• 締切済み
  • すぐに回答を!

日赤の実質的な経営者は誰ですか

 日赤の表に出ている東京本部の役員名は、皇族等の方で、実質的な経営をされているとは思えません。各県支部において、県知事が支部長を勤め、日赤の各県支部の事務局長等の実質的な事務ポストの長は、県の健康福祉部等の職員等の天下りが多いようにも思えます。  日赤を実質的に経営している方は、どなた、あるいは、どんなタイプの方、例えば、日赤の役員のうち、厚労省からの天下りの人とか、誰が、経営を担っていると言えるのですか。  この意味は、本当に、「経営者」としての意識感覚を有して、下の者に経営上の実質的な命令ができる人は、誰になるのでしょうか、ということです。天下りであれば、過去の経歴からの太いパイプが利用できる利点は有していますが、本当の「経営者」ではないはずです。  ある介護施設の医師が前代未聞の犯罪を犯し、家族が被害を受け、捜査機関の他に行政には、県に高齢者虐待防止~に関する法律に従い、通報して、適切な行政処分を求めましたが、いつの間にか、八百長の対応に終わり、素人に証拠資料を見せれば、誰もが犯罪、虐待と納得する事件に対して、県が故意に隠ぺいしました。  もう一つ、隠ぺいの役割を担ったのが中核病院でした。その支部長は、県の天下りの職員が担っていたのではないか、と今日、始めて分かりました。私は、犯罪被害を犯罪の隠ぺい者グループに通報していたために、完全に闇に葬られ、以後、他の介護施設で犯罪の隠ぺいが完全であることを前提にした、隠ぺいのために密かに薬剤を投与して、介護施設の医師の犯罪ではなく、本人の病気であることを仮装しようとした事件が何年にもわたり、続き、現在に至り、たいへんな被害を受けました。私自身もデイサービスが危険となり、一人で在宅介護、毎日、介護夜勤が続いたため、体が持たなくなりました。それで、日赤は、人道を旨とする日本を代表する病院であり、そこの経営者に事件の真実を訴えれば、事件は即座に解決するはずと考えていました。  ところが、今から考えれば、犯罪者の仲間たちに通報していたことになり、事件が解決に向かわない真の原因が分かってきたのです。  現在の、日本の様々なシステムが官製談合の様相を呈し、社会病理を放置し、助長し、建前の法の理念とは裏腹の現実がそのままになっている、権力を支える選挙母体の犯罪を闇に葬ることができる、こうした日本の社会病理構造を根本的に解決する「維新」が必要である、と考え始めるようになりました。日赤の役員に、NHKの元会長も名を連ねている…ということは、報道が、権力と懇意な加害者の犯罪については、真実を故意に伝えない、伝えられないマスコミの構造ができているとも解釈できます。  しかし、日赤の一番の存在理由は、「人道的」であることです。自己保身を一番の目的とする官製談合の輩たちと共同して、犯罪を隠ぺいすることは、世界の日赤組織から軽蔑されることになります。それで、こうした日赤の理念を腹の底から実践して経営している方は、どなたになるのでしょうか。ひょっとして、誰も真の「経営者」はいない、可能性もあるのでしょうか。    

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数481
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230414

日本赤十字社 名誉総裁 皇后様 管理者  幕内雅敏(本部院長)本部の院長になる人が受け継いで行くので.天下りはいないと思います。 各県責任者 院長 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。介護の合間にしかPCが使えなくて、お礼が遅くなりました。本部の院長が、各病院の経営に口を出さないとすれば、各病院が自立して、独立採算、各病院の院長が実質の経営者ということでしょうか。

質問者からの補足

 あくまでも例えの話ですが、日赤の各病院の職員が犯罪を犯したとしても、本部が率先して解決に乗り出すことはありえず、各病院の院長の裁量に任されている、そのような事態に備えて、県知事が支部長となり、政治・行政の助けが得られる…、各県単位の支部長の考え一つで決まる…ということでしょうか。  もし、そうだとすれば、官僚の発想での対応になり、誰もが期待する、日赤の「博愛」の精神が生かされない懸念を抱いているということです。良心的な日赤の医師の良心が事件の解決に生かされないことを危惧している意味です。  私は勘違いしていたかもしれないのです。東京に、しっかりした見識の経営陣が、各県の病院を監督しているような思いを持っていましたが、現実は、違うのではないかと気づき始めたのです。となると、私は、医師の良心を信じるような、事件に対しての甘い考えを変えなければならない、悪魔が増殖することに対しては、容赦なく訴追しなければならない、その時、今度は相手が政治権力になるため、司法が真に独立していない限り、限界がある…と気が遠くなります。何のことか分かられないでしょうが、ご容赦ください。

