• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

行列と連立1次方程式

行列と連立1次方程式 連立1次方程式AX=Oの解 (1)連立1次方程式{ax+by=p⇔(a b)(x)⇔(p)⇔AX=Pと行列で表される。 cx+dy=q (c d)(y) (q) (1)の方程式で、P=Oのとき (2)方程式AX=Oは常にX=0を解にもつ (3)方程式AX=OがX=O以外の解をもつ⇔⊿(A) 解説 [1]A^-1が存在するとき AX=Oから、A^-1(AX)=A^-1O ゆえにX=O→解はx=y=0だけ [2]A~-1が存在しないとき すなわち ⊿(A)=ad-bc=0のとき,ad=bcであり、ax+by=0とcx+dy=0は、ともに定数項が0であるから同値となる。 教えてほしいところ 1.(3)の場合なんですが確かに、X=Oを解にもたないのでO以外と言えますが、O以外で必ず解をもつといえる理由を教えてください また、⊿(A)=0と同値であるといえる理由を教えてください。 2.ax+by=0とcx+dy=0は確かに定数項は0ですが、a=c,b=dかどうかわからないと同値とはいえないのでは??

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数526
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

> 1.(3)の場合なんですが確かに、X=Oを解にもたないのでO以外と言えますが、O以外で必ず解をもつといえる理由を教えてください ⊿(A)=0の場合も、X=Oは解に持ちますよ。 AO=Oというのは、Aがどんな行列であっても成り立ちますから。 「方程式AX=OがX=O以外の解をもつ」 というのは、 あくまで「方程式AX=OがX=O以外”にも”解をもつ」 という意味です。  (以下の行列はすべて2次の正方行列、ベクトルはすべて2次の列ベクトルです。  便宜上、列ベクトルの成分を横に並べて行ベクトルのように書かせてもらいます) まず、0ベクトルでないベクトルXがAX=Oを満たすとするとき、 ⊿(A)≠0であるとすると、Aは逆行列A^(-1)をもつので、それを両辺に左からかけると  A^(-1)AX=O  ∴ X=O よって、Xが0ベクトルでないことに矛盾するので、⊿(A) =0 したがって、⊿(A) =0はAX=OがOでない解をもつための必要条件です。 また、逆に⊿(A) =0のときを考えると、 (i) A=Oのとき、  任意のXがAX=Oの解となるのは自明でしょう。 (ii) A≠Oのとき、  X1=(d, -c), X2=(-b, a)とすると、   AX1=(ad-bc, cd-cd)=O   AX2=(-ab+ab, -bc+ad)=O  よって、X1, X2はともにAX=Oの解であり、少なくとも一方はOでないので、  AX=Oは、Oでない解を少なくとも一つ持ちます。 (i)(ii)より、⊿(A) =0はAX=OがOでない解をもつための十分条件です。 以上より、⊿(A) =0はAX=OがOでない解をもつための必要十分条件です。 > 2.ax+by=0とcx+dy=0は確かに定数項は0ですが、a=c,b=dかどうかわからないと同値とはいえないのでは?? 例外として、「(a, b)=O かつ (c, d)≠0」 または 「(a, b)≠O かつ (c, d)=0」 の場合は ad-bc=0にはなりますが、このとき、Oの方の式は、0x+0y=0 という単なる恒等式、 Oでない方の式はxy平面上の直線を表す方程式になりますから、同値とは言えません。 もっとも、ax+by=0とcx+dy=0が連立一次方程式だということですから、暗黙の了解として、 「(a, b)≠O かつ (c, d)≠0」 を前提としているのでしょう。 この場合、ad-bc=0 であれば、a:c=b:dですから、 一方の式は他方の式の両辺を実数倍 したものになりますので、同値です。 xy平面上では同じ直線を表します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有り難うございます。お陰で勘違いに気が付きました。 この部分だけわかりません。 ⊿(A)=0→方程式AX=OがX=O以外の解をもつ 上の命題が成り立つことを証明してください。

関連するQ&A

  • 連立1次方程式の解法

    0 0 2 行列A= 1 2 3 -2-4-3 1 行列x= 2 3 4 行列b= 1 4 とする。 (1) 同時連立1次方程式Ax=0は自明でない解をもつかどうかを、その理由とともに書き、自明でない解をもつ場合は、その解を書け。 どなたか教えてください。

  • 行列の質問

    連立方程式{ax+by=0がx=y=0以外の解をもつ⇔係数行列(a b)が逆行を持たない⇔⊿=ad-bc=0        {cx+dy=0^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^(c d) 教えてほしいところ 1つ目と2つ目が必要十分条件の関係にない気がします。 まず、係数行列が逆行列を持たなくても一致になってx=y=0の解をもつ場合ってありますよね?? よって必要十分条件の関係にないんじゃないですか??

  • 連立1次方程式AX=Pは図形的にどういう意味がある?

