• ベストアンサー
  • 困ってます

繊維系断熱材の選定について

繊維系断熱材の選定で悩んでいます。 ご意見をお聞かせ下さい。(住宅設計未経験です) 次世代省エネ基準を満足する程度で考えています。 次世代省エネ区分IV地域です。 何の迷いもなくグラスウールで考えていましたが、偶然ある工務店の施工事例で、パーフェクトバリアを推奨されており、メーカHPや、他の施工事例等を見まして、興味を持ちました。 予算が厳しいなか、コストアップ要因であることで悩むのもどうかしているかもしれませんが、 グラスウールとパーフェクトバリア(ポリエステル)のどちらにするか? いろいろと考え過ぎかもしれませんが、以下を参考にアドバイス、帆意見をお願いします。 無理してまで採用するほどの価値があるのか? その判断が付きかねています。 予算があれば、迷うことなくパーフェクトバリアを採用していますが・・・。 【 熱伝導率での比較 】 パーフェクトバリア10k・・・熱伝導率 0.045 W/m・K (グラスウール16kと同等) パーフェクトバリア13k・・・熱伝導率 0.038 W/m・K 高性能グラスウール16kと同等) 壁:熱抵抗値2.2 m2 ・K/W 屋根:熱抵抗値4.6 m2 ・K/W 上記基準で計算しますと・・・ 壁:高性能グラスウール16k t=100(基準83以上) ◎ 屋根:高性能グラスウール16k t=90+90(基準175以上) ○ 壁:パーフェクトバリア10k t=100(基準99以上) ○ パーフェクトバリア13k t=100(基準83以上) ◎ 屋根:パーフェクトバリア10k t=100+100(基準207以上) △ パーフェクトバリア13k t=100+100(基準175以上) ◎ パーフェクトバリア13k t= 70+100(基準175以上) △ ◎:基準性能を上回る ○:基準性能と一致  △:基準性能を若干下回る ×:基準性能を大きく下回る コストは、パーフェクトバリアの方が同等性能で【23%】高いようです パーフェクトバリアHPより引用(設計価格/熱抵抗値での比較、2005積算ポケット手帳による)(40坪の家の総額で約6~10万円のコストアップとのこと・・・?) *************************************** グラスウールについては、周知の事かとおもいますので、パーフェクトバリアについて調べた範囲で・・。(当然メリット・デメリットがあると思います) □パーフェクトバリアには防湿シート付がない(袋入耳付製品) 防湿シート施工する事になるが,外壁通気工法により外部に湿気が逃げる構造であれば、防湿シートを設けなくても結露しない場合もあるとのこと。 予定建物は通気工法ですから、防湿シートを設けなければ、その分のコストが浮きます。 (なしで本当に良いのかわかりませんが・・・理屈としては透湿抵抗値が高い方から低い方へを守れば、湿気は通気層に移動すると理解しています) ■それでも、余計な湿気は止めるに越したことはないと思います。 面材等の構成にもよるでしょうが、やはり防湿シートは施工しておくべきでしょうか?・・・・ □グラスウールのようにチクチクしないため、扱いやすい。 □復元力があり、ヘタリの問題もない。 □湿気をほとんど吸わない為、外壁通気層で放湿してやれば、壁内は常に乾燥状態を維持する。 □難燃性が高く、自己消火性をもっているようだが、300度程度で発火するようです。 対してグラスウールは不燃材で燃えなし、有毒ガスも発生しない・・・。 *************************************** 法22条関連の準防火性能での外壁の告示の認定についても、グラスウール充填75以上あれば、室内側に石膏ボードーがなくても、胴縁+合板仕上げが可能です。 パーフェクトバリアを充填の場合、個別認定等もありますが、それでも合板仕上げの場合、下地に石膏ボードが必要となる事には変わりありません。 ※ 延焼ライン内に、合板仕上げの部屋があります。 予算が厳しいため、コストを下げたいのですが、どこまで踏み込むか悩みどころです。 予算なないなら、迷うべきとことではない?との意見もあるでしょう・・。 どちらかと言いますと、パーフェクトバリアの魅力に感化されているとは思います。 一番の注目点は、ヘタレがない事でしょうか・・・。 実際にグラスウールが適切に充填されていない場合や、隙間や波打っていたりし、湿気を放出できないため構造材が不朽している事例は多いかと思います。 もちろん、適切な施工をされていれば何の問題にもならないのかも知れませんが・・・。 ■上記数値で△程度であれば、良しとするか、わずかな差でも体感差、室内環境に影響があるものでしょうか? パーフェクトバリアであれば、13kではなく10kとして多少でもコストダウンを図るか。 さらに、一般的なグラスウールで何も問題ないと考え、コストダウンを図るべきか? 当然、圧倒的にグラスウール採用率が高いわけで、施工方法をしっかりすれば何も問題ないのかもしれませんが・・・。 以上、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3859
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

