• 締切済み
  • すぐに回答を!

ハウスメーカーの責任は?

一種低層地域に新築中です。 土地は南道路、東隣も同様に建築中です。 西側と北側はすでに家があります。 契約前にHMに聞いていたのが 「隣家とはお互いに外壁から境界1m離さなければいけない」と いうことです。これがあるのでこの物件を購入したともいえます。 (隣家との距離が保ててプライバシー確保と圧迫感が無いことから) HMの言う通り、うちは東西、北それぞれ1m以上開けています。(外壁から境界まで) ちなみに、その地域は外壁後退は定められておらず。 ある日、東隣の基礎を見ると、西隣である我家との境界までの 距離が50cm程度というのに気づきました。 早速HMの担当者に問い合わせると「え・・」と驚いていましたが すぐに市役所に確認に行くとのこと。 結果は、東隣の外壁~境界まで50cmの距離はOKだそうです。 そもそも、外壁後退のない地域でなぜ1mの後退が必要とHMが 言っていたか?どうも北側斜線の関係のようで、建物が南北のライン上に 平行に建っていれば北側斜線は北を1m某か外壁後退すればクリアです。 我家は少し東に振ってあるみたいで・・・ というか、外壁後退50cmで建てる方法があるのなら それは提案してくるべきだと思うのですがいかがでしょうか? それが許されるのならばもっとゆとりのある間取りにしてもらって ました。これはHMの責任?なんらかの対処はしてもらえますか? よろしくご回答お願い致します。 ちなみに地域の他の家は1m空けている家が多いですが なかには50cm程度の家もあります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数261
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4

当方、法律に関しても不動産業務に関しても素人ですので念のため。 民法二百三十四条から二百三十六条が参考になるかと思います。 第二百三十四条 建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。 2 前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。 第二百三十五条 境界線から一メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。 2 前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する。 第二百三十六条 前二条の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。 乱暴に言うと 「境界から50cmは建物を建ててはいけない」 「境界から1m以内の窓には目隠しをしなければならない」 「ただし法律よりも地域の慣習が優先する。」 となっています。 234条と235条のHMさんの勘違いではないでしょうか。 ここで問題なのは236条です。 >ちなみに地域の他の家は1m空けている家が多いですが >なかには50cm程度の家もあります。 ですので、grann78さんの地域で「境界から1m離して建物を建てなければならない」という慣習があるかどうかでしょうか。 私は素人なのでその確認方法は知りませんが、慣習の存在が確認できて隣家に主張できるものであれば、grann78さんの納得できる結果となる可能性があるのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 1m話して建築してもらえるのがベストなんですがね・・・ どうも難しそうな状況です。 そこらへん、市の建築指導課が指示するのですよね。 一度話を聞いてみたいです。

関連するQ&A

  • 購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上

    購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上 新築予定で土地を探している者です。最近、非常に気に入った土地を見つけました。ところが、1つ気になることがあり相談します。 土地は更地で、長く駐車場として貸されていたようです。持主は少し遠くに住んでおられ、実際にこの土地に居住したことはないそうです。数年前に隣家が家を建てたようですが、隣家との境界線上にある低いブロック塀の一部が数メートル取り崩され、その部分には隣家の外壁が境界線上まで来ています。つまり、民法234条では隣地境界線から50cm離して家を建てるように規定されていると思うのですが、50cmどころか0mmです。隣家はこちらの土地に入らなければ外壁のメンテナンスすらできないということです。 持主はこの土地に居住していなかったため、売りに出すまでこの事実を知らなかったようで、もちろん承認もしていないそうです。それでも「完成まで異議申し立てをしなかった」ということで黙認=承認したということになってしまうのでしょうか? 周辺の家を見てみても、このように敷地ギリギリに建てている家などありませんので、この地域の慣例と言うわけでもなさそうです。 第2種住居地域ですから、おそらく防災・準防災地域ということもありません(これは不動産業者に調査依頼中)。 比較的、間口が狭くて奥行きのある土地なので、もしこの土地に家を建てるとすると、隣家との間にこちらが随分後退して家を建てる必要があり、間取りも制限されてしまいます。 まだ私が購入している訳ではありませんが、もし購入して住むとなるとずっとモヤモヤした気持ちを隣家に対してずっと抱き続けることになるのかと思うと気が重いです。 また、私は実際にその隣家の住人と接したことはありませんが、「自分の家さえ良ければ隣が迷惑しようが知ったこっちゃない。気付かれる前にさっさとギリギリまで建ててしまえ!!」とばかりにこのような暴挙(?)をやってのける住人が隣に住んでいるというのもリスクが高いと考えたほうがよいのでしょうか? 御回答宜しくお願いいたします。

