• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コンデンサの容量と電圧の関係

  • 質問No.8400236
  • 閲覧数995
  • ありがとう数0
  • 回答数3

お礼率 21% (13/60)

400V100uFのコンデンサを200Vでフル充電した場合、容量は50uFとして計算するべきなのでしょうか?
それとも100uFのままなのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (237/782)

400V 100μF のコンデンサーは 容量が100μFで
耐電圧(これ以上になると破壊します。)が400Vと言う意味です。
(電圧で容量が変わることは有りません。)
ご存じの様にコンデンサーは電気を蓄えることのできる素子で、
蓄えることのできる容量の大きさを静電容量で表します。
コンデンサの静電容量の単位はF(ファラッド)で表されます。

コンデンサーの役割は直流電源の変動を安定化する為の
働きをします。
電圧が上がれば下げ 下がれば上げる様な働きをします。
それは コンデンサーに電気量が蓄えられているからです。

電気量とは
コンデンサの容量(キャパシタンス)をCとし、
Vはコンデンサの端子間の電圧(V)
このコンデンサに蓄えられる電気量Qクーロンは
Q=CVと表されます。

たとえば1Fのコンデンサを1Vの電圧で充電した場合には
Q=1*1=1[C]
となり,このコンデンサは1クーロンの電気量を蓄えて
いることになります.
コンデンサを何ボルトで充電するかを決めなければ
たとえば10Vの電圧で充電した場合には、
Q=1*10=10[C]
となり、10クーロンの電気量を蓄えていることになります。

コンデンサーの働きとしては これとは別に ノイズを除去したり、
交流成分の信号を取り出したりする事に使います。

少し難しくなりましたが、コンデンサーの役目には
前述3種類の働きが有る事を覚えておいて下さい。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 48% (3948/8192)

他カテゴリのカテゴリマスター
はじめまして♪

400Vは利用可能耐圧という部分です。
電圧値に関わらず、容量の100μFは変化しません。

私自身は小学生の頃に「スピーカー」に興味を持って、大人に成った今でもスピーカー工作を趣味の一つ、としているオーディオファンです。

スピーカー工作の場合、コンデンサーは定位音域をカットする(高音域だけ通す)というフィルターに使います。

どのくらいの周波数でカットさせるか、という計算には、コンデンサーの容量と負荷と成るスピーカーのインピーダンスから求めます。

大容量なら低い周波数以下をカットし、小容量ならより高い周波数から下の帯域をカットします。

音楽信号は常に変化していますし、再生音量でも電圧値はドンドン変化します。
信号レベルに依って、容量変化をすれば、狙ったカットオフ周波数は得られな事に成り、フィルターとしての役割は果たせません。

つまり、電圧値と容量は無関係なので、つねに一定の周波数からという正しいフィルターとして昔から採用されているんですね。

容量が半分に成ると、クロス周波数が2倍(1オクターブ上)に変化します。
ついでに、負荷インピーダンスが2倍に成るとクロス周波数が半分(1オクターブした)に変化します。
スピーカーを負荷とした周波数分割回路(クロスオーバーネットワーク)では、このような振る舞いをします。

電源回路の整流直後等で使われる、平滑回路という目的の場合は、、、
コッチの方は大雑把にしか知らないので、専門家にオマカセしますが、基本的に断続する整流直後の電圧を脈流と呼ばれる、直流井に近い形にしてくれる役割ですね、電圧が高い瞬間に電荷を貯めて、電圧が低く成った部分で放出、という動作のようです。
(安定しない水流を、一次貯めておく入れ物のようなもの、入れ物の大きさが容量で、安定しない水流の受け入れ可能な水圧に相当するのが、耐圧(耐電圧)として表記されているはずです。高めの水圧だろうが、低い水圧だろうが、入れ物の容量は変わらんのです。)
  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (740/2047)

>容量は50uFとして計算するべきなのでしょうか?それとも100uFのままなのでしょうか?
●容量は印可電圧で変化するものではありません。つまり、100uFのままです。

参考までに、この場合の400Vというのは400V以下の電圧で使用することと解釈してください。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