一生懸命、悩まれて、とても素晴らしいと思います。 恥ずかしながら、私は、全くの不勉強でこの商品を知りませんでした。 気になって少し調べてみましたが、私なら使わないだろうな、と思いました。 住宅の設計と言うのは、その家庭の生活に責任を持つ行為だ、と言う感じを 強く持っています。 故に、材料選定、工法、納まりに付いては、本当に責任の持てるものを 設計に織り込むべきだと思っています。 実績の確認が必要ですし、もう少し視点を変えて、長期の時間軸の中では この材料がどのような変転をするのか、を確認するようにされたら、と思います。 私は、この材料の事は知りませんし、自分が、超保守的であるので、この材料は 採用しないと思います。 簡単なのは、メーカーを呼んで、この材料の欠点を3~5つ、出してもらう事です。 カタログには欠点は載っていません。セールスマンもそれは言いません。 売りポイントだけを並べます。勝手ですが、自分の会社の商品の欠点をせめて3つ 即答できなければ、使用するべきではない、と言うのが、私の考えです。 良い設計をしようと思えば、欠点を克服する必要があります。 また、責任を持って設計しようとすれば、この商品が、最低10年位の実績を 持っていることが必要ではないか、と思います。そして、施工例を実際に確認 出来るものであることが必要です。 欠点も知らずに良い設計は出来ない、と思うのは、年のせいでしょうか。 参考にならなかったかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 仰ることは、その通りですね。 自分にとては、グラスウールについてもよく知らないため、ネットで情報を得るしか方法がないわけですが、 グラスウールは、一般的に使われている素材ですし情報はいくらでも得られます。 そんな中で、グタスウールもしっかりとした施工をしないと、将来とんでもない事になる要素が過去の事例からも明らかですが、パーフェクトバリアであればそのリスクが減らせるようなイメージがあります。 実際のところはわかりませあんが・・・。 予算がないため、グラスウールにしたいという事がまず第一にあります。 ただ、グラスウールの壁を解体した際の不朽状態を専門誌やネットで見た事があり、心配要素でした。 いろいろ調べますと、適正な施工がなされていれば湿気も通気層へ放出され、内部結露も起こさないようにできるようですし、的確な施工方法を勉強すべきかとも思っているところです。 良い事ずくめ?の「パーフェクトバリア」に心を動かされてしまったあのが、混乱している理由です。 また、良い建物を設計している建築家でも推奨されている方もおられましたので、余計に感化されれいると思います。 どちらにしても、多数の工務店、建築家等が推奨され、そこに書かれている内容は、すべてメーカーHPに書かれていることです。 10年、20年後の経年劣化等、そのような情報は皆無ですから、むずかしいところです。 もしグラスウールはやめた方が良いとか、コストをかけてでもパーフェクトバリアにすべき・・・といったアドバイスがあれば、検討の余地がある・・そんな感覚でした。 グラスウールを否定する方は今のところおりませんし、少しほっとしているところです。

関連するQ&A

  • 断熱材で悩んでいます

    長野県の東部、標高1000mの土地に、新築を考えています。 できるかぎり、環境や人にやさしい素材で建築したいと思うのですが、断熱材を何にすればよいのか頭を抱えています。 羊毛100%にしたかったのですがコスト面でまったく折り合わず、「パーフェクトバリア」はどうかと検討中です。 しかし、 この商品の、スタンダード10K(0.0045W/m・K)なら予算内で収まるのですが、 それより性能のよいスタンダード13K(0.0038W/m・K)は予算オーバーなのです。 以下のような条件ですが、スタンダード10Kでも大丈夫でしょうか?  ○外壁はモルタル+漆喰、内装は構造用合板+珪藻土塗り  ○暖房は薪ストーブのみ  ○夏は最高気温30℃、冬は最低気温-10℃くらい どうぞ、お知恵をお貸しください。

