• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

中国は、怖くて尖閣諸島を奪取出来ない!

ほぼ、決定的だとは思いますが、オバマ大統領は、訪日するに当り、従来からの『尖閣諸島の施政権は日本にある』としながら、『領有権』には踏み込みませんでした。当方は「米は施政権と領有権を同等に見ており、有事の際は出て行く」事に変わりはないと言っているものを、日本が勝手に『施政権と領有権は違う』と疑心暗鬼になっていただけの話ではないのかと思い、それに付き、昨日質問させて頂きましたが、やはり米自体も尖閣は渡せないとの事のようですが、中国は、『米は出て来ない』との事を、秦報道局部長が会見で述べたそうですが、これこそ、『特有の強がり』、『国内向け』、『日本には負けていない』とする意地のようなものであり、ここで強硬に尖閣諸島奪取に乗り出し、日本に(中国海軍など、海自で十分が前提ですが)敗退した場合(現実で、はっきりしている事ですが)、もう中国国内を治める事も出来ず、内側から共産党が崩壊して行くのが、一番恐れている事態であり、そんな事までして乗り出して来る気は無いと思うのですが、どうでしょうか?反対に南沙諸島が厳しくなるのかも知れませんが? 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数368
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

アメリカはいつでも動くぞと軍事行動の構えまで見せて牽制はするでしょうが、人命に関わらない限り動かないのではと見ています。 精々尖閣諸島周辺へ艦船を送っての心理戦でしょうね。 中国は強かですから、米中関係からその辺りの分析は既にしているでしょう。 それをふまえてアメリカは牽制はしてくるが実際の軍事衝突に至る作戦行動はしないとみて、力で尖閣諸島占領に出る可能性は 決して低くは無いと思います。 日本の海上保安庁では対峙できません。 海上自衛隊が出動するにも、これも牽制程度しか出来ません。 憲法九条第一項が相当足かせになりますし、お得意の『解釈』で何とかしようとしても閣議を開いてそこに法務省の法律の専門家を 何人か呼んで一々照らし合わせながら都度都度海上自衛隊へ命令を出す事に為るでしょうから、三手も四手も遅れるでしょうね。 憲法九条についてはとっくに中国は研究済みでしょうから、挑発行為を繰り返しその延長上に軍事行動がある。 中国の軍部はアメリカは実際何も出来ないと見て居るかも知れません。 仮にアメリカが日米安保条約を発動して前線に軍を送れば、中国共産党軍は敗れるのは必至ですが、その後が問題でしょう。 もはや中央が軍部をコントロールしきれていませんから、軍事クーデターでも勃発するかも知れませんし。 そうなってしまえばヤケを起こすかも知れませんので、ある意味北朝鮮より厄介。 南沙諸島はベトナムやフィリピンが共同戦線を構築して中国排除に動くかも知れませんし、尖閣やら南沙やらで衝突が起きれば 国内情勢でもウィグルやチベットでも決起するかも知れませんので、中国は内戦状態になるかも知れませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。質問をさせて頂いて以降、尖閣諸島に漁民が上陸しても、行動を移してくれるとの事でした。まぁ何はともあれですかね。新たな策を練り直さねばならない訳ですが、中国に出来ますかね?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

>>◇中国は、怖くて尖閣諸島を奪取出来ない! そうでしょうね。 もし、そんなことをすれば、中国は崩壊を早めるだけですから・・・。 国内向けに、尖閣諸島海域で「いたずら」をするのが、中国ができることです。 他にできることはありません。 「尖閣諸島奪取」など、中南海の老人たちはマジでは考えていないはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。まぁそんなとこでしょうね。勝てると思っていないでしょう。正解ですが。

