• ベストアンサー
  • 困ってます

隣家の北側斜線に疑問がある時

先月、分譲地に基礎着工をしました。 第一種低層住居専用地域で、北側斜線が設定されているため、 我が家も北側の屋根を低くして、部屋の角が欠けた感じに設計されています。 その少し前に、同じ分譲地内の南に隣接している家が上棟して、全貌が判るようになりました。 北に随分寄せた感じなのに(我が家との境界から1mも無い)周りの他の家のように、 北側の角が欠けた感じにもなっていないのもあってか、随分高い印象でした。 我が家の日当りが当初思っていたより悪くなりそうで、何か今からでも工夫出来ないか苦慮していたのですが、 何度か現地に赴いて、ふと南の家の西隣の家と比べると、 どう見ても我が家側(北側)の屋根の端の高さが西の家よりずっと高いように見えるのです。 敷地は西の家の方が少し高いのですが、それなのに屋根の端は南の家の方が高くなっています。 同じように北側斜線が設定されているなら、隣家とあまり屋根の高さが違うのはおかしく無いでしょうか? 北側斜線での屋根の高さが西隣の家くらいであれば、我が家の二階にもある程度日差しが期待出来るのですが (1階の日当りは厳しいと自覚しているので、ベランダの日当りが頼みの綱なのです) 今のままでは冬の時期の日差しが随分心細くなってしまうので、我が家にとってはかなりの問題です。 南の家は多分来月頃には完成するのではと思います(見た目はあとサイディングをすればほぼ完了な雰囲気) 勿論私の見間違え、勘違いという可能性もあります。 でも将来に渡って家に影響する問題のため、隣家がちゃんとした基準に従っているのかはっきりさせたいのですが 北側斜線がちゃんとされているか他人が確認する事は出来るのでしょうか? また仮にそれがおかしい場合、それを是正してもらう事は出来ますか? 役所とかに問い合わせるのでしょうか… 判りにくい説明で申し訳無いです、ご助言どうぞよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数6175
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

No.5様に同意です。 確認表示板や建築計画概要書からでは、北側斜線制限に現地が合致しているかどうかの情報は入手できません。 ましてや、一般の方が現地に入り込み、検尺ポールを使って樋先高さを測定することはできません。 管轄の行政の建築指導担当部局に電話で相談すれば、すぐに動いてくれるはずです。 別に、違反建築物の通報、といった意味では無く、単なる近隣住民の心配の相談でも大丈夫です。 現在は、確認処分は行政ではなく指定確認検査機関が行っている可能性が高いですが、どのような内容で確認が処分されているのか、現地は確認処分の内容の通りに施工されているかを確認・調査をして、相談者に回答をしてくれます。 ただ、建築主側のプライバシーの問題があり、調査内容の詳細な説明は無いでしょう。ただ、結果がOKかNGかの回答になると思います。 確認処分をした民間の指定確認検査機関は、違反建築の対応はしないので、行政に直接相談するのが一番の早道です。 ただ、ご相談の内容からして、仮に違反が無ければ、天空率を使って北側斜線制限をクリアーしている可能性が高いですね。 この場合は、現地を目で見ただけではわかりません。確認申請の設計図書を見なければわからないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうごあいました。 行政の問い合わせについて、詳しく説明頂き大変参考になりました。 天空率を使っているにしても、ちゃんと基準に即していてNGでない結果であればとむしろ思います(別に隣家に住む方に恨みがあるわけでは無いので…) 一番知りたかった事を説明頂いたので、こちらともうひと方を良回答とつけさせて頂きますが 他の皆様のご意見もみんなつけさせて頂きたい位、参考になりました。 みなさま真摯にアドバイス頂き本当にありがとうございました。 この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