関連するQ&A

  • 介護施設の経営者は儲かるでしょうか

    介護施設の経営者は儲かる仕事でしょうか。 事情を知っている方は教えて下さい。 ただし、間違えないでいただきたいのは、 あくまで介護施設の「経営者」のことを訊いているのであって、 介護施設で働く従業員が儲かるかどうかを訊いているのではありません。

  • 離職率の高い施設の経営者の考え

    母が高齢なので、介護施設について調べています。 介護の仕事をしている人たちのブログを読むと、非常にストレスがたまる仕事なので 「辞めることばかり考えている」「二度と介護の仕事はしたくない」という言葉が書かれています。 このような施設の経営者は、何を考えているのでしょうか? 「代わりの人間はいくらでもいるのだから、離職率が高くても構わない」「社員の定着率を改善したくても、給料を上げるのは自分には出来ない」と考え、放置しているのでしょうか? 給料を上げるのが難しいのは理解できるのですが、もっと社員の意見を聞く姿勢を持てばいいのに。。と思います。 その姿勢を全く持たない経営者もいます。 社員を使い捨てにする経営者の施設とは関わりたくないと考えています。 介護施設で働いた経験のある方や経営者のご意見を教えて頂けると幸いです。

  • 人手不足の介護施設の経営

    人手不足の介護施設の経営者は介護職員が病気(うつ病、腰痛など)になっても、「使い捨てだと思って」限界まで働かせようとする考え方の人が多いのでしょうか? 従業員である介護職員の健康なんかどうでもいいと思っているのでしょうか?

