• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

不起訴や無罪になったとき

被疑者が証拠不十分などで不起訴になったり裁判で無罪になった時 メディアは被害者の家族のインタヴューを流します。 インタヴューではほとんどの被害者の家族が、無念だとか、 有罪にすべきだとか、何故罰しないのかといった反応をします。 しかし考えてみれば不起訴になったり無罪になったりするというのは その被疑者が犯人ではない可能性が高いということでしょう。 ところが被害者の家族の反応は被疑者が犯人だと 決めつけているような反応が非常に多い。 被害者の家族にそこまで思い込ませるのは警察の説明でしょうか? あるいは検察の態度でしょうか? それともメディアがそういう反応を誘導しているのでしょうか? 裁判で被疑者を有罪にし、より厳しい判決を得るために 被害者の家族の強い怒りを裁判所に訴える作戦もあるのでしょうか? 本来なら真犯人を逮捕できなかった、あるいは有罪にできる証拠を 押えられなかった警察検察への批判が 被害者の家族から噴出してもおかしくないような気がします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数658
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

被害者の家族にそこまで思い込ませるのは警察の説明でしょうか? あるいは検察の態度でしょうか? →被害者心情としては、はやく怒りの矛先をどこかに向けたい …そこで警察が捕まえたとしたら犯人と思い込むのは被害者心理として当然でしょう!極限の状態なのだから、ちょっとした一言で心情が左右されても仕方ない 警察は逮捕時は自信を持っているのだから、被害者に「容疑者逮捕しました」もうこの一言で被害者はすりこみでしょうね それともメディアがそういう反応を誘導しているのでしょうか? →先ずメディアを信用しすぎです!メディアは視聴率取れそうな所のみを放送するのです。特に現代メディアは…… 現代メディアで真実なんてごく一部だけです、真実知りたいなら直接被害者に聞くしかないのです 裁判で被疑者を有罪にし、より厳しい判決を得るために 被害者の家族の強い怒りを裁判所に訴える作戦もあるのでしょうか? →最近は被害者心情が大きく左右されるので、罪は重くなる傾向あります まあよく考えれば当たり前のことなんですが……

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 いろいろなご回答を拝見しています、被害者側のやりきれない思いが、 なぜ無罪だ、なぜ不起訴だといった気持ちにさせるというのが分ってきました。 特に誰が誘導するのでもなく、自然にそういう気持ちになるということなのでしょうね。 でも、それをわざわざ報道するというのは、なにか割り切れない気がします。 被害者側にしてみれば自然な気持ちを吐露しているだけなのに なにか報道側に意図があって流しているのか?と思ってしまいます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

よく、死刑賛成者は遺族感情を引き合いに出しますが、遺族感情が正義でないということを この事件は物語っていますね。顰蹙を覚悟で書かせて頂きますが、はっきり言って、日本人の大部分は下衆です。その下衆も幸せな時や満足している時は誰でも仏顔です。 でも、下衆どもは不幸や災難があった時に、本性が現れます。被害者だからといって、仁徳が高くなる人は非常に珍しいです。そして、関係の他人である下衆どもも うわべだけの同情をして自分も正義の味方ぶります。そして、その下衆の頂点に立つのがマスコミです。 下衆どもは愛する人を失った場合、今度は誰かを恨むことで 心に空いた大きな穴を埋めをしようとします。普通は、愛する人の命を直接奪った人間ですが、直接要因になる人間がいない場合、誰かのせいにして責任をなすりつけ、その人を恨みます。ご質問ケースでは 判決が出る前から そいつが殺したいほど憎い犯人だと決めつけているわけですから、どんなに確実な無実の証拠を突きつけられても、これを覆すということは到底耐えがたいものになります。そして、同時に心の穴埋めに殺したいほど憎むべき人間を失うわけですから、どうしても手放したくないわけです。 じゃあ、下衆どもが殺したいほど人間が死刑になるとどうなるか? 一瞬、スッキリしてケジメがついたように感じるのも束の間、今度は生きる張り合いを失うほどの空虚感に襲われます。それでも、真っ当な人間の心を持っているのなら、死刑になった人間の命の重さも背負って行くことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 人間は弱いものなんですね。そういった人間の弱さを ますます掻き立てるようなことがなされていないでしょうか? なんだか最近の報道を見ていると、これでいいのかと思ってしまうんです。

