• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

配偶者控除

いきさつ 妻は配偶者控除の範囲でパート収入を得てるはずだった。 年末調整でも超えるつもりはなかったので、そのように申告。 年明け、妻に金一封があって103万8千円になり配偶者控除の範囲をオーバー 生命保険に入っているので確定申告。所得税は0になった。 市民税の決定通知を見ると、配偶者控除がなくなっていて、去年の収入より少ないのに市民税は3万増えている。 妻の市民税もオーバーした分の税金がかかる。 って感じですが、 問い合わせたら配偶者控除を配偶者特別控除に切り替える申告をしなくてはいけなかったそうです。 で、質問ですが 生命保険分で確定申告をしても市民税のときの収入は103万8千円のままで税金がかかるもの? 生命保険分で確定申告をして所得税が0になっても配偶者控除にはもどらない? このようなギリギリの場合、年末調整で配偶者特別控除の申請をしておいたほうがいい? いかがでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1041
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#212174

長いですがよろしければご覧ください。 (※不明な点はお知らせください。) >生命保険分で確定申告をしても市民税のときの収入は103万8千円のままで税金がかかるもの? 「確定申告」は、「所得税(国税)の過不足の精算手続き」なので、「個人住民税(地方税)」とは【無関係】です。 『No.2020 確定申告 』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm >>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。 市民税(と道府県民税を合わせた「個人住民税」)は、「給与支払報告書」など、または「所得税の確定申告のデータ」を元に、市町村が「一から」計算します。 『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08 (多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』 http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html 計算方法は、「所得税」とほとんど同じですが、もちろん「同じ」ではありません。 ごくざっくり説明しますと、以下のようになります。(収入が「給与収入」のみの場合) ・給与支払金額-給与所得控除=【給与所得の金額】   ↓ ・給与所得の金額-所得控除の額の合計額=課税される所得金額   ↓ ・課税される所得金額×10%=個人住民税の「所得割」額 ※「所得控除」の金額は、【所得税と違う】ものがあります。 ※「所得割」と「均等割」を合わせて「個人住民税」です。 ※「税率」「均等割額」は自治体により違う場合もあります。 『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm 『所得税と住民税の所得控除額の違い』 http://www.sumida-tax.jp/article/13857930.html 『所得税・住民税簡易計算機>地域別の住民税均等割・所得割一覧』 http://www.zeikin5.com/info/flat/ >生命保険分で確定申告をして所得税が0になっても配偶者控除にはもどらない? はい、「所得控除の額」で変わるのは「課税される所得金額」で、「年間の合計所得金額(一年間の儲けの金額)」は変わりません。 『No.1191 配偶者控除』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm 『No.1195 配偶者特別控除』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm >このようなギリギリの場合、年末調整で配偶者特別控除の申請をしておいたほうがいい? 「12月31日時点」の「(配偶者の)年間の合計所得金額」が「未確定」ならば、「配偶者控除」も「配偶者【特別】控除」も勤務先では申告せずに、「所得税の確定申告」で「還付」を受けたほうが良いでしょう。 あるいは、「多分このくらいだろう」という「見積り」で申告しておいて、年明けに、勤務先で「年末調整のやり直し」をしてもらうかどちらかになります。 ***** (参考1.) 「源泉所得税が【不足する】」場合は、勤務先の会社は、【1月31日を過ぎても】「年末調整のやり直し」をして、徴収した所得税を国に納める義務があります。 たいていは、従業員自身が「所得税の確定申告」で不足する所得税を納めれば「おとがめなし」ですが、本来はそういう決まりになっています。 『No.2671 年末調整の後に扶養親族等が異動したとき』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2671.htm >>…なお、【徴収不足税額がある場合】の年末調整のやり直しについては、その異動があった年の【翌年の1月末日以降であっても】行う必要があります。 もちろん、多く徴収している場合は、国は何も言いません。 また、納税者(従業員)自身が、【会社に何も言わず】「還付のための確定申告」を行なって「還付」を受けてもまったく問題ありません。 『No.2030 還付申告』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm ***** (参考2.) 「個人住民税」には、【所得税にはない】「非課税限度額(非課税の基準)」というものがあって、「【税法上の】扶養親族の数」などによって「非課税」になる基準が決まっています。 『彦根市|住民税の非課税基準』 http://www.city.hikone.shiga.jp/somubu/zeimu/shiminzei/juminzei_zeitoha_mi.html#3 ※「B.均等割の非課税基準」は市町村によって違います。(最低額が31万5千円、35万円の市町村があります。) ※「収入が給与のみ」の場合は、「給与支払金額100万円」までは「所得割」が非課税で、「給与支払金額93万円・96万5千円・100万円」までは「均等割」も非課税になります。 ※いずれにしましても、税金が収入を上回ることはないので、無理に収入を抑える必要はありません。 ただし、「自分の会社では、【税法上の】控除対象配偶者だけに家族手当を支給する決まりになっている」というような、「個人の事情」によっては、その限りではありません。 『「家族手当」とは、どういう意味ですか?』 http://employment.en-japan.com/qa_1094_1010/ ***** (その他参考URL) (一宮市の案内)『所得金額とは』 http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html 『所得税の「基礎控除」とは』(更新日:2010年09月06日) http://allabout.co.jp/gm/gc/252921/ --- 『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm 『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm --- 『国税庁>簡易な質問や相談の窓口』 http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm 『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15) http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html 『税務署が親切』(2007/03/11) http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html 『ご意見・ご要望に対する取組(平成25年1月現在)』 http://www.nta.go.jp/kohyo/kocho/keijiban/01.htm --- 『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』 http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html --- 『住民税とは?住民税の基本を知ろう』(更新日:2013年05月13日) http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/ ※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します。 ※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