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 断熱材の変更(長文)

    在来工法、充填断熱、ネダレス、外壁通気層工法、気密シートなし、通気止めなしで、建築中です。(静岡県西部) 床はサニーライト400ミリが入り、これから壁と天井と2階床下にパーフェクトバリア(標準仕様)10k100ミリを予定していますが、工務店から”壁の断熱だけ、ネオマフォーム45ミリでやろうと思っています”と提案されました。(プラス料金なしです。) なぜこのようなことになったのかと言いますと、窓枠のまわりなどの狭い所は、耳付きパーフェクトバリアを切って施工している、つまり、耳が無くなった方に隙間ができやすい、という事と、下地(後々重い時計などをつけるための補強)を入れると、どうしても隙間ができる、ということからです。よく、石膏ボードと断熱材の間には隙間は作るな、と言いますよね?  ただ、現在の我が家の工法に、ネオマをつけてもあまり効果がないのではと思うのですが。 柱と、ネオマの間には、エースクロスという、気密テープをはるそうです。このテープの耐久性やネオマの収縮も心配です。ネオマの断熱の良さは知っておりますが、デメリットってありましたっけ? 何の問題もなく、しかも、少しでも効果があれば、使いたいのですが、 使うことによって何かデメリットがでてしまうのなら、パーフェクトバリアでいきたいと思うのですが。答えがでません。 単に断熱材だけの問題ではないので、本当に混乱してしまっています・・・ 高気密の家ではないので、夏涼しく、冬暖かいというのは無理という事は、承知しています。 ちなみに天井の100ミリは少ないと思うのですが(屋根はガルバです)

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

予算に余裕があれば、セルロースファイバーを使いましょう。 予算に余裕が無ければ、グラスウール16Kを使いましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 端的に提示していただき、ある意味すっきりとします。 予算がありませんから、グラスウール(できれば高性能)で考えたいところでしたので、 後押しをしていただ気持ちです・・・ セルロースファイバーについては、よくネット上では目にはしましたが、コストが高いイメージがあり、調べたことはあいませんでした。 せっかくの機会ですので、ざっと検索してみましたが、なるほど、いい感じの素材ですね。 ただ、繊維断熱材のHPでは比較評価としていろいろと問題点も指摘しています。 「セルローズファイバーには、難燃剤、防カビ剤として20%程度の大量のホウ酸塩薬剤が添加されています。ホウ酸塩は、水に非常に溶けやすく、セルローズファイバーの吸湿により、容易に空気中の水蒸気に溶け出し、揮散(きさん)するといわれています。これにより屋内空気が汚染され、居住者の健康への影響を懸念する人もいます 結局メーカーは都合の良い事を書くでしょうし、本当に消費者目線にたった比較がなされていないような気もしますから、このような評価に惑わされないことが大切なんでしょうね・・。 完璧な素材はないわけで、コスト見合った素材を見極め以上の事を追及しても、意味をなさないでしょうし、 それこそ予算度外視にもなります。 絶対避けるべき素材さえ見極めれば、あとは仕様条件設定、個々の考え方、によって何を選択するか違って当たり前なんだと思います。 というわけで、予算もない事ですしグラスウールが適当であると理解します。