  • 回答No.1

厳密に言えば、施政権と領有権はまったく別の概念です。例えば、北方領土の施政権は実質的にロシアにあると万人が認めていますが、領土権まであるとは言えません。最近で言えば、クリミアがそうでしょう。 かってアルゼンチンがイギリス領土(とイギリスが思っている)フォークランド諸島を軍事占領したとき、イギリスのサッチャー首相は空母を含む大艦隊を派遣し、力づくで奪還しました。その際アメリカは同盟国イギリスを支持はしましたが、領土権を最後まで明言しませんでした。怒ったサッチャーがアメリカに噛みつきましたが、アメリカの態度は変わりませんでした。それと同じ態度を尖閣でも示しているのです。領土紛争は当事国同士の問題で、アメリカは介入しないと言うことです。施政権は別です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。あれほど親密そうに見えましたが、それでも、そんなものなんですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 尖閣諸島の日本の領有権について

    尖閣諸島の日本の領有権について根拠となるものをご存じであればご教授ください。 “ある人が尖閣諸島は「日本の固有の領土」ではない。 施政権と領有権の区別も理解できないの? 米国も中国も台湾も認めず、親日国のタイとインドネシアでさえ日本に自制を求めているんですよ。“ とおっしゃってました。 たしか日本政府、外務省とも「尖閣諸島には領有権の問題は存在しない」と言ってるはずですが その根拠(問題が存在しない理由)となるものがあるのならご教授いただけないでしょうか。

  • 尖閣諸島と南沙諸島 有事があるなら?

    最近、尖閣諸島の状況を聞かなくなりました。相変わらず過ぎてニュースにならないだけなのか?中国が少し、控えているのか?判りませんが、APECやASEAN等の会議続きで、どうも南沙諸島に向いている気がしないでもありませんが、アメリカは、南沙諸島の領有権にも介入し、尖閣諸島においても、安保対象としています。中国がこれ以上踏み込めば、アメリカも堂々と中国への借金も踏み倒せますし、おそらくどちらで事が起きても軍事介入はして来るものと思っているのですが、仮に有事があるとすれば、南沙のほうが早いでしょうか?その場合、やはり、自衛隊も参戦(後方支援?)するのでしょうか?

  • 施政権は、領有権と同義語では?

    オバマ大統領が、来日しました。アメリカは、それに呼応したように、「尖閣諸島の施政権は日本にある」との声明を出したようです。毎回言われますが、あくまで「施政権であり、安保対象内だが、領有権ではない」との事が言われますが、「施政権=日米安保対象=尖閣諸島は日米の守備範囲であり、勝手な事は許さない」と言う事ですので、実質領有権でも施政権でも、どちらでも良いと思えてしまうのですが、施政権では駄目なんでしょうか?これで十二分に中国ごときは攻め入れないと思うのですが?中国の定例会見は、かなり沈んだムードでしたが?