くわしく解説いただきありがとうございます。 所得税と市民税が別の計算で行われてるとは思いませんでした。 区役所に聞いたらいまからでも配偶者特別控除をつけて計算し直しをしてくれるそうですが、六月分の給与から高いままの税金で引かれてしまいますよね。あとで調整がはいるんでしょうかね。 無知だったのは私だけなのかな。知らずに市民税を払ってる人はいないんでしょうか…。 今回は高校の助成金の申請があって、去年より収入が減っているのに所得割額が多く、助成金の額も年間10万以上違ってくるので気づきましたが恐ろしいです…。 今回の場合、妻の合計所得金額が103万を越えたことがわかったときに、会社で年末調整のやり直しをしてもらうのがいちばん楽な方法でしょうかね?

関連するQ&A

  • 配偶者控除について

     一昨年、妻が約85万円の利益を株式で上げました。妻は、源泉徴収ありの特定口座だったので確定申告せず、私は配偶者控除を申請し、確定申告しました。もし、妻が一昨年の分の確定申告をして、基礎控除分の還付を受け取った場合、私の一昨年の確定申告の配偶者控除は、どうなりますか?税務署から訂正の連絡が来ますか?教えててください。よろしくお願いします。  ちなみに妻の所得はそれ以外にないので、85万-38万=47万円が所得になります。配偶者控除は38万までなので、配偶者特別控除になるようです。

  • 配偶者控除について

    以前の質問等を見てみましたが、配偶者特別控除のものと混ざりよく分からなかったので質問させていただきます。 配偶者特別控除が無くなり配偶者控除のみになったとのことですが、 私の収入が計算間違いで103万850円になってしまっています。 前年度も収入があったにもかかわらず(100万円超えていません)配偶者控除の申請を主人の会社にしませんでしたが、 今年はやはり申請をしたほうが良いのでしょうか? またこれによって税金はいくらぐらい増えるのでしょうか? あと確定申告はしなくてはならないのでしょうか? 頭がこんがらがり調べてみてもよく分からない状態です。

