• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

漢字の「罪」の語源について.英語の「sin」の語源について.

若干,英語の罪と日本語の罪とのニュアンスが違うのではと思うので…お聞きしたいと思います.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1687
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#13376
noname#13376

英語の罪「sin」は「聖書の原則に照らしたときの違反」を意味します。 日本語の罪「つみ」は「道徳上、法律上、してはいけない行い」を意味します。 これはもともと「神の禁忌=[悪、けがれ、わざわい]をおかし、その報いを受けるべき凶事」という「できごと=罰」そのものを指す言葉がだんだんと変化してできた概念のようです。 「悪」は「道徳的なよくないこと」 「けがれ」は「きたないこと、よごれ」 「わざわい」は「わるいできごと」 これがもたらす結果が「罪」というわけですから、すなわち「罰を受けるようなおこない」が「つみ」なのです。 よって、 英語は「聖書に基づいているから罪」で 日本語は「罰があるから罪」 ということですね。 つまり、「罪」と「罰」の関係が、英語の「sin」と日本語の「つみ」では逆ということ?! もっとも「罰」以前に「神の禁忌をやぶること」というのがあるから、根っこの部分では「つみ」も「sin」も同じでしょうか。 対象となる「神」の違いだけってことですね、結局。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「俺」や「僕」を英語で

    英語には1人称単数を表す代名詞として“I”しかありませんが、日本語には「私」の他にも沢山ありますよね。 そこで質問ですが、日本語の「俺」や「僕」のニュアンスを英語で表すことは出来ないでしょうか?

  • 語源

    英語の"Dream" がニュアンスは違えど、寝ているときに見る夢と将来の理想といった日本語の"夢"とほぼ同じ意味を同時に持つことが奇妙に感じられます。 これは夢という単語が、開国後新しく作られたか、あるいはどちらかの意味を新しく加えられたということですよね。偶然とは考えられません。 他にも、"情報の漏洩" であったり、"秘書" などいった言葉も英語表現に影響されたと思われます。 正論でしょうか。

  • 罪なきものとは

    英語圏などであれば、神に対してsinless oneというのを罪なきものといっても、意味の上では、原意にさほど遠くないであろう。しかし日本語で"罪なきもの"といえば、"他愛のない"とか、"なんてこともない"、という意味になる。"穢れなき"は、その"穢れ"が少し違う。むしろ"邪念なき"か、"純なるもの"、だろう。開悟の高僧などの清浄さであろう。しかし、求道の精進の人に、"おぅsnless one"というのを、日本語で該当(相当)することばが、思いつくでしょうか?もう文化と意識の相違であって、そんなことばはないのではないでしょうか?つまり翻訳できない(日本語での理解ができない)ことばではないでしょうか?だからコンピュータとか化学とかのようにそのままカタカナにして使うか、造語するよりしかたないのかな、と思っています。どうかお教え下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

「語源」ではありませんので、若干ずれた回答かもしれませんが・・・。 英語と日本語のニュアンスの違い、と言うよりも先に、sinとcrimeのニュアンスの違いが大切なのではないかと思います。 前者はキリスト教の原罪、後者は法律上の犯罪。 日本語でいう「罪」は後者を指すことが多いのではないでしょうか。 ただし「罪なことをする」などと言う時は、法律上の罪と言うよりも漠然とした罪、よく「ばちが当たる」等と言いますが、そういう時の罪に近いかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

sinはold englishでは”synn”と辞書にありましたが、 それ以外わかりませんでした・・・。 罪の違いは宗教の違いでしょうか?日本の宗教では庶民への戒律は厳しくないような気がします。 裁判で神に真実を誓うこと(宣誓)は日本ではしませんよね・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#118466
noname#118466

日本人の罪の意識は先ず自分自身、次に肉親、そして自分が属する周囲の人々に対するものだといわれます。 勿論、敬虔な仏教徒として仏の教えに反したと罪の意識を持つ人もいるでしょう。日本人の罪の意識は恥につながっています。罪を犯すことは自分に対して、又自分を知る人々に恥ずかしいことをしたのであり、それらの人々にも恥をかかせたことになるわけです。従って、そのような罪を犯さないように自分をコントロールします。 キリスト教国の人々の罪の意識は原罪意識と神の教えを裏切る罪ではないでしょうか。従って彼らが罪を犯したと思う場合は教会で罪の告白をして許しを乞います。 謝る相手は神です。日本人が謝る相手は人間です。 日本人は理屈はともかく、先ず相手に謝ることで誠意を表します。日本人ほどすぐ謝る、すみませんという国民はいないのではないでしょうか。 sinの語源はよく分かりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「君」や「お前」を英語で

    英語には2人称を表すのに youしかありませんが、日本語の「君」や「お前」のニュアンスを英語で出すことは出来ないでしょうか?

