• 締切
  • 暇なときにでも

日本社会における「台湾のイメージ」

  • 質問No.8128805
  • 閲覧数954
  • ありがとう数3
  • 回答数8
皆さんにとって,「台湾」とは,どのような存在でしょうか?

「台湾」について問われたら,どのようなことを思いつきますか?

参考までに:

ひとりの台湾系日本人として,わたしはみずからの「日本のアイデンティティ」に向きあうと同時に,日本社会における「台湾のイメージ」にも,向きあってきました。それは,みずからの意思によるときもあれば,台湾系日本人というバックグラウンドから,いわゆる純日本人とされる人々によって「強制された,なすりつけられた」ときもありました。台湾系日本人であることから,日本人としては認められずに,日本籍があるにもかかわらず,「台湾人扱い」されてしまうこともありました。

多くの日本人,いわゆる純日本人とされる人々にとっては,わたしは「日本人の部分」があると同時に,「台湾人の部分」のある存在です。そして,彼ら,彼女らの「興味」を最もくすぐる部分こそ,わたしの「台湾人の部分」です。このような「傾向」は,いまだに,日本社会には存在しています。その顕著な例が,「外国につながる子供(子ども)たち」を日本人としてみなすのではく,外国人としてみなすことです。

日本社会における「台湾のイメージ」とは,時代によって大きく「変化」してきました。

・性風俗というイメージ
(日本の高度経済成長期から現在にかけて,性風俗を目的に台湾を訪れる日本人は多いものです。)

・残虐な犯罪,怖い国,台湾ヤクザというイメージ
(台湾を旅行していた日本人大学生が惨殺され,白骨死体になって発見された事件や,日本の著名人の子女が台湾で惨殺されたという事件がありました。)

・家族旅行というイメージ
(鉄道での台湾一周,阿里山観光,ショッピング,高速鉄道,など)

・震災支援というイメージ
(東日本大震災にかんして,巨額の義援金が台湾から日本に送られた)

・反日感情というイメージ
(いわゆる従軍慰安婦の問題や,尖閣諸島の領有権争いの問題,など)

・汚職というイメージ
(著名な政治家が関係する“スキャンダル”は日常茶飯事,「袖の下」社会の台湾)

・「日本のアジア関係」における「最後の砦」的存在
(「台湾の親日」を「利用」したい日本人の存在)

多くの日本人が「台湾は親日」などと主張しますが,わたし自身は,そういった「風潮」を,冷静なまなざしてみています。「台湾の親日」の「影」には,台湾側の「中国大陸との“ゲーム”」があるほか,日本側の「いわゆる日本と東アジア諸国との“関係”」が大きく影響しています。わたし自身,多くの日本人が感じているところの「台湾は親日」とは,「まやかしのようなもの」であると受けとめています。もちろん,双方共に「友好関係」であることは,双方の国益にかなうことではありますが,そこにはつねに「ゲーム」が存在することを,「意識」する必要があると,わたしは考えています。

回答 (全8件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 18% (2122/11343)

>日本社会における「台湾のイメージ」

外省人:悪い奴。
内省人:良い奴。
高砂族:勇敢な奴。

その程度ですが、何か問題ありますか?
補足コメント
noname#181693
非常に単純な理解の仕方だと思います。おそらくは,日本社会における台湾の「イメージ」とは,そういった,単純なもの,短絡的なものなのでしょう。「外国オンチ」,「井戸の中のカエル」といった,良くないメンタリティをもっているのが,日本人,いわゆる純日本人とされる人々の「現実」なのでしょうか。

ひとりの台湾系日本人という立場から,台湾のことをあまり適切に理解できていない日本人が多いことは,とても悲しいことです。

日本人は,さらには,エスニシティを分かちあった日系人のことすら,よく理解できていませんから。
投稿日時:2013/06/12 04:26
  • 回答No.7
台湾は中国と縁を切って、西側の国家として独立すればいいんです。日本との国交も正常化させるべきです。台湾や日本にとって中国からの移民は百害あって一利無です。
補足コメント
noname#181693
「台湾は中国と縁を切って、西側の国家として独立すればいいんです。」という指摘は,非常に安易なものですし,仮にでも,そういったことがあった場合,日本にとっても高リスクとなります。

