-PR-
解決済み

TS-690Sの28MHz帯送信改造について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.81426
  • 閲覧数2562
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 55% (65/117)

ケンウッド製アマチュア無線トランシーバー、TS-690Sの28MHz帯の最大出力を50Wから100Wに改造する方法がありましたら、教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 83% (1169/1405)

以下はCQ ham radio1992年1月号(279ページ)に紹介されている記事です(「HF機の28MHz帯100W改造法」)。文章を読む限りはメーカからの発表と推測されます。なお「改造を前提とした設計になっていないので決して簡単ではない」と注釈があります。

お尋ねのTS-690Sですが

(1)上下ケースを外す
(2)全面パネルの上側面ビス2本を取り、下側面ビス2本をゆるめる
(3)前面パネルを手前側に倒す
(4)ディジタルユニット右側隅下のD21番にスイッチングダイオード(1S1555など)を差し込みハンダ付けする。

その付近のパターンは以下のようになっています。
→はダイオードの記号、◎は端子と孔のつもりです。
(ダイオードは記号がパターンに印刷されているだけで、部品としては基板上に存在しません)

D23◎→◎
D22◎→◎
D21◎→◎
D20◎→◎

と並んでいます。
この中のD21にのみダイオードの記号に従ってダイオードを挿入し、両側の端子をハンダ付けするように指示されています。

改造ですので申し上げるまでもないことですが、ご自身のリスクでお願いいたします。
お礼コメント
tanupon323

お礼率 55% (65/117)

 回答ありがとうございます。様子を見てやってみようと思います。
投稿日時 - 2001-05-27 13:49:08
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