色んな大人の事情で世界はこうなりますか?

アメリカが戦争相手欲しさに飢えています。 サッダーム・フセインもウサマビンラディンもアイツもコイツも アメリカのご事情で...

poomen さんからの 回答

  • 2013/05/24 23:27
  • 回答No.2
poomen

ベストアンサー率 34% (784/2278)

 いやあご高説見事なモンです。読んでませんけど。

 あなたは本当に天才です。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 日本や韓国がアメリカの犬である事は認めるとして。 国際問題

    前略 北朝鮮が日本や韓国がアメリカの犬であると言う事実を指摘している 事は認めるとして、北朝鮮が中華人民共和国やロシア連邦の犬である 事実はなぜ率直に認めようとしないのでしょうか?特に中華人民共和国 と大韓民国の間には領土問題が存在し、朝鮮の聖地である山の国境を 北朝鮮側の都合で中華人身共和国に譲歩するカタチで領土国境が 決まっている事に大韓民国民は酷い憤りを感じているそうだ。 島根県竹島を不法に占拠している大韓民国がよく言うものだぜと 思う節はあるのだが、とにかく北朝鮮が中華人民共和国や ロシア連邦の犬であると言う事実はあるにはある。 人の欠点はよく見えるもので、北朝鮮は韓国や日本にアメリカの犬を やめてアメリカと敵対的になれと言う主張はわからんでもないが、 だからと言って北朝鮮が中華人民共和国やロシア連邦に対して 核ミサイルの照準をあわせる事ができるのであろうか? できないから現状なのでしょうね。ねぇ、朝鮮民主主義人民共和国 とやらの言っている事を真面目にきこうとすればするほど、 頭が馬鹿になりそうなんだけど、無理にきかなくて良いですよね? 思うところお書きください。                                         草々...

  • 【今日、アメリカの特殊暗殺部隊が北朝鮮入りしました 歴史

    【今日、アメリカの特殊暗殺部隊が北朝鮮入りしましたか?】 アメリカの特殊部隊は敵地に突入前にレーダーに映らないようにするために妨害電波を発して敵のレーダーを一時的に麻痺させて侵入するように訓練を受けているが今日、九州で強烈な電波障害が起こって、太陽フレアの影響とか太陽光発電の所為だとか各方面から報告が上がって来たが国や電力会社がゴールデンウィーク中の休みの日に積極的に情報開示してくるのがおかしいと思ってアメリカ軍の特殊部隊が北朝鮮に潜入したと思っているのですがどう思いますか? 金正恩を近々殺すような気がします。 ウサマビンラディンと同じように夜間に襲撃するために先行部隊が今日に北朝鮮入りしたと考えています。 アメリカは北朝鮮の金正恩の肉声の音声を持っているので本人か確認出来次第殺す予定ですか?...