  • 政治権力で犯罪を隠ぺいされた場合の対応

     2009年に介護老人保健施設で、私に医療行為の不適切性を外部の医師に伝えられた報復として、入所者である私の母親に対して、施設の医師が故意の残虐な犯罪を半年以上にわたり続け、中核病院送りにした事件が起きました。この事件の顛末で困り果て、何度も質問した経過があります。事情があり、質問入力に際して可視的記録にしています。ご了承ください。  施設の医師の犯罪行為の内容は、医師の裁量権を悪用して、母親には全く不要で害悪となる、けた外れの禁忌量の向精神薬を半年以上にわたり密かに投与する、さらに苦しめるだけでは足りず、コリンエステラーゼの阻害剤を密かに過剰投与することで、中核病院に入院送りにしました。犯罪を看破していた私に対する対策のために、中核病院の医師に隠ぺい工作を依頼するばかりでなく、前もって経営者と共謀して、県内有数の大規模社会福祉法人の新設の特別養護老人ホームへの入所をさせる段取りをしておいて、当該医師の犯罪ではない、本人の病気であると仮装するために、特別養護老人ホームの看護師等の職員を利用して、同様の密かな薬剤投与をさせてしまいました。私が罠にかけられていたと気がつき、その特老施設を逃げ出し、在宅介護に移りました。  今度は、大元の犯罪を行った医師と経営者、犯罪の隠ぺいを引き受けた特老施設の経営者、両方が困ったことになりました。私に犯罪を看破されて、何度も私から手紙で、密かな薬剤投与をやめてほしい、他の入所者同様に普通の安全な施設生活を保証してほしい…と懇願されながら、途中で犯罪を止める訳にはいかなくなり、前年同様、中核病院に入院させて、隠ぺい工作が見破られて都合が悪くなった中核病院の医師等に、犯罪のつじつま合わせをさせるために、余計に薬剤攻撃が熾烈となり、職員全体でトイレコールに出ないという虐待まで始まり、前年の経験から、このまま年末休みに中核病院送りなったら、寝たきりか殺される…と判断して施設を年末に逃げ出したのです。そして、信じられない話であると思いますが、デイサービスで同様の事件が連続したのです。そのため、デイサービスの利用ができなくなり、在宅で、私一人での介護を続けてきましたが、私の健康に赤信号が灯り、もはや、遠慮している場合ではないと判断して、犯罪を隠ぺいした政治…様々な権力と対峙する覚悟を決めて質問に及んだ次第です。  医師の手による、つじつま合わせは、簡単なことです。大元の老健施設の悪魔の医師により、けた外れの禁忌量の向精神薬の投与と高血圧を放置することで、新たな脳梗塞が起き、脳に新たな傷、神経細胞が壊死してしまいました。そのために、以後も、毎日、朝、昼、夕食時、夜中に密かに害悪ある薬剤を密かに投与することで、母親の苦しみが極限に達した時に、脳に異常波が出現、白目を剥きだして苦しむ様になりました。中核病院の医師は、犯罪の隠ぺいのために、苦しみのために白目がむき出しになった様を、てんかんによる「眼球偏奇」として、脳の異常波を根拠に、てんかんが入院になった大元の原因であり、犯罪ではないとする仮装工作をしました。  しかし、悪魔の医師の犯罪行為の全貌は、一年間にわたる可視的記録に残っており、眼球偏奇等の症状は、様々な複数の害悪ある薬剤攻撃の苦しみが極大化した、ほんの二、三日の一時期だけに出現していることが明白で、他の一般的なてんかん症状は出現していませんでした。ただ、中核病院の医師が、自らの隠ぺい工作の露呈を防ぐために、母親が入院となった時に、不要な向精神薬等を密かに禁忌量投与することで、後遺症として現在まで苦しんでいる舌根沈下の苦しみ、呼吸抑制症状を拡大させることで脳に酸素不足の症状をもたらし、更に新たな神経細胞の壊死を招来させ、常時、てんかん症状を出現させることも可能でしょう。他に手段はいくらでも考えられます。そうなれば、最初の「てんかん」の診断が大手を振って歩くことになり、悪魔の医師の犯罪は闇に葬られます。そのことを怖れ、中核病院の医師の良心を信じて、最後の助けを求める、正直に真実を話してもらえば、多分、中核病院の医師も、悪魔の医師にだまされた一面があるのでは…と思い、中核病院の東京の経営陣の、「日本を代表する病院組織の良心」により事件の解決に少しでも協力してもらう意味で、当時の事件の経過を率直に伝えています。大元の犯罪を行った悪魔は、当時は、医師免許を有していましたが、医師として絶対に越えてはならない一線を越えた時点で「医師」ではなくなりましたので、普通の医療過誤とは次元が全く違う犯罪であり、医師同士としての仁義、かばい合いは必要ないものであることを中核病院に伝えていますので、後は、医師の良心を信じる他ないものです。  問題は、政治権力による犯罪の隠ぺいです。犯罪を行った介護施設の経営者は、二人とも政治・行政と親密な関係、知事、市長の選挙母体という役割も果たしていました。そして、悪魔の医師の施設の経営者の先代は、県議会議長もやっていた、そのような関係があり、行政に対する口利き、政治に対する口利きで、行政は見て見ぬふり、捜査機関も同様でした。捜査機関に対する口利きは、相当な地位にある国会議員のレベルでの口利きがないといけないはず…と考えていましたが、今年に入り、仲介した議員を特定する証拠が、ひょんなことから出てきました。  私が考えていることは、いくら地元出身の政府高官だからといっても、犯罪を隠ぺいすることに政治権力をもって簡単に協力することはあり得ないのではなかろうか…ということです。犯罪者が、真実を話す訳がないのです。被害妄想者が騒いで、誰もが迷惑を被っているので何とかよろしく…という程度で犯罪を隠ぺいして、お願いするのではないか…ということです。できる限り善意に解釈しないと、事件の解決は余計に困難になります。  それで、当該政府高官に、今までの犯罪の証拠等を明示し、犯罪の隠ぺいの依頼に協力しないでいただきたい旨の、犯罪証拠資料等を揃えたお願いをしようと思っているのです。逆効果になれば、日本の政治は、国民の政治ではない、選挙支持者のための政治であり、政治権力者のための捜査機関であることの証明につながるからです。この私の、ある意味、最後の必死の「お願い」をやることについて、それは止めなさい、あるいは、それはお願いしてみる価値はある…等、いろいろな考えの方があると思いますが、悪魔の犯罪による母親の毎夜の地獄絵図の後遺症の苦しみは、筆舌に尽くしがたく、私は、犯罪の連鎖を防ぐためには、必死にならざるを得ないのです。よろしくお願いします。

