解決済み

年金にかかる税金について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.8447389
  • 閲覧数670
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 62% (750/1193)

公的年金と企業年金を受給している場合、400万円以下は確定申告する必要はないと国税庁の
ホームページに掲載されていました。

2つ足して400万円以下は課税されないということなのでしょうか?

企業年金はサラリーマンが給与をもらうときのように源泉徴収されているのでしょうか?
それであれば確定申告しで還付してもらわないと損するような気がするのですが・・・


400万円を超えると課税されるのでしょうか?その場合税率何%なのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
>企業年金はサラリーマンが給与をもらうときのように源泉徴収されているのでしょうか?

企業年金は扶養控除申告書を出してないため年金額の7.6パーセントほど源泉徴収されています。

ご賢察の通り確定申告しない手はありません。

国税庁ホームページをご覧であれば、確定申告コーナーで申告書を作成しましょう。

きわめて簡単です。翌年以降もより簡単になります。
お礼コメント
yasumitsuyo

お礼率 62% (750/1193)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2014-02-12 00:28:42

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 41% (140/334)

具体的な情報がないと判断できません。

1.ご年齢はいくつでしょう?年齢により控除額が変わります。
2.具体的に年金収入はいくらでしょう?
  源泉徴収されている税金の有無も影響します。
3.配偶者、扶養者がいらっしゃるでしょうか?
  控除額も税金に影響します。
4.その他控除の状況はどうでしょう?
  国民健康保険、国民年金(あるいは社保?)の社会保険控除や
  医療費控除、生命保険料控除などいろいろあります。

>確定申告しで還付してもらわないと損するような気がするのですが・・・

上記の情報で還付の有無が決まります。
情報を補足などでご提示いただければ、質問に答えられると思います。

いかがでしょう?
お礼コメント
yasumitsuyo

お礼率 62% (750/1193)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2014-02-12 00:29:13
  • 回答No.2

ベストアンサー率 47% (10403/21780)

>2つ足して400万円以下は課税されないということなのでしょうか…

いやいや、取らぬ狸の皮算用で前払いさせられているのです。
天引きされているのです。

>確定申告しで還付してもらわないと…

確定申告しなくて良いという日本語は、してはいけないという意味ではありません。
もちろん、確定申告はすれば良いですが、その結果がいつどんな場合でも還付されることばかりとは限りません。

1. 全額還付
2. 一部還付
3. 追納

の 3つのケースがありますので、事前にじゅうぶん試算してみてから申告しないと、あとで泣きを見ることになります。

>400万円を超えると課税されるのでしょうか…

400万円を超えると、好むと好まざると確定申告が必須になるのです。
お礼コメント
yasumitsuyo

お礼率 62% (750/1193)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2014-02-12 00:29:58
  • 回答No.1
それぞれの年金機構から今月、源泉徴収票にが送られてきているはずです。
課税されていれば、確定申告する、ほかに収入がなければほぼ満額還付されるでしょう

国税HPで確定申告ができます
生命保険、国民健康保険なども控除できます
入力をして還付されるようであれば提出されればいいでしょう。
確定申告の作成はこちらです
https://www.keisan.nta.go.jp/h25/ta_top.htm
お礼コメント
yasumitsuyo

お礼率 62% (750/1193)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2014-02-12 00:30:32
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