• ベストアンサー
  • 困ってます

大学教員と国の研究機関職員の違いについて。

農学系の博士課程を修了し、現在、ポスドクとして国研で働いています。そろそろ、自分の身の振り方を決めなければいけないのですが、大学の教員を選ぶか、国の研究機関を選ぶか、迷っています。 周りから聞いた話では、大学ではテーマは比較的自由に決められるので、自分の興味を持った研究を進めることができる、しかしお金はない、教育があるので研究に割ける時間は限られている、などと聞きますし、一方、国研はお金はあるが、逆にテーマが研究室や所属研究機関によってかなり縛られ、興味を持った研究はできないこともある、という話を聞きます。また、異動があるとテーマ変更を余儀なくされるとも聞きます。 実際のところ、どうなのでしょうか。 大学から国研に移った方、また逆に国研から大学に移った方などをはじめ、みなさんのご意見をお聞かせください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数403
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • chan008
  • ベストアンサー率52% (45/85)

国研でポスドクをやっているということは、すでに大学と国研の両方で研究をされたわけですよね? どちらがご自分の性にあっていましたか? 選択肢が複数あるのであれば、自分の好きな方を選べばよいでしょう。 テーマの自由度とか、お金が、とかいうのは、 大学でも国研でも、千差万別です。 国研も全国組織の大きなものと地方設置の小さなものとでは全然違いますし、 大学も東大と地方単科大では設備もお金も雲泥の差がありますから。 おおむねは、あなたのおっしゃることで間違いはないです。 一方、実際に行ってみると、「話と違う」と小さな点で感じることはたくさんあると思います。 ですから、「気持ちよく仕事をする」ために、好きな方を選ぶのが第一。 研究者はどんどん流動性を、と言う方針になってきてますので、 実力如何で大学-国研を移動するのは当たり前の世の中になると思います。 研究費に関しては、国研も大学も法人化が進み、 実力で外部予算を勝ち取らないといけない状況になりつつあります。 どっちにいったから資金が潤沢、というのはもう関係ないかもしれませんね。 ま、若いうちは、ボスや教授の下に付くわけですから、 その人たちの実力に左右されるとは思いますが。 テーマの変更は、基礎研究を重視、と言うことが叫ばれていますから、大学・国研の使命として、 企業みたいに「儲けがないから、いきなり打ち切り」というのはないと思います。 ただ、競争力が求められる時代ですから、 あまりに成果が上がってないと、上層部から、「他のことをやんなさい」と言われるのは当然なことです。 成果が上がるような努力をすることが、好きなテーマを続ける条件、ということですね。 学生の教育というのは、大学だけのものですから、 面倒見の良し悪しは重要かもしれませんね。 どうしても、学生のテーマを考えて彼らの結果を待たなければいけませんから。 あと、給料とか、待遇とか、具体的な研究費の話とか、人間関係(?)とか、そのたもろもろ、 個別な質問はまた具体的に新たにしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね、「気持ちよく」が一番重要ですよね。 ありがとうございます、「きもちよく」ということを 忘れていたような気がします。

関連するQ&A

  • 国公立大学の医学部を卒業して、医学部の基礎の研究者として大学教員になるには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか?

    私は、国公立大学の医学部の基礎の研究者(常勤)になりたいと思っています。それは、医学の基礎研究に興味があることはもちろんですが、研究者は身分が不安定な職業という実感があり、臨床もできる医師は生計を立てながら研究できる可能性もあると思っているからです。そのためには、医学部を卒業したら、研修医を経て、大学院で博士課程を修了することになると思います。その後なのですが、出身大学(あるいは別の国公立大学)の医学部の基礎の教官(常勤)には、医学部出身ということで確実に(または、どれくらいの割合で)なれるのでしょうか?また、希望する専門の研究室にも行くことが可能なんでしょうか?あるいは、基礎の医学部の研究室では、他学部出身の教官も多いようなので、他学部の研究室と同じように、ポスドクとしてどこかの研究室で研究する期間を経た後、業績によってなれるかどうかが決定されるのでしょうか?医学部の基礎の教官(常勤)になる条件が、他学部の教官(常勤)になる場合と同じ条件になってしまうのであれば、医学部は難関なので、他の学部も検討しようと思っています。

