• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

連帯保証人の時効の援用について

主債務者Aが保証協会の債務を夜逃げして15年間弁済せず、その連帯保証人BとCがあり、Bも一切弁済も裁判上の請求も受けず、Cだけが少しづつ弁済していた場合、Bは連帯保証について時効の援用が可能でしょうか?もし可能なら 15年たってBに土地家屋があることが判明して、保証協会がこの土地家屋を仮差押えして裁判で債権が確定した場合、Bが消滅時効の完成を主張して、この仮差押えを取り下げさせるにはどのような方法があるでしょうか? ご教授ください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数648
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

○Cだけが少しづつ弁済していた場合、Bは連帯保証に ついて時効の援用が可能でしょうか? →可能です。 保証人Cが保証債務を少しずつ履行していたとしても、それにより保証債務の時効は中断しますが、主債務の時効はそれと関係なく進行を続けやがて完成します(大判昭和5年9月17日新聞3184号9頁)。 債権者が、主債務の時効中断をしていなければ、保証人BCあるいは主債務者のいずれかが主債務の時効を援用することにより、主債務は時効消滅してしまいます。 ○Bが消滅時効の完成を主張して、この仮差押えを取り下げ にはどのような方法があるでしょうか? →Bが、競売を停めるには、まず主債務の時効を援用したうえで、保全異議の申立及び執行停止の申立をする必要があります。なお、「取り下げてもらう」という次元の話だと、時効援用通知の中に取り下げ要求を盛り込んでおいて、仮差押債権者と談判するしかないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。落ちを一つ。全国の中小企業保証協会で働いてる皆さんもそれで飯を食っている事を忘れてました。 保証料だけが成果ではないんですね。実際には時効期限をシステム的にコントロールして簡易裁判所(金額が140万を超えても地裁でなく簡易裁判所で提訴できる。保証のとき特約する、印紙代が安いから^^)で訴訟を提起、公示送達で会社代表者不在でも判決をとっているようです。 僕が保証協会の社員でもそうしますね^^。つまり破産しない限り逃れられないシステムなんですね。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

【お礼を読んで】 中小企業保証協会がそこまでやっていたら、それはりっぱです。 ただ、「ダメ元で時効の援用だけは先にしておこうか」という慎重さを持ってください。変な言動をしてしまうと、時効の援用権の喪失が起こることがあります。 私の限られた経験の中でも、保証協会がこういう形で主債務を時効にかけちゃったなんてことがちょいちょいあったようにも思います。質問者様がご指摘されているように、これで飯を食っているんだからということは確かにそうなんですが・・・。 契約書の中で事物管轄について簡裁の管轄合意をしておくことは、私もよくやりますが、これは印紙代が節約するためではなく(訴え提起の印紙代は地裁も簡裁も同じだったと思います。)、簡裁は手続きが非常に簡素ですから、手続きがムチャクチャ速いんですね。証人調書等も作らないので後で困ることもあるんですが、速いのは魅力です。印紙代を節約するなら支払督促なんですが、こちらも訴え提起の場合の半額はかかるのと、安いには安いだけの欠点もあるわけで・・・。 訴状に貼る印紙代は高いので、わかっていても訴訟を敬遠する向きもあるようです。 いずれにせよ、せっかくの時効援用権を喪失しないように、ここは慎重に判断してください。 ではお大事に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

#1です。 勘違いしていました。 おっしゃるとおり、連帯保証人Cの弁済による「承認」での保証債務の時効中断は「裁判上の履行の請求」ではないので主債務者Aには及ばないですね。 とすれば、Bは時効の援用が可能ということになりますね。 仮差押に対しても、請求に対して時効を援用すればその仮差押の効力はなくなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>Cだけが少しづつ弁済していた場合、Bは連帯保証について時効の援用が可能でしょうか? ●時効は成立していない。 なぜなら、少しずつ弁済を受けていたとすれば、最後の弁済から新たに時効は進行するから。 支払人が誰であろうが、Aの債務であることには間違いない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。保証債務は主債務に付随するが、主債務は保証債務には付随しないので、連帯保証人Cの弁済による「承認」での保証債務の時効中断は「裁判上の履行の請求」ではないので主債務者Aには及ばないのではありませんか? ABCともに15年たった時点で、訴訟という「裁判上の履行の請求」をされたのです。これは全員に効果が及ぶのはわかります。そのうえで上記の質問をしているのです。

