• ベストアンサー
  • 困ってます

このフランス語の意味、教えてください。

フランス人ピアニスト、マドレーヌ・マルローのバイオグラフィーを 読んでいます。 そのなかに、 "En 1959, elle entre avec Andre Malraux, ministre delaculture au Palais Royal,..." とあるのです。アンドレ・マルローは、マドレーヌの夫で、フランスの初代文化大臣です。 また、パレ・ロワイヤルには、フランスの文化省が入っています。 だから、「1959年、マドレーヌは、アンドレ・マルローとともに、パレ・ロワイヤルに 移り住んだ。」という意味なのかなとも思ったのですが、正しいでしょうか。 文化大臣は、文化省の入っているパレ・ロワイヤルに入居するものなのでしょうか。 この文の"entre...au Palais Royal" が、いまいち、よく分からないのです。 どなたか、ご解説をよろしくお願いいたします。

noname#175561
noname#175561

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

この文ですけど、 > elle entre avec Andre Malraux, ministre de la culture au Palais Royal, でよろしいのでしょうか。 "ministre"の前に冠詞がないことからみて、これは「同格に置かれた名詞」とみるべきかと思われます。 (アンドレ・マルローが1959年の組閣で文化大臣になったことからも、「アンドレ・マルロー、文化大臣」と同格に並ぶのが自然かと) その"ministre"に続くコンマが"au Palais Royal"の後ろに置かれている場合、"ministre de la culture au Palais Royal"全体が「同格に置かれた」ものとなります。 そうなると、前置詞"à"が場所を示して「パレ・ロワイヤルの(にオフィスがある)文化大臣」まででひとくくりになり、"elle entre"の目的補語はコンマの更に先にあると思われます。 (なお、"ministre de la culture,"とここで切れていれば、"entre au Palais Royal"(パレ・ロワイヤルに入る)となりますけれども) ちなみに、1959年時点では既にENAができていますので、日本的な意味で「入省する」場合はENA卒業生として役所に入るという意味になります。 マドレーヌ・マルローの来歴については不案内ですけど、察するに、政治任用で秘書か何かになったのではないでしょうか… ご参考になれば幸甚です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧ご解説、本当にありがとうございます。 でも、felicitas01ARBさまのご解説で、よく分かりました。 entre~au Palais Royal なのではなく、 entre 目的語 なのですね! ところで、マドレーヌ・マルローについて、色々、日本、 フランス、アメリカのヤフーで検索してみたのですが、 ”文化省で働いていた”というようなことは、どこにも 書かれていないのです。 (それまで、子育てに専念していたようなのですが) 夫が文化相になって、文化大臣夫人として、活躍した ということを、この文では言いたいのかなあ?と 思っております。 詳細なご解説、本当にありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

Palais Royal にある Ministère de la Culture(文化省)に入省した、つまりは文化省で働くことになった という事ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をいただき、ありがとうございます。 そうですよね。素直に考えたら、「文化省に入省した」ですよね。 ただ、マドレーヌが文化省で働いていたというのを聞いた事が ないので、もしかして、「文化省で(文化大臣の)夫を支えることに なった。」と言いたいのかもしれません...。 とても参考になるご回答を、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • フランス語の前置詞は、省略できますか。

