• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

敷地境界と建物の位置

お世話になります 第1種住宅専用地域です(1戸建 総2階 高さは6.5m程度) 法律(条例)では 境界と建物の距離は1m以上 北側距離は高さ5m以上の部分の勾配1.25の範囲以上 となっています 質問ですが この距離(1m)は建物の外壁からでしょうか それとも 屋根の先端からなのでしょうか (やねののきは75cmぐらい壁よりもつき出しています) また 北側斜線の部分では 境界と外壁の距離は2.3mぐらいあります これはどんな計算でこうなるのでしょうか? 宜しくお願い致します

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数885
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

まず、本件は「第一種低層住居専用地域」でしょ? ここは、住みよい住環境をつくるという定義から北側の敷地に対して日照条件を他の地域よりも良いものにしようとしたところです。 (1)境界と建物の距離が1mというのは、外壁面と敷地境界線までの寸法です。 (2)北側斜線の5m+1.25というのは、北側の「真北」方向からの斜線になります。 そのため、建物に対して「垂直な方向」で検討しません。 敷地境界線上の地面から上方へ5m上がったところから真南へ向かって「1mの距離で1.25m上方へ向かう斜線を引く」んですが、この斜線には屋根や軒、樋にその斜線を当てる訳にはいきません。 この(2)を踏まえて、 外壁が敷地境界線よりも「2.3mある」というのは、計算上でこの距離でないと軒先か雨樋が北側斜線にあたってしまうことを示唆していると推測できます。 例)柱芯から軒先まで75cm・・・ここから敷地境界線まで、1.55m(2.3m-0.75m) この軒先を北側斜線からかわすには、(距離から逆算) 1.55mx1.25+5m=6.9375m・・← この寸法でないと斜線にかかってしまうということ。 つまり、軒先の地盤面からの高さは6.9mくらいのところなんだと思います。 こんなんで、わかりますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 地鎮祭後の建物位置表示を示す紐

    先日地鎮祭が行われたのですが、前日まで解体作業があったせいか、地鎮祭の時には、建物位置を示す紐が張られていませんでした。 今日行ってみると紐が張られていたので位置を自分でメジャーで測ってみたら、かなりアバウトでした。 南側の境界は建物外壁から60cm、北側の境界は建物外壁から70cmで取り決めしたのですが、実際計ってみると・・・ 南側の境界は建物外壁から80cm、北側の境界は建物外壁から60cm くらいでした。 もしかしてこの位置で基礎を建てるんでしょうか?それともこの紐の配置は大体の位置を示す程度のアバウトなもので気にする必要はないんでしょうか?

  • 敷地と高低差のある道路との境界は、道路境界線?敷地境界線?

    購入検討の土地は、第2種中高層住居専用地域で、南側は9m道路、東側と西側は隣地境界です。北側は5.5m道路ですが、敷地より約5mの高さにあり直接その道路には出られません。この場合、北側は道路境界線になるのでしょうか、それとも敷地境界線なのでしょうか?特に何の規制もない地域なので道路境界線であれば敷地ギリギリまで建設可能だと思うのですが、敷地境界線となると外壁面までは50cm以上離さないといけないですね。また、道路境界線扱いだとしても、この道路が道路としての認可が降りる前(新規建設途中)は、やはり敷地境界線なのでしょうか?

  • ハウスメーカーの責任は?

    一種低層地域に新築中です。 土地は南道路、東隣も同様に建築中です。 西側と北側はすでに家があります。 契約前にHMに聞いていたのが 「隣家とはお互いに外壁から境界1m離さなければいけない」と いうことです。これがあるのでこの物件を購入したともいえます。 (隣家との距離が保ててプライバシー確保と圧迫感が無いことから) HMの言う通り、うちは東西、北それぞれ1m以上開けています。(外壁から境界まで) ちなみに、その地域は外壁後退は定められておらず。 ある日、東隣の基礎を見ると、西隣である我家との境界までの 距離が50cm程度というのに気づきました。 早速HMの担当者に問い合わせると「え・・」と驚いていましたが すぐに市役所に確認に行くとのこと。 結果は、東隣の外壁~境界まで50cmの距離はOKだそうです。 そもそも、外壁後退のない地域でなぜ1mの後退が必要とHMが 言っていたか?どうも北側斜線の関係のようで、建物が南北のライン上に 平行に建っていれば北側斜線は北を1m某か外壁後退すればクリアです。 我家は少し東に振ってあるみたいで・・・ というか、外壁後退50cmで建てる方法があるのなら それは提案してくるべきだと思うのですがいかがでしょうか? それが許されるのならばもっとゆとりのある間取りにしてもらって ました。これはHMの責任?なんらかの対処はしてもらえますか? よろしくご回答お願い致します。 ちなみに地域の他の家は1m空けている家が多いですが なかには50cm程度の家もあります。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