  • 配偶者控除について

    いろいろ見たのですがよく分からないので質問します。 扶養手続きをし、年末調整にて配偶者控除 を受けようかと思っていますが、 以下について教えてください。 (1)今年の収入はバイト等(3企業)で約100万円あり、 失業手当の給付が約30万円あります。 この場合失業手当は収入として計算しなくて いいんですよね? (2)医療費控除&生命保険&損害保険は確定申告で 申告してもいいんですよね? (3)今まで国民保険を支払っていましたが、 それも配偶者控除に何か関係あるのでしょうか? 無知で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#212174

Q_A_…です。 ベストアンサーに選んでいただきありがとうございます。 少々気なる点がありましたので、回答を追加して頂きました。 >妻の合計所得金額が103万を越えたことがわかったとき という部分をスルーしてしまいましたが、「税金の制度」では、「収入」と「所得」は、【まったく違う】ものなので注意が必要です。 (一宮市の案内)『所得金額とは』 http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html --- >源泉徴収票では控除されてて、市民税納税通知書では控除がなかったことで疑問になった… とのことですので、その点について補足です。 「給与所得の源泉徴収票」は、「税務署」には「一定の条件を満たす」給与所得者の分しか提出されません。 しかし、市町村には、原則、「すべての受給者(従業員)」の「給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書)」が提出されます。 つまり、市町村では、「夫婦」や「親子」などの「所得の状況」が比較可能なため、「人的控除」の誤りが発見されることがあります。 市町村によって違いますが、「住民税の算定」が一段落した6月以降に、「人的控除の申告間違い(あるいは不正な申告)」のチェックを行なうことが多いです。 申告に誤りがあると、所轄の税務署にも情報が提供されますから、「税務署」が「要確認」と判断すれば、「源泉徴収義務者」である「給与の支払者(≒会社)」に照会があります。 (参考) (所沢市の場合)『給与支払報告書の提出について(会社の経理担当の方へ)』 http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/tetuduki/zeikin/shiminzei/kojinshiminzei/qhouteisyutsu/index.html 『人的控除の概要(所得税)』 http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/045.htm 『扶養控除の否認』 http://masasan.blog69.fc2.com/blog-entry-122.html (支払者向けパンフレット)『[PDF【9.43MB】]\事業主のみなさん/個人住民税は特別徴収で納めましょう(総務省・全国地方税務協議会)』 http://www.zenzeikyo.jp/ippan/koho/kobetu_koho/tokubetuchousyu/pdf/tokubetu_panf_all.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ、補足いただきありがとうございます。 これだけ詳しく回答いただけるとは思ってませんでした。 いまいち把握できてませんけど、リンク先を見て勉強してみます。 周りの人に話をしても市民税の金額をしっかり見てる人は皆無でした。 コワイですね…。

  • 回答No.3
noname#212174

Q_A_…です。 お礼いただきありがとうございます。 >…六月分の給与から高いままの税金で引かれてしまいますよね。 「配偶者【特別】控除」が適用されていなければそうなります。 >あとで調整がはいるんでしょうかね。 はい、「徴収済みの個人住民税」を考慮して「算定のやり直し」が行なわれます。 勤務先には、「算定し直した税額」が改めて通知されます。 >…知らずに市民税を払ってる人はいないんでしょうか…。 【一定の条件を満たす】「給与所得者」は、「申告の義務」を免除されますので、「納税手続きが楽」ということと引き換えに「税務申告に疎くなってしまう」=「気付かず損をする可能性が高くなる」とは言えると思います。 『No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm (多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』 http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html >今回の場合、妻の合計所得金額が103万を越えたことがわかったときに、会社で年末調整のやり直しをしてもらうのがいちばん楽な方法でしょうかね? 「楽かどうか?」で判断するとそうなります。 ちなみに、【今回は】、「配偶者控除」から「配偶者【特別】控除」に変えて「年末調整」をやり直しても、【税額が変わらない】=【追加で徴収する所得税が無い】ですが、【不足する】場合は、前述のとおり、「やり直さなければならない」ことになっています。 『No.2671 年末調整の後に扶養親族等が異動したとき』 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2671.htm >>…【徴収不足税額がある場合】の年末調整のやり直しについては、その異動があった年の【翌年の1月末日以降であっても】行う必要があります。 ※特に指摘がありませんが、「所得税」は「配偶者控除」が適用されているのですよね? ※不明な点はお知らせください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。 「所得税」は「配偶者控除」を受けてます。 源泉徴収票では控除されてて、市民税納税通知書では控除がなかったことで疑問になったんです。勝手に妻が離婚届でもだしたん?とかバカなこと考えたりして(笑) 難しいですね、税のこと。所得税はわりとあちこちで見つけられるけど、市民税のほうは見つけることができませんでした。 今年はたぶん配偶者特別控除のほうになると思うので迷うこともないと思いますが…。