  • ポスドクの仕組みについて教えて下さい。

    ポスドクの仕組みについて教えて下さい。 ポスドクとして働くためには、学振などの機関から資金を得た上で、どこかの研究室で研究をさせてもらう必要があります。 博士や修士では、例えば、物理系→化学系とか今までと全く異なった研究をしている研究室に移ることも可能でした。 これはポスドクとして働く場合にも、博士課程までの研究と全く違うことをしている研究室に行くことは可能なのでしょうか? 恐らく、相手方の研究室の承諾を得なければ、その研究室に行くことは出来ないと思うのですが、 これは相手次第になるのでしょうか? それと、海外の大学院の研究室にポスドクとして行きたい場合には、資金は日本の機関から得るのでしょうか? それともその国の機関から得る必要があるのでしょうか? また、もし、自分の行きたい国に、いま自分のやっている研究と同じようなことをしている研究室が全くない、 とすると、その国にポスドクとして行くことは難しくなるのでしょうか?

  • 大学教員の仕事について

    大学教員の仕事について 私は、謀私立大学の修士2年です。 これまで、博士課程進学を心に決めていましたが、現在就職しようかと思っています。 博士課程は、大学教員になりたいと思い決断したのですが、現在の研究室の指導者を 見てその決断を考え直している状況です。 そこでお聞きしたいのですが、大学教員はいったい何をやるところなのでしょうか? 自分は研究、生徒指導をメインに考えていました。 しかし、現在の指導者を見ていますと、研究テーマを共同研究者に考えさせ(他大の先生のアイデアをパクっています。)、研究は学生にやらせています。最悪、学生(学部、修士の生徒)が研究テーマを考えています。このような状況を見ていると、大学教員は研究はせず、生徒にやらせて自分の業績にしているようにしか見えません。またその際、生徒に対する指導も忙しくてやる暇がないと言われ、我々修士の学生にまかせっきりです。当然、我々も指導を受けていないため、後輩に良い指導ができるわけがありません。 以上のように、自分の指導者を見ていると、大学教員は何を仕事にしているのかわかりません。 これが普通なのでしょうか?大学教員は研究も教育もしないものなのでしょうか?勤めている大学によって異なると思いますが・・ 大学教員になりたいといいましたが、自分は生徒指導、教育することがやりたく、さらに研究ができればと思い大学教員を志願しました。もし、大学教員が研究に重みがあり、上述した方針で研究をしくいく、そして教育にはあまり重みを置くところではないのであれば大学教員になりたいとは思いません。 この点についてはどうでしょうか? 大学教員にならないのであれば、博士課程にいく必要もないと思います。 この考えについてどう思いますか? ここで大学教員にならないとして、博士課程に進んで何か利点があるのでしょうか? 現在修士2年なだけに、就活も行っていません。卒業しても職はありません。 とりあえず、就職して働きながら高校や中学、塾の先生を目指そうかと思っています。 現在の状況ではフリータになるしかないのでしょうか。リクナビのようなサイトからはもう企業に就職できないのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • zinchan
  • ベストアンサー率49% (97/197)

