-PR-
締切り
済み

鉄の焼け色の仕組みについて教えて!

  • 暇なときにでも
  • 質問No.83454
  • 閲覧数1855
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

オートバイや自動車のステンレスのマフラーなどの温度が高くなった部分に、紫や茶色の"焼け色"(熱いものが赤く輝く赤熱とは別です。)がついていますよね。以前にどこかで、焼けた場所の色によって温度がわかるということを聞いたことがあるのですが、どなたか焼け色と温度の関係や、焼け色が発生するメカニズムをご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。また"焼け色"はどんな学問の分野に関係しているのかについても教えていただければ幸いです。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 29% (28/96)

色がつくのはステンレスが熱で酸化されてできる酸化皮膜によるものです。 この酸化皮膜の厚みは温度によって変わるため、逆に言うと焼けた色によって温度が分かるということなんでしょうね(具体的な関係はちょっとわかりませんが)。 酸化皮膜によって色が変わるのはいわゆる干渉色によるものです。 冶金の分野ではテンパーカラーといわれているものですね。 分野的には冶金(材料)分野になるんでしょうか。
色がつくのはステンレスが熱で酸化されてできる酸化皮膜によるものです。
この酸化皮膜の厚みは温度によって変わるため、逆に言うと焼けた色によって温度が分かるということなんでしょうね(具体的な関係はちょっとわかりませんが)。
酸化皮膜によって色が変わるのはいわゆる干渉色によるものです。
冶金の分野ではテンパーカラーといわれているものですね。
分野的には冶金(材料)分野になるんでしょうか。
関連するQ&A


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