• ベストアンサー
  • 困ってます

借地権を第三者に対抗するためには?

お世話になります 現在、両親は借地に父名義の建物を建てています。 土地の所有者は母の姉の夫(以下、義理の兄とします)であり、母の姉夫婦には子供はいませんが、 義理の兄には既に他界した兄弟がおり、その子供がいます。(父から見て義理の甥っ子) 今般、父が「借りっぱなしの状態では」と義理の兄に当該土地を購入する意思を伝えました。 価格交渉になるわけですが、双方の希望価格に乖離があり 万が一交渉が決裂した場合、父は最悪のケース借地権者のままでもいいと決めているようです。 もし義理の兄が死亡した場合、相続が発生します。 相続人は母の姉と甥っ子になりますが、最初に父が当該土地を購入する意思を告げた際に 義理の兄が 「私が生きているうちは問題ないが、私が死んで相続となった場合、ここの土地は甥っ子に相続する予定なので(面識もない)甥っ子と揉める可能性がある」 と言われました。 確かに両親は義理の兄の子供たちとは面識もなく当然そうなると思います。 義理の兄の相続が発生した場合に甥っ子たちに父の借地権を主張するためにはどうすればいいでしょうか? ちょっと調べたところ、「借地権の登記をしていなくても借地人が相当の権利金を支払い決められた地代を支払っていれば借地権を第三者に対抗できる」とありました。 質問です 1:土地の所有者の相続人もその第三者に含まれるのでしょうか? 2:借地権を登記するとなった場合にはどんな書類が必要でしょうか? 3:下記の情報に於いて「これは変だ」というところがありましたら指摘してください 【情報】(的外れな情報もあるかも知れませんが) ●土地賃貸契約書上では父が借地人で、現在の建物は父名義 ●以前はこの土地に義理の兄名義の建物が建っておりそこに両親が家賃を支払って住んでいた ●数年経ってその建物を解体し、父名義の居宅を建てる際に宅地使用権利金の名目で10,000千円支払った(支払い時の相続路線価は90E・土地の広さ165平米) ●権利金の領収書は5,200千円と4,800千円の2枚ある ●なぜか土地賃貸契約書に記載されている権利金は5,200千円となっている ●年間の地代は当該土地の固定資産税と同額程度 ●義理の兄夫婦は投資に詳しく税理士と契約し毎年申告をしている 10,000千円支払ったのに契約上は5,200千円という件がひっかかっています よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数352
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#184677
noname#184677

宅建主任者有資格者で一級建築士です。 借地権は「債権」であるから普通は「登記」されることがまれです。かわりに借地に足った建物の所有権登記があれば「借地権」とみなされ、借地権を第三者に対抗できます。 ただし、借地権でなく「使用貸借」という場合はこの限りではありません。 つまり、親子間で無償で土地を貸して家を建てさせたなどのケースです。 質問者さまのケースでは、土地の賃貸借契約書もあり権利金の授受もあることから「使用貸借」ではなく 借地契約と思われます。 >万が一交渉が決裂した場合、父は最悪のケース借地権者のままでもいいと決めているようです。 >義理の兄の相続が発生した場合に甥っ子たちに父の借地権を主張するためにはどうすればいいでしょうか? 家屋が登記してあって、借地契約書があって地代の支払いが明確であれば十分です。 借地権はお父様に存続します。 {借地権の登記をしていなくても借地人が相当の権利金を支払い決められた地代を支払っていれば借地権を第三者に対抗できる」とありました。 それは正しいですが、世の中に登記された借地権など「定期借地権の一部の例」しか存在しません。法務局に問い合わせればわかります。借地権を登記させる地主が少ないから建物を登記してあればそれで借地人は第三者に対抗できるようにしたのです。 >1:土地の所有者の相続人もその第三者に含まれるのでしょうか? 含まれます。相続がすめば第三者でなく当事者(地主)です。 >2:借地権を登記するとなった場合にはどんな書類が必要でしょうか? 40年近く不動産・建築にかかわっていますが、いまだに借地権を登記させた地主の話は聞いたことがないです。借地権を登記するには、地主と借地権者がともに法務局におもむき、借地契約書と実印と土地の権利証(今は登記情報なんたら)と家屋の登記情報なんたら(権利証)をもっていき、登記費用をかければできますが、相手がいやがりますね。 そんなことしなくても家屋登記で借地権は守られていますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 借地権の登記は極めて稀なんですね 底地権が希望価格で購入できない場合の最悪のケースを想定して質問させていただきました。 10,000千円支払ったにも関わらず、5,200千円の契約書が交わされていた件は別件になると思うので改めて質問します。