    この間から、フランス人ピアニスト「マドレーヌ・マルロー」のバイオグラフィーを読んでいて、 こちらのサイトでも、お世話になっているのですが、「前置詞が省略されているの?」って 思う箇所が、2箇所あるのです。でも、フランス語の前置詞って、省略されることがあるのでしょうか。 例えば、 (1)Elle a également prété le plus large concours à la commémoration organisée rue de Valois, en novembre 2006, pour le trentième anniversaire de la disparition du fondateur du ministère de la culture et de la communication. "à la commémoration organisée rue de Valois" の部分。 "rue de Valois" は、直訳したら『ヴァロワ通り』ですが、この文では、フランスの 『文化・コミュニケーション省』のことだと思うのです。 そして、"à la commémoration organisée/ rue de Valois" で、スラッシュを入れた部分に "par" もしくは、"à" が省略されているのでは?と思うのです。 「文化・コミュニケーション省で開かれた記念式典で」 もしくは、「文化・コミュニケーション省によって催された記念式典で」 (ちなみに、この"fondateur du ministère de la culture et de la communication" とは、 アンドレ・マルローのことだと思うのです。マドレーヌ・マルローは、アンドレ・マルローの 夫人ですし、彼は、フランスの初代文化大臣で、1976年11月に亡くなっているので、 2006年11月に行われた「没後30周年の記念式典」とも、一致しますし...。) (2)La poursuite et la richesse de ses talentueuses activités musicales depuis 1986, tant en France que dans le monde ont été consacrées par sa promotion au grade d’officier de la Légion d’honneur le 19 avril 2010 . A cette occasion, elle donna un merveilleux récital, rue de Valois. 一番、最後の"rue de Valois" の前に、やはり、前置詞"à"が省略されているように思うのです。 「マドレーヌは、文化・コミュニケーション省で、見事な演奏を披露した。」 しかしながら、フランス語で、このように、前置詞が省略されることは、あるのでしょうか。 特に、(1)の"à la commémoration organisée rue de Valois"の部分が、私には難しいです。 "organisée"と"rue de Valois"に、前置詞が省略されているのでは?と思うのですが、 自信がありません。 どなたか、ご解説を、よろしくお願いいたします。

  • フランス語わかる方訳してください

    A demain rendez-vous au Palais-Royal 明日 ロワイヤル×××で会いましょう という意味かなと思ったのですが、 Palaisの意味がネットで英訳してみたら、 palate(口蓋)となってしまいちょっと違うかな?と思うのですが… 何かの複数形か何かなのでしょうか?

  • フランス語の文章、分からないところ、教えて下さい。

    いま、現役最高齢ピアニスト、マドレーヌ・マルローのバイオグラフィーを 読んでいるのですが、その中で、 "...elle avait stupefait les organisateurs pour une heure de recital, tel un sisyphe, elle passa quatres heures en repetition pour se familiariser avec le piano mis a sa disposition." (長くなってすみません。アクサンは、打てなくて、省略しております。) この中で、一行目の最後、"tel un sisyphe" ですが、何を言っているのか、 全く分かりません。 稚拙な訳で、大変、申し訳ありませんが、 「彼女は、一時間の演奏のあいだ、主催者たちを驚嘆させた。(tel un sisyphe) 彼女は、リハーサルで、ピアノの配置を計算しながら、どう演奏するかに、 4時間を費やした。」 どなたか、この "tel un sisyphe" について、ご解説をお願いいたします。

  • フランス語の文章で分からないところ、あります。

    今、ピアニストのマドレーヌ・マルローのバイオグラフィーを読んでいます。 その中で、どうしても分からないところがあるのです。 Depuis, en sus des récitals donnés au japon, à Tokyo, comportant des mélodies de Saties, interprétées avec un inaltérable talent, elle joua à Salies-de-Béarn et fît à Paris plusieurs fois salle comble, dans le précieux théatre du Musée de la Vie Romantique, dans celui de l’Archipel; Et dans tant d’autre, pour des soirées où elle interpréte diverses pièces de piano en alternance avec François Marthouret comme récitant de textes d'Erik Satie mis en forme par son amie Karin Müller. 最後の、"comme récitant de textes d'Erik Satie mis en forme par son amie Karin Müller" ですが、どういう意味なのでしょうか。 「友人のカリン・ミュラーによって、編曲されたエリック・サティーの作品を、歌うように」???? という意味なのでしょうか。(全然、分かりません。) ちなみに、"Karin Müller" を調べてみましたが、音楽家、もしくは、編曲家ではないようです。 http://en.wikipedia.org/wiki/Karin_Muller どなたか、教えてください。

  • フランス語の読みを教えてください。{至急!}

    下記のフランス語の文章の発音というか読み方を教えてください(;_;)! 至急お願いします(;;) "Elle serait bien vexée, se dit-il, si elle voyait ça… elle tousserait énormément et ferait semblant de mourrir pour échapper au ridicule. Et, couché dans l'herbe, il pleura. C'est alors qu'apparut le renard. on ne voit bien qu'avec le coeur. L'essentiel est invisible pour les yeux. C'est le temps que tu a perdu pour ta rose qui fait ta rose si importante.