 お呼びがなければご質問のお悩みそれ以前だと思います。空きポストに入れるかどうかです。今は厳しいですよ。募集そのものがどちらもあるのですか。  希望する研究テーマをさせてくれそうなところに所属できるかどうかが一番問題なのではないのでしょうか。  自分の研究テーマが決まっているのでしたら、そのテーマで所属できそうな機関や大学等を自ら調べて、全ての論文を携えて回ったり、応募してみたらいかがでしょうか。  現在のお勤め先の研究室を見れば、ご存じのとおり、国研でも、予算取りが下手な研究室ではお金がないですし、逆に大学でも予算取りがうまい研究室(講座)ではお金がある。その逆もあります。多額の予算を確保している研究室でも、今はたいていひも付き(スポンサー資金提供)研究でやっと確保できるかという時代です。  一方、時間に関しては国研でもやたら会議で時間を潰されたり、他機関や地方の研究機関との研究会発表や事務処理で時間を潰されたりします。大学でも同様です。大学の助手だと、講義が義務づけられてなかったりする講座が多いと思いますので時間は作りやすいでしょうし、学生という人手があるので、フィールド調査などでは学生をうまく使うこともできます。その機関や研究室でまるで環境が異なり、ご質問のような傾向は、一概にそうとは言えないのではないでしょうか。  テーマの継続性については、国の場合は地方の部署の研究室に異動することがありますが、自分のテーマを継続している人も多数あります。代わる場合もあります。  大学でも、教授の意向で、別のテーマを行わねばならないこともあります。  どちらを選んだからといって、ずっと同じテーマで研究を続けるとは限りません。  農学系の場合は基礎研究もやりますが、どちらかというと実用可能かもしれない部分について進めることが多いように思いますし、テーマについても、国でも大学でも、一つ研究が片づけば新たなテーマで開始しますし、複数の分野のテーマを抱えるのは今は当たり前です。  国の研究機関も独立行政法人化していますし、国立大学もそうなります。より具体的な(金になりそうな)成果を求める風潮になっていますので、基礎研究的な自由なテーマで研究しにくい環境はどこも同じだと思います。  どちらもそれぞれメリット・デメリットがあると思いますので、どちらがいいかなど考えるのはナンセンスだと思います。まずは所属できるところを見つけて潜り込む。  気に入ればそこに所属していればいいのですし、不都合を感じれば、また違う研究機関や大学(もちろん海外を含めて)に移るというような気持ちでいるのも手ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大学の研究者というのは魅力的ですか?

    理系は修士課程までいくのがお決まりみたいになっています。そこから大学の教員になりたい人は博士課程に進学するという流れだと思います。学部生の僕が言うのもなんですが、博士課程に進学するのはいばらの道だと思います。実力がないと生きていけない世界に足を踏み込むのはかなりの賭けだと思います。僕の研究室にも博士課程の先輩だけでも15人はいるのですが、みんながみんな助教になれるとはかぎりません。ポスドクのままで歳をとっていく人も多くいます。教授は、才能がない学生には博士課程進学は諦めさせて修士卒で就職させれば幸せな人生が送れると思うのに、自分の手伝いをさせるために博士課程に進学させているように思えます。  大学の研究者というのは魅力的なのでしょうか?

  • 大学教員になるための条件

    博士後期課程の院生です。 私は来年度から大学教員として採用されることが決まった大学院生です。 よく後輩から、「大学教員になるために必要なことは何ですか?」と聞かれますが、そのたびに「研究業績を挙げること」と答えています。 私の研究室は旧帝大で院生もレベルが高いのですが、質にこだわってなかなか論文が書けないようです。私は、出来が悪くても研究成果をなんとかまとめて論文にしています。とにかく、院生時代は自分の研究を活字にして知ってもらうことが重要ではないかと考えていました。 そこで質問ですが、院生の研究業績では「質より量」に重点を置く、私の考え方はアカデミックな立場からどのように受け止められるでしょうか?

  • 大学教員の品格もしくは大学等研究者(研究室)の在り方的な話ですが

    大学教員の品格もしくは大学等研究者(研究室)の在り方的な話ですが 親戚が某医療系公立大学の大学院に通っていたのでが、大学院の卒業論文を研究室のボスである教授に提出しても、一文も見ていないらしく、全くやる気なしのようです。その教授に言わせれば、忙しいからとか自己都合な理由を言い放つだけのようでした。親戚の人は真剣に研究生活をしてました。同じ研究室内の他の同期の学生やその先輩に当たる方達も同様に論文提出しても殆ど全く見てもらってないようです。 何で見てもらえてないのでしょうか?見るに値しないという評価を下されただけなのでしょうか。 指導放棄(教員としての仕事をしていない)にはならないのでしょうか?どの大学でもこのような風なのでしょうか。 大学等学校の先生やら研究者は「非常識」などと度々耳にしますが、このように教員としての義務を果たそうとしないで堂々としている点などがその所以の一つなのでしょうか? また、修了論文を見てもらえないという事は卒業(修了)出来てないという事ですよね…?(気の毒そうだったので本人には聞いてないので…) ちなみに親戚は当初、さらに進学して研究の道に進むつもりだったみたいですが、研究室生活をするようになって卒業する学年になる頃には呆れて就職する事を考えてました。 その親戚の人には子供の頃からとてもよくしてくれた人なのでとても心配です。よろしくお願いします。