  • 回答No.3

質問があったので回答します。 昔、ヨーロッパの鉱山でポリエステル繊維を使ったベルトが摩擦で発火し、火事になったことがありました。有毒ガス発生で多数の死者が出ました。以来、ヨーロッパではポリエステベルトの使用が禁止になりました。その断熱材メーカーの元親会社である大手繊維メーカーなら知っているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度回答いただき、ありがとうございます。 なるほど、そのような事実があったんですね。 完全燃焼であっても有害であるとのご意見でしょうか? 認識が間違っている可能性もありますが、自分なりのイメージでは・・・ 火災の場合、酸素が不足して不完全燃焼になりますから、一酸化炭素等有毒物質が発生します。 よって、原因の発端となったポリエステル繊維が使用禁止になったと思われます。 住宅の場合、不完全燃焼の場合、他の建材が先に有毒ガスを発生しますから、壁内部分まで延焼に至るまでにすでに危険状態かと思わます。 また、断熱材の室内側には耐火性のある石膏ボード使用が多いでしょうから、多少の時間稼ぎはできるわけです。 一方で、メーカーは完全燃焼での検証しかしていないようです(不完全燃焼情報がみあたらない) どちらにしましても、完全燃焼で無害だと検証されても意味のない事のような気もします。 つまり、何をもって判断するか・・・で変わってくるかと思いまして、シックハウスのような住んでいる状況で有毒物質を発散するのであれば、問題であることは誰でも思うわけです。 火災の場合・・・少なくとも、避難時に有毒ガス(一酸化炭素等)を吸い込んでしまう事がないようにするのか、有毒ガスを外気に放出すべきでないと考えるのか・・ ちあみにスタイロフォームは難燃剤を混ぜていますし、燃えると一酸化炭素等を発生しますが、急性毒性物質は出ないようです。 火災をねずみで検証したりして・・スタイロフォームが一番安全である・・とのサイトもありました。 いろいろと調べているうちに、情報が錯綜して、何が正しい情報なのか、取捨選択の能力が問わますね・・。 火災時には、そもそも大半の住宅は有毒ガスを発生するでしょうから、避難時に、パーフェクトバリアも含めどのような影響があるのか・・・そのような検証がされないと何とも言えない気もします。 あくまでも個人的意見ですから、根本的に間違っているかもしれません・・。 いろいろと話が横道にそれて申し訳ありません・・・。

