• ベストアンサー
  • 困ってます

一次変換

定義1:平面上の点P(x,y)から点P'(x',y')への変換fが次の条件を満たす。 f:{x'=ax+by {y'=cx+dy (a,b,c,dは定数) 定義2:任意のベクトルx,yと定数αに対して変換fが次の2つの条件を満たす。 (1)f(x+y)=f(x)+f(y) (2)f(αx)=αf(x) 定義1は定義2を満たすことを示せ。 また、定義2は定義1を満たすことを示せ。 証明するような問題は苦手で、どうしたらいいのか全く分かりません。 どなたか教えていただけないでしょうか? 詳しく解説していただけると有難いですが、解くためのヒントなどでも良いので、お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数126
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

定義1 と定義2 で文字 x, y の用途が違うことは、頭が混乱するもとになりがち。 定義2 の方の文字を換えとこう。 定義2: 任意のベクトル u, v と定数 α に対して変換 f が次の2つの条件を満たす。 (1)f(u+v) = f(u) + f(v) (2)f(αv) = αf(v) さて、定義1 ⇒ 定義2 は… u = (x1,y1), v = (x2,y2), f(u+v) = (x',y') と置くと、 x' = a(x1+x2) + b(y1+y2) = (ax1+by1) + (ax2+by2), y' = c(x1+x2) + d(y1+y2) = (cx1+dy1) + (cx2+dy2) であるから、f(u,v) = f(u) + f(v). 成分ごとに計算して、後でベクトルにまとめた訳。 定義2 ⇒ 定義1 は… e1 = (1,0), e2 = (0,1), f((x,y)) = (x',y') と置くと、 (x',y') = f((x,y)) = f(xe1+ye2) = xf(e1) + yf(e2). f(e1) = (a,c), f(e2) = (b,d) と置けば、 x' = ax+by, y' = cx+dy になっている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 文字を換えたら分かりやすくなりました! まだ何となくですが、分かってきました(^^)

関連するQ&A

  • 線形変換の定義 証明

    線形変換の定義 証明 以前ご回答頂き理解したつもりだったのですが・・・ 実際に自分で証明を試みましたが出来ませんでした。 理解出来ていなかったので再々度質問させて頂きます。 重複質問で申し訳ないですm(_ _)m 線形変換の定義 [1] 体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、 x,y∈V, a,b∈K, について常に f(ax+by) = a f(x) + b f(y) が成り立つもの。 [2] 体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、 x,y∈V, a∈K について常に f(x+y) = f(x) + f(y), f(ax) = a f(x) が成り立つもの。 [3] 体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、 x,y∈V, a,b∈K について a+b=1 のとき f(ax + by) = a f(x) + b f(y), f(ax) = a f(x) が成り立つもの。 *****以下質問内容***** [1]と[3]が同値であることの証明は理解できたのですが、 [1]と[2]が同値であることを証明できません。 [1]と[2]が同値であることの証明 [1]の定義に従い、[2]を示す。 ・x,y∈V,a,b∈Kにおいてa=b=1∈Kとおくと  x,y∈V,1∈K→f(ax+by)=f(1*x+1*y)=1*f(x)+1*f(y)=f(x)+f(y)=f(x+y) ・x,y∈V,a,b∈Kにおいてy=0∈V,b=0∈Kとおくと  x,0∈V,a,0∈K→f(ax+by)=f(ax+0*0)=f(ax)+0*f(0)=f(ax)=af(x) [2]の定義に従い、[1]を示す。 ・x,y∈V,a∈Kにおいて  f(x+y)がf(ax+by)=af(x)+bf(y)となる事が示せません・・・  そもそも、a∈Kでbはどこからでてくるのでしょうか? [1]→[2],[2]→[1]であるなら、[1]と[2]は同値であると示せると 思うのですが、[2]→[1]はどのようにすれば示せるのでしょうか? お手数ですが、ご回答よろしくお願い致します。

  • ベクトルについて

    問題 (a,b)≠(0,0)とする (1)xy平面上の任意の直線の式はax+by+c=0の形で表せることを示せ (2)逆に、xy平面で、ax+by+c=0を満たす点(x、y)の集合は直線を表すことを示せ (3)直線L:ax+by+c=0とベクトル(a,b)(←ベクトルの成分表示がうまくいきません。申し訳ないです。上がaで、下がbって事です) (1)は分かりますが、その逆の(2)、(3)が分かりません。教えて下さい。