「この距離(1m)は建物の外壁からでしょうか」 この部分だけの回答です。 詳しく言うと外壁の仕上げから1Mです。これは壁が防火仕様であろうと何であろうと変わりません。 軒先からの距離ではない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.1

境界と外壁までの距離です、但し距離は1mとは決まっていません、条件により変わるからです、壁が耐火構造の物なら建築基準法の50Cmでも大丈夫ですが、耐火構造でないなら消防法の1m以上とな ります、また地方自治体によっては、別と建築基準法で決めている場合もあります。 http://www.odasetukei.com/houki1.html 無論屋根が境界を超える事は出来ません。 >北側距離は高さ5m以上の部分の勾配1.25の範囲以上 これは日照権の問題です。 >境界と外壁の距離は2.3mぐらいありますこれはどんな計算でこうなるのでしょうか? こればかりは設計した建築士に聞くしかありません、建坪なのか、容積率なのか、建蔽率なのか、部屋の間取りの関係か、その他資料がないので根拠は判りようも無いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 隣地境界線とバルコニーと目隠しについて

    家のことはド素人で一生懸命勉強していますが、本に出ていた項目でとても気になることを発見しました。 購入土地の隣地境界線から建物まではおよそ1.5M程度あいていますが、2Fのバルコニーが1Mでっぱっるので、隣地境界線から0.5Mほどしかあかないことになります。 バルコニーの前の家は南側になりまして(つまり当方の家が北側)、前の家の方が若干敷地高さが高いです。前の家の北側、つまり当方のバルコニーがある方の窓は1Fが格子状のサッシがされており、2Fはルーバー窓のようなものになっていて、計測していないので不明ですが、前の家も境界から1M離れていない気がしますが、1Fは1M弱で2Fは引っ込んでいるので1M以上ありそうです。 本当はもっと北側に家を寄せて南側を空けたいのですが敷地がなくその距離しかあけられません。この場合、当方の2Fバルコニーが境界よりも1Mを切っているので、目隠しをしなければならないのでしょうか。バルコニーの目隠しとはどのような方法があるのでしょうか。 それと、2Fには部屋が3部屋ありますが、部屋の窓までの距離は1M以上ありますが、問題になりそうなのは、1Mを切っているバルコニーだけという解釈でよろしいのでしょうか。 不動産やさんからは何の説明もなく設計が進んでいます。立てた後に、バルコニーに目隠しをしろと隣家から要求されてしまわないか不安です。 宜しくアドバイスの程お願い致します。

  • 境界から50cmルール問題について

    民法で規定された表記について、下記の場合はOKかどうか、念のため確認させてください。 ・東西に走る境界線がある。 ・この境界線の北側に、ある学校の建物がある。 ・この建物は、1Fが通路、2F/3Fが居室になっており、西面に大きなドアのついた出入口がある。  すなわち、西面に立ってこの建物を見ると、1Fは両端に強固な柱兼壁ブロックが立ち中は開口  でドアが付いており、2F/3Fは窓付きの居室となっている。 ・1Fにある壁兼壁ブロック外壁と境界線の距離は50cm、ただし2F/3Fは窓/壁全体が同一面に  あって30cm飛び出しとなっている。つまり、2F/3F外壁面と境界との距離は50-30=20cm。 上記は問題ありや否やを教えてください。