  • 大学の教員になりたい

    高校生です。 私は将来大学教員になりたいと思っています。 教員になるためには大学院に進学して博士課程を修了し、博士号を取得することが欠かせませんが、もし博士号を取得して大学教員になれなかったら他で就職できるところは少ない、博士号取得だけで金の無駄だ、博士号取得者は死亡率が高いなどの情報が出てきます。 たくさんのお金をかけてまで大学院に進み博士号を取得し、なれるという保証もないのに、大学教員になるというのはやはり厳しいことなのでしょうか…。 また、どのくらいのレベルが必要なのでしょうか? 小中高の教員になることも考えましたが、やはり、自分の興味がある分野について研究したいという思いが強く、大学教員を目指したいです。

  • 大学教員になるには?言語学です。

    私はMARCHの文学部で言語学専攻の三年です。 とりあえず就活をしてはいるのですが、大学院への進学は入学当初から考えておりまして、興味があります。やはり大学の教員になりたい。 でも、なれるのかどうか不安です。狭き門なのはわかっていますが、非常勤講師も採用は厳しいのでしょうか。また専任はどうなのでしょうか。 どういったプロセスでなるものなのでしょか。そして実際に大学教員はどういったことをするのでしょうか。研究ばかりなのでしょうか。 また何をすればなれるのでしょうか。博士課程への進学はどんなもんなのでしょうか。 志望する気持ちだけはあるものの、何をすれば良いのかわからない状態です。 どんな些細なことでも良いので、よろしくお願いします。

  • 大学教員に中国人・韓国人が皆無なのはなぜですか?

    大学教員に中国人・韓国人が皆無なのはなぜですか? 博士後期課程やポスドクには中国人・韓国人はたくさんおられます。 しかしながら、中国人・韓国人で大学の教員をやっている人はほとんど見かけたことがありません。 恐らく、みんな本国に帰ってアカポスに就くためではないかと思うのですが、 なぜ日本でアカポスに就こうとしないのでしょうか? それとも日本の大学のシステムでは外国人は教員になりにくいようになっているのでしょうか?

  • 大学教員を目指すことのリスク

    自分は学部生ですが、将来、人文系大学院修士課程に進もうと考えています。 先のことですが、夢は博士後期課程まで進学し、大学教員になることです。しかし、その道は険しく、40代まで非常勤ということもよくある話のようです。 そこで、高校教員として生計をたてながら、通信制の博士課程に進学し、大学教員を目指すというのは実際問題、可能性はあるのでしょうか。 サラリーマン→大学教授の例はあるようですが、どれも社会科学系のようです。

  • 大学教員にならず企業研究者になった理由

    企業で研究者をされている方に質問です。 研究者というと、大学教員か企業研究者(独立行政法人の研究機関の研究者含む)に大別できると思いますが、なぜ、大学教員にならずに企業研究者になられようと思ったのですか? 大学教員だと、研究だけでなく教育(および雑務など)もやらなければいけないことは確かですが、自分で研究室を運営して(研究テーマの制約が無いという点で)自分のやりたいように自由に研究ができる最適な環境だと思うのですが、それでも企業研究者になられたのは何故でしょうか?

  • 大学教員

    自分の将来について悩んでいます。 中堅クラスの大学で博士課程卒業後、アメリカで数年間研究をしていました。日本へ帰国後、中堅クラスの大学に教員として就職することができたのですが、自分の将来について不安です。 帰国後、様々な方々とお会いすると、自分が井の中の蛙という事を知りました。大学の良いポジションはほとんど、東京大学、京都大学などの旧帝国大学卒の方々がほとんどで、今後、今の中堅クラスの大学にいても、将来良くて、准教授、講師止まりということが見えてきました。 もちろん、優秀な方のように政治的なコネもなく、今の大学レベルでは今後の業績も予想できます。数年間後には、有名大学出身の優秀な方々にポジションをとられてしまうと思います。 やはり、あきらめて会社などでサラリーマンをやったほうが良いのでしょうか?アドバイスなどよろしくお願いいたします。

  • 大学以外で基礎研究が行える企業について教えて下さい。

    現在、電気系の博士課程の学生なのですが、博士修了後、企業に就職して、基礎研究を行いたいと考えております。 NTT基礎研と東芝はかなり基礎研究を行えるという話を聞きます。 これ以外に基礎研究を行える企業がありましたら教えて頂けますでしょうか?