  • 敷地境界と建物の位置

    お世話になります 第1種住宅専用地域です(1戸建 総2階 高さは6.5m程度) 法律(条例)では 境界と建物の距離は1m以上 北側距離は高さ5m以上の部分の勾配1.25の範囲以上 となっています 質問ですが この距離(1m)は建物の外壁からでしょうか それとも 屋根の先端からなのでしょうか (やねののきは75cmぐらい壁よりもつき出しています) また 北側斜線の部分では 境界と外壁の距離は2.3mぐらいあります これはどんな計算でこうなるのでしょうか? 宜しくお願い致します

  • お隣さんのガス給湯器と植物

    新築をします。隣のお宅も去年建ったばかりなんですが壁面後退が必要ない土地なので境界から50cmくらいのところから家が建ってます。さらにガス給湯器がついてて、湯気?がパーっとでてるので、我が家が建ったらその湯気は外壁に直撃しそうです。植物もこれまたギリギリに植え始めたので我が家がフェンスなど作るときに根っこを切ってしまいそうです。我が家は1mほど境界から離すつもりなんですが、特に対策とかいらないでしょうか?必要な場合、対策方法がわかる方がみえましたら教えてください!

  • 回答No.3
noname#96097
noname#96097

恐らく外壁後退1mの一種低層建築が続いていたのでしょう。 が、本当に凡ミスですか?。 北側斜線を優先した、間口よりも斜線によるイレギュラープランを嫌った、なんて事は「絶対」無いですか。 離れ50cmですと単純に真北からの斜線を落とせばその部分(厳しい所)の高さは5.6m程度まで制限されます。 1階の間口は広がっても2階の一部は引っ込む事になる。 建蔽率含め問題が多いとの判断から練られた計画であった可能性は・・・・ ・・・・・やっぱり無いのですかね、「え・・」って驚いた位ですから。 ただ営業担当の「え・・」と設計者の「え・・」は全然違うものとなる訳ですが、それも確認済みですね。? この失態に関してHMは何と言ってますか、確認のすれ違いでありミスは無いと言い切ってる。? 一応確認させて頂きたいと思いまして。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 教えていただいたこと、HMに 確認してみます。上に書いたように 未だ詳細説明は受けていない状況です。 また宜しくお願い致します。

  • 回答No.2

>これはHMの責任? 内容によって責任の所在が変ります。 ギリギリまで近付けて設計してください!と意思表示しましたか? その上で必要離隔距離を勘違いして設計したのでしたら設計者の責任。 土地をご購入される際に重要事項の説明がなされたと思います。 書面が交付されていると思いますのでご覧下さい。 その時に基準法の制限に関する項目で、 壁面後退の有無について書かれていませんか? その時に虚偽の説明を受けていたのでしたら取引主任者の責任。 土地の条件や、貴方の意図を設計者に伝えましたか? 伝えてなければ貴方にも責任の一環があるとも言えます。 >なんらかの対処はしてもらえますか? どの様にされたいのでしょうか? 建物を解体してやり直し →責任の所在と費用分担を双方で話し合う事になります。 金銭等で補填 →貴方の損害額を請求してください。 金額が妥当かどうか双方で話し合うことになります。 取り合えず間違いに至った流れをご自分で把握しておいて、 建築紛争処理関連機関へご相談される事をお勧めいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 間違いに至った流れを把握することが大事ですね。 事前に知恵をお借りしてHMと面談しようと思っていました。 週末に説明を受けてきます。