  • フランス語翻訳で…

    カンヌ映画祭関連のLe mondeの記事を訳しているのですが、書き出しのパラグラフがどうしても分かりません。 1つ1つの単語の意味は分かるのですが、全体的に言ってることが…。 タイトルは「精彩を欠いた国際批評家週間、吉田大八監督作品がコンペのレベルを引き上げる」です。 以下、長くて申し訳ないのですが、分かる方がいらっしゃったら教えてください。(アクサンは文字化け防止のためとりました) Ouverte sous les auspices du pire, avec "Heros" de Bruno Merle, un huis clos naviguant entre les registres du potache, de l'experimental et du trash dans lequel Michael Youn et Patrick Chesnais s'adonnent a un ahurissant numero de prise d'otages,la Semaine internationale de la critique, organisee du 17 au 24 mai, aura tout du long peigne a redresser la barre. "Hero"は、批評家週間に出品されたフランスの作品名。 Michael とPatrickは主演俳優の名前です。 よろしくお願いします。

  • フランス語⇒日本語翻訳お願いします。

    フランス語の翻訳をお願いします。内容がさっぱりわからずネットの翻訳で訳してみたんですがさっぱりわかりませんでした。 少し長いですが日本語訳をお願いします。 La philosophie subit le problème tel qu'il est posé par le langage.Elle se condamme donc par avance à recevoir une solution toute faite ou,en mettant les choses au mieux,à simplement choisir entre les deux ou trois solutions,seules possibles, qui sont coéternelles à cette position du problème. Autant vaudrait assigner au philosophe le rôle et l'attitude de l'écolier,qui cherche la solution en se desant qu'un coup d'oeil indiscret la lui montrerait,notée en regard de l'énoncé,dans le cahier du maître. Mais la vérité est qu'il s'agit,en philosophie et même ailleurs,de trouver le probléme spéculatif est résolu dès qu'il est bien posé. J'entendes par là que la solution en existe alors aussitôt, bien qu'elle puisse rester cachée et,pour ainsi dire,couverte.il ne reste plus qu'à la découvrir. Mais poser le probléme n'est pas simplement découvrir,c'est inventer. La découverte porte sur ce qui existe déjà,actuellement ou virtuellement ou virtuellement:elle était donc sûre de venir tôt ou tard. L'invention donne l'être à ce qui n'était pas,elle aurait pu ne venir jamais. Déjà en mathématiques,à plus forte raison en métaphysique,l'effort d'invention consiste le plus souvent à susciter le problème,à créer les termes en lesquels il se posera. Position et solution du problème sont bien près ici de s'équivaloir:les vrais grands problèmes ne sont posés que lorsqu'ils sont résolus. 哲学の何かの本?らしいのですが・・・フランス語得意な方翻訳おねがいします!

  • フランス語、 avecの語源

    フランス語で英語のwithに相当する単語は avecですよね。しかし、同じラテン系の言語であるスペイン語とイタリア語では conと言うらしいですね。 J'ai deux questions. La premiere, c'est assez vulgaire et je la pose en francais pour qu'elle ne soit pas lue par beaucoup de gens et soutout par les mineurs et par-dessus tout pour echapper a la surveillance serree par l'administrateur de ce site. Vous pouvez sauter la premiere question. Mais si par hasard vous avez la bonte d'y repondre, faites-le en francais, s'il vous plait. D'accord? Alors j'y vais! L'espagnol et l'italien sont appris par beaucoup de Francais apres l'anglais. A ce propos, la preposision francais“avec”,vous savez, se dit en espagnol et en italien “con”. Ce mot est en francais un argot qui signifie appareil genital femelle(dont les hommes sont friands) et il a “chatte” pour synonyme. Je me demande que les Francais apprenants l'espagnol ou l'italien n'hesitent pas a le prononcer si souvent utilise dans ces langues. Et au contraire les Hispanophones ou les Italiens apprenants le francais ne s'etonnent-ils pas lors qu'ils se sont rendus compte que leur preposition tres usuel “con”exprime les parties naturelles de la femme en francais? La deuxieme question, je la pose en japonais, et y repondez en japonais. Repondez au moins a la deuxieme, s'il vous plait. そこで質問なんですが、スペイン語とイタリア語の conはそのままラテン語から引き継いだと思うんですが、フランス語の avecはどこから来ているんでしょうか? できれば いつごろ使われ始めたのか、詳しい方 教えてください。