  • 第三者による不服申立

    行政不服審査法による異議申し立ては、当事者だけではなく第三者の立場からも行うことができるのでしょうか? たとえば、問題があると噂の介護施設の内部告発者が行政に指導や処分を求めました。 その結果処分がでました。 A)その処分は法の精神に則った妥当なものですが、介護施設の経営者は納得できない。 B)その処分は法の精神にそぐわない経営者に甘いもので、内部告発者は納得できない。 このように当事者と第三者の不服の可能性がありますが、行政不服審査法における不服申し立てにおいては、AのみならずBの場合も認められているのでしょうか?

  • 介護施設での未成年者への飲酒と性交について

    介護施設での出来事です。病棟の飲み会に高校生のバイトを誘い飲みに行っています。経営者へも注意を促しましたが、全く注意もせずに現在にいたり、いまだに未成年者を飲み会に連れ出しています。これは犯罪なのでしょうか? そういう飲み会が元で35歳の職員と高校生のアルバイトが 性交を持ち、妊娠をして堕胎している事実もあります。 こういう事実を監督指導する機関に届けようと思いますが何処に行けば良いのでしょうか?

  • 私は居宅介護支援事業所でケアマネとして働いています。雇われではあります

    私は居宅介護支援事業所でケアマネとして働いています。雇われではありますが、一人ケアマネの事業所で担当は15人程度しか持ってない状況です。 経営者から、ある提案がありまして、これが法的に大丈夫なのか知りたくて質問いたします。その提案とは経営者の知り合いが新たに介護施設を立ち上げるので、そこででもケアマネ業務をやってくれないかというものでした。同系列の事業所ではなく、まったく違う事業所と現在働いている事業所でのケアマネを兼務してくれというお願いです。新しい方の事業所は私以外にもケアマネを雇う予定なので請求業務等はしなくてむいい、担当する人数も15人程度でいいと言われてはいますが、そもそも2ヶ所の事業所で働くこと自体、法的には大丈夫なのでしょうか?一応、今の職場でも一人ケアマネではありますが、管理者として県にも届けてあるのでちょっと心配になりまして。 もしご存知の方がいらっしゃればご回答をよろしくお願いします。

  • 生命保険

    ご質問です。 生命保険で逓増定期保険というものがあると思います。 会社契約でこの保険の加入者は経営者または役員しか入れないのでしょうか? 父が経営者で役員ではないのですが実質は妹が会社を切り盛りしています。給料は普通の従業員と一緒です。 役職ないとだめでしょうか?あるいはどれぐらいの額まで入れるでしょうか?上限がありますか?教えてください。