関連するQ&A

  • 北側斜線の規制の緩和について疑問がある時

    以前、当時建設中の南の家の屋根が高くて北側斜線を考慮すると おかしいのでは、というような案件で相談させて頂きました。 そのときは、「天空率」を使っているのではないかというのと、 役所に適正か確認出来るというご助言を頂きました。 その節はありがとうございました。 南の家の件につきましては、 役所に確認をした所、「天空率」の所にチェックが入っているというような返答で 土地の西側を少しあけて家を建てていて、 午後になるとそこからそれなりに日照を得られるので それで制限を緩和出来たのであろうと推測して、納得致しました。 そして先日、その左隣(我が家の南東)に家がたち始めました。 出来れば北側斜線に準拠した…と望んでいましたが、 こちらも屋根の高さが南の家と同じ位でした。 ですがこちらの家は、南のお宅と違い、 北東西にギリギリ(境界から1m以内と思われる)に基礎があり、 北側の屋根の一部を低くするような造作にもなっていません。 私の中では以前相談した時に調べた限りで、北側に面する部分の一部に空き地を設けたり、屋根を低くする等して部分の北側への日照を多めに確保する事によって、北側斜線の規制の緩和を受けられる、と認識していたのですが 件の家は、そのような処置をしているように見えず、私の認識が当てはまりません。 他にも緩和が認められる方法があるのでしょうか。 役所への確認で天空率を許可した根拠となる、 規制の緩和の事由についても教えてもらえるものでしょうか。 若しくは建設会社に、図面を見せて頂くとか屋根の高さについて伺っても良いものでしょうか。 せっかく得た筈の私の認識が間違っているなら正して、 前のお宅と同じように納得が出来れば良いのです。 上棟しても施工主も工務店も挨拶に来ないので、 ついでに聞いてみるという手も使いかねています。 ご助言をお願い致します。

  • 北側斜線について

    いつも参考にさせて頂いています。 第1種住居専用地域」です。南西の角地です。約120坪の土地の南側(80坪)に家を建てました。残った土地、北側(西に面した土地40坪)に将来、子供の家を建てる予定にしておりました。 最近、気がついたのですが、もし、将来、北側に家を建てた場合今建てた家の屋根が北側斜線を満たしておらず、南側の日当たりが悪くなります。建築会社は将来、家を建てる事を想定するはずなのに とおもうと腹立たしくなります。 又、売る場合どうなるのでしょうか?

  • 用途地域の勘違い?北側斜線 

     我が家(築1年)を設計時に設計士(1級建築士)が、屋根の形状が北側斜線という規制のため、屋根のデザインが(屋根の北側がカット・低くなる)希望どうりになりませんでした。その時は、その発言を信用していたので全く疑問に思いませんでした。  しかし、同じ開発内(同じ工務店施工)の同じ方向の隣り合う家は、北側斜線の規制がない(屋根の北側がカット・低くなる)家が建っています   疑問に思い、用途地域を調べてみると、    用途地域 第1種中高層住居専用地域  特別用途地区の指定 無し  その他地域・地区の指定による制限 高度地区 制限の内容 絶対高さ15メートル その他、特に制限は無し  第1種低層住居専用地域又は第2種低層住居専用地域に指定される制限 非該当 外壁の後退距離 無し    我が家の最高の高さ(屋根が)8,357から北側斜線(屋根の低い位置)6,405 に低く傾斜しています。 隣の家の屋根の高さもほぼ同じですし、北側ぎりぎりに家も建っています。しかし、我が家のような屋根の傾斜はありません。私の住んでいる市の第1種中高層住居専用地域では、境界線の高さ10メートルから北側斜線です。ですから我が家は北側斜線の規制は関係なく屋根が掛けれたのではないのでしょうか?    現在、工務店に問い合わせ中です。    もしこれが設計ミス(勘違い)であれば、どこまでの責任を取らせることができるのでしょうか?今から屋根を変更?屋根だけ建て替えなんてできるのでしょうか?    専門家の方アドバイス宜しくお願いします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
noname#102385
noname#102385