  • 回答No.3
  • issaku
  • ベストアンサー率47% (244/509)

証拠不十分など有罪認定のケースで遺族が不満を表明した、という場面は近年に記憶がありません。 逆転無罪のケースで「真犯人を一日も早く」といったコメントは覚えています。 その類の遺族のインタビューでは、有罪認定ではなく量刑に関するものが多かったのではないかと思いますがどうでしょう。 また、警察検察への批判があまり出ない理由もなんとなく理解できます。 遺族は担当の警察官とは顔見知りになるわけですし、警察検察は公判に遺族の協力を取り付けるため最大限の配慮をします。更に被害者家族の「味方」として長期にわたり一定の秘密を共有して付き合うのですから、信頼関係が生まれ、人情として「警察はよくやってくれている。結果は残念だったがやむを得ないのかも」という感じになってしまうこともあるだろうと思います。 >検察や警察のミスのような気がしてならないんですよね。 確かにミスはあるでしょうが、捜査に科学的理論に基づいた決定的手法があるわけでも無く、物理的に証拠が全く無いというケースもあるし、証拠隠滅が完全に成功することもあり、結果に100%は無い世界だと思います。 いかなる理由があろうと有罪にできないのは司直のミスである、という考え方は従来からマスコミ世論、ひいては警察や検察への評価として最も危惧されており、それゆえに自白強要や証拠捏造による冤罪が発生したというのも一面の事実かと思いますがいかが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ただ証拠不十分で無罪になった時や判決が軽かったときなど、 遺族の側が裁判の結果に不満を表明しているように見える報道は多いですよ。 具体的には言いませんが、、、今朝もそれに近い報道がありました。 それと警察はよくやってくれているという信頼は捜査上大切なことでしょうが それが被害者側の無罪に対する不満や重罪を期待するような発言に つながるようでは、本当の意味での公正な裁判にはつながらないような 気がします。

  • 回答No.2

>その被疑者が犯人ではない可能性が高いということでしょう。 それもありますが、 有罪にできるだけの証拠が不足している場合も結構多いです。 状況からまず犯人だろうけど、決定的物証(証言)がなく、公判が維持できない、と思われた場合です。  怪しきは罰せず、という「黒」以外は相当なグレーでも「白」に分類される決まりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 黒であることを証明できないというのは 検察や警察のミスのような気がしてならないんですよね。

  • 回答No.1

メディアというのは往々にして視聴者が興味をもつように「おもしろく」報道します。 犯人じゃなかったよりも犯人だったほうが面白いですよね。 メディアにとって被疑者が犯人かどうかは大した問題ではありません。 犯人のような人がいればいいのです。 もちろんメディア以外にもそうなる要素はあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

メディアって本当に無責任ですよね。 政治がらみの報道なんか呆れるのを通り越して感心することもありますよ。

関連するQ&A

  • 不起訴に関して

    最近、検察が被疑者を不起訴にする際、不起訴の理由を明らかにしないケースが多いように思えます。 これでは被害者が納得しないでしょう。 理由を示さないのには、何か事情があるのでしょうか?

  • 傷害罪否認不起訴

    逮捕拘留され不起訴処分となりました 不起訴処分には種類があると聞いたのですが警察では教えてくれません 問い合わせは何処で出来るのでしょうか?また不起訴に対する不服申立ては被害者なら検察審査会と云う機関がある様ですが被疑者側が不服申立てをする事は無理なのでしょうか?