関連するQ&A

  • 連帯保証人の時効の援用について

    始めて質問させていただきます。教えてください。20年ほど前に3000万の連帯保証人になってしまいました。連帯保証人は2人です。債務者は保証協会をつけて銀行で借りたのですが、払えず。何処かに行ってしまいました。それ以来毎年1度「債権額のお知らせ」という通知が保証協会から届いていたのですが、平成18年には、保証協会債権回収株式会社というところに移りその年に1度だけ催告書というのが届きました。何年かに一度相談に来るようにという封書も届いていましたが、行っていません。身体を壊してしまいいつ子供に迷惑をかけるか分からないため後々の事を考えて時効の援用が出来るかもしれないと思い、手続きをはじめたのですが、債権額の通知を見ると元金が毎年数万円づつ減っています。 保証協会が債務者を見つけて本人もしくはもう1人の連帯保証人に払わせているのかもしれませんが、確認は、取れずにいます。また金額から見ても年間1万円から多い時で6万円としっかり払っているとは思えません。しかし減っているということは払っていると思うのですが、今まで何もなかったので、ヤブヘビになってしまうと困るので、保証協会に確認も怖くて取れない状態です。やはり少しづつでも入っていると時効は停止してしまっているのでしょうか?その場合どうすることもできないのでしょうか?保証人になっておいて何を勝手な事をと思われるかもしれませんが、教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 時効の援用と連帯保証について

    表題の件に付き、お伺い致します。 現在民法を勉強しておりまして、テキストに「時効援用の効果は相対的であり、主たる債務者による時効援用の効果は連帯保証人に及ばない。時効の利益を受けるかどうかは各人の良心に依るべきだからである。」とあるのですが、主債務が時効により消滅すれば、保証の付従性によって連帯保証債務も消滅する(つまり、援用の効果が及ぶ)と思うのですが違うのでしょうか?(連帯保証人が援用するまで保証債務だけ残るのでしょうか?) どなたかお詳しい方がおられましたら、ご教授頂ければ幸いです。

  • 裁判後10年以上経過した消滅時効の援用について

    知人の相談です。知人の経営者は20年以上前、事業用の資金を、二人の保証人AさんとBさんをつけて銀行からに借りました。 しかしその事業は経営不振となり、まとまった借金が残りました。この借金に関して、裁判を経て、知人には支払い能力がないとみて、結果、保証人のAさんが、借財を負い、いまも月々支払いをしています。  もうひとりの保証人Bさんには、平成5年に信用保証委託契約日より、信用保証協会のおった債権額が定期的に送られてきます。が、Bさんは保証人になった時点で高齢で、いまは、ずっと病床のため、信用保証協会も積極的にとりたてや呼び出しをしませんでした。信用保証協会の代位弁済日は、平成8年になっています。  先日、Bさんの家族が、信用保証協会に、この債務は相続放棄しなくてはいけませんか?と聞きましたら、保証協会の方で相続放棄は必要ですよと教えてくれました。    私のにわか知識では、これは、相続放棄する前に、Bさんの生きている間に、時効の援用ができるのでは?と思い伺いました。詳しい方教えてください。  信用保証協会の信用保証委託日も代位弁済日も10年以上前です。また支払そのものもBさんはしていません。裁判もこれらの確定の日より前です。すべて10年以上たっていて、その後、Bさんに裁判などはおこされてません。  また、もし、時効の援用ができるなら、内容証明でどのように書けばよいですか?  信用保証契約日をかき、貴信用保証協会による代位弁済いただいた債権額の債務はすでに時効の消滅時効にかかっておりますので、本書面にて消滅時効の援用をさせていただきます。 という文面でよろしいですか?文面ほか気をつけることあれば教えてください。  最後にこの借財をそもそも作った主債務者の経営者にも毎月、債権額の御知らせは送られてきているそうですが、裁判後、一度も 支払いをしたことはなく、すべて10年以上たちました。その後の裁判はありません。 この主債務者も、信用保証協会に対して、時効の援用ができますか?

  • 連帯保証人の時効の援用

    タイトルの件についてご質問します。 私は法人A社を主債務者とする約800万円の連帯保証人になっています。 A社は事業資金目的で借り入れました。 A社はすでに事実倒産してから十数年経過しており、債務は銀行から回収サービサーに渡っています。 代位弁済日は平成14年12月6日となっています。 私は平成14年から海外にて働いており、その間は督促は受けておりませんでした。 平成21年に日本に戻ってしばらくすると、サービサーから督促の案内を受けるようになりました。 時間が経過しているので時効の援用を受けられるような話を伺ったのですが可能なのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 単純保証と連帯保証の相違点について

    行政書士試験の初学者です。 単純保証(以下、保証とします)と連帯保証に関して教えていただきたいことがあります。 保証債務の範囲として、保証人について生じた事由の効力は、「主債務を消滅させる行為の他は、主債務者に影響しない。」とあります。 つまり、これは「債権者が保証人に対して裁判上の請求をした場合でも、主債務者の消滅時効は中断しない。」ということでしょうか? 一方、連帯保証人の場合、「債権者が連帯保証人に対して裁判上の請求をした場合は、主債務の消滅時効も中断することになる。」とあります。 つまり、債権者が保証人・連帯保証人に対して裁判上の請求を行った場合、 主債務者に影響する→連帯保証 主債務者に影響しない→保証 という点が相違点なのでしょうか? 分かりにくい質問で申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 連帯保証人と相続について教えて頂きたいです。