今晩わ!cyoi-obakaです。 約半年ぶりの参加です。チョット白い建物に出戻っていました。 このサイトも、随分様変わりしてしまいましたね! さて、ご質問の北側斜線の件ですが、No.3とNo.6さんが回答なさっている『天空率』による斜線緩和だと推測します。 天空率を行うと、道路斜線、隣地斜線、そして北側斜線が緩和されます。 質問者さんは、新築中との事ですから、貴方の家を設計した設計士に『天空率』についての質問をしてみると良いでしょうネ! 詳しく教えてくれると思いますヨ! どうしても納得出来ない様でしたら、管轄の役所(特定行政庁)に問い合わせれば、即決で回答が得られるはずです。 通常、民間確認検査機関での確認申請でも、特定行政庁には「建築計画概要書」の写しが届けられています。 「建築計画概要書」第2面の13項ホ欄に『北側高さ制限不適用』の前に■表示があれば、天空率を行っているという事に成ります。 上記の建築計画概要書第2面は、確認申請書第3面と同様の記述がされています。 あなたの建物の確認申請書(副本)第3面を見ると、度の様に記載されているか判りますヨ!(但し、あなたの建物についてですがネ) 以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 ここで相談した後に、天空率についてもネットで少し調べましたが 素人が見ただけでは判断出来なそうな計算に基づいているみたいですね。 採用されている建物はある程度複雑な形をしているという印象を受けました。 今回のお宅は、北面一杯に家の敷地を取っていて、全体の形も単純な箱に屋根、のような感じです。 北面壁も凹凸の無い平面で、屋根も当然北面一杯にせりだしています。 なのであまりこういう方法まで使って設計したようには見えないのですが…

  • 回答No.5
  • nobugs
  • ベストアンサー率31% (1061/3349)

建築現場に、建築確認機関が表示されていれば、そこで概要書を閲覧するのもいいのですが、一番手っ取り早いのは、役所の違反担当へ通報することです。 地域を所轄する建築主事のいる役所には、建築監視員がいて、違反建築の取り締まりを行っています。 人が住んでしまうと、行政代執行も難しくなるので、できるだけ早く通報しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 役所に違反担当の部署があるのですね、 やっぱり人が住んでしまうと難しそうですね… 何とか早々に問い合わせようと思います。

  • 回答No.4
  • kdjkdl
  • ベストアンサー率46% (13/28)

突っ込んだ方が良さそうですね。 この隣家は完了検査を受けずに住み着いちゃうつもりかもしれません。 全く馬鹿げた事ですが完了検査を受けなくとも何にもしない行政は多いと思います、確認申請よりよっぽど重要なのに、全く・・・。 ちなみに拙宅(居候ですが)の増築では完了検査を受けていませんが何ら指導はありません、数年前に一度だけ葉書が来ましたか。(人の事言えませんか・・・) 仏壇置場がちょびっと広くなった為に計画変更確認申請の提出が必要になったのですがなんだかんだあって(はっきり言って親子喧嘩)ほっぽらかしておいたのです。 他では・・・私の勤める事務所で一度だけ完了検査が通らずもほったらかしにしていた事があります。 手摺の付け方に難癖を付けられたのですがその指摘があまりにも細かいのに頭に来ましてね、こちらは民間の確認機関です。 半年後に葉書が来たので事務所の格を落とすのも馬鹿らしいとDIYで是正して写真提出で検査済証は貰いましたが。 そんな怠慢な行政を知る地元業者であれば違反の確率は上がるでしょう、怖いですね。 さて、どうやって調べるかですが。 他の方も書いていますが、どこの審査機関に出したかをまず探る必要があるのでは?。 その方法としては確認表示板を見るのが手っ取り早いですが今はもう外しているかもしれません。 その場合市役所など管轄の建築指導課あたりで「建築計画概要書」の閲覧をして下さい、住所と建て主と築年度が分かれば探せます。 そこに提出した確認機関の名が書かれているはずです。 次にその確認機関に問い合わせてみる。 どこまで動いてくれるか分かりませんがとにかく怪しいから調べてくれと頼む。 動きが鈍ければ建築士会辺りからその機関に働きかけてもらう。 地元の建築士会はHPで探せます、「○県建築士会」で検索。 思い付きですが一応書いてみました、尚、建築士会はまともな陳情であれば大抵動いてくれるはずです、うちんとこはそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 まさに危惧しているのが、完了検査を受けずに行ってしまうという可能性です。 その工務店さんの印象が良く無いのもあるのですが(土地を売って頂く時の事や噂等…あまりモラルが高くない所があるようなのです) まさかと思うけど、やりかねないとも思っていて だから疑ったままでいるよりはっきりさせたいなと。 今時はより規制も厳しくなっているとは思いますが、万が一の可能性もありますよね。 経験談とても参考になりました、ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • fujillin
  • ベストアンサー率61% (1594/2576)