  • 回答No.1

>年末調整でも超えるつもりはなかったので、そのように… 年末調整は、実際には年末にならないうちに行うので、そういうことも起こりえます。 >問い合わせたら配偶者控除を配偶者特別控除に切り替える申告を… 結果として年末調整が間違っていた場合は、1月中に会社で再年末調整 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2671.htm をしてもらうか、3/15 までに自分で確定申告 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm をしなければいけません。 3/15 までにしなかったのなら、今から期限後申告 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm をどうぞ。 >生命保険分で確定申告をしても市民税のときの収入は103万8千円のままで税金がかかるもの?… 誰の、何の税金が? 103万8千円は「所得」388,000円に換算されます。 【給与所得】 税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm ・あなた自身の所得税・・・配偶者控除 38万が配偶者特別控除 38万に変わるだけで、納税額に変化なし。 でも確定申告は必要。 ・あなた自身の住民税・・・配偶者控除 33万が配偶者特別控除 33万に変わるだけで、納税額に変化なし。 ・妻の住民税・・・お書きの情報だけで確実な判断できませんが、少なくとも「均等割」は発生します。 「所得割」もいくらか発生する可能性はあります。 (某市の例) http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan >生命保険分で確定申告をして所得税が0になっても配偶者控除にはもどらない… 扶養控除や配偶者控除の判定材料となる「合計所得金額」とは、各種の「所得控除」 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm を適用する前の数字です。 「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm 38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm >このようなギリギリの場合、年末調整で配偶者特別控除の申請をしておいたほうがいい… どっちでも良いですけど、とにかく結果として間違った場合は、再年末調整または確定申告を怠らなければ問題ありません。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。越えたとわかったときあれこれと調べたつもりでいましたが、全くわかってなかったってことですね…ガックリ

関連するQ&A

  • 18年度の配偶者控除は受けられるでしょうか?

    2カ所から給与所得を受けてパートをしているのですが、このままシフト通りに働くと103万を1250円オーバーしてしまいます。生命保険料を支払っていますので、年末調整には5万円申告してあります。 この場合、所得から生命保険料も控除され、所得税、住民税、配偶者控除をうけられるのでしょうか?それとも103万未満に抑えたほうがよいのでしょうか?配偶者控除や配偶者特別控除も変わるようですが、それにつても教えてください。よろしくお願いします。

  • 配偶者控除について

    夫婦とも配当所得のみです。 配当は年ごとに変わるのですが、確定申告をするとして 今年は夫を妻の配偶者控除を申請し、 来年は妻を夫の配偶者控除を申請するということは可能ですか? (つまり収入の多いほうを扶養者とするということです)

  • 配偶者控除

    以下のような状況での確定申告で配偶者控除について教えてください。 譲渡所得があり、合計所得金額が1000万円を超えましたが、その場合老年者控除と配偶者特別控除が受けられないと税務署発行の「譲渡所得の申告のしかた(記載例)」の8ページに書いてあります。 しかし、38万の配偶者控除については何も言及ありません。しかし、14ページの記載例には配偶者控除が 書かれていません。一体どちらが正しいのでしょうか。

  • 実は配偶者控除の対象外だった場合

    昨年前半に結婚しました。妻は結婚前に仕事をやめ、その後専業主婦なので、会社には「妻の見込み年収ゼロ」と申告し、配偶者控除を得ていました。 ところが最近判明し、またよくよく考えてわかったのですが、 妻は昨年の途中に退職したので、それまでは給与所得を得ていました。そして、昨年に入ってから支払われた給与収入は、配偶者控除、配偶者特別控除の適用を受ける上限金額以上だったのです。 この場合、確定申告をして、配偶者控除をなしとした税額を計算して支払う必要があるのでしょうか。