  • 尖閣諸島の実効支配について

    尖閣諸島問題について、様々な質問や意見が飛び交っていますが、実効支配について、最近になって危機感を強く抱いております。 中国が武力で尖閣諸島を奪うと言う事ではなく、一般の日本人の知らない間に尖閣諸島は中国のものになってしまうのでないか? と心配してます。 毎日毎日、数隻の中国の公船が日本領域に侵入し、尖閣付近で漁業中の日本漁船を追い払っていると聞きます。 中国の公船とは、海警の船舶のようで日本で例えるなら、海保に近いものと認識しています。 その中国海警の数隻が尖閣諸島付近において警備や巡察していると言うわけです。 中国も尖閣諸島の領有権を主張しているのでその海警のやっていることは彼ら中国にとって、何の変哲も無い通常の仕事であり、中国海警の行動は、日本以外の国々から見たら特別なものではありません。 日本は尖閣諸島問題について、「領土問題は存在しない」とする姿勢を貫いており、中国からの対話の要請を拒否してます。 日本が一方的に対話拒否している状態ですので、現在、中国のやっていることは国際的には批判されるものは少ないと感じます。 日本は尖閣諸島において、「実効支配している」とよく見聞しますが、尖閣諸島に、「ここは日本の領地だ!」と示す表示も物も施設も人も何一つありません。 日本は中国に、世界に口頭だけ示しているように感じます。 法的には尖閣諸島は日本のものと断言思うのですが、領土問題には実効支配も重要であり、法的、歴史的とは別に領土問題は、実効支配しておけば実効支配している国に施政権があるように思えます。 この口だけですが、中国は海警の船舶を毎日、尖閣諸島付近をウロウロうろしてます。法的以外にその中国の行動から尖閣諸島の施政権は世間的に認められるのでしょうか? 日本の行動的な姿勢は中国が先行で日本の対応は後です。現在の中国より日本の行動は一歩も二歩も消極的です。中国の海警が出てきたから、日本の海保が様子を見るような姿勢のように思えて、尖閣諸島を日本が実効支配しているようなものを何一つ感じません。日本は尖閣諸島の何をどこを実効支配しているのでしょうか? 日本人が、自国領の尖閣諸島に上陸しただけで不法侵入だか何だか知らないが逮捕です。 冷静に考えれば、逮捕は適切な処置だと気付きますが、それを正直に報道するのは、日本の国際的な立場が弱くなり、国益を損なうように感じます。 どうせ報じるなら、許しがたい社会的に反する行為があって逮捕したなら納得出来ます。 尖閣諸島の領有権は歴史や国際法的には日本が断然、有利だと思いますが、実効支配的(施政権)には最近の中国の動きを見ると、国際社会的には日本の姿ではなく、もう既に中国ではないか?と思うのです。 尖閣諸島は中国に押されているように思うのですが、気のせいですかね?

  • 尖閣について質問です

    - アメリカは尖閣諸島について施政権があると認めています。 領有権には言及していません。 日本に施政権があるということが国際的に理解されているという前提で考えると 尖閣諸島付近の領海に中国軍が侵入してきた場合、自衛権を行使しても 違憲になることはないですよね?

  • 尖閣諸島や竹島の領有権を

    尖閣諸島や竹島の領有権を 中国や韓国が主張していますが、 世界的には日本が領有権を 持っているんですよね? 中国や韓国はいつごろから 領有権のことで騒ぎだしたんですか? そして最近だったら なぜ今頃騒ぎだすんですか?

  • 尖閣諸島の領有権

    尖閣諸島の領有権 尖閣諸島が日本国領土であると国際諸国が認めているのでしょうか。 中国、台湾などは各自が自国の領土であると、主張しているようですが、 尖閣諸島が日本国の領土であると認められるのは、どういうシステムで 認めらたということになるのでしょうか。

  • 中国は、尖閣諸島で打つ手が無い。

    先日の日米首脳会談での内容が、ボロリ、ボロリと漏れ聞こえてきますが、日米安保は施政権の範囲に及ぶと言う事で、事実上、中国が尖閣諸島で武力を行使した、しようとする場合、日米安保動員となり、日本と共にアメリカも行動する事が確認されましたが、以前から言われていた偽軍隊、漁民に扮するか?紛れ込み、尖閣諸島に上陸し、居座る場合はどうすると言った際も、米は行動に移すとの事でした。かなり踏み込んだ内容でしたが、さすがにこれでは、中国は事実上、動けなくなったと言う事でしょうか?以来、吠えてはいるようですが?ここまでの話になっていたとは思ってもみませんでしたので。

  • もし中国が尖閣諸島に砲撃したら

    中国の公船が尖閣諸島の周辺をうろついたり、EEZ内に侵入することがありますよね。 もし、中国が尖閣に人的・物的被害の出ない場所に2~3発だけ砲撃を加え、「尖閣は中国に領有権があり、これは中国国内の軍事演習である。他国が口を出すことではない」と発表したとしたら、日本はどのように対応するべきだと思いますか?

  • 尖閣諸島だけ?

    尖閣諸島は日本国内で唯一中東並みに石油などの資源がとれる場所ですが 尖閣諸島の周りの島にはないんでしょうか?八重山諸島とか沖縄とか もしあったとしたらまた中国は領有を主張しますかね?