  • 良い政治・戦争と悪い政治・戦争の違い 政治

    アメリカでも日本でもその他の世界の多くの国でも、 ウイルソン大統領、ルーズベルト大統領、トルーマン大統領、 ケネディ大統領、ジョンソン大統領、カーター大統領、クリントン大統領は、 高潔な人格者で、博識・聡明で有能で業績が高く、 アメリカや世界に良い結果をもたらした正義の大統領と評価されてます。 ウイルソン大統領時代 ニカラグア侵攻、メキシコ侵攻、ハイチ侵攻、ドミニカ共和国侵攻、 第一次世界大戦への参戦と大規模な軍拡、シベリア侵攻、 国際連盟を設立。 ルーズベルト大統領時代 キューバ、ドミニカ共和国、ニカラグア、グアテマラ、ホンジュラスに傀儡政権を樹立、 ソ連を承認し国交を樹立、イギリス・ソ連・中国に対して物資・武器を援助、 日本とドイツへの経済制裁、第二次世界大戦への参戦、核兵器開発、 史上最大の軍拡と軍事偏重・重軍備体制の恒常化、国際連合の設立を計画。 トルーマン大統領時代 第二次世界大戦、ドイツと日本に対する戦犯裁判・新憲法制定・政治体制改革・新政権樹立、 第二次世界大戦終結による大規模な軍縮、ソ連との冷戦開始・対立激化・核軍拡、 国際連合を設立、朝鮮半島の分断と韓国に傀儡政権を樹立、パレスチナにイスラエルを建国、 第一次中東戦争でのイスラエルの占領地拡大を容認、朝鮮戦争への参戦と大規模な軍拡。 ケネディ大統領時代 キューバ侵攻・経済制裁・カストロ政権打倒作戦・カストロ暗殺作戦、 ベトナム戦争への参戦と大規模な軍拡、ソ連との冷戦激化・核軍拡。 ジョンソン大統領時代 ベトナム戦争への軍事介入拡大による大規模な軍拡、 ドミニカ共和国侵攻、ソ連との冷戦激化・核軍拡、 フィリピンにアメリカの傀儡のマルコス政権を樹立、 第三次中東戦争によるイスラエルの占領地拡大を容認。 カーター大統領時代 ベトナム戦争終結後の軍縮、ソ連との核軍縮、 イスラエルととエジプトの和平協定と国交樹立の仲介、 パナマ運河から米軍を撤退させる、 イラン・イスラム革命政権に対する国交断絶と経済制裁、 ニカラグア・サンディニスタ革命政権に対する打倒作戦を計画。 クリントン大統領時代 イラク空爆、ボスニアヘルツェゴビナ空爆、スーダン空爆、アフガニスタン空爆、 コソボ空爆、ベトナムとの国交回復、ロシアとの核軍縮、冷戦終結後の大規模な軍縮、 国連で全面的核実験禁止条約採択、イスラエルとヨルダンとの和平協定と国交樹立の仲介。 上記の政治や戦争は、アメリカや世界に良い結果をもたらした良い政治・正義の戦争であり、 その戦争で行われた地上戦、海上戦、航空戦、空爆などで、相手国に与えた加害も 良い政治・正義の戦争に勝利するための、良い加害・正義の加害だった、 米軍人の死傷者も良い戦争・正義の戦争に勝利するための必要な犠牲だった、 という評価がアメリカや日本やその他の多くの国では一般的な見解なのでしょうか。 アイゼンハワー大統領、ニクソン大統領、レーガン大統領、親ブッシュ大統領、 子ブッシュ大統領は、卑劣な人格者で、無知・愚鈍で無能で業績が低く、 アメリカや世界に悪い結果をもたらした不正義の大統領と評価されてます。 アイゼンハワー大統領時代 朝鮮戦争を北朝鮮を滅ぼすまで続けずに停戦、 朝鮮戦争停戦後の大規模な軍縮、ソ連との核軍拡競争・冷戦の対立激化、 イランのモサデグ政権を転覆させアメリカの傀儡のパーレビ王政を樹立、 アメリカの傀儡国家南ベトナムを建国しアメリカの傀儡の軍事政権を樹立、 第2次中東戦争による英・仏・イスラエルの占領地からの撤退を勧告、 キューバに対する国交断絶・カストロ政権打倒作戦を計画。 ニクソン大統領時代 ベトナム戦争を南ベトナム解放戦線を滅ぼすまで続けずに停戦、 米軍をベトナムから撤退させ大規模な軍縮、中国を承認し国交を樹立、 カンボジアのシアヌーク王政を転覆させ、アメリカの傀儡のロンノル軍政を樹立、 チリのアジェンデ政権を転覆させ、アメリカの傀儡のピノチェト軍政を樹立、 国連で生物兵器禁止条約採択、ソ連との核軍縮など共産主義国との対立緩和。 レーガン大統領時代のグレナダ侵攻、政権打倒・新政権樹立、 ニカラグア空爆とサンディニスタ革命政権の打倒作戦、 リビア空爆、冷戦終末期の軍拡、国連で特定通常兵器使用禁止制限条約採択、 ソ連との核軍縮と冷戦終結への前進。 親ブッシュ大統領時代のパナマ侵攻・政権打倒・新政権樹立、国連で化学兵器禁止条約採択、 湾岸戦争とイラクへの経済制裁、ソ連との冷戦終結と核軍縮、冷戦終結後の大規模な軍縮。 子ブッシュ大統領時代のアフガン戦争・政権打倒・新憲法制定・政治体制改革・新政権樹立、 イラク戦争・政権打倒・新憲法制定・政治体制改革・新政権樹立、 ロシアとの核軍縮、対テロ戦争開始による大規模な軍拡、北朝鮮に対する経済制裁。 上記の戦争は、アメリカや世界に悪い結果をもたらした悪い政治・不正義の戦争であり、 その戦争で行われた地上戦、海上戦、航空戦、空爆などで相手国に与えた被害も、 悪い戦争・不正義の戦争に勝利するための、悪い加害・不正義の加害だった、 米軍人の死傷者も悪い戦争・不正義の戦争に勝利するための不必要な犠牲だった、 という評価がアメリカや日本やその他の多くの国では一般的な見解なのでしょうか。 良い政治・戦争、正義の政治・戦争と、悪い政治・戦争、不正義の政治・戦争と、 善悪や正義不正義の違いをどのように判断し評価するのでしょうか。...