  • 回答No.1
  • 2009ken
  • ベストアンサー率21% (769/3579)

うーん、確認不足は否めませんが、結論としてはあなたの感情処理でしょうか。その50cmの差で、どんないいことがあるのかということです。そのへんに大きな影響がないなら、悩むだけ時間の無駄のような気もします。そもそも、あまり隣接させれば、いろんな問題が発生しやすくなりますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 実は我が家の敷地はさほど広いものではなく 外壁後退1mでは間取りは窮屈なものになるのです。 ですので50cmでいいのならば、東西合わせて1m広く 間取りを取れたので間口が半間広い建物にできたのです。 (間口3間の家なので半間広くできたら・・・というのは大きいです)

関連するQ&A

  • 隣家からどれぐらい離して建築すべきか

    この度、2世帯で3階建ての重量鉄骨を建てようと考えています。 近隣商業地域で、準防火区域です。 あるHMからは、隣家から50cm離したプラン、設計事務所からは35cm離したプランを提示されました。 50cmが理想とは思いますが、敷地が狭いのと隣家が境界いっぱいに建っているので35cmでも良いと考えています。 将来的、外壁のメンテナンス等を行う場合、どれくらい離れていたほうが良いでしょうか? よろしくお願いします。

  • バルコニーから隣が見える時の目隠しの必要性は?

    このたび、新築の家が完成に伴い隣家(東隣)との目隠しについて必要かどうかを教えてください。 というのも、東側にある玄関のポーチが1段(60cm)地面から高く、そこに立つと、東隣が設置した塀の上から庭が見える事に対して、「やんわり」と目隠しをしてほしいような事と言われたからです。(この部分は目隠しをします。) 家自体は、南側が道路で、西、北、東が隣家です。 (1)新築の家のバルコニーが、その「やんわり」と目隠しを依頼された玄関の上にあります。玄関以上に隣家の庭が見えます(もしかするとリビングがみえるかもしれません)この部分だけ、本来1m境界からあけなければならないところと、緩和を利用して50cm程度になっています。 物理的にも目隠しは難しいような気がするのですが。。。 バルコニー自体は、1m位の高さの壁で囲まれています。 (完成していますが、今のところ特に何も言われていません) (2)この後、駐車場も南側に新たに作ります。 その駐車場は、屋根の上がルーフバルコニーになっているのですが、そのバルコニーからも隣家(東隣)の庭が見えます。(もしかすると、リビングも見えるかも知れません) 隣家の境界からルーフバルコニーは、3m弱離れています。 これは、最悪ルーフバルコニーの東側のフェンスを向こうが見えないものにしようかとも思っているのですが、せいぜい高さ1mが限度です。 この2つの場合、法的に目隠しが必要なのか?1m程度でクリアできるのか?を教えていただけないでしょうか? 2階くらいの高さからでは、2m位の塀を作ったとしても隣の家や、庭が見えるてしまうと思うのですが対応しないと行けないのでしょうか? まぁ、東隣の住民とは今後とも、特に付き合わなくて良いんですが。。。 そうそう、今回の件も東隣の住民が気になると言っているだけで、見たとか、覗いたとかいう事実はありません。