    連帯保証人と相続について教えて頂きたいです。 数年前に会社が倒産し、8年ほど前にこちらは破産が終結しました。 会社を経営していたAさんも個人の破産宣告をし、7年前に免責となりました。 また、会社が保証協会を通しての銀行からの借り入れの際、Bさんが連帯保証人となっていました。 (Q1) この時、AさんとBさんの債務時効は成立するのでしょうか。 これに関連して、3年前に、保証協会が担保物件としていた不動産が競売になり、同年終了しました。 (Q2) これは、競売が終了した翌日から5年間を過ぎなければ時効にはならない、と考えるべきでしょうか。つまり今から2年後に時効が成立するということです。 Bさんについてですが、身内の方が亡くなられ相続が開始されました。Bさんは相続人の1人で、協議は円満に成立しま不動産を相続することになりました。 (Q3) Bさんが不動産を相続した時(相続登記した時)、もしAさん(経営していた会社)の連帯保証人としての時効が成立していない時は、相続した不動産は借金弁済の為に取られてしまう、ということになるのでしょうか。 (Q4) もし(Q3)が取られてしまう場合、不動産を相続する為の最善な方法はどんなことが考えられるでしょうか。 説明が上手くできませんが、どうかよろしくお願いします。

  • 連帯保証人の時効について

    債務者が滞りなく返済している場合は連帯保証人に催促はないと思い ますが、そのような状態で時効に必要な期間が過ぎた場合でも、連帯 保証人は債権者に対して時効の援用を申し立て出来るのでしょうか。 また、連帯保証人が担保を提供している時はその担保はどうなるので しょうか。そして、現在その連帯保証人が寝たきりで自分の意思を 伝えられない時はどうでしょうか。債権者は銀行です。どうか、よろ しくお願いします。

  • 連帯保証人の債務整理と主たる債務者の時効

    ・知人の会社の借り入れの連帯保証をしていました。 ・知人が最後に弁済したのは平成14年8月、知人名義の不動産が競売となり、配当された時です ・私は平成16年春に事態を重く見て弁護士に相談し、時効が完成する前に私の自宅も競売になっては家族に迷惑がかかると案じ、個人再生を申し立て、平成18年9月に再生計画が認可確定し、現在弁済中です。 不明な点は以下の通りです 連帯保証人である私が個人再生を申し立て、債権者が債権の届出をしました。これにより主たる債務者の時効は中断したのでしょうか。中断していないなら、今すでに時効は完成していますので、知人が時効の援用をすれば主債務は消滅すると思いますが、再生計画で弁済を約定した私の保証債務も付従性により消滅するのでしょうか。これまで見聞きした情報では時効は中断していないという点は一致していますが、保証債務の消滅については、 ・不従性により当然に消滅する ・再生債権は確定判決によるものなので消滅しない ・そもそも相対性により時効が完成して主たる債務者が援用しても連帯債務は消滅しない と色々な解し方があり混乱しています。よろしくお願い致します。

  • 保証人の時効援用

    下記の文章の、カギ括弧内の意味がよく分かりません。 主たる債務が消滅したときは保証債務は付従性により当然に消滅するから、保証人はこれを抗弁として主張立証することができる。したがって、主たる債務について消滅時効が完成したときは、保証人も当事者として時効を援用することができるから、保証人は、これを援用して少なくとも自己との関係では主たる債務が消滅したものとして、付従性に基づき自己の保証債務も消滅したことを抗弁として主張することができる。 『これに対し、時効援用権の喪失や時効利益の放棄は相対的効力を生ずるにすぎないから、主たる債務者が時効援用権を喪失したり時効利益を放棄したことは再抗弁とならない。』 カギ括弧内の文章は、「主たる債務者について、時効援用権の喪失や時効利益の放棄があっても、保証人は保証債務の時効消滅を主張することができない」という意味でしょうか。 「相対的効力」という言葉が腑に落ちません。主たる債務について時効援用権の喪失や時効利益の放棄が生じても、「付従性」により保証債務についても、時効の援用ができなくなるということでしょうか。 「相対的効力」により保証債務がどのような影響をうけて、再抗弁とならないのか、どなたか説明して頂けないでしょうか。

  • 連帯保証人の時効の援用

    H6年6月、父が弟のA信金からの300万円の連帯保証人になり、H10年弟は他界しました。弟の妻は離婚し、子供及び父も父の兄弟も財産放棄しました。 A信金から父のとこへはなんら請求はありませんでした。何度か家族の所在を尋ねる電話はありましたが。父も音信普通で全く分かりません。 ところがここへきてA信金からB債権回収会社へ債権譲渡した通知が配達証明で届きました。数日後、B債権回収会社からも譲受債権額約220万円で債権の弁済期がH15年5月30日との内容で通知が届きました。 (1)時効にはならないのでしょうか? (2)時効の援用ができないでしょうか? (3)時効の援用はいつ、どのタイミングで行えばいいでしょうか? (4)債権の弁済期とはどのようなことでしょうか? よろしくお願いします。