• ベストアンサー
  • 困ってます

製油 キャリアオイルの経皮吸収について

経皮吸収を促進する条件に、(1)皮膚温度を上昇させる (2)角質層の水分量を多くする (3)塗布後に部位を密閉するなど と本に書いてありました。(1)は血流が良くなるから(3)は製油の揮発を抑える (2)がどうしてなのかわかりません。精油やキャリアオイルは親油性なので、角質層の水分量を多くすると 逆に吸収は悪くなるのでは? アロマテラピー資格取得のため、独学中です。(2)の根拠を教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数403
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「経皮吸収性促進技術」「閉鎖密封法」 含んだ水の量が細胞間の隙間を広げるぐらいのつもりでいいのではないのでしょうか。 広く塗った方が作用する量が増えるのは決定的であり化学的性質を越えるメリットがあればいいのです。 水と油は分かれます。混ざっていません。水を閉じ込めた(水をはらんだ)油の層構造があると思います。水を増やしても水と油は水と油の関係です。実際は水分を増やしても油分が減るわけではないのだからどちらにとっても通りやすくなるかも。いわば細胞間脂質の作用面が大きくなるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ネットで、「毛穴や皮脂腺などの「付属器官」の有効面積は、肌全体の0.1% 何かを染み込ませたいときは、表皮の表面積全体から入れた方が良い。」と書いてありました。細胞間脂質の水分量が多くなる=細胞間のすき間が広がる→表皮の表面積が大きくなる=染み込み易くする つながります。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 精油が体に吸収されるには

    精油をキャリアオイルに混ぜてマッサージオイルを作ったり、エタノールや精製水と混ぜて化粧水を作ってアロマテラピーを楽しんでいました。 ところが、最近出版されたメディカルアロマテラピーを謳った書籍に「精油を植物オイルと混ぜて使用すると、互いに親油性があるため引きつけあい、バリアゾーンを通れない植物オイルとともに精油もバリアゾーンを通れなくなってしまうため、精油の成分は浸透せず、香りだけの効果になってしまいます。」と書かれていました。 また、「エタノールなどのアルコール類と精油を混ぜて使用すると精油の成分がエステルに変化してしまい、精油の薬理効果は失われてしまいます。」とも書かれています。 化学的な事が分からないので、これらの内容は化学的に正しいのか教えていただけるとありがたいです。

  • 経皮吸収について・・・

    先日エステサロンに行って、バイオスコープで肌を見て頂き肌理が無いと言われました。汚れが詰まってテカってますねとも。 クレンジングの後すぐに見て頂いて顔はまだベタベタしていたのですが、反論はせず頷きながら聞いておりました。 その後、肌理が無いとお肌に栄養が浸透せず化粧水・美容液を付けても意味が無い!ので、肌理を作っていきますねと・・・。 施術終了後再び映し出された画面に先ほどより肌理が整っておりました。栄養たっぷりお肌に入れておきましたので!と言われ有難うございました。と返しておきました。 それはともかく聞きたいのは(前置きが長いですが) 肌理が無いと経皮吸収されないって事?と思いましたが、取り敢えずサロンでは頷いて聞いていたのですが、肌理が出来てその皮溝から吸収されるみたいな説明だったのです。健康な肌の状態ほど栄養分が吸収される、肌の状態が悪いと角質が乱れ吸収される道が狭くなり通らないとかなんとか・・・。 私の浅い浅い知識では肌の状態が健康なほど皮脂膜・角質、細胞間脂質等で外界からの物質の進入を防ぐバリアになると思うんですが、、、? 違うサイトで、質問したら下記の返信を頂きました(省略してます) 体調が悪いとします。そこに凄いご馳走を「栄養豊富でスタミナがつくから」と食べたら?当然消化不良をおこしますね。でも体が元気で健康なら、食物の栄養もきちんと消化吸収してくれますね。 お肌も同じ理屈です。きめが荒く、状態が悪いと化粧水も美容液も浸透しにくくなります。乾いたぱさぱさのタオルに、少量の水をたらしても広がらない感じですね。でもきめが整っていれば細胞間脂質にもきちんと成分を運んでくれます。水分を蓄えている肌には美容液も浸透しやすいですね。 上記を読んで???私の認識が間違っているんでしょうか??? 実は私は最近美容の仕事に就いたのですが美容専門の学校等出てないので今働きながら独学中です。最近買って勉強している本に細胞間脂質が外からの栄養分を運ぶ働きをするなんて乗ってないのですが・・・。 なので出来れば詳しい方噛み砕かなくても良いのでお答えお待ちしておりますm(_ _)m  (長文すいません)