法規上の高さの規制は(隣地などの場合)その建物の地盤面からの高さが対象となります。 それなので、建物によって地盤の高さは異なる可能性はありますが、もしも全体的にほぼ平坦なのであれば、それほどの差はないはずです。基礎の高さなどの差は関係なく全て高さに算入されることになります。 #1様もご回答のように、確認申請がおりているならその辺のチェックはされているはずですので、合法であると想像されますが、そのようなことの起こる可能性を考えてみると…(すぐに、思いつくものだけですが) (1)質問者様も指摘なさっているように、西隣の家は斜線ぎりぎりで   はなく、南の家はぎりぎりになっている。 (2)南の家は地盤面を上げる工夫をしている。(地盤面は実質的な   地盤の高さなので、盛土などによって地盤面をあげることが必要) (3)質問者様の敷地(南の家からみると北側隣地)が1m以上高く、   南の家は高低差がある場合の緩和を利用している。西隣の家は   利用していないか、北側の敷地とそれだけの高低差がない。 (4)南の家は北側斜線よりも高いが、天空率などにより同程度以上の   採光、通風等が確保できることを確認しているので、北側斜線が   適用されない。(基準法の北側斜線のみ。都市計画法の高度   斜線は適用される。) 多分、(4)あたりではないかと思いますが… >盛り土等で敷地が高くなっている時は、屋根が高くなっても許され >る、という事でしょうか? 結果的にはそうなります。 もちろん「盛土をすれば高くしても良い」という主旨ではありませんが、いろいろ高低差があるような階段状地などの場合、一律に適用すると不具合が生じたりするので、建物の高さはその建物の地盤面から測定するというのが原則になっています。 これを逆手にとると、地盤面を上げれば(=盛土等をすれば)高さも高くできることにはなりますが、地盤ごとあがっているだけなのでその建物にとって必ずしもメリットになるとは限りません。(道路斜線はもとのままですし、アプローチが難しくなったり工事費が上がったりする。) また、1m以上(地域によって違いますが)の盛土をする場合は、開発指導要綱の対象となるなどで、かえっていろいろな制限が出てくる場合もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくアドバイスをありがとうございました。 ちゃんと建築確認を受けたはずですし、その条件を尊守しているならば、仕方無いと思っています。 西家を見て、北側斜線や日当りのイメージをしていたので、思っていたよりも…な状態を目の当たりにして、 このまま釈然としないまま行ってしまってよいのか?疑問に思い、ちゃんとしているか確認出来ればと、相談させて頂きました。 とりあえず役所に相談すれば良いのでしょうか… 以下、補足です。 1)については、西家と、その北の家(我が家の直ぐとなり)は、うちの分譲とは違う業者建て売りで、 より北の家に配慮した作りにした可能性はあるのかなと思っています。 2)は見た感じそのような事はしていません。 3)は我が家の方が南家より低い位置ですので(なので余計に日当りに影響が…)緩和はありません。 4)は専門的なので、見た目では判らなそうですよね… 比較的傾斜のゆるく見える寄棟?の、どの方角にも同程度に傾斜している屋根です。 もしも西家の斜線がぎりぎりならば、同程度に北への採光等が配慮されているようには見えないのですが…

  • 回答No.2
  • kdjkdl
  • ベストアンサー率46% (13/28)