関連するQ&A

  • 借地権の相続

    現在借地(旧借地法)に住んでおります。 20年前に父を亡くし、私と兄が建物を半分ずつ相続しました。 ※母親は入っておりません。 父が亡くなった当時私共まだ未成年で、最近母親をなくしたことがきっかけで遺産等の確認をしていたら借地権の問題が浮上しました。 当時作製された遺産分割協議書には建物ことのみで借地権について触れられておりません。 建物の相続権が半分であれば借地権も同様に半分の権利と決まってしまうようにも聞きましたが、定かではありません。 借地の契約書に記載される契約人名義は兄となっておりますが、母がとりあえず書いたようです。 今回兄と話し合いの上借地権の権利(建物も)は全て私で良いことに同意を取りました。 借地権並び建物の権利を私にする場合 後々トラブル等を起こさないようにしっかりと処理をしたいのですが どのようにすれば良いのでしょうか。

  • 借地権の割合について

    財産の相続をするため、借地権の割合について、教えていただきたく質問させていただきます。 借地権の契約 は、祖父と父の共同名義になっています。 その土地の上に建てられた建物は、祖父が三分の一、父が三分の二です。 この借地権の権利についてですが、契約書などに祖父と父の持分(割合)が明記されておらず、今もめているところです。相手方は借地権の割合を 祖父が二分の一、父が二分の一だと主張しています。(割合の根拠は、共同名義だから、ということです) 借地の契約に割合が記載されていない場合、建物の割合に比例されるものと思っていますが、どうなのでしょうか?

  • 借地権について

    父親が亡くなり、父親が住んでいた建物を相続してくれと兄に言われて、悩んでいます。建物は父親名義ですが、土地は賃借していました。土地賃借にあたり、権利金や借地権は払っていません。また、賃借料は、賃借契約書はありませんが、大家さんと合意した金額を払っています。賃借料は、月5,000円でした。ちなみに、この土地の路線価評価額は、約1,000万円です。 1.そこで、相続財産を申告するにあたり、権利金を払っていなくても、借地権(借地権割合が60%の場合約600万円)を相続財産に加算し、課税対象になるのでしょうか。 2.建物は取り壊して、土地は大家さんに返そうと思いますが、権利金を払っていなくても、土地返却にあたり、いくらかもらうことは可能でしょうか。 3.もし、相続税を払うし、土地返却にいくらももらえないのは、相続損で不合理だと思いますがいかがでしょうか。 4.逆に、土地返却にあたり、権利金も払わず、安い賃料であったことから、大家さんから追加料金を払わせられることはありませんか。 5.土地返却にあたり、大家さんが了解すれば、更地にせず、古家があるままの返却も可能でしょうか。もし、その場合の留意点はありますか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

経験から言うと借地に何年住んでいたかと言う事が権利を特定できますので数十年単位であれば借地権は万全ですから買い取っていただくか4対6で60%の権利があります。つまり借地権を業者に転売するか地主に買い取ってもらうかとなります。勿論住人が買う場合は公示価格の30%位で行えます。 法律的には詳しくないのですが実態でものを言うとそんな結果でした。当方は間に買い取り業者の人に交渉してもらい最後はその方に相場で売ってしまいました。 つまり100坪あったら60坪は住人の権利物であり、住むか売るかですが、全部を買い取る場合30%くらいの値段で買えるという事ですが地主が納得しない場合は上記のような結論が出てしまいました。(地主に買い取る資金が無い場合売ってわけるという結果です、その内60%を貰ってください)義兄に専門家がついているのであれば貴方も専門家にお願いした方が良いでしょう。弁護士では無くて税理士で十分です。当方の時はだいぶ前で年数を経ってますが現実のやり取りで法律的ではないかもしれませんが大きく外れてはいないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 借地権は登記をされていなくても相応の効力を持つという事がわかりました。

