• 締切済み
  • すぐに回答を!

某厚生年金基金の課長ですが基金廃止で辞めるべきか?

某総合型」厚生年金基金の課長をしておりますが、5年後に年金資産が最低責任準備金の1.5倍になっていなければ基金は解散せざるを得なくなりました。5年後に最低責任準備金の1.5倍するには給付等の支出と掛金等の収入がほぼ同一と仮定した場合、年率8.5%で毎年運用利回りを上げなければ1.5倍になりません。総合基金は原則5年以内で廃止せざるを得ないということです。 基金解散となると今までの負の資産を加入事業所に特別な掛金で負担してもらわなければなりません。この問題に詳しく、基金解散等の業務を委託された場合に支援する基金コンサルティング会社(オーヴァル)にこのことを参考に聞いたところ、「解散となると某基金では常務は倒れてしまい、事務長は精神的におかしくなり休職してしまったところがある。」ということを聞きました。 任意脱退のときも特別掛金をお願いするのにかなりきついと思いました。これを100から200社にお願いするのに、体を壊してしまうと思います。 年齢も62~63歳なので後任を例えば公募かハローワークに依頼し早く辞めた方がいいのでしょうか?経済的にはなんとかなると思っております。 無理に働くと健康的にマイナスになり寿命も短くなりそうですがいかがでしょうか? 人生の価値観はいろいろあるとは思いますが。

noname#184511

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数288
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

何とかなるなら 殺される前に辞めるでしょうね、 日本人だけですよ そんなとき頑張るのは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 厚生年金保険料と、厚生年金基金掛金について教えてください

    厚生年金保険料と一緒に、厚生年金基金掛金が給与天引されているのですが、この後者は、厚生年金保険料で納めた保険料が年金として返ってくる際の額が多くなると聞いていた記憶があります。この厚生年金基金掛金の効果はどれくらいだと考えていればよいのでしょうか?教えてください。お願いします。

  • 厚生年金基金について。

    以前、主人の加入している厚生年金基金が解散したことで質問したものです。 代行年金部分の年金は厚生年金基金連合会に引き継ぐこと、債務を弁済した後は 残余財産を確定し、一時金か年金かの選択をすることになっています。 それで、私も主人と一緒の会社に結婚するまでの4年間勤務していたものですから、加入していました。 で、この間、机の中を整理していたら、厚生年金基金一時金通知書というものがでできました。これは、退職したときにもらったものです。 あと文書で、 退職により当基金を脱退したので、年金に加入していた期間の報酬比例部分について、その支給義務を厚生年金基金連合会に移換する。 そして、支給年齢になった時、当基金加入期間分の年金を連合会に、年金本体ほ社会保険事務所と2箇所に裁定請求して受給することになっています。 となっていますが、どういう意味なのでしょうか?2箇所から貰えるのですか? 私は、厚生年金に9年加入し、今は国民年金第3号です。 詳しい方、教えて下さい。よろしくお願いします。

  • なぜ会社は厚生年金基金に加入しないのですか?

    厚生年金基金に加入している会社としていない会社の違いについてですが、自分で調べたら厚生年金基金の掛け金は厚生年金の中から2分して掛けるので給料をもらう立場の人からしたら厚生年金基金にかける掛金については、基本的に上乗せして払うことはないと明記されてました。 一概にそうとも言えない場合もあるようですが。 と考えると厚生年金基金に加入している会社のほうが働く者の立場からするといい条件だと思うのですが、実際に厚生年金基金に加入している会社は比較的少ない気がします。 この理由として考えられるのは、会社側にとっては何か不都合な事があるのでしょうか? 負担金が増える、手続きがややしいなど。 どうしても納得できないので、わかる方おられましたらぜひその理由をご教授願います。

  • 厚生年金基金の解散

    以前、厚生年金基金の解散の場合につき、質問させていただきました。まだ受給していない場合については回答をいただきましたが、現在年金を支給されている人の受給権がどうなるのか分かりません。この受給権は既得権として保護されるのでしょうか。年金を受給している方たちの承諾がないと、そもそも解散はできないのでしょうか。ご教示よろしくお願いいたします。