単純な発想で恐縮ですが。 まず設計監理者がそこそこ名の知れた事務所であれば出鱈目は無いでしょう。 HMにしても然り。(道路際など見易い所に掲げてある「確認表示板」でご確認を) 建築士の倫理云々を論じる前にとにかく怖くて出来ませんよ、ばれたら厳罰(前科)に加え取り壊しが命ぜられます。 建築中ですから今なら役所もちゃんと動きますよ、住んじゃうと動けなくなっちゃいますが。 胡散臭い自転車操業の地場工務店なんかですともしかすると?・・・も、有り得るんでしょうが経験上新築でこの手の違反の確率は極めて低いと思われます。 ・・・絶対無いとは言い切れませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 建築確認をとっているのだから、本来は違反は無いはずと思っているのですが… どちらにしても確認するなら、やはり今のうちですよね。 ちなみにこの分譲地は地場工務店さんの建築条件付きだったのですが あまりその工務店さんの評判が芳しく無く、家を建てるのをお願いするのがどうしても嫌だったので、 暫く様子を見て土地の販売状況があまり進んでいないようだったので、条件を外して頂いたいきさつがあります… そして南の家はその工務店さんが建てています。

  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

建築確認申請している建物なら、盛土による設計GLの設定高さにより可能となっている場合があります。 隣家の建築確認済表示板の確認をする。 隣家の設計GLの設定高さの確認をする。 隣家敷地の高さ及び前面道路の高さが建築確認申請通りだとすれば問題無い事となります。 上記事項で問題がある時は、最寄りの建築確認審査機関へ問い合わせが必要となります。 建築確認審査機関とは、都道府県の出先機関の土木事務所建築住宅課 や人口30万以上の政令指定都市の市役所建築住宅課です。 建築確認済表示板の民間の建築確認審査機関である場合は、民間の建築確認審査機関となります。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 専門用語が多くちゃんと理解出来なかったのですが、 盛り土等で敷地が高くなっている時は、屋根が高くなっても許される、という事でしょうか? 以下、補足になりますが、 一応、周りはゆるく傾斜がある程度でほぼ平坦な地域で ぱっと見判らない程度に多少の高低差はありますが、 分譲地で綺麗に境界がひかれているので、どちらが高い位置かは判ります。 南家とその西家の土地はほぼ同じ位の高さですが、基礎のコンクリートの位置を見る限りやや西家の方が高い、という感じでした。 なので、北側斜線が設定されているならば、南家の屋根は西家より低くなるはずだと思うのですが実際は違って見えます。 勿論、西家があえて屋根をひくくしている可能性もありますが、 北側は勾配天井になっていて、北側斜線の影響でやっているように見えるのです。 設計GL等、初めて知った言葉も多いので、次に様子を見に行く時に、隣家の表示板の確認をしてみます。

関連するQ&A

  • 北側斜線と太陽光発電の質問です

    北側斜線と太陽光発電の件です 教えてください。 2Fの家が第一種中高層住居専用地域にあり、真南道路ですが、敷地が傾いているため、家と太陽光の乗る切妻屋根は南東を向いています。 南西(西)の土地はまだ更地ですが、いずれ家が建つと思います。 そこで我が家と同等の2F以上の建物が南西に建った場合の質問ですが、 (1)北側斜線は主張できるのでしょうか? (2)(1)主張するものなのか、勝手に考慮して建ててくれるのか? (3)3Fなどの建物が建った場合、太陽光に影ででき、午後から発電しなくなると思われますが、なにか対抗できるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 北側斜線規制の緩和規定について

    北側斜線規制について詳しい方、ご教授ください。 ひな壇の土地(南向き)に、現在戸建を新築しようと計画中です。 設計図を確認したところ、北側斜線規制を避けるため、隣地境界から1m20cm離され、屋根の一部がカットされておりました。 ですが、北側の土地は法面となっており、1m30cm程度敷地が高くなっております。 その場合、北側斜線規制が15cm程度緩和され、屋根のカットは特に必要ではなくなるのではないかと思うのです。 余分な費用をかけたくないということもありますが、お隣さんになる方とも仲良くしたいため、心中で「屋根のカットをしてまで北側ぎりぎりに寄せて・・・」と思われたくないという理由もあります。 気にしすぎなら良いのですが。 境界から十分離して建てればよいとも思うのですが、主人は反対しています。 どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

