• 締切
  • 暇なときにでも

ロシアのシベリア東征

  • 質問No.8120325
  • 閲覧数284
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 79% (3331/4175)

北方領土問題や千島、樺太を、ロシアのシベリア東征の
延長線上に考えたいのですが、シベリアの歴史や社会について
まとまったよい書籍がありましたら教えてください。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 33% (16/48)

絶版ですが、古書をお探しください。

『ソ連対外侵略史』(石松新太郎、国民出版、昭和55年刊)

ロシア帝国期からソ連期までの、シベリアを中心とする領土拡張状況です。参考になるかもしれません。
お礼コメント
bougainvillea

お礼率 79% (3331/4175)

回答ありがとうございます。
ちょっと入手しにくそうですね。


ロシア史というと、ロシア革命や思想の本はやたらとあるのですが、
シベリアへの進出を扱ったまとまった本はなさそうですね。
探検家の紀行文、先住民の民族学的な研究など当たってみようと思います。
投稿日時:2013/06/23 08:37
  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (2764/8360)

お礼コメント
bougainvillea

お礼率 79% (3331/4175)

回答ありがとうございます。
けっこう専門的な本のようですね。
投稿日時:2013/06/23 08:32
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (673/3353)

ロシアにとって、シベリアは極東でもともとそれほど

関心のある地域ではなかったので、古い時代にさか

のぼって丁寧に概説してあるような都合の良い本が

おいそれとあるとは思えません。

ピョートルの時代などのロシアは、完全に、ヨーロッ

パをむいており、その後も、南方の港(凍らない港

)の確保は、国家的課題でしたが、シベリア側の

海に関心らしい関心はもともとあまりなかったから

です。

ただし、大航海時代をすぎますと、たとえば、江戸

時代には、すでに、ロシアの船が、北のほうをうろ

うろしていたと思いますので、その頃以降について

は何か書籍があると思います。

とはいえ、北法領土問題は、端的には、第二次

世界大戦で、日本がまけたことによって、北方4

島を占領されたことに起因していますので、帝国

主義的拡張の延長にとらえられる事態のように

思います。

樺太にいたっては、日露戦争で、日本がとって

しまったものですし、なにもかも日本の都合のよ

いように書いた本はないかと思います。
お礼コメント
bougainvillea

お礼率 79% (3331/4175)

回答ありがとうございます。
ロシア史というと、ヨーロッパロシアが中心で
シベリアは脇に追いやられている感じですね。
投稿日時:2013/06/23 08:32
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