-PR-
解決済み

ムッソリーニの救出作戦

  • 暇なときにでも
  • 質問No.80537
  • 閲覧数326
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 83% (5/6)

ある昔の漫画(マカロニほうれん荘)のなかに、ナチスドイツ軍の特殊部隊が、山荘に軟禁されているムッソリーニを救出するという話を扱っていたのですが、実際にそんな大胆な作戦が行われたのでしょうか?
実際に行われたとして、詳しい情報をご存知でしたら教えてください。漫画の中では、グライダーによる奇襲作戦のように描かれてました。

パロディなのですが妙にリアルだったので質問してみました。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 38% (7/18)

追加の質問についてです。

ムッソリーニは救出された後、北イタリア(独軍占領下)を中心とした、「サロ共和国」を樹立し、バドリオ政権と対立しました。
連合軍のミラノ解放後、北イタリアを逃亡中にパルチザンに捕らえられ、愛人とともに銃殺されました。

簡単な回答ですいません。
お礼コメント
kimukimu598

お礼率 83% (5/6)

度々の回答ありがとうございます。
すいませんだなんて、分かり易い回答です。
勉強になりました。
投稿日時 - 2001-05-24 19:43:39
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 38% (7/18)

史実です。 バドリオ政権により、アベニン山脈のグラン・サッソに幽閉されたムッソリーニを、武装親衛隊のオットー・スコルツェーニ大尉指揮によるSS特殊部隊+降下猟兵の部隊が、グライダー(フィゼラーシュトルヒ)を使用して奇襲攻撃を掛け、救出に成功しました。 ちなみにオットー・スコルツェーニは、「バジルの戦い」等でも特殊部隊を率いて活躍し、「ヨーロッパで一番危険な男」と呼ばれた人物です。 ...続きを読む
史実です。
バドリオ政権により、アベニン山脈のグラン・サッソに幽閉されたムッソリーニを、武装親衛隊のオットー・スコルツェーニ大尉指揮によるSS特殊部隊+降下猟兵の部隊が、グライダー(フィゼラーシュトルヒ)を使用して奇襲攻撃を掛け、救出に成功しました。
ちなみにオットー・スコルツェーニは、「バジルの戦い」等でも特殊部隊を率いて活躍し、「ヨーロッパで一番危険な男」と呼ばれた人物です。
補足コメント
kimukimu598

お礼率 83% (5/6)

回答ありがとうございます。
事実でしたか。しかも成功しているなんて。

追加で質問してよろしいでしょうか。
イタリア近代史について私は誤解しているようです。
ムッソリーニは失脚後、すぐに処刑されたと思っていたのですが、救出後のムッソリーニは何処で何をしていたのでしょうか?
投稿日時 - 2001-05-24 16:29:32
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