  • フランス語の訳をお願いします。

    フランスにおける女性史の話しです。よろしくお願いします。出来れば直訳でなく翻訳調の 訳だと助かります。 題"Garconner" Avec la garconne des annees 1920, lamasculinisation trouve enfin une legitimite: elle est a la mode, fait(jeune),donne un genre(artiste)et ambigu,exprime(modernite).Cheveux et jupes sont raccourcis.C'est une revolution assez brutale meme si les modeles de Paul Poiret,avant 1914,et la mode de guerre l'annoncaient.En 1922,le roman de Victor Margueritte,donne un nom a ce phenomene de mode et de moeurs. Ces deux couvertures signees par Chimot,illustrateur a succes, ayant une predilection pour les nus et deshabilles feminins,ornent une edition de La Garconne dans une collection bon marche.Elles donnent a voir la metamorphose de l'heroine eponyme, une Monique Lerbier credible.Toutefois,son style appartient plus aux annees 1930 qu'aux annees 1920(plus typique des Annees folles,la premiere edition illustree(coloriee au pochir)est due a Van dongen.La jeune fille feminine, en garconnant, se transforme en creature androgyne,a l'image de la mode qui s'etale dans les publicites, les publications.

  • フランス語の練習問題の解答を教えてください!

    フランス語の練習問題の宿題が出されたんですが、答えがないため、何度やっても解けない問題が、どこが違うのかが分かりません!!学生の身でこんな質問をするのは不謹慎(?)かと思いますが、どうか助けてください! 文法編1問1 以下の(  )の不定詞を活用させ、解答欄に書き入れなさい。必要に応じてエリジョンをしなさい。 Qu'est-ce que vous (faire) quand vous (être) en vacances ? Autrefois ils (être) célèbres, mais ils (ne plus l’être) aujourd’hui. Si vous (prendre) un taxi, vous (arriver) à temps. Combien (coûter) un paquet de cigarettes l’année prochaine ? Je (se lever) chaque jour à 7 heures du matin. Nina et Eléna (partir) à la mer. Tu (avoir) un bon gâteau si tu es sage. (Ne pas avoir) peur ! Elle (s’appeler) Marie. Je (mettre) une robe noire pour la soirée de ce soir. Dans quelques minutes, nous (arriver) à l’aéroport Charles-de-Gaulle. Anne (se souvenir) trop tard que la bibliothèque (fermer) le lundi. Elle (ne pas encore aller) au Japon. Je (ne pas sortir) hier, parce que j’ (avoir) beaucoup à faire. Je (vouloir) cette chemise, s’il vous plaît. Quelles chansons (chanter-vous) au karaoké ? Mes amis (venir) chez moi ce week-end. Quand nous (être) à Paris, nous (aller) souvent au Louvre. Autrefois, Paris (s’appeler) Lutèce. Je (regarder) la télévision quand tu m’ (téléphoner). Le week-end dernier j’ (avoir) rendez-vous avec Julie. (Regarder) là-bas. Nous (chercher) nos places lorsque le concert (commencer). Il m'a dit qu'il (occuper très). (Être) sages, les enfants ! Je (ne pas encore lire) son dernier livre. Je crois qu’elles (se coucher déjà). Vous (se rendre) à la ville ? (Ne pas aller) danser.