  • 北側の隣家との間に壁を立てる場合の高さについて

    第一種低層住居専用地域の一戸建てに住んでいる者です。 北側の隣家(性格に言うと裏の家)との間に壁を立てる場合、 最高でどれくらいの高さの壁が建てられるでしょうか? 隣家が先に家を建てて住んでおり、 我が家は4年ほど前に新築した新参者なのですが、 年中犬が吠えている上に、おそらく精神障害者と思われる娘さん (もう大人です)が2階のベランダからずっとこちらを見ていて、 独りでベラベラしゃべっており気味が悪いのです。 北側なので窓は最小限に抑えてあるのですが、 台所のドア上部の2センチくらいの隙間からふと見上げると じっと私を見ていたこともあり、仰天しました。 今まで我慢してきたのですが、先日心ないことを言われ、 そろそろ限界がきたようです…。 我が家を全く見えなくしてしまいたい!と思い始めました…。 ちなみに今は壁はなく、隣家の生垣で区切られています。 境界線ぎりぎりのところに壁を立てるとしたら、 どれくらいの高さまで立てることができるでしょうか? まだ「思いつき」の段階なのですが、ご回答いただけると嬉しいです。 よろしくお願い致します。

  • 北側斜線制限、けた落ちについて

    いつもお世話になっております! この度注文住宅をつくるにあたり、重説で北側斜線や、隣地斜線について、説明はされました。 しかし、説明を聞いたところで、わからない部分もありますので このときは、我が家をたてるにあたり、このことでなにか制限はありますか?とおたづねしたところ、 宅建主任者に今回はありませんと言われました。 しかし、先日、間取り決めの打ち合わせで 初めて一級建築士さんとあったときに、 市の条例で、我が家の北西側のおうちが、 北側にあたるので、二階の天井が桁落ちしますという説明になりました(-_-;) え?聞いてませんけど。。。 一番低いところで170センチメートルで、 主人の身長よりも低いわけです! 他の部分は240から250の天井になると聞いていたのに! 今まででモデル間取りプランの設計図にも 桁落ちのことは記入がなく、一方で、 我が家の南西に位置するおうちのモデル間取りプランには、我が家がそのおうちから見たら 北~北東になるので、隣接面は桁落ち表示があるんです! そのお家の北西側にはけた落ち表示はありません。 つまりは、売り主も北西側が北に該当するという認識がなかったのでは!?と思ってみたり。 こういった場合、重説にはんこを押している以上、こちらが悪くなりますか?? 今まで桁落ちについて一言も言われてはなく、 重要説明では、たしかに、北側斜線制限ありと なっていますが、 そのことで、北西がわに隣接する家との境界側の2階天井部分が桁落ちすることは、 説明されてなく、むしろ、その点を重要説明事項の時に言わなくてはならないのでは?! と思うのです!!! 値段やオプション交渉しようと思うのですが アドバイスがあれば、よろしくお願いします。

  • 北側の我が家

    我が家の南側に最近3階建てが建ち北側斜線規制で2mあけておられるのですが、そこにカーポートの屋根を取りつけられ、ただでさえ暗くなったのにますます暗くなりました。後付けの屋根の場合こちらの日照権の侵害にはあたらないのでしょうか?

  • 隣家と少し離れている場合の窓はクリアでも良い?

    今度、新築の家を建てる予定の者です。 今、設計士さんと打ち合わせの最中なのですが、窓を透明にするか曇りガラスにするかで迷っています。 分譲地なのですが、田舎のため各敷地が150坪と広く、我が家は南西の角に位置します。私は周りの家に悪い印象を与えたくないので、東側と北側の窓は小さくするか曇りガラスにするのがいいかと思ったのですが、洋風の家と間取りの関係から、設計士さんにクリアな窓の方がいいと言われています。 隣家との距離があるので大丈夫とも言われましたが、どうでしょうか。気にしないでよいのでしょうか。ちなみに、分譲地では我が家が最初に建てることになりそうで、周りは誰が住むかもまだわかっていません。 カーテンで工夫するなどすれば、近所づきあいには影響出ませんか?その場合、どんなカーテンがよいのでしょうか。