  • 確定申告での配偶者控除と配偶者特別控除

    去年の中頃サラリーマンを辞めて、フリーランスとなりました。 今年は確定申告なのですが、わからないことが多いです。 妻は働いてないので、配偶者控除を受けられると思いますが、配偶者特別控除も同時に受けられるのでしょうか? 38万円+38万円=76万円の控除

  • 配偶者控除と確定申告

    今年確定申告をするんですがいくつか教えて下さい。 (1)結婚していて専業主婦で収入   で主人の収入が1000万以下の自営業の場合配偶者控除と配偶者特別控除どちらになりますか? (2)確定申告とは何月~何月までの申告をするのですか? (3)申告のそれぞれの項目のに記入する金額は一年間でかかった合計額ですよね? 当たり前の事ばかり聞いてすみません。 よろしくお願いします

  • 配偶者控除しなかった!

    主人の年末調整時に配偶者控除を記入せずに提出しました。 本日私の源泉徴収票をみて収入は50万円程度でした。配偶者控除は受けられる金額ですよね?本当は配偶者控除を申請しなくてはいけなかったのでは??確定申告で申告しなおせるのでしょうか? また住宅ローン減税にて主人のほうは年末調整しきれず、市町村窓口で申告をといわれました。 それでも確定申告できますか?返ってくるお金はなくても、区の保育料の関係でできるだけ控除できるものはしていただきたいのですが。 わからないことばかりです。教えてください。

  • 配偶者控除について

    配偶者控除について このページの http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/sonota/index_j.htm#j10 下の方に Q【個人住民税】  配偶者控除・配偶者特別控除早見表 のA(Answer)に表が載っているのですがよく分からないので質問します。 控除の意味が分からず調べたら差し引くという事だそうですが 配偶者のパート収入が103万円までだと33万円が配偶者控除で差し引かれ 103万を超えると金額に準じ140万円までは配偶者特別控除でいくらか差し引かれるようです。 で、分からないのは何が差し引かれるんですか? 所得税から33万円分配偶者控除という事で差し引かれるという事ですか? となると、141万円以上稼いでる人は(年間で)配偶者控除も配偶者特別控除も適用されないので 所得税が33万円以上引かれるという事ですよね? 引きすぎじゃありませんか? 141万円で33万って1/3~4ぐらいありますよ。 生活成り立たない気がするんですが。 (まぁ、夫の収入があるからってことなんでしょうか?) この文章中で所得税を33万円以上としているのは 控除が、配偶者のパート収入が103万円以下の場合は33万円の控除が適用されるという事は 所得税はそれと同額かそれ以上っていう事になりますよね? 所得税ってそんなに高いんですか?

  • 配偶者控除

    妻を配偶者控除の対象について。 出走して音信不通の妻を「配偶者控除」として確定申告できますか? 妻の居場所も年収額も分かりません。 もし、妻に収入がある程度あった場合(150万円として)、配偶者控除にすると税務署には分かりますか。 (妻は住民票は移動してあります。) なんか、おりいった内容ですが、何方かお知らせ願えますか。 お願いいたします。

  • 確定申告の配偶者控除

    申告者の私も申告すべき年金受給者です。今年の確定申告で配偶者の妻が去年から国民年金の受給を受けるようになりました(65歳)。それまでの妻は無職(専業主婦)で無収入でしたから配偶者控除は38万円でした。 質問事項は去年配偶者(妻)の収入が国民年金で約78万あります。 この場合 配偶者の収入が103万円以下ですから配偶者控除はこれまで通り38万円でしょうか?又所得が38万円以上~76万円以下の場合は配偶者特別控除で控除金額は所得により変動のようですが収入と所得とは違った見解でよろしいでしょうか?給与収入などの103万と所得38万以上の事がよく分かりません。よろしくお願いします。