• 締切済み
  • すぐに回答を!

用途地域の勘違い?北側斜線 

 我が家(築1年)を設計時に設計士(1級建築士)が、屋根の形状が北側斜線という規制のため、屋根のデザインが(屋根の北側がカット・低くなる)希望どうりになりませんでした。その時は、その発言を信用していたので全く疑問に思いませんでした。  しかし、同じ開発内(同じ工務店施工)の同じ方向の隣り合う家は、北側斜線の規制がない(屋根の北側がカット・低くなる)家が建っています   疑問に思い、用途地域を調べてみると、    用途地域 第1種中高層住居専用地域  特別用途地区の指定 無し  その他地域・地区の指定による制限 高度地区 制限の内容 絶対高さ15メートル その他、特に制限は無し  第1種低層住居専用地域又は第2種低層住居専用地域に指定される制限 非該当 外壁の後退距離 無し    我が家の最高の高さ(屋根が)8,357から北側斜線(屋根の低い位置)6,405 に低く傾斜しています。 隣の家の屋根の高さもほぼ同じですし、北側ぎりぎりに家も建っています。しかし、我が家のような屋根の傾斜はありません。私の住んでいる市の第1種中高層住居専用地域では、境界線の高さ10メートルから北側斜線です。ですから我が家は北側斜線の規制は関係なく屋根が掛けれたのではないのでしょうか?    現在、工務店に問い合わせ中です。    もしこれが設計ミス(勘違い)であれば、どこまでの責任を取らせることができるのでしょうか?今から屋根を変更?屋根だけ建て替えなんてできるのでしょうか?    専門家の方アドバイス宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1327
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4

>立面図には北側斜線という文字のみの記載だけで、勾配の記載は全くありません。 数値無記入のですね。 正本と確認したほうが良いでしょう。 相手は確認審査機関の建築主事です。 訴訟は事実関係をつかんだ後です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 北側斜線規制について

    北側斜線規制について教えてください。  用途地域   第一種住居地域  建坪率    60%  容積率    200%  建物の高さ制限  絶対高さ制限なし となってます。 うちの場合は、北側斜線規制になるのでしょうか?

  • 用途地域

    絶対高さ・道路斜線・北側斜線等々、用途地域によって色々変わってきますが、不動産の建築に関わる一覧表にたいなのはないですか? お願いします。

  • 用途地域をまたぐ場合について

    敷地が用途地域をまたぐ場合について困っています。 例えば敷地Aが第二種中高層住居専用地域、敷地Bが第二種低層住居専用地域であり、そこに建築をしようとする場合に面積が過半になっている方の用途制限を受けるのまでは分かります。 しかし、敷地Bは二種低層住居専用地域であり、商業施設の場合は150㎡しか建てられません。これは、一つの建築が敷地をまたいでいる場合は、はみ出した部分の建築面積が150㎡を超えてはいけないと言うことでしょうか。 長くなり誠に申し訳ありませんがよろしくお願いします。

  • 回答No.3

こんにちは。 建物配置や道路の位置が分からないので、なんともいえない所がありますが、北側に4m道路がもしあれば、道路斜線も考えられます。 道路の対側から1.25の勾配でかかります。??? 皆さんの話を総合的に考えてみると、その業者が低層と中高層を間違えていたのではないかと思いました。北側斜線もそこを間違えることで立上りの部分で5mも違ってきますから・・・ これだけ違ってくれば屋根カットもありえる話です。 あまり参考にならないかも知れませんが、率直な感想です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

斜線規制は北側斜線のみではなく、道路斜線、隣地斜線(これはたいがい関係しませんが)もありますが、それは大丈夫ですか。 参考URL貼っておきます。 外していたら聞き流してください。

参考URL:
http://www.sumu2.com/chishiki/law/law/07.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>第1種中高層住居専用地域では、境界線の高さ10メートルから北側斜線です。 言われるとおり、1種中高層は、立ち上がり10m+1.25勾配です。 >高度地区 制限の内容 絶対高さ15メートル  高度地区指定(15m)は、立ち上がり7m+0.6勾配? http://www.ads-network.co.jp/kiso/houki/05.htm どちらにしろ、確認申請の「副本」は? 副本記載の「用途}は? また、図面表示は? ・北側斜線、高度地区ともに立面図に記載あり。 不明であれば、明日にでもあなたの確認申請を確認した検査機関に問い合わせましょう。 ・確認番号と確認年月日で可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 早速の回答有難うございます。 確認申請の副本記載の用途は第1種中高層住居専用地域です。 立面図には北側斜線という文字のみの記載だけで、勾配の記載は全くありません。  ちなみにこの工務店とは契約時の仕様より実際の仕様を価格の低い物に勝手に変更するといった事やエセ技術論を唱えるといったトラブル(解決済み)があり全く信用できない工務店ですので、この北側斜線も施工費や材料費を安くするために行った行為だと思っています。

関連するQ&A

  • 用途地域を調べたい

    第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域など12種類に区分された、いわゆる「用途地域」に関してですが、 ある特定の地区がどんな用途地域に該当するかを調べるサイトなどはあるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 北側斜線制限について教えてください

    東西に伸びた境界線(道路ではない一本の線)の北側が低層住居専用地域で南側が中高層住居専用地域になっているとします。境界の南側の建築物の影は境界の北側に落ちます。この建築物に適用されるべき北側斜線制限は中高層住居専用地域のものなのでしょうか。それとも低層住居専用地域のものなのでしょうか?