    平面上に2つの直線があるとき、その交点を求めることは、 2つの2元一次方程式を連立して解くことに対応します。 さらに、連立1次方程式 ax+by=p cx+dy=q は,行列を用いて, (a b)(x)=(p) (c d)(y) (q) と書くことができます。 行列をA,ベクトルをそれぞれX,Pと置くと、 AX=P となります。 http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/kou2/linear_eq1.html を参照しました。 さて、行列Aは一次変換を表していると考えることが出来ます。 平面上の点Xが、その一次変換で点Pに移ると考えることができると思います。 それはもとの2つの直線とその交点と照らし合わせて、どういう意味があるのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

1の「(3)の場合なんですが確かに、X=Oを解にもたないのでO以外と言えますが」ってどういうこと? 「確かに」と書いているくらいだから, 「X=O を解に持たない」ことは確認したんですよね. どうやって確認したの? あと2の方は a=c かつ b=d であることは必要ではないのだが, 実は解説の [2] もおかしい. ad=bc のときでも ax+by = 0 と cx+dy = 0 が同値ではないことがありうるんだが, そういう状況は無視してるのかなぁ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんばんわ。 まず、#1さんが「(1)(2)(3) の記述が、混乱し過ぎです。」と書かれているのは、 文字の位置がずれているのでわかりにくい。という意味だと思います。 確かに、行列をテキストで表すのは難しいです。 ⇔の記号で結びつけてしまったので、さらに混乱してしまっていると思います。^^; もとの連立方程式は、ax+ by= p, cx+ dy= qですね。 そして、 X= (x, y)と P= (p, q)はベクトル(列ベクトル)を表し、 A= (a b)(c d)は 2×2の正方行列ですね。 いまは、P= (0, 0)のときを考えているので、次のようになりますね。 ax+ by= 0, cx+ dy= 0 ⇒ AX= O 準備はここまでとして、以下に。 ----------------------------------------- >1.(3)の場合なんですが確かに、X=Oを解にもたないのでO以外と言えますが、 O以外で必ず解をもつといえる理由を教えてください 行列式が 0であれば、d= bc/aとなります(ただし、a≠ 0)。 これを cx+ dy= 0に代入すると、 (左辺) = cx+ bc/a* y = c/a* (ax+ by) となります。 c≠ 0であれば、この方程式も ax+ by= 0となります。 結果、ax= (-b)y、つまり x: y= (-b): aという無数にある組を解にもつことになります。 >また、⊿(A)=0と同値であるといえる理由を教えてください。 上で「左向き」の矢印は示せているので、「右向き」を。 これは簡単で、もし逆行列をもつとすると、X= A^(-1)O= Oとなって X= 0という解をもってしまいます。 背理法であっさりですね。 >2.ax+by=0とcx+dy=0は確かに定数項は0ですが、a=c,b=dかどうかわからないと同値とはいえないのでは?? たとえば、次のような連立方程式はどうですか? 2x- 3y= 0, -12x+ 18y= 0 2つ目の式を -6で割ると、1つ目の式に一致します。 上にも記しているように、「比」がポイントになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • adasnt
  • ベストアンサー率44% (69/154)

(3)の⇒を証明します.Ax=0がx=0以外の解を持つとき,Aの逆行列が存在する.という命題が成り立たないことを証明すれば,⇒が証明されますね.また,<=は,ad=bc だからax+by=0の両辺にdをかけて,cx+dy=0の両辺にbをかけて両式を比較してみてください.同じになりませんか? そうするとax+by=0を満たす(x,y)って何でしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

(1)(2)(3) の記述が、混乱し過ぎです。 清書してくれないと、何を質問してるのか 判りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

この混乱を解いてもらうべくして質問しているんです。 なんとか、助けてください!!

関連するQ&A

  • 連立一次方程式 行列

    連立一次方程式 {-3x+k=0,kx-3y=0 がx=0,y=0以外の解を持つように定数kの値を求めてください。 また、この問題のように{-3x+k=0,kx-3y=0の -3x+k←yがない場合 どのように行列式を作ればいいのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

  • 連立1次方程式について知りたいです

    連立1次方程式は解をもつか、またもつ場合は解の値が何になるのか分かりません。 (1) {2x+2y+z=9 {x-y+2z+2w=5 {x+2yーz-w=2 (2) {x+y+z=0 {x+ay+z=0 {ax+y=0     です。 よろしくお願いします。

  • 行列の連立一次方程式の単元で

    ax+by=0 cx+dy=0 は必ず(x、y)=(0,0)の解を持つから、↑の解は(x、y)=(0,0)だけか無数にあるかのどちらかである。 A=(ab) ----(cd)(行列のつもりです)の逆行列があれば↑の解は(x、y)=(0,0)である。 もし↑の式が(x、y)=(0,0)以外の解を持つならば解は無数にあり、Aは逆行列を持たない。 >無数にあるかのどちらかである。 無数にあるというのは、a=b=c=d=0の場合のことでしょうか? >A=(ab) ----(cd)(行列のつもりです)の逆行列があれば↑の解は(x、y)=(0,0)である。 これはdetA=ad-bc[not]=0で、「a=b=c=d=0」でないからでしょうか? >もし↑の式が(x、y)=(0,0)以外の解を持つならば解は無数にあり、Aは逆行列を持たない。 無数に解をもつとき、「a=b=c=d=0」だから、detAが存在しないのでしょうか?