関連するQ&A

  • 借地権として認められるための要件

    お世話になります 2013-03-11に 「借地権を第三者に対抗するためには?」という内容で質問させて頂きました。 とてもご丁寧に回答いただき感謝しております。 上記の質問の中にも書きましたが、 父の義理の兄名義の土地に父名義で居宅が建っております。 土地賃貸借契約が交わされ、借地人名義の建物の保存登記が完了していれば 第三者に対し借地権を対抗できるとのご回答をいただきました。 現在、父と義理の兄で「この借地権を相続前に整理しよう」という話をしており、 底地権の価格交渉が進行中です。 第三者に売却するのではなく父が義理の兄の底地権を取得し完全所有権を得たいという考えです。 【事実】 当該土地の土地賃貸借契約が交わされたのは約25年前です。 父は義理の兄に対し、その時点での公示価格の半額強を支払いました。 【実際】 その際の領収証は、支払額の約半額の金額で2枚に分けられていました。 支払った額と2枚の領収証の合計は合致しているので問題はありませんが、 土地賃貸借契約書には1枚の領収証の金額(つまり実際に支払った半額)を権利金として受領し、 となっています。 本来であれば「支払った額と契約証に記載されている額に相違がある」として意義を唱えなければならなかったのですが、父の失念(私には考えられませんが)によりそのままの状態で現在に至ります。 「義理の兄である」からと全く疑っていなかったようです。(全くもって呆れました) 契約書上では「公示価格の四分の一の権利金を支払った」事になっております。 また、地代は当該土地の固定資産税額とほぼ同額です。 事実を知りいろいろと調べたところ、”権利金は通常「不動産所得」になりますが土地の時価の1/2を超えると譲渡所得になる”という事を知りました。また、不動産所得よりも譲渡所得の方が支払う税金が多くなるという事も知りました。 おそらく叔父は譲渡所得としないため(不動産所得となるように)に契約書を交わしたと思われます。 その根拠は ●なぜか領収証が2枚にわけられている(2枚の合計は支払金額と合致する) ●そのうち賃貸借契約書と同じ額の領収証にはきちんと収入印紙が貼付されている ●支払った日は一緒なのに1枚の領収証は契約証と同日、もう1枚はその3日後である 叔父夫婦は投資経験も豊富で一時期、会社経営の経験があり、毎年会計事務所の人に確定申告を依頼しており、契約や税金の知識も豊富です。 今回の底地権の購入でも、こちらが無知である事に乗じた金額の提示がありました。 金額の交渉が決裂した場合には父は借地人のままとなってしまいます。 加えて、契約書は本来であれば割り印をした同じものを2通用意し双方で保管するのが原則ですが、父は割り印もされていないコピーしか渡されていないそうです。(これにも愕然としました) 質問です 地代があまりにも低額(通常は固定資産税学の3~5倍)であると賃貸借契約ではなく、使用貸借になってしまうと聞きました。この契約が生きてしまうとして、「権利金がその当時の土地の価値の四分の一で、年間の地代が固定資産税と同額」 この状態で借地権は認められるでしょうか?

  • 借地権はどうなるのでしょうか

    借地上の建物が父と共有で所有しているのですが、今度売買をして自分名義に完全に移すことになりました。 借地も父と共有して契約を結んでいたのですが、この場合借地権はどうなるのでしょうか。 建物は自分名義、借地は父と私の共有。 上記のような状態でも問題はないのでしょうか。 また、土地の所有者の承諾を取る必要はあるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 借地権・借地権割合

    質問が3つあります。 その1 時価および路線価が1億円の土地を借りて、そこに時価2000万円の建物を建てているとします。 相続によりこの借地および建物を相続する場合、借地権割合が60%だとすると、当該相続財産の価値は8000万円ということになるのでしょうか? その2 その1の借地を「地主」の都合で返すことにした場合、借地権を買い取ってもらうことは出来ますか? その場合、路線価における借地権割合を基準として6000万円で買い取ってもらえると考えてよいのでしょうか? その3 その2の場合において、「借主」の都合で土地を返す場合、借地権を買い取ってもらうことは出来ますか? その場合でも、路線価における借地権割合を基準として6000万円で買い取ってもらえると考えてよいのでしょうか? お詳しい方、よろしくお願いします。

  • 借地権について

    離婚による財産分与に伴い、共有名義だった借地権付きの住居を譲り受けます。(ローンも含めてですが、、、) その手続きですが、建物に関しては登記しますが、借地権に関しては、土地の貸主さんと契約しなおす必要があるのでしょうか?借地権も連名で契約してあります。 そのことに関して、一度貸主の大家さんに相談しましたが、高齢で入院がちなこともあり、手続きすることに難色を示しています。 借地権のある土地のうえに建物を登記すればその借地権は私のものになるのでしょうか?それともやはり借地契約もやりなおさないと、法的には共有名義の借地権との解釈されてしまうのでしょうか?もし借地契約をやりなおすとしたら一般的にどのくらい費用はかかるものでしょうか?専門知識がないし、借地権について詳しい人がいないので困っております。どうかよろしくお願いします。

  • 借地権の名義人は、登記の所有者と同一人物?