  • 用途地域の勘違い?北側斜線 

     我が家(築1年)を設計時に設計士(1級建築士)が、屋根の形状が北側斜線という規制のため、屋根のデザインが(屋根の北側がカット・低くなる)希望どうりになりませんでした。その時は、その発言を信用していたので全く疑問に思いませんでした。  しかし、同じ開発内(同じ工務店施工)の同じ方向の隣り合う家は、北側斜線の規制がない(屋根の北側がカット・低くなる)家が建っています   疑問に思い、用途地域を調べてみると、    用途地域 第1種中高層住居専用地域  特別用途地区の指定 無し  その他地域・地区の指定による制限 高度地区 制限の内容 絶対高さ15メートル その他、特に制限は無し  第1種低層住居専用地域又は第2種低層住居専用地域に指定される制限 非該当 外壁の後退距離 無し    我が家の最高の高さ(屋根が)8,357から北側斜線(屋根の低い位置)6,405 に低く傾斜しています。 隣の家の屋根の高さもほぼ同じですし、北側ぎりぎりに家も建っています。しかし、我が家のような屋根の傾斜はありません。私の住んでいる市の第1種中高層住居専用地域では、境界線の高さ10メートルから北側斜線です。ですから我が家は北側斜線の規制は関係なく屋根が掛けれたのではないのでしょうか?    現在、工務店に問い合わせ中です。    もしこれが設計ミス(勘違い)であれば、どこまでの責任を取らせることができるのでしょうか?今から屋根を変更?屋根だけ建て替えなんてできるのでしょうか?    専門家の方アドバイス宜しくお願いします。

  • 高さの計測方法

    北側斜線制限などを参考にさせて頂きましたが、隣家(3階程度)の高さを知る簡単な方法はありませんでしょうか。建築基準法の式には隣家の境界線までの距離(2m位)×1.5(近隣商業地域)+10Mとなり=13Mとなりました。これでよいでしょうか? また高さを計算する簡単なソフトなどありましたらよろしくお願いします。

  • 外壁後退距離の緩和について

    現在第一種低層地域の土地で新築のプランを検討しています 外壁後退距離の緩和の計算をしたいのですが、検討している土地が少し複雑な形状をしているため、計算の考え方があっているか、ご教示頂きたい次第です(ネットで調べてみましたが、同じような土地の形での計算については見当たりませんでした) 検討している土地は後退距離1mの地域です。 添付図の実線:土地の境界線、破線:外壁後退の境界線、青線:家の外形ラインとした場合、緩和の計算はa+b<3mとなると考えているのですが、あっているでしょうか? 宜しくお願い致します

  • 隣地境界に設置する目隠しフェンスについて

    北側の家との敷地境界に目隠しフェンスを設置したいと思っています。 こちら側の出入り口が北側にあり、出入りのたびに視線が気になります。 いろいろあって隣家とは上手くいっていません。 北側の敷地はコンクリート擁壁でこちらの敷地より約1mほど高くなっています。 低くなっているこちら側の敷地に目隠しフェンスを設置しようと思うのですが よく言われている2メートルですと隣地敷地からは1mほどしか出ないのでほとんど意味がありません。 あと50センチほど高いと・・・合計で2m50cm位だと目隠しの意味があるのですが・・・。 やはり問題があるでしょうか?

  • 隣家の北側斜線に疑問がある時

    先月、分譲地に基礎着工をしました。 第一種低層住居専用地域で、北側斜線が設定されているため、 我が家も北側の屋根を低くして、部屋の角が欠けた感じに設計されています。 その少し前に、同じ分譲地内の南に隣接している家が上棟して、全貌が判るようになりました。 北に随分寄せた感じなのに(我が家との境界から1mも無い)周りの他の家のように、 北側の角が欠けた感じにもなっていないのもあってか、随分高い印象でした。 我が家の日当りが当初思っていたより悪くなりそうで、何か今からでも工夫出来ないか苦慮していたのですが、 何度か現地に赴いて、ふと南の家の西隣の家と比べると、 どう見ても我が家側(北側)の屋根の端の高さが西の家よりずっと高いように見えるのです。 敷地は西の家の方が少し高いのですが、それなのに屋根の端は南の家の方が高くなっています。 同じように北側斜線が設定されているなら、隣家とあまり屋根の高さが違うのはおかしく無いでしょうか? 北側斜線での屋根の高さが西隣の家くらいであれば、我が家の二階にもある程度日差しが期待出来るのですが (1階の日当りは厳しいと自覚しているので、ベランダの日当りが頼みの綱なのです) 今のままでは冬の時期の日差しが随分心細くなってしまうので、我が家にとってはかなりの問題です。 南の家は多分来月頃には完成するのではと思います(見た目はあとサイディングをすればほぼ完了な雰囲気) 勿論私の見間違え、勘違いという可能性もあります。 でも将来に渡って家に影響する問題のため、隣家がちゃんとした基準に従っているのかはっきりさせたいのですが 北側斜線がちゃんとされているか他人が確認する事は出来るのでしょうか? また仮にそれがおかしい場合、それを是正してもらう事は出来ますか? 役所とかに問い合わせるのでしょうか… 判りにくい説明で申し訳無いです、ご助言どうぞよろしくお願い致します。