  • 北側斜線の解釈

    当方の南側隣接地は、10軒程の長屋形式で、更に盛り土しているため、平均地盤面が当方敷地より1m以上も高くなっています。 よって、境界敷地より5mという北側斜線の基準も、実際には、6m以上も高いところから勾配されており、当方敷地にはほとんど日が入らなくなりました。 更には、隣接住宅は、屋上に洗濯干し場があり、北側斜線を超えた高さのところに洗濯物を干しているため、ただでさえ日が入らなくなったのに、更に日が入らなくなっています。また、隣接住宅は長屋形式なので、屋上の隣との間仕切りは、北側斜線を大きく超えて突き出しています。 これらは、違法ではないでしょうか。どなたか、詳しい方教えてください。

  • 裏家の敷地内に境界があります。

    新築で家を建てました。 裏家の敷地とは1Mの段差がありこちらの方が低い位置に地面があります。 業者からは建物が出来て最後に境界にブロック塀をした際に境界のしるしを付けると言われていました。 完成して境界を確認するとこちらの敷地にあるブロック塀の向こうの裏家の敷地に境界のしるしがありました。 プロック塀から約4cm裏家の敷地に入った位置です。 裏家の建物の周りはコンクリになっていて、勿論こちらとは段差があります。 つまり裏家の敷地の一部を買った事になるのでしょうか? 土地代を計算すると約35000円位です。 はっきり言ってこの部分はいらないのですが・・・。 詳しい方教えて下さい。

  • 境界塀とその上の建築物について

    実家の隣に建設中の塀&建物についてご相談します。 業者が費用自分持ちで境界の塀を新しくしたいと言って来ました。理由は従来の万年塀よりブロック塀の方が強度が高いとのことで、特に塀が傷んでいたわけではありませんが了承しました。 後日、境界上に作るにもかかわらず、連絡なしでこちらの立会いもなしに工事を始めたので止めるよう言いましたが聞き入れませんでした。毎日見ていたわけではないので詳しい経緯はわかりませんが、かなり建物ができてからわかったのは、従来の塀は高さ約1.8mでしたが、新しいものは高さ約2mで、中心部は幅約3mの範囲でブロック2段分の上に境界ぴったりに隣家の外壁が乗って2階分の高さがあります。なおブロック2段分上のこちら側には、「とい」がつけられています。塀が途中(縦にも横にも)で隣の外壁になっているのは、こちらから見てかなり異様な印象です。いろいろ調べてわかったのは以下のとおりです。 1.建築許可は下りている(役所で確認済み) 2.当該地は都内郊外の低層1種および準防火地域。 3.民法では建物は境界から50cm以上離すことが求められる。 4.建築基準法では、防火および準防火地域では外壁が耐火構造建築物は境界ぴったりに建てられることが認められている。隣家の建物が該当しているかは不明。 5.周辺の環境は当家も含めて50cm以上離れている。 業者から境界線に接した建物が建つ説明は今まで一切無しで、従来の塀の除去から始まって、業者の思惑に高齢の両親がまんまとだまされたような悔しい気持ちです。こちらの希望は、塀は高さ一定の(普通の)形状のものにして、外壁を境界から50cm以上離してもらいたいのですが、可能でしょうか。物件は、建築業者が施工中で買い手は未定です。建築物がほぼ出来上がりつつあるので、最速手順を知りたいのです。以上よろしくお願いいたします。

  • 建物周囲に必要な平場の幅について

     当方、土木設計を生業としていますが、建築の方は少々疎いので、そちらを専門にされている方にお伺いします。  現在、設計を進めている道路で、縦横断計画をしているのですが、沿道にある建物の外壁と道路用地境界との離隔が30cmほどしかありません。そのような状況で、計画している道路の高さから標準的な両勾配で横断を設定すると、道路の端部で建物のGLと思われる高さから15~16cmほど段差がついてしまいます。(添付図参照 赤いラインが道路の計画横断)  このような場合本来であれば、建物のGLに合わせて道路の高さを設定すればよいのですが、その建物のはす向かいに新築の家屋があり、そちらの道路に面した駐車場(真新しいコンクリート舗装済み)の高さが低いため、計画する道路はそちらに合わせざるを得ません。  問題の建物は、平屋の店舗専用で、おそらく基礎形式は布基礎かと思います。現況は、道路面までアスファルトですりつけています。すり付け幅は約75cmで、道路用地にやや食い込んでいます。  このような場合、建物から30cm離れていれば、GLより多少下がっていても、基礎の根入れに問題はないのでしょうか? ある様であれば、道路の横断勾配を片勾配にするなどの対策が必要になるので、その当たりを含めた役所との協議が必要になります。  お詳しい方のご意見をお願いいたします。