  • 無理な願望or八つ当たり?米国の態度が原因では・・ 国際問題

    尖閣諸島・竹島・北方4島については、敗戦後のサンフランシスコ平和条約(1951年)、国連加盟(1956年)当時の国際社会への復帰で精一杯であった我が国の国情・脆弱な外交防衛体制や領土保全能力の不備を突き間隙を狙った不法不当占拠である。 あるいは、その後の海底資源や優良漁場を狙った火事場泥棒や居直り強盗に似た国家的犯罪としての領有主張である。 ※サンフランシスコ講和条約には、調印拒否:ソ連[現ロシア]、会議に招請されなかった国:中華人民共和国・中華民国[現台湾]、韓国&北朝鮮は日本からの独立直後であり両国は朝鮮戦争の交戦状態。 この問題における米国の責任・役割・プレゼンスは大きいのでは・・・ 戦勝国・国連の常任理事国と言うだけでなく、GHQの中核&そのものであり、サンフランシスコ平和条約をリードし、沖縄・小笠原等の施政権並びに軍政を行い返還した米国の関与や対応(領土画定・返還場所の経緯や日米安保の地域的範囲)が日和見であり曖昧なのが一因であり、解決への重要な責任と役割が有り、本気での調整や証言がポイントなのでは・・・ イスラエルに対する偏ったテコ入れ、支援をイメージして、同様の依怙贔屓対応を要求するのではないが、現在の我が国の領土問題に深く関係し、その原因を作った責任が有り、憲法草案の趣旨をよく理解[主導した]している国、さらに日米安保の当事者同士でもあるのだから。 米国は 何処まで、本気で歴史的経緯や国際法からの領土問題へのバックアップをしているのか? 本気で、日米安保の範囲として侵略を許さず共同で自衛の役割を果たすと宣言してくれてるのか? 国際司法裁判所への提訴や当事者間の返還交渉に口先介入もせず、両者の冷静な対応を求めるだけでは現状の固定化・問題の既成事実化に加担しているだけではないのだろうか? 尖閣・竹島・北方4島のそれぞれに歴史的背景や相手国の違いはあっても、同じ価値観を持つ最大の友好国でもありながら、余りに傍観者的な対応ではないだろうか? 貴方は、領土問題で、米国のプレゼンスを期待出来ますかorどのような役割を望みますか? ※取り止めのないボヤキ・八つ当たりかもしれませんが、お教え願える範囲でアドバイス頂ければ、誠に有難く幸甚です。...

  • Axis(日本とドイツ)は当時、アメリカとイギリス 国際問題

    Axis(日本とドイツ)は当時、アメリカとイギリスの連盟から悪者扱いされていましたが、今の価値観からしても、当時の日本とドイツはそうかなのでしょうか? 価値観は時代で変わりますが、昔の日本やドイツも今で言う北朝鮮的な見られ方をされていたのでしょうか?...

ページ先頭へ