• ベストアンサー
  • 困ってます

公正証書遺言

いつも 同じ様な 質問ですが 宜しくお願いします。 この前の質問の後 遺産分与を、公正証書遺言として のこすようにしました。 行政書士さんとは 電話で話しただけで 来月から 進める予定です 私(妻)一人に遺産相続させる… と 遺言した場合に 遺留分請求がきたら それは、キチンと 分けるつもりではいます。 ただ 誰の許可もいらず 名義変更や 預金の移動ができる事が 希望なんです。 公正証書遺言があれば 「私一人で 全て終わる」と思ってますが 遺留分請求が くるとしたら 私が 手続きをした後 遺留分請求がくる と思っていいですか? 公正証書遺言に 私一人に相続させる…と書いても 印鑑を貰わないと 手続きができなくなる… って事は 起きませんか? 遺言は遺言通り 遺留分請求は また 別のものとして 考えていいでしょうか? 遺産分割協議等は いらないですよね?? 宜しくお願いします。

noname#197140
noname#197140

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

公正証書遺言があっても、遺言執行者が指定もしくは選任されていない場合、一部の金融機関は相続人全員の署名捺印と印鑑証明の添付を求めてきます。 遺言執行者がいれば、その遺言執行者が単独で預金の解約等の手続をすることができます。 遺言で指定しておくのがベストですが、指定されていない場合、相続開始後(遺言者が亡くなった後)、相続人が家庭裁判所に遺言執行者選任の申立てをすることができます。 なお、遺言書があれば、遺産分割協議そのものは必要ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 執行人ですね そうでした… 執行人は私自身になります。 これで安心しました。 お母様が自殺した 知人がいまして 自宅等の名義変更したくても 印鑑が押してもらえず 遺言書がないと 大変だよと言われました。 贈与等も考えたりしましたけど。 教えて頂き 有難うございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • funoe
  • ベストアンサー率46% (222/475)

それは、実際に旦那さんの口座のある金融機関に、死亡時解約の手続き方法を確認したほうがよいです。 銀行によって公正証書遺言だろうとなんだろうと認めない銀行もあります。 だって遺言って後日付のものと前日付のものの内容が異なっていれば後日付の方が有効です。 金融機関としてはその公正証書遺言が最新のものか、確認するすべがないのです。 公正証書遺言があれば口座解約ができる、甘い金融機関を探しておくほうがよいと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

初めて知りました 遺言書も それ一つしか多分書かないとは思っています。 わざわざ 有難うございました。 銀行 確認します。

  • 回答No.2

公正証書の良い点は、ほかの相続人が無知なら、手間が省ける。 反対に、欲が深い場合には、かえって相続問題でこじれる。 調停、そして裁判になる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですか?! 私が知る限り 預金の移動ができ 家などの名義変更ができ 分割協議の手間がない。です。 そのあと 遺留分請求をしてくる してこない…の 問題発生かな?と。 有難うございます。

  • 回答No.1

>誰の許可もいらず名義変更や 預金の移動ができる事が希望… 一部の銀行等ではそれで良いところがあるかも知れませんが、基本的には、法定相続人全員の捺印が必用です。 >遺留分請求が くるとしたら私が 手続きをした後遺留分請求がくると思って… 相手のあることですから、そんなこととは限りません。 遺言書の内容を知った段階で、遺留分うんぬんを言い出す相続人が出てくることだって十分あり得るでしょう。 >私一人に相続させる…と書いても印鑑を貰わないと手続きができなく…って事は起きませんか… 起きます。 >遺産分割協議等は… 必用です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

質問者からの補足

すみません… それは 公正証書に残してもですか?

関連するQ&A

  • 公正証書遺言があるのに保険金がおりません。

    病気で入院していた父が亡くなりました。 その父には先妻との間に子供がいるため 生前父は公正証書で「母一人にすべての財産を相続させる」 ということで遺言書を作成していました。 (遺留分の請求は免れないのは理解しています) 公正証書遺言のおかげで 父名義の土地や建物、保険金なども公正証書遺言があったので 法定相続人との遺産分割協議も不要で すべて母の名義に変わり、 保険金などもスムーズにお金がおりてきました。 ところが ある保険会社だけが 公正証書では保険金をおろせないと言ってきました。 法定相続人のすべての印鑑や戸籍抄本などの書類が必要だというのです。 この保険会社おかしくないでしょうか?

  • 公正証書遺言書がありました

    叔母が亡くなり、公正証書遺言書に従って手続きを開始した、あとで書類を送る、 と兄から連絡がありました。 公正証書遺言書があったことも知らなかったし、遺言書の内容がどのようなものか知りません。 知ろうとも思いません。 もし公正証書遺言書に、全財産を兄一人に、と書いてあった場合、 どのような手続きになるのでしょうか? 兄夫婦が財産をかなり強く欲しがっていたので、その可能性もありだと思ってます。 叔母は生涯独身で、子供もいませんでした。 恐らく法定相続人は私と兄の2人でしょうが、公正証書遺言書も、普通の遺産相続と 同じような手続きになるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 公正遺言証書

