• ベストアンサー
  • 困ってます

不倫→友だち→身体の関係

  • 質問No.7876820
  • 閲覧数1144
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 54% (213/392)

友だち(女性・30代)が、昨年に同じ歳の不倫の彼と別れました。
二人とも私の友人です。

別れは、既婚者の男性から。よく言えば、もともと周りに気を使うタイプで、女性の思いが深くなるにつれ、子どものこともあり離婚できない状況と彼女にこたえられない状況をクリアにしたいと思ったようです。
最初は、彼女の気持ちに答えようとしていたようですが、時間がたち現実味が増すにつれ、彼女が重荷になり、気持ちは減っていたようです。

もともと二人は友人関係だったので、不倫解消後も悩みに悩んだあげく、仕事等の相談相手、何でも話せる親友としての関係を築こうとしていました。
お互い価値感が同じで一緒にいて楽しいから、どんな形であれ「会いたい」という気持ちは捨てられないようでした。
この間、1週間に1回程度、仕事や習い事のことでメールはしていたようです。

数ヵ月後、友だち同士の集まりがあり、その夜、二人はまた肉体関係になったそうです。
あくまで「友だち」のままで、前のような恋人同士ではないと彼女はいいます。
ただ、「彼が肉体関係を持ってしまったことを後悔し、家族との間でまた自己嫌悪におちいって、友だちですらいれないのでは・・・」と悩んでいます。
別れた時も苦しんでいましたが、今回もまた違う意味で来るしんでいます。

彼女は、恋人に戻りたいとかではなく、ただ彼とのつながりをなくしたくないだけのようです。
彼の幸せを望んでいます。
彼は、彼女のことを、「大好きな友だち」だといいます。
初めてした大恋愛で、別れても「会いたい」という思いが消えない初めての恋愛だと。
ただ幸せにできないから、中途半端に期待させるなら別れた方がいいと思い別れたと。
けれど、このような形になって、自分の弱さを責めているようにも思います。

不倫に対する批判ではなく、男性の方にお伺いします。

このような状況、考えをもつ二人でも、親友(肉体関係は否めない)として関係を続けられますか。
また続けたいと願う女友達に対してどうアドバイスしたらいいですか。
(男性側は私が意見できるほどの親しさではないです・・・)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 10% (725/7148)

 たぶんあなたは女性ですよね。男心がわからないようなので。
 まず前提として。
 異性の友達は、一度恋心が入れば友達とは言えないですよね。恋は責任が要らないので終わ(らせ)るモノ、愛(=結婚)は続けなければいけないモノ(=責任がつきまとう)というのが私の経験則からの結論です。恋心が入れば、恋を終わらせて愛に繋げなければいけない。でないと「(片方にだけ)都合のよい」=片方はつぼみのまま枯れていくしかない関係ができあがる。
 誓って言い切りますが、彼は友達として大事な彼女と、抱く彼女を同一視していません。抱くときは「妙齢の女へのボランティア」です。友達として相対しているときは、彼女もその姿勢で臨むので、人格を分けられるのです。
 関係を続けるには、彼女は人生の中での結婚をあきらめる以外無理です。つまり、いずれおひとり様として、身内=甥姪に自分の始末をさせないように、老人ホームなどのことをいずれ考えなきゃいけない立場になる。それは、結婚を経験していない彼女には見えないが、彼には見えています。「いずれフェードアウトしないと、大変なことになる」。だからこそ、今彼は「大切な友達」=彼女の未来は面倒は見ない自己責任の世界と言い切っているのです。
 そして更に都合がいいのは妙齢の彼女故、稼ぎも経験も積み、プライドも男の稼ぎと自分の稼ぎの比較も積み重なります。だから、深追いしなければ、彼女は稼ぎの低い新人とは結婚せず、彼とは細々と関係を「自分が悪いんだ」と謙遜までしてくれて、彼のブツでありつづけ、自分のまいた種と自分の行き先を勝手に決めてくれるのです、おそらく豪勢な老人ホームで。彼は家族に介護されるわけですから、彼女とは出会わないであろう世界に行くことを。
 彼は、誰もが惑う世代を越え、落ち着けば家庭に戻ります。それは、彼女にとってひとつの安心なのです。「自分が家庭を壊さずに済んだ」「これは私が墓場まで持っていけばいいこと」。聡明であればあるほど、なんていいことを思ってくれるんだ。自分も汚さず、彼女だけ人生を詰まらせたが、「ゴメン、俺が君の人生を惑わせてしまったのかな」なんて言っておけば、絶対彼女は「いいえ、覚悟してたことよ」と乱れないでおくでしょう。
 