  • リフォームについて教えてください。

    リフォームについて教えてください。 現在、建物の外壁が隣地境界線上にあり、素人判断ですが隣地から50センチでも後退させてリフォームすると改修費用は高くなってしまいますでしょうか?(後退させたい外壁側には2階への階段、トイレ、洗面、浴室など水周りが集中しています。) また、2種中高層で準防火地域の場合、隣地境界線上にある外壁を耐火構造にして外壁を後退させず、そのままリフォームは可能でしょうか?できればリフォームは2階建てを3階建てにしたいと思っております。日影のこともあるので南側に6畳1つくらい追加したいのですが可能でしょうか?(2階は6畳2つです。南-北の2階の建物長さバルコニー含めて8メートルくらいです。北側の境界線からは1階は1メートル、2階は2メートルくらいは後退していると思います。 また、現在、ユニットバスなのですがリフォームして浴室位置を変える場合、今使っているユニットバスをそのまま使えないでしょうか?

  • 第一種低層住居専用地域の後退距離について

    初めまして、宜しくお願いします。今回第一種低層住居専用地域へ義父が家を建てる事となったのですが、外壁の後退距離として1m必要だと市から指導が有りました。 ただその土地には元々前の土地所有者の車庫(35m2程)が境界線に沿って30cm程度しか離れず建っています。38年程前に建てられた様ですが。 これは問題無いのでしょうか。問題ある場合取り壊さなくてはならないのでしょうか。問題無ければ使いたいそうなのですが。 宜しくお願いします。

  • !!隣人とのトラブル発生

    毎度お世話になります。 先日、上棟が無事過ぎましたが、想像以上の建物の高さだったようで、隣家から外壁(北面・裏)の色を暗いものから、白などに変更して欲しい旨を相談され、さらにHMへも電話で相談したようです。(日照権などの事も)長い付き合いになりますし、相手の心情も分かり、また北面は正直あまり気にしていないので、譲歩して変更するつもりで、変更に当たっては今後一切、意義申し立てない旨の念書の取り交わしをしようと考えています。質問は ●法律的な事柄と、それに対しどれ程譲歩しているのか を簡潔にどのように回答するのが良いでしょうか? ●念書の書き方はどのようにすべきでしょうか? よろしくお願いします。 ■用途地域:第1種住居 防火指定:なし ■建蔽率45%<60% 容積率81%<200% ■北垂れの丘陵地で、当方が真南。隣地との段差50cm ■隣地境界線より、柱芯で1m ■屋根形状 真中1/3を南北に切妻(4寸勾配)東側・西側の1/3づつを片流れ(5寸中心に向かって) はからずも、真中1/3がへこんだ形状となり北側斜線も問題ない形状(隣家の2Fベランダにしっかり日が当たる)。 ■真中のGLからの高さ8.1m、片流れの最大屋根高さ8.9m ■北面のサイディング張りわけ;現状東1/3 白、西2/3グレー →東2/3 白、西1/3グレー(隣家の南玄関の正面が白に変更)

専門家に質問してみよう