  • 危険な介護サービスに困っています

     2009年に介護老人保健施設の医師が、私が不適切な医療行為を指摘した報復として、入所中の母親に対して禁忌量の向精神薬、過剰なコリンエステラーゼ阻害薬等を密かに投与し、中核病院送りにしました。中核病院の医師に対してはアリバイ工作を依頼し、隠ぺいしました。中核病院送りとなった翌日に、入れるはずがなかった別の法人の特別養護老人ホームに入所が決定し、不幸中の幸いと喜びましたが、これが罠でした。前の施設の医師の犯罪を隠ぺいするために、食事中に前の施設の医師の犯罪の手口と同じ薬剤を混入させ、犯罪ではなく本人の病気とする仮装工作を行いました。即座に、犯罪に気付き、当該施設の経営者に警告しましたが、逆にトイレコールに出ない等の虐待も加わり、さらに私が中核病院の医師の犯罪の隠ぺい等の不法行為に気が付いていることが、その施設の看護師から、犯罪関与者にすべて筒抜けになり、母親は、さらに危険な薬剤攻撃にさらされ、中核病院送りが目的であることに気付き、2010年末に、施設を逃げ出し、以後、在宅介護に移りました。  さらに悲劇がおきます。特別養護老人ホームの経営者は、政治・行政とパイフが太い大規模社会福祉法人であり、自らの犯罪もばれてはいけなくなり、他のデイサービス事業者に同様の密かな薬剤投与を依頼し、実行させたのです。何故、分かるかと言えば、禁忌量の向精神薬の投与、コリンエステラーゼ阻害薬の投与等は、特有の症状が出ますので、簡単に分かるのです。犯罪者は愚かです。犯罪の隠ぺいのつもりが、逆に前代未聞の犯罪を露呈させたのです。  そのため、デイサービスが危険で全く使えなくなり、2011年3月より、私が完全に一人で介護サービスを全く使えず、疲労困憊しながら、現在まで在宅介護を続けています。そして、最大の悲劇が判明しました。母親には全く不要な、禁忌量の向精神薬等の薬剤攻撃を二つの施設で二年間にわたり受け続けた後遺症として、夜、舌根沈下の後遺症が出現し、一晩中呼吸困難に陥り、朝方になって眠りにつく、私も夜中は介抱して、朝から寝始める、しかし、二時間後、排尿介助のために必死になって起きる、介助しているうちに、今度は眠りにつけなくなる…この生活が二年間続き、私の睡眠時間も平均して一日、3~4時間程度で、この悲劇的な事態を正常に戻すために、あちこちに通報して助けを求めますが、みな見て見ぬふりをして知らん顔です。そして今年の4月に、自宅で私が倒れて動けなくなりました。救急搬送され、点滴で急場をしのぎ、介護があるため自宅に戻り、再び一人での在宅介護を続けていますが、デイサービス、ショートステイ等を利用しなければ、私が脳梗塞になってしまいかねないため、危険かもしれないことを承知して、少し利用を開始しました。  しかし、危惧したことが起きました。犯罪者は、犯罪の証明などできないはずだ…という愚かな考えから犯罪の隠ぺいのために、デイサービス等で私の母親だけ、密かな薬剤投与を続ける可能性がお大きいのです。デイサービス等は、利用前と自宅に帰ってからの母親の体調を可視化記録に残して、犯罪の検証が可能にしています。  大元の2009年の、ヒステリックな狂気の医師の犯罪の証拠は、最初は、他の粉末の中に害悪ある薬剤を混入する手段を使いましたので、私が途中で看破して、無開封の粉末の薬剤を保存しています。そして、次の特別養護老人ホームでは、食事に混入させる手段をとりましたので、「具合が悪いので部屋食にします…」と嘘をつき、外から買ってきた食事とすり替え、多くの食事を冷凍保存させています。二つの施設の犯罪、早くから私は看破しましたので、毎日、可視化記録を残し、犯罪の証明は容易です。禁忌量の向精神薬も、多種多様なものをつかい、舌根沈下の後遺症が残るほどの分量ですので、単なる傷害の域を超えて殺人未遂の立件が可能と考えています。また、あるコリンエステラーゼ阻害薬が投与されたことは、特有の症状が可視的記録に残され、これは毒ガスのサリンによる攻撃と同じ性格になる犯罪ですので、完全に殺人未遂となります。  一体、私はどうしたらよいでしょうか。このままでは年内に私は倒れるかもしれません。しかし、デイサービスを危険を承知て利用した場合、徹底的な、密かな薬剤投与が行われる危険も残っています。普通の人からは、被害妄想と思われかねない事件ですが、最初の犯罪を行った医師の精神が異常極まり、前代未聞の犯罪を犯した者、隠ぺいに協力した者は、どんなことがあっても事件が露呈してはならなく、何が起きるか分からない状況です。  ここで事件の概要を言及するのは、名誉棄損が目的では決してありません。不法行為、犯罪の抑止が目的なのです。本当に困り果てています。助けてください。

  • 執行役員社長と代表取締役

    ライブドアのように執行役員社長と代表取締役の2種類の役職がある会社もあるみたいですが、そもそも、執行役員社長と代表取締役ってどっちの方が偉いのでしょうか? また、実質の経営者はどちらの方でしょうか?