  • 栄養素の経皮吸収について

    私はアロマセラピーをやっているのですが、栄養素がどれぐらいの割合で吸収されるのでしょうか。また水溶性ビタミンをキャリアオイルに含ませるにはどのようにしたら良いのか。教えていただきますでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • グルコサミンなどの経皮的な吸収はあるかないか?

    はじめて質問させて頂きます。 膝痛の父のためにサプリメントを探していて経皮吸収型のグルコサミンクリームを見つけました。 http://www.456.com/pages/detail.php4?serial=1601&id=5-4-5-5 グルコサミンのほか、コンドロイチンやMSMも含まれているとのことで、塗るだけで痛みが治まると口コミでも中々の好評のようです。 が、例えばコラーゲンやヒアルロン酸のローションなどは分子の大きさが大きく、経皮的には吸収出来ないと聞きます。 でも、モーラステープなどの経皮鎮痛消炎薬は経皮的に薬剤が血中に吸収されるとのことです。 グルコサミンなどが経口・もしくは経皮的に吸収されたとしてそれが有効かどうかは別として、それらは経皮的に吸収されるものなんでしょうか? 口コミで効いたというのはあくまでもプラセボ的なものなんでしょうか? 医学的な専門的な知識がないため、どなたかの専門的な知識を拝借したく思います。 よろしくお願いいたします。

  • 酸性雨と経皮吸収

    酸性雨って経皮吸収されるんですか?雨に含まれている物質の粒子の大きさにもよるんでしょうが、調べてみたんですけど、調べ方が悪いのか見つからないんで、教えてください。

  • 『キャリアオイルについて』について

    先日、美容、健康でキャリアオイルについて相談したのですが、その後PCが二度もクラッシュし、セットアップをするやらでお礼が遅れてしまいました。 マニュアルどおりにお礼をしようと思ったのですが、ハートマークの『お礼をする』がどうしても見つかりません。初めて質問したものですから、どうしたらよいか困っています。 やり方を教えてください。 それから、二件のご回答をしてくれた方、大変参考になりどうもありがとうございました。

  • キャリアオイルについて

    アロマで使用するキャリアオイルは、食用のエキストラバージンオリーブオイルを使うとよくないでしょうか? そんな話を聞いた事があるのですが。(食用は肌によくないと)

  • キャリアオイル

    こんにちは。 現在アロマトリートメントの仕事をしています。 今、職場でキャリアオイルを変更するという話が出ています。 現在のキャリアオイルは、ホホバオイルを使用しています。 上司はマカダミアナッツオイルがいいと考えているようです。 そこで、ご相談です。 マカダミアナッツオイルを使用することについて、どう思われますか?

  • キャリアオイルについて

    ネットで注文していたキャリアオイル(ホホバ)が今日届いたのですが、ボトルの中が白く濁っており、よく見ると凍っていました。 常温で液状には戻りましたが、使用しても問題ないでしょうか。 購入したサイトにアクセスしたところ「閉店中です」とのこと。詳しい方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いいたします。

  • 経皮吸収(毒)性

    ある物質の経皮吸収(毒)性を調べるにはどのようなデータベースを調べればよいですか? もしくは自分で測定する場合どのような試験方法がありますか?