 できないでしょうけど、彼女の人生を今の時点で正常なレールに戻すには、実は試すのがいちばんいい方法です。「(気持ちが入りすぎて)もう戻れないかも知れない」「私と添い遂げてくれる」彼はすぐ逃げますよ。「いや、お互いに正規の道へ戻ろう」なんて。もう抱かなくなりますわ。
 彼が家庭を壊すくらいの気持ちがあれば、彼女は幸せになる。彼が離れても幸せになる。行動をもう起こしている以上、誰かが損こかんと収まりませんわ。損するのが、彼女の人生か、彼の家族か。それだけのことです。
お礼コメント
wwn606

お礼率 54% (213/392)

回答ありがとうございます。

私は女性です。
彼は人格を分けているんですね・・・。
おっしゃるとおり、彼女には安定した職もあり、おそらく将来は老人ホームでよいと考えているように見えます。
好きでもない人と結婚するより彼を愛し続けることが彼女の幸せなら、私は応援したいと思います。
投稿日時:2013/01/08 19:42

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 36% (17/46)

親友という言葉に、あなた自身も惑わされて相談してますね。

お二人共「親友」という言葉を巧みに使い、
不倫に良くある「周囲を傷つけたくない」という建前を築いているに過ぎません。
二人は「親友」という名目で続けようとしてるだけです。

「親友」だから会っても良い。
でも間違って以前のように身体を重ねてしまった。そして後悔。

苦しんでいると貴方にあえて言うのも、誰かに喋って許して欲しいからです。
状況だけ見てください。単なる不倫が続いてる状況です。

私の知人が不倫をしていた時も同じように言っていました。
「相手の家庭を壊したくない」「良い関係でいたい」
どこかで酷い事をしている罪悪感がそう言わせるのでしょう。
でも何度も切れては、しばらく離れて、また関係を戻していました。

そもそも本当に相手の事を考え、縁を切ろうとしたなら
何が何でも会わないようにする筈ですよ。
友達同士の集まりに参加し、簡単に肉体関係を結んだりすることにはならないと思います。
お礼コメント
wwn606

お礼率 54% (213/392)

回答ありがとうございます。

仕事や交友関係のこともあり、縁を切ることは不可能なのです。
ただ、肉体関係まで結ぶのは軽はずみだったと思います。
まだ1度です。それだけ後悔するなら、今後は二度とこのようなことはせず、片思いするのは勝手だけど、友人関係に戻るよう話してみます。
投稿日時:2013/01/08 19:44
  • 回答No.3

ベストアンサー率 11% (129/1123)

男女が一度肉体関係を結んだら、友人に戻るのは不可能ですよ。
2人共あなたの友人と言う事で何とかしてあげたい気持ちは分かりますが、何も出来ませんよ。
不倫がバレて、離婚、慰謝料請求と言う事態になっても自業自得です。
2人共地獄を見るまで止められないですよ。
巻き込まれないように、放置しておきなさい。
お礼コメント
wwn606

お礼率 54% (213/392)

どうしてもほうっておけないのです。

二度と肉体関係にはならないよう言います。
ただし、片思いを続けることは・・・それが彼女の幸せであるなら応援します。
投稿日時:2013/01/08 19:45
  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (115/455)

50歳、男性です。

結論から言うと、親友同士としての関係は無理でしょうね。

質問者様のご友人方は言葉遊びで誤魔化してしるだけですね。
現在の状況を世間では不倫関係というのだと思います。
いかに自分たちの関係に好き勝手な定義を当てはめたところで事実は変えられないですよね。
人間は言葉を操る動物なので、正当化を試みます。
行動に注意を向けないと本質を見失ってしまいます。

お二人ともに、なんだかんだとお互いが惹かれ合っているようです。
女性は彼の幸せを願っているとのことですが、その言葉にウソはないでしょう。
しかし、彼の奥様に知られた時は、大変なことになるでしょうね。

現状では根本的に解決するには、お二人が関わりを持たないようにするしか無いと思います。
女性のご友人にアドバイスするとすれば、彼の奥様に発覚しないようにという位しかないでしょうね。
お礼コメント
wwn606

お礼率 54% (213/392)

ありがとうございます。

おっしゃるとおり、惹かれあってること思いあっていることは否定できません。
ただ、別れたのは事実であるから、本当の親友に戻れるよう応援していきたいと思います。
投稿日時:2013/01/08 19:57
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