  • 逆行列を求める式変形がよく分かりません。

    2次正方行列の逆行列をもとめる途中式なんですが、次のように教科書に書いてあります。 A=(a,b; c,d)に対し、AX=Eを満たす行列X=(x,y; z,w)が存在すると仮定する。このとき AX=(ax+by,az+bw; cx+dy,cz+dw)、E=(1,0;0,1)であるから次の等式が成り立つ。 ax+by=1かつcx+dy=0かつaz+bw=0かつcz+dw=1 ここから次の関係式がえられる。 x(ad-bc)=d、y(ad-bc)=-c、z(ad-bc)=-b、w(ad-bc)=a これはどんな変形をして「次の関係式」を導いたのでしょうか?すみませんが教えてください。

  • 連立1次方程式の構成の問題について

     3つの変数(a,b,c)を未知とする、連立1次方程式があり、さらに、(b,c,d)を未知数とするもう1つの連立1次方程式があります。未知数としてb,cの部分は重なっていますが、今のままでは2つの連立1次方程式は全く別ものとなっています。しかし、やはりb,cは共通だと考えた場合、今度は(a,b,c,d)を未知数とする4×4の連立方程式を構成して解くということになります。  つまり、2組の連立1次方程式(3元)から1つの4元の連立1次方程式を作るということになります。この場合、4元連立1次方程式を作る方法は唯一であるはずなのですが、どのように考えたらいいでしょうか。解き方としては逆行列などを作用させて...と考えます。変な行列を作ってしまたら(例えば1つの行が(0,0,0,0)とか)になると逆行列が作れず唯一の解が出ないと思います。でもちょっと考えたら(作り方をまちがえたら?)そうなってしまう可能性があります。このように2つの連立方程式からちょっと大きな別の連立方程式を作って逆行列で解く方法について教えて頂きたいのですが。 なお、3×3は行列式は非ゼロであり、至極無理のないものを考えています。変なマトリックス(係数が10^(-8)とか)は全く想定していません。 最終的にはプログラム化していくことを考えていますが、今はその前段階の考え方についてお尋ねします。 よろしくお願いします。

  • 連立方程式、ランク

    1、(mxn)の行列, (m×1)のベクトルをそれぞれA,bとし、行列A のランクをrとする.このとき,連立方程式Ax=bの解はそれぞ れ(i)一意に求まる場合 ii)無数に存在する場合 iii)存在しない 場合が考えられる.それぞれはどのような場合に生じるかを記せ。 また,上記の方程式の解が存在しないときの最小自乗解は何か. 2.Xはmxnの行列でランク(階数)はrである.このとき,Xは  X=BCと表現できることを示せ、ただしBはmxrの列正則な  行列,Cはrxnの行正則な行列である.

  • 連立方程式、ランク

    1、(mxn)の行列, (m×1)のベクトルをそれぞれA,bとし、行列A のランクをrとする.このとき,連立方程式Ax=bの解はそれぞ れ(i)一意に求まる場合 ii)無数に存在する場合 iii)存在しない 場合が考えられる.それぞれはどのような場合に生じるかを記せ。 また,上記の方程式の解が存在しないときの最小自乗解は何か. 2.Xはmxnの行列でランク(階数)はrである.このとき,Xは  X=BCと表現できることを示せ、ただしBはmxrの列正則な  行列,Cはrxnの行正則な行列である. 解答を載せましたが、これで合っていますか?

  • 3元連立1次方程式の解を持つ条件とその解

    3元連立1次方程式の解を持つ条件とその解 次の3元連立1次方程式(1)x+2y+3z=a (2)2x+3y+4z=b (3)3x+4y+5z=c の解を持つ条件とその解を求めます。-2x-y=8a-3b,2y+4z=3a-c,x-z=-3a+2bなどの関係式を求めたのですが、そこからの展開がわかりません。よろしくお願いします。 

  • 連立斉次1次方程式が自明な解以外の解を持つ条件の証明

    連立斉次1次方程式が自明な解以外の解を持つ条件の証明 お世話になります。 連立斉次1次方程式Ax=0(Aは正方行列、x,0はもちろんベクトル)が自明な解(x=0)以外の解を持つ必要十分条件が、detA=0であることの証明が分かりません。 detA≠0の場合は逆行列を持つので、Ax=0の両辺に左から逆行列をかけてx=0になるのは分かります。 よってdetA=0が必要条件なのは証明できますが、十分条件が分かりません。 どなたかご教授お願いします。

  • 連立方程式

    aを実数の定数として、x,yの連立方程式(a+2)x+3y=a , (2a-1)x+ay=3を考える。連立方程式がただ一つの解をもつとき、x,yをそれぞれ求めよ。(aを用いて) このような問題なのですが、そもそも連立方程式がただ一つの解をもつ条件とは何なのですか?教えて下さい!!!