  • 日本人の英語べたの大きな罪

    日本人の英語べたの大きな罪をカタカナは負っていると考える者です。 確かに、擬音語(ポンポン、カーン、ピンポーン)などについてのカタカナの貢献は 大きいと思います。 しかしながら、英語をカタカナにすることで、その英語はもはや日本語になってしまう。 だからわけもわからず、語感だけに頼って多用してしまう人が多く、わけのわからない使い方を している。 それだけではありません。 例えば、 私はあのホテルに泊まりました。 このホテルは日本語です。 もしも英語で言うなら、それを強引にカタカナで表記するならホゥテルになります。 でもホテルをホゥテルと正しく英語で発音しながら日本語文で話す人は絶対にいない。 私はあのホゥテルに泊まりました。 なんて言うと、まず間違いなく笑われます。 (ちなみに、韓国人はじめ日本以外のアジア人は概ね英語の発音で言います) すべからく、英単語をカタカナにすることでその英語は日本語化されてしまう。 RもLもあったものではないのは当然です。 そういう基本的なところができていないので帰国子女でない日本人は英語が苦手になる カタカナにはいいところもありますが、そういう負の面も大きく持っていると思います みなさんは、いかがお考えですか?

  • 「単純」と「シンプル」・・・日本語と、日本語化した英語では、ニュアンスがかなり違うものは?

    「単純」を英訳すると、普通「simple」ですよね。 でも、日本語で使う「シンプル」は、「単純」とは大分ニュアンスが違うように思います。 「単純」・・・ちょっと悪いニュアンス 「シンプル」・・・スッキリしていて、いいニュアンス 皆さんはどうでしょうね。 で、こんな「日本語」と「日本語化した英語」では、ニュアンスが違う例を、色々と教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 同一内容の論文を英語と日本語で

    同一内容の論文を英語と日本語で書かなければならないのですが、英語文を考えた後日本語訳をするべきか、日本語で一通り考えた後英語に訳していくべきか、で悩んでいます。 現在海外在住なので(といってもまだ短いですが)、英語に自信があるとは言えませんが、日常会話はこなせるレベルです。 英語→日本語にしてしまえば、自分の知っている使いやすい英語ばかり使ってしまい文章がまとまらないかな?と思いますが、日本語→英語にしてしまえば、日本語の微妙な言い回しやニュアンスが英語でうまく表現できずにうまく伝えたいことが伝わらないかもしれない、と思うとどちらからはじめるべきか・・・と悩んでしまいます。 経験者の方や、なにかアドバイスをしてくださる方いらっしゃれば、ご回答よろしくお願いします。

  • 英語の風と窓は語源的には同一なのでしょうか

    日本語では全然違うと思いましたが、英語では綴りが似ているので関係があるのかと思いました。

  • 洋画でしゃべっている英語と字幕に書かれた日本語って合ってる?

    洋画でしゃべっている英語と字幕に書かれた日本語って合ってる? 英語に興味が沸いています。 >洋画の翻訳されたニュアンスというか、直訳したイメージってそれなりに合ってますモノですかね? 英語を覚えようとしている状態で洋画を見ている時。 洋画のシチュエーションに合った言葉としての英語と捕えるべき? それとも、このセリフは日本語でこういう意味なんだって思うべきでしょうか? 多分、日本語の使い方と違いますよね? 同じセリフでも状況で答え方が違うように感じるので・・・。 なので、日本語で言うとこういうニュアンスでけど、英語だとこの状況だからこの言葉が出た。 って受け止め方した方が英語のコミニュケーションを理解出来るかな?と思ったんですがどうですか?

  • 英語の女性言葉について。

    英語の言い回しで、日本語の女性言葉のような、たとえば「○○かしら」とか「○○だわ」などといったニュアンスの言い回しってあるのでしょうか。

  • 英語で「絶賛公開中」

    英語で「絶賛公開中」という日本語にあたる言い回しはありますか?まったく同じでなくても、似たようなニュアンスの言葉であれば構いません。

  • 感嘆詞英語

    日本語で苛立ちや不快感を表す時、「もう~っ」とか言ったりします。こういう感嘆詞でぴったりの英語は無いでしょうか?例えば「Ugh!」が近いですが、もっと苛立った感じの「もうっ~たらっ!」みないなニュアンスのでる言葉は無いでしょうか?ご存じの方、よろしくお願いします。

  • どっちのが英語としてかっこいいでしょうか?

    例えば、ある小説の題名を付けようとした場合、(そうしようとしてるわけじゃないんですけど。) 「楽しい物語」、「楽しいお話」 みたいなニュアンスのタイトルを付けようとしたら、 「happy tale」と、「happy tales」 のどっちが英語として自然ですか?(センスのいい名前ですか?) それと、日本語の「儚い」と同じニュアンス・イメージの英単語はempty以外に何かありますか?