  • 線形変換の定義について

    線形変換の定義について 線形変換の定義 [1] 体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、 x,y∈V, a,b∈K, について常に f(ax+by) = a f(x) + b f(y) が成り立つもの。 [2] 体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、 x,y∈V, a∈K について常に f(x+y) = f(x) + f(y), f(ax) = a f(x) が成り立つもの。 [3] 体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、 x,y∈V, a,b∈K について a+b=1 のとき f(ax + by) = a f(x) + b f(y), f(ax) = a f(x) が成り立つもの。 がすべて同値であることを示したいのですが、どのようにすればよいでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

例えば f: x' = 2x + 4y, y' = x - 3y が定義 2 を満たすことは証明できますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 恥ずかしながら、どうしたら証明できるのか見当もつきません(;_;) まず、どうして定義を満たしているのかも分かりません。

関連するQ&A

  • 大学の解析学の問題です

    関数f(x),g(x)をR上で連続な関数だとするとき、次を示せ。 (1) 任意の有理数の点xに対してf(x)=g(x)であるならば、任意の実数xに対してf(x)=g(x)である (2) 任意の実数x,yに対してf(x+y)=f(x)+f(y)が成り立つならば、f(x)=cx (cは定数)である どのような解答にすればよいのか全く分からず困っているので、どちらか片方だけでも良いので詳しく解答いただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 大学 微分の問題

    実数上でf(x)は連続 任意の実数x,yに対して、 f(x+y)+f(x-y)=2(f(x)+f(y))を満たせば f(x)=cx^2(cは定数)を示せ。 この問題を教えてください! よろしくお願いします。

  • 領域の変換

    (u,v) = (x+y,xy)で定義されるR^2上の変換Tの像T(R^2)がどのような集合であるか以下の手順で調べよ。 (1)(1,-2)はT(R^2)に属している (2)(1,2)はT(R^2)に属していない (3)点(u,v)がT(R^2)に属しているための条件をもとめよ。 (4)(3)をuv平面上で図示せよ との問題です (1),(2)の問題は変換の問題?? (1)は x + y = 1 x*y = -2 の連立方程式を求めると解をもつので(1,-2)はT(R^2)に属している? (2)も(1)と同じで x + y = 1 x*y = 2 の連立方程式を求めると解をもたないので(1,2)はT(R^2)に属していない? ということなのでしょうか?

  • 空間ベクトルなのですが・・・

    1. 3点、A(2,5,1)、B(0,3,7)、C(6,0,4)があ    り、点Dを選び、四角形ABCDが平行四辺形にしたいのですが、    Dの座標をどのように設定したらいいのでしょうか? 2.次の三点が一直線上にあるように定数、a,bの値を定めよ。   (-3,2,-1)、(2,-5,3)、(a,b,-5) 3.aベクトル=(-2,-1,3)、bベクトル=(1,3,2)   のとき、次の2式を同時に満たすベクトル、   xベクトル、yベクトルの成分を求めよ。   3x+y=a,7x+3y=b (ベクトル記号“→”は省略してます) ご回答の方、お願い致します。 **************** 4.平面ax+2y-z=6と次の方程式で   あらわされる直線が平行となるように定数aの値を定めよ。   x=1-t,y=-1+5t,z=4+7t   この問題については、自分、法線ベクトルを用いてやったら、できたのですが、なぜ、平行なのに、法線ベクトルを使うのでしょうか? よくわかりません、教えてください。

  • 線形変換の定義

    線形変換の定義 前回の質問で線形変換とアフィン変換について質問させて頂きました。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q5973471.html 線形変換とアフィン変換については理解する事が出来ました。 ご回答下さった方本当にありがとうございます。 線形変換の定義を幾つか示して頂いたのですが、 線型変換の定義: [1] 体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、 x,y∈V, a,b∈K, について常に f(ax+by) = a f(x) + b f(y) が成り立つもの。 線型変換の定義: [1’] [1']?体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、?x,y∈V, a∈K について常に?f(x+y) = f(x) + f(y),? f(ax) = a f(x) が成り立つもの。 線形変換の定義:[1''] ?体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、?x,y∈V, a,b∈K について a+b=1 のとき?f(ax + by) = a f(x) + b f(y),? f(ax) = a f(x) が成り立つもの。 定義[1] ⇔ [1'] ⇔ [1''] が同値であることはどのように示せば良いのでしょうか? また、定義[1'']におけるa+b=1とは具体的に何を示しているのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 線形変換