    先日母が亡くなり、遺産相続の話になった時。 長男が一人で司法書士を立てて遺産相続に関する遺産分割協議書を作成し、私たち兄弟に証明捺印を求めてきました。 その際の条件は遺産すべてを一括で長男、もしくは兄弟一人に相続させるという条件でした。 私以外の兄弟は相続放棄をするということで署名捺印して帰りました。 しかし、私は一括して一人で相続という条件が納得できず分割相続を求めて長時間話し合いました。 ただし、根負けして私も相続放棄ということで署名捺印してしまいました。 しかし、今になっておふくろが遺言証書を残していたようだという話を聞き、現在公証役場に相談して遺言証書を探している状態です。 母の住まいが地方だったので、すぐには見つからない状態です。 遺言証書が出てくるまで時間がかかり、私たちの相続放棄の署名捺印した協議書が執行された場合、その後に遺言証書が出てきても効力はなくなるのでしょうか。 どなたか教えてください。

  • 遺言公正証書について

    遺言した者が死亡した場合、遺言公正証書があるかどうかわからず、誰も検索せず、相続者が遺産を分けてしまうことありますか。 遺言公正証書が出てくれば再度遺言公正証書に沿って相続がされると思いますが、時効はあるのですか。 公証役場の人は、問い合わせなくして遺言した者が死亡したことを知ることが出来るのですか。

  • 公正証書遺言について

    公正証書遺言に基づいて遺産分割する場合について質問します。故人と実質的なつきあいがほとんどなかった法定相続人が多く、遺言状でその人たちが相続人から外されている場合、遺産があることがその人たちに知れるとトラブルになりそうなので、できればその人たちには遺産の全容を知らせないまま粛々と遺言を執行していきたいのですが、公正証書遺言の場合でも遺言状の内容を伝えて、相続人に含まれていなかったことを通知しなければいけない義務などはあるのでしょうか。

  • 公正証書遺言書の効力と執行について

    はじめて投稿させていただきます。 先日母が亡くなり(父はすでに他界)、姉妹間で相続についてもめています。 母が公正証書の遺言書を遺してくれたのですが、 私が一番多く、他の姉妹は母の裁量により最低限の 遺留分は保障された金額に設定してありました。 ※遺言の執行者は私に指定してありました。 預金が主な遺産で、銀行の担当者からは他の姉妹が印鑑を 押さないと遺言書の執行者でも預金を下ろすことが出来ない と言われました。 1:公正証書の遺言書 2:遺留分も保障された内容 3:遺言執行者 以上の条件があっても、遺言書通りに執行するのは難しい のでしょうか? 公正証書遺言書の効力や、遺言執行者の権限などネットで 調べましたが、解決できるものが見つからなかったため ぜひアドバイスをお願いいたします。

  • 公正証書遺言の費用について。

    この度公正証書遺言を作成する事になりました。そこで、 弁護士に頼むか司法書士に頼むか迷っております。費用の違いなどあるのでしょうか?遺言書と同時に兄弟の遺留分放棄の手続きもしたいのですが。やはり弁護士が良いのでしょうか。費用と便宜など違いはありますか? 教えて下さい。おねがいします。

  • 公正証書遺言に関するご相談

    どなたかご教示いただけましたら幸甚です。 公正証書遺言が作成されている事例において、同遺言内に 明記されている遺言執行者(以下、「A氏」という。)が 遺言者よりも先に逝去し、今般、遺言者も逝去しました。 遺言者の配偶者は、既に他界しております。 また、遺言者にはA氏の他に子(以下、「B氏」という。)が一人おります。 さらに、A氏には子が3人(以下、それぞれ「C氏」「D氏」「E氏」 という。)がおります。 次に、公正証書遺言において、遺言者は、遺言執行者に対し、 全財産を相続させる旨を遺言しております。従って、B氏の遺留分を 除いて考えれば、C氏、D氏及びE氏は、代襲相続により遺言者の 全財産を相続することができると解釈しております。 【質問1】 C氏、D氏及びE氏は、B氏との遺産分割協議を経ることなく、 共同で申請することにより、公正証書遺言に基づき相続財産である 不動産の名義変更登記を行うことができるのでしょうか。 【質問2】 (質問1の答えができるという前提において)遺言執行者であるA氏が 他界しているため、C氏乃至E氏のいずれかは、家庭裁判所に対し、 新しい遺言執行者の選任を求める必要があるのでしょうか。 何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 公正証書遺言

    2人姉妹なのですが、公正証書遺言で父がすべて(家屋、土地、貯金)の財産をどちらか一人に譲るとした場合、遺産を譲られなかった方は遺留分まで放棄しなければならないのでしょうか?

  • 自筆証書遺言と不動産登記について

    家庭裁判所での検認手続き中です。 関係者の話によると、A(故人)は「Bに全財産を相続させる」といった内容らしいです。 その話を裁判所でしたところ、裁判所の職員から「自筆証書遺言の要件(遺言の全文を自分で書く、日付を書く、自分の氏名を自分で書く、印鑑を押す 等)を満たした検認済の遺言書があれば、B以外の相続人については遺産分割協議書や印鑑証明書がなくても、登記が出来るでしょう。」との話を聞きました。 実は、相続人がかなりの数おり、殆ど付き合いの無い人や所在の分からない人もいるので、遺産分割協議書や印鑑証明書を揃えるのは難しいと言うか、不可能ではないかと思っていましたので、検認済の遺言書があれば手続きが楽になるかと思い、安堵していました。 しかし、ここのQAには「公正証書遺言の場合、遺産分割協議書は不要。自筆証書遺言の場合、遺産分割協議書は必要」との記載が多数ありました。 やはり、B以外の相続人について遺産分割協議書や印鑑証明書は全て必要なのでしょうか? 検認済の自筆証書遺言だけでは登記は出来ないのでしょうか?