  • 厚生年金基金脱退にかかった費用

    このたび厚生年金基金を従業員の同意を頂き脱退しました。 そこで、その時にかかった脱退時特別掛金を特別損失になるように処理をしたいのですが、その場合どのような勘定科目にすればよろしいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 厚生年金基金 一時金と加算年金

     40代、男性。  厚生年金基金に加入している会社を退職しました。加入期間は10年超。先日基金より、加算年金額と選択一時金の額の通知が届きましたが、どちらを選んだらよいのか迷っています。通知通りなら加算年金を8年以上受給すれば一時金の額を上回ります。  過去の似たような質問では、今、お金が必要なら一時金、そうでないなら年金、長生きするなら年金、健康に自信がないなら一時金などが一般的な回答のようですが、1~2年前と現在では基金を取り巻く環境も違うと思いますし、加入していた年金基金の業界に将来はなく、破綻や解散は必至だと思われます。  質問ですが、基金が破綻や解散した場合、加算年金額の減額はないのでしょうか? 加算部分は解散時に残余財産があれば基金の加入員等に分配されるとの解説文もありましたが、その場合は今回の通知額より減額、あるいは代行割れなどで財産がない場合は加算年金自体が無くなるようなことはないのでしょうか?どうか、アドバイスをお願い致します。

  • 厚生年金基金が企業年金連合会に引き継いだことについて

    数年前に、夫の会社が加入していた厚生年金基金が解散し 代行年金部分に要する費用を企業年金連合会に引継ぎされました。 会社は確定搬出方年金(企業型)を導入しましたが 教えていただきたいのですが、 1.この企業年金連合会というものはどういったものなのでしょうか。 2.厚生年金基金が解散されたので確定搬出方年金(企業型)を導入と  なったのでしょうか(両方の制度は使えないと認識しています) 3.厚生年金基金から企業年金連合会にひきつがれた年金は  どうなっているのでしょうか     企業年金連合会というものがいまいち理解できなくて 全般を把握できないでいます。 お恥ずかしいかぎりですが、教えてください。

  • 厚生年金基金が解散

    解散するとのことで、二つ疑問があります。 マイナスの分の補てんを会社がだしていたとしたら、それは会社からの支払い分がパーになったので、その分のお金は従業員的にも経営者的にも損していますよね? 厚生年金基金の代わりになるもので厚生年金に上乗せするようないいものはなにかないでしょうか?中、低所得者です。 国民年金基金は一度加入すると脱退が難しく、年収1800万以上で90歳まで生きたらいい利回りとききましたが・・・。 そんな収入ないし、そんな健康にも自信がありません。まあ会社がどこか加入するかもしれませんが・・・。

  • 厚生年金基金の解散で年金は貰えなくなりますか?

    父の年金について教えてください。 父は70代で厚生年金を受給中の無職です。 国から貰う厚生年金とは別に、とある厚生年金基金から月数万円を受給していましたが 先日、「この度厚生年金基金が解散することになったので、現在基金から支給されている ”基金独自の上乗せ給付部分”は支給停止となります」という内容の手紙が届きました。 ということは、”基金独自の上乗せ給付部分”とは今現在もらっている月数万円のことでしょうか? 月数万円とは言え、この給付金がなくなると両親の生活が成り立たなくなってしまいます・・・。 ”老齢基礎年金”は今後も変更はなく、基金から支給されている”代行部分”は国から支給される、 と書かれてありましたが、手紙の内容と言葉が難しく困っています。 無知で申し訳ありませんがどうか、回答お願いします。

  • 厚生年金基金の解散の不足金

    よろしければ、急ぎ教えてください。 厚生年金基金が解散することになり。不足金を2000万円 支払いました。まだ、不足金の確定ができておらず。 仮払いで計上しております。 確定後に清算されるとの事ですが、この仮払いにしてある 2000万円は損金処理してもいいのでしょうか? よかったら教えてください。