  • 弁護士の使命と正義について

    例えば殺人事件の裁判で、被疑者が殺人行為そのものを否定しているような場合、被疑者の無罪を立証しようとするのが弁護士の務めですよね。 しかし、裁判や調査の過程のなかで、弁護士本人も内心で、被疑者に対して(こいつは多分犯人だな)と思うようになったり、あるいはまだ誰も知らない有罪の証拠を見つけてしまうというようなことも有り得るかと思います。 そういう場合でも弁護士は自分の本心を偽って被疑者を弁護したり、殺人者の無罪を勝ち取ろうとするものなのでしょうか?それとも弁護人を降りるのですか?あるいは、自分から積極的に被疑者有罪の証拠を提出し、罪を認めてしまうとういうよなことは過去に例はないのでしょうか? 弁護士の使命と正義について教えて下さい。

  • 弁護士はどこまで深入りできるか?

    ひとつ前の質問者さまと似た内容ですが、次の1-3までのレベルで弁護士が法律に触れるのはどの段階ですか?あるいは、レベル3でも法律には触れないのでしょうか。弁護士の倫理観とか道徳観は別にして、あくまでも法律上の観点で教えてください。 (1)被疑者の話を聞いているうちに「有罪らしい」という感触を得たが、被疑者は「自分は無罪」と言う。そこで被疑者にとって不利にならないように弁護方針を組み立て無罪として弁護した。 (2)被疑者は弁護士だけには「私は有罪」と打ち明けたが、無罪として弁護してほしいと言う。そこで被疑者にとって被疑者にとって不利にならないように弁護方針を組み立て無罪として弁護した。 (3)被疑者は弁護士に「私は有罪」と打ち明け、さらに裁判でも有罪を認めたいという。しかし弁護士は無罪にできる自身があったので、被疑者に無罪を主張せよと言い含め、巧妙な弁護方針を組み立て無罪として弁護した。 以上において、もちろん証拠やアリバイの捏造はしません。また、裁判では無罪になったとします。

  • 強姦事件の起訴・不起訴の決め手は

    友人が、強姦被害に遭い、被害届を出し、現在被疑者は在宅での任意取調べを受けています。 最初は「指一本触れていない」と言っていたそうですが、その後「あれは被害者から誘ってきて、いやいや関係を持った。合意だった」に供述を変えたそうです。友人が提出した膣内容物や当時の衣服から被疑者の体液が出たのだろうと、友人は自身の弁護士から言われているそうです。 取調べが始まって2ヵ月が経ちますが、以前被疑者は否認をしており、しかも被害者が無理やり誘ったなどという、悪質な嘘をついています。 まもなく被疑者取調べが終わり、その後は第三者や補充捜査をするので、自白が得れない以上、送検にはまだ数ヶ月かかると言われているそうです。しかし必ず送検はするそうです。 送検できたとしても、「合意ではなかった」証拠が無い以上、検事は起訴・不起訴をどうやって決めるのでしょうか。 決め手は何になるのでしょうか? また、被疑者の悪質な嘘(被害者に無理やり誘われた)などは、何か別の罪に問うことは出来ないのでしょうか? 友人はきちんと起訴されるのか、また悪質な嘘をつかれたことに対して何か罪に問えないか疑問に思っているので、代わりに質問させていただきました。 ちなみに被疑者は被害者より年上で、肉体労働職なので、事務職の友人より体力はあると思います。その場合、「誘われたのでイヤイヤ応じた」なんて言い分が通るのでしょうか?(これが男女逆なら分かりますが。。。) 全ては担当検事次第だとは分かっていますが、弁護士からは刑事は難しいが、民事ならば慰謝料請求できるだろうと言われているそうです。(そもそも供述の変更があったことで、被疑者は嘘をつく人間だとして民事裁判は確実に出来るということで、既に手続きは始まっているようです)。 (1)起訴・不起訴の判断基準 (2)悪質な嘘の供述に対する刑罰の適応について みなさまのお知恵を拝借したくお願いいたします。

  • アメリカの陪審制では・・・?

    アメリカの陪審制では、殺人犯でも無罪の評決が下されたら、たとえ有罪の証拠があっても、無罪になるのでしょうか? 被害者が凶悪犯だった場合、陪審員たちも犯人を「賞賛する理由はあっても、問責する理由は無い」という流れになって、感情的に無罪の評決をが下されたら、たとえ検察側が有罪を立証できても、その犯人は無罪になるのでしょうか?