  • 住居系用途地域での建築物

    住居系の用途地域の場合には、建築等の規制については、低層住専のみが別格であって、他の住居系用途地域は(乱暴な言い方ですが)用途規制の違いが中心であって、規模や高さ的には遜色のない建物を建てることが可能と考えてよいでしょうか?

  • 用途地域の規定について教えてください

    気に入った土地が見つかり購入しようか検討していますが、下記のことが気になっています。詳しい方教えてください。 その土地は東南8MT道路に接道しています。用途地域は第一種低層住居地域です。 そして、この物件の道を挟んで向かい側は第二種中高層住居地域です。 現在、向かい側の地域には2階建ての一戸建て住宅が建っていますが、その南側の地域に国道が通る予定になっているので、いずれ辺り一帯が買収されマンションなど高さのある建物が建てられる可能性もあります。そこで教えていただきたいのですが、もしそこに高層の建物を建てる場合、建築主は第二種中高層の規定に基づいて建てると思いますが、北側斜線の規定は一種低層地域の規定で建てもらえるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 用途地域を調べる方法

    こないだ友人が「用途地域」の話をしていました。 周辺環境で住んでいる地域の分類が分かると言っていましたが、 低層住宅専用地域、中高層住居専用地域…第1種、第2種のように 細かく分けられていることをはじめて知りました。 ただ、あまりにもカテゴリーが多いし、 漠然とした記載のため、自分の地域がどれに当たるのか 分かりません。 (ex 店舗併用住宅や小中学校はあるが、低層住宅中心の静か環境など) 役所や不動産屋に聞けば早いのかもしれませんが、 そういう情報を調べられるサイトなどありますでしょうか。

  • 用途地域の検索

    住所を入力すると、 そこの用途地域(ex,第1種低層住居専用地域・第2種住居地域・近隣商業地域…)が分かるサイトなんてないでしょうか? 特に知りたいのは、東京都の世田谷区・渋谷区・目黒区です。

  • 1つの土地が異なる用途地域にまたがる場合の日影規制について

    1つの土地が3つの用途地域にまたがっています。(用途地域が南北に分かれて、さらに北半分が東西に分かれている) A:土地全体の南半分は「近隣商業地域/80%・300%/第2種高度地区/日影制限4時間・2.5時間」 B:北半分の東側は「近隣商業地域/80%・300%/第3種高度地区/日影制限5時間・3時間」 C:北半分の西側は「第1種住居地域/60%・200%/第2種高度地区/日影制限4時間・2.5時間」 ABCとも日影測定面は4m。場所は東京都23区内です。角地なので、建蔽率10%増が可能とのことです。 質問1 南北が短く東西に長い土地なので、北側(B&C部分)だけに建物が建つようなことは考えられません。 この土地にマンションが建つとしたら、そのマンションの北側隣地への日影制限はどのようになるのでしょうか? 北側隣地も1つの土地がB・Cの2種にまたがっているマンションです。 質問2 北側隣地のマンションの西半分の部屋は第一種住居地域でも、南東側(上記B)からの日影を5時間受けたりするのでしょうか。 質問3 もし容積率をフルに使って3階建て(高さ10m未満)のマンションが建つとしたら、北側隣地のマンションとの 隙間はどの程度確保されるのでしょうか。 質問4 この場合、建つ建物が10m以上(日影規制あり)でも未満(日影規制なし)でも、北側隣地のマンションの4階以上の部屋であれば日影を5時間以上は受けない。と考えても大丈夫でしょうか?

  • 北側斜線について

    いつも参考にさせて頂いています。 第1種住居専用地域」です。南西の角地です。約120坪の土地の南側(80坪)に家を建てました。残った土地、北側(西に面した土地40坪)に将来、子供の家を建てる予定にしておりました。 最近、気がついたのですが、もし、将来、北側に家を建てた場合今建てた家の屋根が北側斜線を満たしておらず、南側の日当たりが悪くなります。建築会社は将来、家を建てる事を想定するはずなのに とおもうと腹立たしくなります。 又、売る場合どうなるのでしょうか?

  • 用途地域って?

    不動産関連です。 用途地域(商業地域・第一種低層住宅専用地域・etc…)についてですが 「○○区は商業地域、◇◇町は第一種低層住専地域、××は第二種住居…」 といった感じで、 各地域の用途地域はどうやって調べる事が出来ますか? 登記簿を閲覧するなどしないと無理ですか? 自治体のHPなどでは探せなかったんで。 (見逃しているだけかもしれませんが) ご存知でしたら教えて下さい。

  • 用途地域の第一種、二種

    用途地域の中には、第一種、二種の区別のあるものがありますが、これは用途のみの制限の違い であって、容積、ケンペイ、斜線制限等につては基本的に同じと考えてよいのでしょうか?