  • 回答No.1

そのポリエステル繊維はPETボトルの再生でできています。難燃剤が入っているので燃えませんが発火はします。その難燃剤とポリエステルが発火する時に有毒ガスを発生します。それを取り寄せて燃やしてみてごらん。ものすごい臭いがします。 私は怖くて使えません。変なものを使って失敗するよりも、ガラスウール16kを使うことをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそく回答いただきありがとうございます。 >その難燃剤とポリエステルが発火する時に有毒ガスを発生します 有毒ガスがどのようなものかわかりませんが、自分の調べた情報ではそのような心配はないようです。 <ある建築家のコラムより抜粋> 原料は石油系樹脂ですが、環境ホルモンも出さず、燃えてもダイオキシン・塩素ガスを出す心配はありません。 !)繊維の絡み合う部分に熱をかけて融着する製法(パンタグラフ構造)のため、一切の接着剤を使わず、ホルムアルデヒド等の有害物質の発生も無くシックハウスの心配もありません。 !)完全燃焼すると、水と炭酸ガスに分解します。 !)衣料、食料用容器に多用されているくらい安心な材料です。 !)製造時にフロンガス等の発泡ガスを使用しないため、地球温暖化防止に役立ちます。 粉塵が肺に刺さって、発ガン性を疑われるようなことも一切ありません。 !)パーフェクトバリアは、施工時の切削粉が気管に刺さることなく、自然に咳等で体外に排出されます。 !)痛痒感(繊維が肌に刺さることによる)が一切無く、施工技術者にとって不快感がありません。それが施工の際の技術者のモラールを高め、結果精度の高い住宅建設に貢献します。 自己消火性を有しています。 パーフェクトバリアの上にタバコの火をのせると、接点部分が溶けるだけで燃え広がることは無く、 自己消火性を有しています。 万一焼却する場合でもダイオキシン等の有毒ガスの発生が無い極めてクリーンな素材です。 不幸にして火災によって壁対内に火が回るということがあった場合でも、 人に影響ある有毒ガスを発生させることはありません。 <メーカーHPより抜粋> ○成型の過程で一切の接着剤を使用していない為、ホルムアルデヒド等の有害物質揮発の心配がなく、シックハウスの原因物質となりません。(※表1) ○ポリエステルは、口をつける飲料ボトルに多用される程、大変安全なもので、パーフェクトバリアは、その安全なポリエステル100%で製造されています。 ○ポリエステルは、虫食害、発酵腐敗の心配が無く、そのため一切の防止薬物の混入の必要が無く、防止薬剤による二次被害がありません。 ○手触りも優しく、粉塵が肌に刺さることもありませんし、肺に刺さって、発ガン性を疑われることもありません。万一吸引しても咳で体外に排出されます。 ○環境ホルモンも出さず、燃えてもダイオキシン・シアンガス等の有毒ガスを出す心配がありません。完全燃焼すると、水と炭酸ガスに分解します。 ※表1(財)日本紡績検査協会による試験結果(指定性能評価機関) ホルムアルデヒド……………検出されず アセトアルデヒド……………検出されず トルエン………………………検出されず キシレン………………………検出されず エチルベンゼン………………検出されず スチレン………………………検出されず パラジクロロベンゼン………検出されず テトラデカン…………………検出されず 放散速度(μg/m2・hr) ★改正建築基準法の規制対象はホルムアルデヒドですが、厚生労働省は、その他の物質も室内濃度指針値を定めています。 ★パーフェクトバリアは、ホルムアルデヒドをまったく放散しない、改正建築基準法の告示対象外の商品です。(使用面積制限はありません。) 正確な情報か・・・? 自分に精査する能力はありませんし、一般論としてメーカーHP掲載事項に誇張が多い事もよくある事ですから、現時点ではなんとも言えませんが・・・。 気になる部分は、不完全燃焼の場合です。 通常、ペットボトルを不完全燃焼すれば、ダイオキシンが発生することは明らかでしょうし・・。 で、火災時には不完全燃焼による一酸化炭素中毒も起こりますし、この辺はメーカーに問い合わせてみる必要がありそうです・・・。 ただし、そもそも不完全燃焼という事になれば、他の建材でも起こるわけですし・・。 そもそも、完全燃焼で安全と謳う事が適切な表現なのか? つまり、一般的検証実験と、火災燃焼時の状況が異なるとすれば何の意味があるのか? 実際の問題は、火災ですからね・・・。 少し興味を持ちましたので、勉強してみます。 <ある建材メーカHPより抜粋> 建築材料や衣服などあらゆる物質は、一般に炭素・水素・酸素を主体に窒素・イオウ・リン・ハロゲンなどの元素から構成されています。物質が完全燃焼した場合には、生成物*の数は少なくなります。 逆に、不完全燃焼の場合では、多くの酸化物や分解生成物が発生してきます。この分解生成物に有毒性があり、人体に影響を与えるため、生成物の少ない完全燃焼の方が人体影響の危険は少ないとされています。 火災燃焼の場合、大半が急激な燃焼のため、空気中の酸素が不足して不完全燃焼が生じます。そのため、一酸化炭素をはじめ、数多くの生成物を同時に発生させることになります。 長文を羅列して申し訳けありません。 いい論点を提示していただきありがとうございました・・。 ただ、不明な部分としまして「難燃剤が入っている」ことは確認できませんでした。 メーカーによれば「パーフェクトバリア自体は難燃性が高く、自己消火性をもっています」とのことですから、 難燃剤を加えなくとも、難燃性はあるとの理解です。 「一切の接着剤を使用していない」とありますが、難燃剤とは別ですから、この部分もメーカーに問い合わせてみます。 難燃剤と言えば・・・ スタイロフォームなど発砲系断熱材は、「ポリスチレン樹脂と難燃剤、発泡剤」を混ぜて発泡させながら成形した商品です。 ちなみにメーカHPでは「火災のような不完全燃焼下では、多くの黒煙(スス)と一酸化炭素、二酸化炭素及び微量のポリスチレン燃焼生成物、炭化水素等の発生が見られます。 尚、急性毒性を示す塩化水素、シアン化水素の発生は示されていません。 元来、燃える性質がありますので、火気の取扱いには十分にご注意ください。」 ある意味良心的表現をされていますね。 ただ、「難燃剤」を問題にしてしまうと、発砲系断熱材も使えないことになります。 一応毒性はないようです・・・? 話をごちゃまぜにしてしまった気がします。 おそらく、今回の指摘は、不完全燃焼の件ではないでしょうね。 つまり、不完全燃焼の事を争点にしてしまう事はナンセンスで、極論では、ほとんどの住宅が危ないとなってしまいますね・・。

関連するQ&A

  • 省エネ基準の断熱材の厚みについて

    エコポイント適合証明書を検討しています。 グラスウール10Kを壁と天井に使用するのですが、省エネ基準の断熱材の厚みや熱抵抗値などを満たすには、例えば厚みを100と希望しても、熱抵抗値が2.2だと厚みが110必要とあります。 これを厚み150にすれば厚みはクリアしますが、熱抵抗値はクリアしません。 どちらか一方(厚みか熱抵抗値)をクリアすれば、基準は満たすことにつながるのでしょうか? それとも両方満たすことが必修なのか教えていただきたいです。 また、開口部で補完するトレードオフについても詳しい方がいましたら、お願いします。