    平面P;x-y+z+1=0 直線L;2(x-1)=-y=-z 平面を張る二つの線形独立なベクトルをa,b 直線を張るベクトルをcとし 任意の点を直線Lと平行に平面P上へ射影する線形変換をあらわす行列Aを求める問題で 解説では Aa=a,Ab=b,Ac=0 A(a b c)=(a b 0) …と求めています。 Aa=a,Ab=b,Ac=0となるのがよくわかりません。 教えてください。

  • 形変換 アフィン変換 

    形変換 アフィン変換  前回同様の内容で質問させて頂きました。 不明な点がいくつかありますので改めて質問させて頂きます。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q5957715.html アフィン変換 ⊃ 線型変換 であるとご回答頂いたのですが、これはアフィン変換は 線形変換を含むという認識で良いでしょうか? 線形変換はアフィン変換の部分集合だと理解したのですが間違いでしょうか? また、線形変換及びアフィン変換の定義に関して ・線型変換の定義: [1]  体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、  x,y∈V, a,b∈K, について常に f(ax+by) = a f(x) + b f(y) が成り立つもの。 ・アフィン変換の定義: [2]  体 K 上のベクトル空間 V 上の変換 f で、  x,y∈V, a,b∈K, について a+b = 1 のときは f(ax + by) = a f(x) + b f(y)  が成り立つもの。 とご教示頂きました。 定義[1],[2]について考えると、 [1]が成り立てば、[2]は成り立つと思います。 [1]はa+b=1によらず、f(ax+by)=af(x)+bf(y)が成り立ちますから。 翻って、[1]ならば[2]が成り立つと言うことは線形変換がアフィン変換を含むと 言う事になりませんか?この点で混乱しています・・・ ご回答よろしくお願い致します。

  • 勾配ベクトルについて

    勾配ベクトルと方向微分についての問題です。(2変数の場合) 平面状の点(x0、y0)と直線ax+by=cの距離dは d=|ax0+by0-c|/√a^2+b^2  ・・・★  となる事を示す。 直線ax+by=cを平面z=ax+byの等高線(高さc)と考えるとき、 (x0、y0)を通り、ax+by=cに平行な直線は ax+by=(1) であるので、2つの等高線 ax+by=cと ax+by=(1)との高さの差(正の値)は(2)となる。 2変数関数 ax+byの勾配ベクトルの大きさ(3)は(4)を表すから、点(x0、y0)と直線ax+by=cの距離をdとすれば、 (3)=(6)/(5)となる。 これにより★が成り立つ。 (4)には言葉が、それ以外は数式が入るようです。 どなたか、よろしくお願いします!!

  • [編入]3次元幾何ベクトル空間の問題

    とある大学の編入問題を解いていて、分からずに詰まっている問題があります。 3次元幾何ベクトル空間において、 平面A:x+y+mz-1=0 平面B:x+my+z-3=0 平面C:mx+y+z-2m=0 を考える。ただしmは実定数とする。 (1)3平面が一点のみで交わる条件を求めよ。 m=0のとき、以下(2)から(5)の問いに答えよ。 (2)平面A,平面B,平面Cの交点を求めよ。 (3)平面Aと平面Bの交線Lと平行なベクトルa1を求めよ。 (4)平面Cを張る2つの線形独立なベクトルa2,a3を求めよ。 (5)3次元空間中の任意の点を交線Lと平行に平面C上へ射影する線形変換を表す行列Qを求めよ。 という問題なのですが、(3)、(4)、(5)の解き方が良く分かりません。 (3)は答えに自信がありません。(4),(5)は解き方が分かりません。 どなたか教えてください。お願いします。 ちなみに(1),(2),(3)の答えは、 (1)m≠1かつm≠2、(2)(x,y,z)=(2,-1,1),(3)a1=[1,-1,-1]となりました。

  • 必要十分条件

    写像 f:R^2→R^2,f(x,y)=(ax+by,cx+dy) が逆写像を持つための必要十分条件を求めよ。 ただし、a,b,c,d∈Rとする。 逆写像って逆関数と同じことですよね? 値域と定義域などが関係してくるのでしょうか? f^-1(x)の定義域はf(x)の値域、f^-1(x)の値域はf(x)の定義域 である。 ↑こういうことが教科書に載っていたのですが関係あるのでしょうか? よろしくお願い致します。