  • 不起訴処分は覆らないか(NGT48の暴行事件)

    NGT48の暴行事件で、犯人2人が不起訴処分になったと記事にあります。 しかし、これは、被害者が支配人の口車(ちゃんと内部処分するからなど)に乗せられて被害届を取り下げたためだった(支配人の詐欺的言辞により、被害者が誤解して被害届を取下げたのだろう)という記事も一部にあります。 このような場合でも、検察がいったん不起訴処分にしたものは、たとえ被害者が「あの被害届取下は支配人の詐欺的言辞によって誤解して行ったものなので、被害届取下は詐欺による取り消しをして、被害届を復活させますから、犯人を処罰してください」と検察に申し立てても、不起訴処分は覆ることはないのでしょうか?

  • 不起訴について

    先日に検察に出向き調書を確認した後に読み上げ検察官からのお叱りを受けた後に 【この件については不起訴とします。】 ・・・と検察官に言われました。 検察官と書記の方に挨拶し帰りましたが時間にして15分ほどでした。 (1)初めから不起訴と決まって呼んだんでしょうか?それとも私の反省の態度や調書に間違いないかを確認して不起訴としたのでしょうか? (2)検察官に不起訴と言われた後に今後はと聞きましたら 【これで終わりです】と言われました。 これで全て終わりですか?被害者の方が不起訴と聞いて納得しないとか、その他の確認で今後も検察に呼ばれる事はありますか?

  • 「刑法39条」と「裁判を受ける権利」

     私は精神科医(精神保健指定医)です。  皆さんご存じの通り、刑法39条第1項「心神喪失者の行為は、罰しない。」に基づき、精神分裂病の病気に基づく触法行為は起訴されません。(起訴されずに精神保健福祉法に基づく措置入院の必要があるか精神保健指定医2名の診察が行われます。)  ところが、最近、障害者団体などから、「精神障害者にも裁判を受ける権利がある。精神科医でなく、裁判長に裁かれたい。」という議論が出ております。    私は「裁判を受ける権利」とは、「裁判を受けることなく有罪とはされない権利」と解釈しています。  また、起訴するかどうかは、検事の裁量と考えています。  そこで、法律にお詳しい方にお尋ねします。 1.触法行為をした心神喪失者が起訴を望んでいる場合や、裁判を受ける権利を主張している場合、どう説明すべきものでしょうか? 2.起訴前簡易鑑定を翻して、下記のように検事が起訴・不起訴の決定をすることは現実にあるのでしょうか?  (1)心神喪失による責任無能力でなく、心神耗弱で限定責任能力あるいは完全責任能力を認める鑑定結果でも、検事の裁量で不起訴にする。  (2)逆に、簡易鑑定で心神喪失による責任無能力でも検察の裁量で起訴に踏み切る。 3.不起訴の場合、検察は被疑者に不起訴の通知をすることになっていると思いますが、不起訴理由を述べる義務はあるのでしょうか?実際に触法時心神喪失の被疑者が不起訴処分に関して「何で起訴してくれないんだ?」と質問した場合の検察側の対応はどうなってますでしょうか? 4.被疑者自身が不起訴処分不服の申し立てはできるのでしょうか? 5.裁判を受ける権利とは、「裁判を受けずに有罪となることのない権利」以外の意味はあるのでしょうか? 6.不起訴処分の被疑者が「裁判を受ける権利がある」というのは、法的にいかがなものでしょうか?  

  • 被害者不在の起訴は可能?

    なかなか疑問が解決できないので教えてください。 警察が被疑者(空き巣犯)を本人の自供と所持品(ぞう品)、被害者宅の窓の破壊状況などから緊急逮捕しました。その後、ど~しても被害者と連絡がとれません。被害者本人からの被害申告がとれない場合は、検察は被疑者を起訴できるのでしょうか?教えてください。