  • 用途地域の勘違い?北側斜線 

     我が家(築1年)を設計時に設計士(1級建築士)が、屋根の形状が北側斜線という規制のため、屋根のデザインが(屋根の北側がカット・低くなる)希望どうりになりませんでした。その時は、その発言を信用していたので全く疑問に思いませんでした。  しかし、同じ開発内(同じ工務店施工)の同じ方向の隣り合う家は、北側斜線の規制がない(屋根の北側がカット・低くなる)家が建っています   疑問に思い、用途地域を調べてみると、    用途地域 第1種中高層住居専用地域  特別用途地区の指定 無し  その他地域・地区の指定による制限 高度地区 制限の内容 絶対高さ15メートル その他、特に制限は無し  第1種低層住居専用地域又は第2種低層住居専用地域に指定される制限 非該当 外壁の後退距離 無し    我が家の最高の高さ(屋根が)8,357から北側斜線(屋根の低い位置)6,405 に低く傾斜しています。 隣の家の屋根の高さもほぼ同じですし、北側ぎりぎりに家も建っています。しかし、我が家のような屋根の傾斜はありません。私の住んでいる市の第1種中高層住居専用地域では、境界線の高さ10メートルから北側斜線です。ですから我が家は北側斜線の規制は関係なく屋根が掛けれたのではないのでしょうか?    現在、工務店に問い合わせ中です。    もしこれが設計ミス(勘違い)であれば、どこまでの責任を取らせることができるのでしょうか?今から屋根を変更?屋根だけ建て替えなんてできるのでしょうか?    専門家の方アドバイス宜しくお願いします。

  • 建物の高さ 斜線制限について。

    設計図をもとにRC造の施工図を書いているんですが、 「外部の壁」をタイル割り、目地の断面欠損分などで、壁の中心線から外側に15~20mmフカス場合があります。 これによって道路境界線、隣地境界線からの建物の離れがフカシ分短くなってしまいます。 道路、隣地斜線制限は、建物から境界線までの離れによって緩和規制があるので、問題になってしまいませんか? (道路斜線制限でいえば、法56条2項のことです。説明下手ですいません。) あと外壁の仕上げが石張りだった場合など、さらに外壁が100くらい外側に出てしまいます。この場合も建物から境界線までの離れが短くなってしまいます。 フカシ、仕上げで「斜線制限」とは変ってしまうものなのでしょうか? 斜線制限ギリギリに建てている建物だと、フカスことによって違反建築物になってしまう場合はあるのでしょうか? 設計の先生に確認するのが1番だと思うのですが、最低限の知識を持ってから質問したいんです。 よろしくお願いします。 あと、施工図を書いていて外壁をフカス場合、「重くなるので構造的問題がある」以外で確認が必要になってくる法はあるのでしょうか? いろいろすいません、お願いします。

  • 建物表題登記の建物図面について

    建物表題登記を自分で行う予定です。 建物図面における建物から境界線までの距離について教えて下さい。 我が家は建物が敷地に対して平行に建っていません(敷地も変形)。したがって、外壁から境界線までの距離を測る場合、建物の角から境界杭まで測ろうとすると建物の外壁のラインの延長線上に杭がこないことになります。 このような場合、素直に建物の角からまっすぐ境界線まで測ればいいのでしょうか。 また、自分でメジャーで測ることになりますが、その程度の精度で問題ないのでしょうか。建物の評価額に大きく影響するものでしょうか。 (法務局で作成方法等は確認したのですが、上記のようなことは聞きづらくこちらを頼らせて頂きました。)

  • 登記の建物図 境界線からの距離は外壁?

    表示登記の図面作成中です。 建物図面の右側についてです。 設計事務所の資料では、敷地の境界線から建物の柱心?の距離は表示されています。(これで各階平面図は作成しました) ですが、この場合は境界線から外壁までの距離を記入するのでしょうか? 柱の厚み分数値で調整なんてダメですよね。。。 だとすると実際に自分で測るのは不可能でしょうか・・・? 教えてください。お願いします。

専門家に質問してみよう