  • 断熱材の厚みについて

    現在、埼玉県内で次世代省エネ仕様で新築住宅を 住宅メーカーにお願いして建てていただいておりますが、 壁の断熱材の厚みが違うような気がしたので、質問してみました。 使用されている断熱材は、マットエースプラスと書かれており、 ネットで調べたところ、厚みが85mmで、高性能 グラスウール16K、熱抵抗2.2m2・K/Wでした。 一方、次世代省エネ基準というのをネットで調べたところ、 IV地域で、充填断熱工法の場合、高性能グラスウール16Kだと 壁の断熱材の厚みは、90mmとなっていました。 わずか5mmですが、足りないように思いますが、 基準をクリアしているのでしょうか? それとも、熱抵抗だけクリアしていれば、次世代省エネ基準 と言えるのでしょうか? 以上、参考になるご意見等いただければ助かります。 (参考)当方の住宅条件は、下記のとおりです。 木造軸組工法 IV地域

  • 断熱材と、屋根について

    今、新築に向けて話を進めています。(在来充填工法) 断熱材なのですが、   外壁・・・パーフェクトバリア10K 100mm   屋根直下・・・同上         100mm    1階床下・・・スタイロフォームIB  40mm   2階床下・・・パーフェクトバリア10K  100mm   2階床上・・・プラスターボード9.5mm と、なっています。気密シートは使わないということで、高気密・高断熱ではないことは承知ですが(リビング階段はあきらめました・・・)、上記の断熱ではいかかでしょうか? 冬、あまりに寒いのは避けたいです。 屋根は、陶器瓦(防災)かガルバリウム鋼板を選べます。 メンテや、夏の暑さなどを考えると、瓦が良いのですが、こちらは、東海地震が来るとされている静岡西部ですので、瓦ですと、かなり不安です。 屋根をガルバリウムにした場合に、夏の暑さ対策として気をつけたい事がありましたら教えてください。小屋裏換気の欄には、”軒天防火有孔板”と書いてあります。          

  • 断熱材の室内側の防湿気密シートの必要性について

    工務店に依頼して新築の家を計画中です。次世代省エネ基準を満たす仕様でお願いしています。壁について工務店側の仕様案は高性能グラスウール16k(防湿シート付きでないもの)90mmですが、断熱材の室内側に防湿気密シートの計画はありません(室内側から珪藻土→石膏ボード→グラスウール→構造用面材ハイベストウッド→防水シート→通気胴縁です)。また屋根断熱ですが、屋根についても同様に防湿シートがありません。  防湿シートなしで内部結露がおこらないか心配です。その点にについて工務店側に問い合わせたところ、 (1)冬は室内側はむしろ乾燥しているから、湿気はそれほどでない(ちなみに暖房はFFストーブの予定)。 (2)IV地域なので冬季でもそれほど外気温が下がらない。  以上の理由で内部結露の心配はないから防湿気密シートは必要ないとの説明がありました。この説明の通りなのか、やはりシートの施工を求めた方がいいのか教えていただけませんか。

  • 床の断熱材の施工について

    現在、在来木軸にて新築中です。 1Fの床組および断熱材施工(パーフェクトバリアのボードタイプ40mm) ならびにコンパネの貼り付けが終わったとの連絡を受け、現場を見に行ったところ、 以下の状況でした。  ・根太と断熱材の間にところどころ隙間があり。  ・断熱材が垂れてきており、床コンパネと断熱材の間に隙間あり つまり断熱材の横方向にも上方向にも隙間がある状況です。 現場監督にコンパネを外して断熱材を入れなおすようにクレームを言ったところ、 床下にもぐって問題のあるところは修正するとのことでしたが、そのようなやり方で 大丈夫でしょうか? また、修正後に再度チェックする場合、どこを見れば良いか教えて頂けませんでしょうか。 尚、根太は角材でなく、桧の半割材を使っているため、根太の側面は真っ直ぐではなく、 パーフェクトバリアでは無理なような気もしています。 宜しく教えて頂きたく御願いします。

  • キッチン収納とユニットバスの間の壁(断熱材)