言葉は悪いのですが,悲しいかな,あまり台湾のことを知らない日本人が多い,ということでしょうか? 隣国のことをあまりよく知らないのは,朝鮮半島事情なり,中国大陸事情にたいする「理解」に通じるものがあると思いました。
投稿日時:2013/06/12 04:29
  • 回答No.6

ベストアンサー率 13% (190/1435)

中国は嫌いな国、と思いますが台湾は又行ってもいいいかなと思います
私は台湾に観光で2度言っていますが印象はいいですよ

台湾だからどうだというわけでなく普通は日本の数ある県を訪れる度にこの県の印象はどうだといちいち考えません

あなたは台湾と日本や台湾人と日本人を意識しすぎで、しかも他人にまで違いの説明を求めすぎます
他の質問でもアイデンテティとかマイノリティーとか【自分は日本人ではないこと】を意識しすぎて他人にもそのことを求めて【かえって日本と自分の差別】を増加させています

日本が好きならば素直に日本人になりきってしまうことです
台湾、台湾人との強すぎる意識はかえって【日本を遠ざける】ことになります

  まだあなたの質問の全文を読んでいません。すみません
お礼コメント
noname#181693
コメントありがとうございます。

「日本が好きならば素直に日本人になりきってしまうことです。台湾、台湾人との強すぎる意識はかえって【日本を遠ざける】ことになります」

このような「指摘」については,「バイカルチャー」であることを,いわゆる純日本人とされる人々が「理解」することで解決されると,わたしは考えています。

また,わたし自身がみずからのアイデンティティを「強調」したからといって,それが「日本が嫌いというアピール」にはならないと,わたしはそのように受けとめています。
投稿日時:2013/06/12 04:30
  • 回答No.5

ベストアンサー率 24% (1545/6342)

反日国ばかりの近隣諸国の中で唯一の親日国という認識です。
それ以外のイメージはありません。
台湾とのサッカーの試合で台湾の善意に感謝する横断幕がありました。見て目頭が熱くなりました。じ~んと来ました。台湾とこれからも親日国同士でありたいと思います。
補足コメント
noname#181693
「台湾とこれからも親日国同士でありたいと思います。」

そういった「指摘」をするのならば,あなたのほうから積極的に「日台交流」につとめてください。草の根の運動にはなりますが,ひとりでも多くの人々がかかわらない限り,「日台交流」は実践できません。「市民による外交」という考え方がありますが,「外交なんてものはお上の仕事」と思っている日本人が多いことは,非常になげかわしいことです。
投稿日時:2013/06/12 04:32
  • 回答No.4
普段は、意識さえしていませんよ。敢えて尋ねられ、敢えて答えるとするなら、日本にとっては、中国よりはマシだと思うぐらいでしょうか。東日本大震災の時の支援には感謝していますし、もし、台湾で災害があれば、恩返したいとも思います。それでも、最近は、台湾も中国にどんどん飲み込まれつつありますね。

一般人にとっては、政治的なことはあまり関係がありません。ゲームだとかゲームではないとか、それは政治的なことでしょ。歴史だって、生きている人のほどんどは、戦争体験していない人間ばかりですしね。性風俗だの云々も一部の人間の話でしょ。

あなたのこの文面からは、日本が好きだ、とは思えなかったです。それに、あなたは、日本人か台湾人かである前に、所詮、一人の人間に過ぎませんから、あなたという人間が好かれるかどうか、という問題もあることを、割り引かねばならないと思いますよ。自分個人の限られた体験を、一般化する、針小棒大に語ることについては、無理があると思います。
補足コメント
noname#181693
「あなたという人間が好かれるかどうか、という問題」

他者から「好かれる」必要がありますか? 日本社会の場合,「大樹」にむらがるために,「好かれる」ことが重要視された,強調されたと,わたしは受けとめています。

また,あなたの「好かれる」という「意見」からは,「世間」というものを気にしすぎる,といったこともうかがえます。

そういった,「悪しき日本の習慣」は「抹殺」,「粉砕」しなければならないと,わたしは考えています。「和しても同ぜず」というメンタリティが日本にあるわけですが,わたし自身は日本のことを理解している一方で,「大樹」にむらがるつもりは毛頭ありませんし,「ムラ」にこだわるつもりもありません。
投稿日時:2013/06/12 04:35
  • 回答No.3
>わたし自身,多くの日本人が感じているところの「台湾は親日」とは
>「まやかしのようなもの」であると受けとめています