    父が亡くなりました。父の住んでいた自宅は借地権のついた土地で、 父が建物の登記上の名義人であり、かつ地主との賃貸借契約の名義人でした。 父の死後、母と長男である私と妹の3人が相続人となるのですが、 借地権を誰が相続するか全員悩んでいます。 法定相続で母50%、私と妹で25%づつにしようかと思うのですが、そうなると借地権もその割合で3名で相続することになります。 たとえば、この場合、登記上の所有者移転を母と私と妹の3名にし、地主との土地賃貸借契約の名義人をわたし1人にすることは可能なのでしょうか? それとも、建物の登記上の名義人と、借地権の土地賃貸借契約の名義人が同じ人物でないといけないのでしょうか? 地代の支払いなどの面で、地主との契約は私一人が名義人となった方がいいと判断したからです。 よろしくお願いします。

  • 借地権は誰にありますか?

    借地に住む妻と結婚し、借地で義父らと同居していました。義父が亡くなるのと契約更新時期がほぼ重なり私は地主に更新料を払い新居の建築を認めてもらいました。建物は私名義で登記しております。借地権自体の登記はありません。 借地権は相続の対象であることはわかります。本来なら妻が義父から相続するものと思いますがこの場合は借地権は私にあると判断していいのでしょうか?そうであるならば妻の借地権はどうなったのでしょうか? 私なりに考えると「義父が持っていた借地権は、私から地主に更新料を払うタイミングで私に移転した。よって妻には借地権は相続されていない」と思えます。 如何でしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 借地権の相続について。

    このサイトからも調べてみたのですが、理解しづいらいので質問させて頂きます。現在借地権(土地)は義母名義、建っている家は主人名義です。義母が他界したあとは家の名義人である主人が借地権を受け継ぐ事はできますか?サイトのほうで借地権は本人が死亡した際(契約も満了した場合)地主のほうが相続するのを拒否できると書いてあったのですが。私は家の名義人に強い権利があると思っていたのですが。遺産分与の方はこの中では無視して下さい。地主側の権利をおしえてください。

  • 借地権について

    以下の場合の贈与関係について教えていただきたいのですが、 土地に対し借地権を有するAがおり、その上にA名義の建物を 建てています。この建物をBに名義変更をした場合、贈与となるのは 建物部分だけでしょうか?借地権部分についてはどのように なりますか?

  • 借地権に関して

    現在、義母の名義で隣人(地主)から住居用に土地を借りています。 その土地には、約70年 2世代に渡り自ら居住した建物が立っております。 過去には家族で数んでいましたが、核家族化し、5年程前に義母が認知症の 為施設に入った後は、空家状態が続いています。 たまたま、最近 知人の紹介で、この家に興味を持たれた方に、借地権付き の建物を売却する話が持ち上がりました。 そこで、土地に地主に相談したところ、この土地には借地権は無い、そして、 いつでも更地にして明け渡していただく権利を有していると言われました。 借地権を設定した契約を今さらする意思もないとも言われました。 調べてみると確かに期間や地代等を定めた借地に関する契約がなく、 隣人と口頭の約束で地代を取り決めし、現在まで支払ってきた状況です。 この様な状況で、正式に借地権を取得し、建物を知人に売却する方法は有る でしょうか? もし、地主が契約する意思がないとなるとこのまま、何も契約が無い状態で 地代だけ支払い続け、いつでも地主の一方的な要請で、更地にして明け渡 さなければならない義務があるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 相続と借地権について

    父80歳、母82歳。父の資産は以下3点です。兄弟は男3人で私が次男です。 1.土地100坪、実勢価格約600万。ここに私名義で家(家だけで土地は父名義) を建てて住んでいます。 2.マンション:実勢価格約600万。誰も住んでおりません。 3.父母が住んでいる家&土地。実勢価格約600万。 *これ以外に現金が約2千万位だと思います。 母は認知症で父が用事のある土水曜は私の家で過ごしています。 父母と私は千葉県内に住み、私は自由業である程度時間が自由になります。 兄と弟は東京でサラリーマンをしておりそれぞれ自分で家を建てて住んでいます。 お伺いしたい事 上記1の家だけ私名義で土地は父名義の土地について、父と借地権契約を結ぶ合意に達しています。、 (20年から30年、月2万5千円) これは相続対策で借地権契約を結ばない場合、上記1,2,3だけ見ると 私:兄:弟=600万;600万;600万 ですが、借地権契約を結んだ場合 私:兄:弟=300万;600万;600万 という事になるのでしょうか。 追記 もし父に何かあった場合、母は私が引き取るつもりです。 そうなると私の家の増築が必要です。 借地権契約を結んだ場合 私;兄;弟=300万;600万;600万 であれば、兄弟に言ってから借地権契約を結ぶつもりです。 父に遺言書いてくれ、というのは簡単ですが、後で兄弟でもめる可能性があり 遺言書はなし、という前提で話を進めていくつもりです。

専門家に質問してみよう