    ユニットバスが入りました。 お風呂回りの断熱は、床下はなし、外壁にネオマフォームがはいっています。2階との間にはパーフェクトバリアが入っているはずです。(未確認・・・) ちょうど風呂場の反対側には、キッチンがあり、システム収納がつく予定です。 まだ、石膏ボードは付いていなく、ユニットバスが見えている状態です。 ここで、思うことは、キッチンで出た湿気が風呂側の壁内に流れるとすると、そこには、断熱材がなく風呂下(床下換気パッキン)からの冷気で冷やされ、結露するのではないかと。 ユニットバス自体の壁にはお風呂メーカーでオプション付けした発泡スチロール?、天井にはグラスウールがついていますので、ユニットバスの中は暖かいと思うのですが、ユニットバスと周りの壁の間はやはり冷たい空気が流れるのですよね? キッチンと風呂場の間にも断熱材を入れるべきなのでしょうか?(もう手遅れかもしれませんが) 同じく洗面脱衣所との間にも入れるべきなのでしょうか? また、ユニットバスの外側と1階天井裏(防音用に100ミリのパーフェクトバリアが入っていますが、その上は隙間)とはつながっているのですが、通常、ここはどのように施工するのでしょうか?そのままですと、2階床下が寒くなるような気がします。 風呂場が、断熱の外なのか内なのか、分からない状態です・・・

  • グラスウール断熱材の伸縮について

    以下、ご教示下さい。 当方、断熱にグラスウール24kgを使用予定なのですが (1)奥行き90mmの空間に100mm厚のグラスウール24kは納まるか   (床部にて《裸品+防湿シート貼り》この上に床下地合板貼り)   GW24k品実物を見た事がなく、伸縮性が分からないので判断出来ずお尋ねしました (2)24kとHG16kでは、施工性では実際どちらが良いか、コスト面ではどうか   これも施工経験がない素人なので、経験者に伺いたいと思います どうぞ宜しくお願い致します。   

  • 断熱材の施工ミス

    このたび家を新築したのですがとても寒いと思い床下、天井上を見たところ、壁と床の取り合い部分に空洞がありそこから壁内に向かって冷気が入っているようです。通常、取り合い部分は床断熱剤をいれその上かグラスウールの防湿層、気流止めをするのが一般的だと思うのですが? また、壁も上部は30cmくらいグラスウールがはいっていませんでした。これは施工ミスではないでしょうか?  施工業者に言ったところ、うやむやの返事でとりあえず取り合い部分は木で塞ぎますと言うだけでした。この場合、通り取り合い部分の断熱材、気流止め、防湿施工は必要ないのでしょうか?しなくても断熱性能、結露防止、家の耐久性など問題ないでしょうか 当方の建築地は鹿児島です 長文で申し訳ありませんがどなたか教えてください。

  • 天井裏断熱改修、グラスウールの追加について

    現在、天井断熱されており、グラスウール10K100mmが入っています。(室内側防湿フィルム、天井裏側透湿フィルム) 断熱性能が低いため、自分でグラスウールを追加しようと思っています。 安価に抑え施工を簡単にしたいので、ホームセンターの壁用で販売されているフィルム付き100mmのグラスウールの使用を考えています。 これを現在のグラスウールの上に並べておいて、トータルで200mmとしたいのですが、問題はあるでしょうか? 気になるのが、従来のグラスウールの上面(透湿面)に、追加のグラスウールの防湿面がくる形となってしまうため、もし部屋から天井を通ったきた湿気が従来グラスウールを通り抜けようとしても、追加したグラスウールの防湿面があるため通り抜けられず、結露するのではないかと心配です。このような追加は止めたほうがいいのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • グラスウール断熱について教えて下さい。

    アクリアマット10k50mmが標準の施工会社で新築することになりました。(壁、屋根) 断熱材の性能が低すぎる為、アクリアマット10k90mmで考えてたのですが 色々と調べてるうちに結露のことも考えなくてはいけない事を知りました。 壁に通気層はあるのですが、アクリアマットの防湿フィルムでは頼りないのでしょうか? カビだらけの家にはしたくないので、するべきことを教えて下さい。 標準以外の事を頼むと割引率も低い上に、予算があまり無いので グラスウール以外では無理なので、そこも考慮して教えて頂ければと思います。 そちらの施工店では標準以外で建てる人が少ないようなので、説明を求めてもあまり信用できず… こちらで質問させて頂きました。 よろしくお願いします。 木造在来工法 現場は大阪です。