私はそうは思いませんね
貴方は八田與一と言う方を御存じでしょうか?
この方は、日本の統治下であった台湾に烏山頭ダムを造り
それにより不毛の地を豊かな穀倉地帯へと変える事が出来ました

この業績は今の世でも語り継がれ、烏山頭ダムには八田與一の銅像がありますが
これは、本人が望んだものではなく、台湾の方が感謝の気持ちで作られた物で
国家総動員法の金属類回収令の施行時や蒋介石時代に日本の残した建築物や顕彰碑
壊された中、地元の台湾人の有志達の手により、隠され破壊を免れた逸話があります

親日がまやかしであるならば、この様な事は無かったと思いますし
平成の世になっても、過去に行った事への感謝の気持ちを忘れない
台湾人の義理堅さは、有り難く思っています
補足コメント
noname#181693
「日本の統治下にあった台湾」と「現代台湾社会」とのあいだに,何かしらの「リンク」があるのでしょうか? このような質問は,敗戦前の日本社会と敗戦後の日本社会とのあいだの「リンク」をさがすことでもあります。

「台湾人の義理堅さ」という指摘についてですが,そういったことを重要視する台湾人は,そう多くはないと,わたしは考えます。日本と親しくするということの「背景」には,何らかの「したたかさ」があるからだと,そのようにわたしは受けとめています。現代台湾社会において,台湾人とは「マテリアリスティックな人々」というイメージがついています。

また,日本人が,いわゆる純日本人とされる人々が「日本統治下の台湾」に,何かしらの「ノスタルジア」を求めているということについては,何かしらの「心のなかに,曇っているもの」があるのではと,わたしは思います。

日本と台湾,友好的な関係が継続すればよいのですが,それは,「日本人の態度」にかかっていると,わたしは思います。「日本統治下の台湾」を「強調」するということは,何かしら,「上から目線の態度」をとりたいのだと,わたしは考えます。

日本人にとって台湾人は,「上から目線」でみることのできる相手でしょうか?
投稿日時:2013/06/12 04:41
  • 回答No.2

ベストアンサー率 16% (236/1442)

※貴方の質問文の本文です
「台湾」について問われたら,どのようなことを思いつきますか?

(1)親日が国益に叶うと考える国
(2)御茶処
(3)昔の日本を感じる場所
(4)大好きな国
(5)日本に郷愁を感じている国
(6)毎年行っている国
(7)日本人である事を考えさせられる国
(8)経済発展著しい国
(9)意識的に日本に同化していると考える国
(10)経済的に日本に追随している国


※こんなサイトで聞いてもまともな答えは還っては来ません
貴方が如何思うおうが 日本と台湾の関係は
それは日清日露の両戦争から紐解く必要があるものの
見捨てた国と見捨てられた国と言う範疇を超越して続く
国と国との あるいは人と人との友情物語りで良いのです
貴方の言うゲームを常に意識する必要などは全くなく無意味です
それは台湾人から見た国際関係性でしかありません
多くの日本人はそんな事は如何でも良い事なのです
お礼コメント
noname#181693
コメントありがとうございます。
投稿日時:2013/06/12 04:41
  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (2314/7952)

イメージは比較の問題ですからね。
お書きの知識は一応持ってますけど、項目の全部を持って反日を声高にアピールする南北朝鮮がある以上、
謝罪と賠償を前面に主張する国より、感謝と好きを主張する声の大きい国民に好感を持たざるを得ません。台湾は韓国よりマシなイメージ。

国家に真の友達はいませんから。良いも悪いもまやかしでありゲームです。

>「外国につながる子供(子ども)たち」を日本人としてみなすのではく,外国人としてみなすことです。
これは、単一民族を疑わない日本人の生活にとって、当人にとっても楽だからです。
帰属がひとつのレッテルより「日本人なら」より「日本人じゃないし」のほうが自由に振る舞えるもの。日本人より日本のこと考えられるし。
お礼コメント
noname#181693
コメントありがとうございます。
投稿日時:2013/06/12 04:42
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