っているので、オイルを使ったほうが浸透するのかな??と思ったり^^;

  • ワンコのアロマテラピー

    胃腸が弱いワンコのため、少しでも楽にさせてあげようと、アロマテラピーを考えています。 そこでお聞きしたいのですが、精油とキャリアオイルを混ぜたマッサージオイルを犬がなめてしまっても問題はないのでしょうか? 実際、体をマッサージした後、ペロペロ舐めているのを見て心配になりました。

    • 締切済み
  • アロマテラピーについて

    アロマテラピーを始めようと思って、 今 本を読みながら研究中なのですが、 2点疑問が出てきたので、教えていただけないでしょうか。 1つ目は、禁忌についてどれだけ厳密なものなのかです。 色々調べてみて、高/低血圧、生理中、妊娠中の場合の使用不可など、 禁忌事項もたくさんあることが分かったのですが、 これはどこまで気をつけなければいけないのでしょうか? 例えば、低血圧の人は、血圧降下作用のあるイランイランの精油の香りを 嗅ぐことすらいけないのでしょうか? 2つ目は、嗅覚障害者にアロマテラピーは効果があるかどうかです。 アロマテラピーは、嗅上皮でキャッチした香りを電気信号に変えて 大脳辺縁系に働きかける、というのが大まかな仕組みだと思うのですが、 この説明を聞いた限りだと、嗅覚障害を持つ方にはアロマテラピーは 何も効果がないように思えるのですが、実際はどうなのでしょうか? また、精油は表皮を抜けて真皮まで浸透することができる、 ということも勉強しましたが、 嗅覚障害を持つ方でも精油を使ったマッサージなら 効果が期待できるのでしょうか? 祖父が生まれた時から嗅覚障害でまったく鼻が効かないのですが、 以前、嗅覚障害もエッセンシャルオイルで治すことができる、 と聞いたことがあったのでずっと気になっていました。 長文になってしまい申し訳ありません。 宜しくお願いいたします。

  • アロマテラピーオイルトリートメントで使うオイルの成分

    オイルマッサージ、アロマテラピーオイルトリートメントで使用するオイル(よくキャリアオイルとかベースオイルなどと言われるもの)についての質問があります。 各種のオイルにはそれぞれの性質があり、例えば ・オリーブ油はオレイン酸が多く含まれている。外用で筋肉の硬直,炎症、痛みを解消する。 などと本には書かれています。 ただ、オリーブ油ならすべてのオリーブ油に同じ効果があるわけではなく、食用で売られているもの、アロマテラピーのお店で売られているもの、業務用の1リットルのタンクに入っているもの、これらがすべて同じだとは思えません。きっと製造過程や原材料の差が成分差として出てくるのだと思います。 そこで質問なのですが、本当にいいものを手に入れたい、と思ったときにはどこで見分けて、どうやったら手に入るのでしょうか。 例えば、値段が安い高いというのは、わかりますが、だからといってそれで良し悪しと一致するとも限りません。 成分表というものは私は見たことありませんが、良心的なメーカーというのは成分表を用意しているものなのでしょうか? 私はオイルを使った整体を業としている者なのでプロ、というかセミプロというか、そんな感じでございます。が、正直言ってわからないのでここで質問させていただきます。 また、こういうオイル(精油ではなく、いわゆるベースオイルのほう)に関する資料や書籍などの参考文献があればあわせて教えていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします (アロマテラピーのベースオイル/ブラウンシュヴァイク 著 オイルマッサージ教本/浅井隆彦 著 は持っています)

  • 煮込んだら成分はどれくらい浸透するの?

    鶏肉をトマトやタマネギと煮込んだ場合、トマトやタマネギの栄養や成分はどのくらい鶏肉に浸透するのでしょうか? そしてまた、その鶏肉を新湯で煮た場合、成分はどのくらい染み出すのでしょうか? 実は母が犬に上記のような鶏肉を与えてしまい、そのせいかどうかはわかりませんが、下痢嘔吐をしました。獣医に掛かる前にある程度原因を絞りたいので、この鶏肉が原因になりうるか知りたく質問いたしました。

  • アロマオイルにベビーオイルを使用してもいいですか?

    ベビーオイル自体が浸透しないのは知っていますが、だからといって精油成分が全く浸透しないわけでもないですよね ワセリンをベースとしたクリームなどもありますし コレをスカルプケアに使いたいです 髪につけるのも良くはないでしょうか?

  • 頭皮に付けるタイプの育毛剤の効果

    頭皮につけるタイプの育毛剤というのは効果があるのでしょうか? というのも、人間の皮というのはいくつかの層になっていますよね。 そして、頭皮の説明図なんかをみると、毛根は結構深いところにある ようにかかれています。 血管はさらに奥になります。 となると、この毛根部分に成分が到達するのは難しいようにも思えるのですが。 角質層を通過し、さらに真皮の部分を通過してようやく「肉」の部分に 到着するわけですが、果たしてそこまでの浸透力があるのでしょうか。 いま「もっとも効果がある」とされるミノキシジルにしても、 これを塗り込んだところで傷薬のようには効かないようにも思えます。 小学生的な疑問ですが、どうなんでしょうか?

  • ピクシーシュリンプというエビを飼っている部屋でアロマテラピーの芳香浴を

    ピクシーシュリンプというエビを飼っている部屋でアロマテラピーの芳香浴をしてはいけませんか?? なにか水槽内に影響がでたりすりのでしょうか。。 ちなみに、電気の熱で温めて空気中に精油の成分を拡散させるタイプです。

  • アロマオイルの精油が豊富に載っている書籍を探しています。

    アロマオイルの精油が豊富に載っている書籍を探しています。 今現在アロマテラピー・バイブルという書籍(ISDN:978-4-415-02918-4)を持っています。 これには精油43本・キャリアオイル12本・マッサージ方法・手作りコスメの作り方やお勧めのブレンドなどが載っています。 ですが実際専門のお店では43種以上の種類があり、書籍に載っている情報だけでは分からないことが多く新たに試してみたいものの何と組合せがいいのか?どんな効果があるのか分かりません。 (例:書籍にはラベンダーとしかかかれてませんが、実際とあるお店ではラベンダー・○○(名前を忘れてしまいましたがラベンダーのみの表記のものは無かったと思います) 基本の精油43種だけでなく43種以上の精油の情報(一説には精油は200~300種類もあるそうです)が載せられている本は無いでしょうか? あれば本のタイトルやその本が載っているサイトなど教えていただきたいです、宜しくお願い致します。 またアロマ専門店が出版している本などもありましたら教えてください。

  • アロママッサージ後、洋服についたオイルのにおい

    最近アロマテラピーに興味を持ち始めた初心者です。 お店で肩こり用のマッサージオイルをブレンドしてもらったので使い始めたのですが、マッサージの後に着た洋服の襟元がどれもこれもオイル焼けのようなにおいになってしまい、お洗濯しても落ちません。 大抵、お風呂上りに首筋~肩、上腕のあたりをマッサージして、少ししてからパジャマを着て寝ているのですが、ここのところパジャマは全滅です。 たまに、昼間つらいときにTシャツなどをめくってオイルを塗ると、そのTシャツにもオイルのにおいがついてしまいます。 アロマテラピーでは、オイルマッサージが大道のようですが、皆様どうしていらっしゃるのか教えていただければ、と思います。 なお、精油はプラナロムを使ってつくってくださるお店なので、キャリアオイルが良くないということはなさそうです。 よろしくお願い致します♪