  • 建築中のマイホームに対して北側隣家よりクレーム

    あと1ヶ月半くらいでマイホームが完成しますが、住宅メーカーに北側隣家より日当たりが悪くなったとクレームがきました。設計士が話し合いにいくと、屋根を切って欲しいとのこと。もちろん、合法の建築ですが、ロフト部分があるため、通常の2階建てよりは高くなってしまっています。屋根を切ったところで日当たりはさほど変わらないのですが、近所づきあいも大切にしたいと思っていたので、どうしたらいいのか困っています。近日中にそのお宅に自分たちで話し合いにいこうと思っていますが、分譲された土地はすべて50坪で第1種居住地域です。 宜しくおねがいします。

  • 隣家の屋根の雪が落ちてきます。

     建売の新築に引っ越してもうすぐ一年になります。  先週と今回の雪で、隣家の屋根から我が家の敷地に雪がドサドサ落ちてきます。隣家はすぐ南側の家で、築何年か分かりませんが30年は経っているであろう結構古いお宅です。隣家の屋根は敷地のほぼギリギリまで出ている感じです。隣家の北側の屋根から落ちてくる雪のほとんどが、我が家の敷地に落ちています。 雪がおちるたびに、ドサッという音と振動が伝わってきます。  今では、一番高く積もったところでは、我が家の床よりも高くなってしまっています。  テラス屋根を敷地ギリギリに設置して、隣家からの雪を防ごうとも思いましたが、そうすると本来我が家に落ちてくる雪も、隣家に落ちてしまうことを考えると、それもどうかなーと思っています。  正直、雪止めをするとか何らかの対策を取っていただきたいのですが、お隣さんということもあり、なんとなく言い出しにくいです。ただ、このままでは危険ですので、伝えた方がいいのでしょうけど、どのように伝えたらよいのか考えてしまっている状態です。  どなたか、同じような経験をされた方や法律に詳しい方がいらっしゃいましたら、よりよい方法を教えていただけると有り難いです。  今現在も、隣家の屋根からドサドサ雪が落ちてきています。

  • 囲まれた土地での日当りの確保

     現在、検討している土地があります。 分譲地の突き当たりです。 分譲地の道幅は5メートルで、そこに2・5メートル接しているのです。 ですのでほぼ全方向囲まれています。 西隣は平屋で、北側は歩道を挟んで家が建っています。  35坪ほどの土地で2階建てを計画しています。 カーテンや窓をあければ隣家の壁という状態はしかたがないとして、 日当りは設計しだいで確保できると思いますか?

  • 北側斜線 ハウスメーカーの責任について

    何時も参考にさせて頂いています。以前、質問させて頂いたのですが、少し説明不足でしたので再度お願いいたします。  築1年です。第一種低層住宅専用地域です。40坪の敷地の家の玄関(西向き)が都市計画にかかり(5坪)南側の隣りの敷地80坪に新築しました。(以前、母が住んでいました。私が相続しております。以前は敷地分割をしておりました。 両方の土地の面積は横23.5m西 奥行16.5m南です。南西の角地です。  *最近、解ったのですが新築の家が北の敷地(前の家)に向かって切り妻の屋根です。前の家の敷地横9m 奥行16.5mです。  *北側斜線を考慮していない事になります。(残地に対して)  *以前の家は新築後、解体しました。今は更地です。  *解体後の敷地は有効に使う(売却か、子供が新築する)ハウスメーカーも充分承知していた。  *残地(前の家の敷地)を有効の使う為、新築の図面を南側に寄せた。  *今日、ハウスメーカーの建築士が合法的に分割できる土地の図面を持ってきましたが、切り妻の屋根の為、分割できる土地はかなり変形です。有効に分割できません。今頃、いっても遅い、何故図面の段階でいわなかったのか?と疑問です。  以上の場合、HMに資産価値が下がって有効に土地を使えないのでうったえる事は出来るでしょうか?  よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう