• ベストアンサー
  • 困ってます

恋愛に劣等感を持つ男

 こんばんは、ghq7xyです。このカテゴリーで立て続けに質問を投稿したいと思います。  よく趣味が同じであれば、女性と恋愛に発展しやすいといいますよね。ただ、女性で持つ人の少ない趣味を持つ男の場合、何の話題だと自然に女性と話ができますか。  因みに私は鉄道ファンでして、特に東京の地下鉄事情に詳しいのですが、趣味が合う女性はいかにもいなさそうですよね。だから、趣味で気の合う女性とめぐり合った経験がないのです。  なぜ、私がタイトルのように劣等感を持つようになったのかというと、私は東京の地下鉄事情を研究すべく、いろいろあちこちの路線に乗りまくっています。これは、傍から見ると、ただ単にぐるぐる電車に乗っているだけのように見えると思うので、多分他の人がやろうとすると面白みはないかもしれません。私自身、こうした乗りまくりは自分一人でやるから楽しいのであって、友達や彼女を連れてはできないと思っています。だから、彼女がいない方がこうした乗りまくりが思う存分できる、と思っているのですが、最近こうした乗りまくりをして、ふとした時こう思うことがあります。それは、よくアベックなどが電車で楽しそうにしているところを目撃すると、「嗚呼、彼女ができればなあ。」なんて、羨ましく感じ、また劣等感も持つようになったのです。それ以来、私は事あるたびにジレンマにさいなまれてしまうのです。  あと、こういう私なので、なんか恋愛って煩わしいものかなあ、とも思ってしまったりすることもあるのですが、これについてもコメントしてもらえると幸いです。  わかりにくい質問ですが、皆様のご回答、お待ち申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数302
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

何の話題だと自然に女性と話ができますか?に対してのコメントは・・・。 考えすぎにならないように・・・と、コメントします。 よく自分が使う?のは、「暑いね!」等、自然にみんなが思っていることを最初に話し掛ける声かけにしてますね。後は自然に・・・っと思うんですが、そこが悩んでいるんですよね。 僕の場合、仕事での挨拶が「お疲れ様です」なので、最初は、やっぱり挨拶かな・・・って、声かけの話じゃなかったですね。 話題ですか? ghq7xyさんが好きになる人が、どんな人かはわかりませんが、20代?の女性が何に興味を持っているのか・・・と言うことでしょうか? 最近の流行のドラマなど・・・う~ん、相手にもよりますし・・・。 その相手が何に興味を持っているのかを調べてみてはどうですか? 今好きな人がいなければ・・・わからないですよね。すみません・・・力不足で! でも、自分の趣味以外にも目を向けることも大事ですよ! 趣味で気の合う女性とめぐり合った経験がないのです。に対してのコメントは・・・。 僕の場合もghq7xyさんと同じで、そりゃ、女性なんて出会うきっかけさえない趣味が・・・ありますよ。それはそれで、いいんじゃないですか!好きなことだから! 確かに同じ趣味であれば、共通の話題も多いし、一緒に楽しめることがあると思います。でも僕の場合も、自分一人でやるから楽しいからですね。 彼女を連れてはできないですよ。 でも、自分のやりたい事ばっかりじゃ・・・彼女はできないかもね(体験談)。 彼女は僕はいますけど、彼女との共通の趣味があり、今はパチスロにはまっています。 要するに、僕が思うところは、鉄道以外の趣味?興味?何でもいいから、何かないですか? 趣味をやめるわけでもなく、違うところで知り合えば、いいんじゃないですか? 最後に、恋愛って煩わしいものかなあ!劣等感!を感じたんですかね? 趣味は大事ですが、彼女が欲しいのならば、時間の犠牲?・・・上手い言葉が見つかりませんが、恋愛が煩わしいと思わず、前向きに行けたらいいと思いました。 あまり上手にコメントできませんでした。 ghq7xyさん、いい恋が見つかるといいですね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>自分一人でやるから楽しい。>彼女を連れてはできないですよ。  分かりますねえ。確かに私の趣味は自分一人でやる点に意味がありますから、彼女を連れてはできません。その日のコースはその日にばったりで決めることも多いですから。  他の趣味ね。趣味ではないのですが、私は大学院で法律学を研究しています。これで、接点がある女性は、というと、残念ながら……

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

こんにちわ。( ^.^)( -.-)( _ _)たくさんの回答があるので、重複してしまったら、ごめんなさい。共通の趣味の彼女を見つけようとすればするほど、限定されてしまいますよね。お互いが好きであれば自然にお互いの趣味に興味を持つようになるのではないでしょうか?確かに、初めから共通であれば簡単だけど、だからといってその人と上手くお付き合いできるか・とはまた別だと思います。私のダンナはとて陸上が詳しい人で、私は全然オンチでした。付き合っているときは現役で大会とかにでたり・・野球と違って知名度的にはマダマダだったけど、彼の陸上している姿や話する瞳がとても一生懸命で好きでした。そうしていくうちに私も興味をもつようになりました。彼に聞いたことあります。「どうして、同じ競技している人好きなならなかったの??」とそしたら、「逆にケンカになってしまう。」と答えました。 私は陸上に興味をもてたのは、もちろん彼の真剣さともありますが、彼は絶対好きになってくれ!!ということはなかったです。さりげなく話してました。あなたも、絶対同じ趣味の人というよりも、あなたの人柄を好きなってくれる人であればきっとあなたの趣味も受け入れてくれると、私は思いますが。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 さりげなく、なるほど。確かにねえ。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.7

 女性というのは自分の興味のない話はつまらないと思うものです。(これは女性に限らないかな?)  でも、好きな人の好きなものなら興味を持って話しを聞くものです。 まず、あなたを好きにさせてしまえば、同じ趣味の子ができあがる、という算段です。  では女性と話す時は何を話せばいいのか、大抵の女性が喜ぶのは自分自身の話題(彼女自身)。誉めまくる!!(笑) あまり臭い言葉は逆に嫌われがちですが。 あとは、鉄道が好きで夢中になるのはとても素晴らしいことだと思いますが、その分、他のことは何も知らない、では女性はあなたに魅力を感じません。  鉄道だけではなく、色々な幅広い知識や興味を持つことも必要だと思います。 映画やテレビの話題、ファッション、時事など、ある程度、広い視野を持っていて更に鉄道に対しても詳しい、となると女性は一目置くと思います。  でも、無理に恋愛しようと思わなくても、自然と自分に合う人がその内見つかると思いますよ。 自然体のあなたを好きになってくれる女性が一番だと思いますが、色々な女性と付き合って、自分を磨いていくのもいいことだと思います。  頑張って下さい。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 広い視野ですか。確かに無理に恋愛しようとしていますね。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.6

こんにちわ。質問を読んでまず感じたこと。かりにあなたに彼女ができたとして、あなたは、その彼女に何を求めたいのでしょうか。自分の趣味を理解してもらうことだけ?頭の中24時間休むことなく鉄道のことだけをかんがえているのでしょうか?そんなことありませんよね。例えば仕事のことだとか、友達のこと、家族のこと、電車に乗ってて目撃した小さなエピソード。話のきっかけはいくらでもありますよ。 つまり、なにも同じ趣味じゃなくても恋愛は可能だと思います。むしろ、同じ趣味じゃないと付き合えないと考えているあなたの考え方に問題があるような気がします。人に話を聞いて欲しければまず、自分が相手の話を聞くことが出来なければ恋人としての関係を続けるのはむづかしいのでは。 鉄道好きがダメなのではないのです。あなたが趣味が合わない人を受け入れることが出来なければ、当然相手もあなたのことを受け入れてはくれないでしょう。 そのことを少し考えてみてみたらどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。誤解を与えてしまいましたね。私も決して趣味が合わない人を受け付けないということはありません。  でも、私も考えすぎですよね。お手数おかけしました。

  • 回答No.5

まず、あなたは「東京の地下鉄事情」のどこに面白みを感じているのでしょうか。 その魅力を、門外漢にわかるようにプレゼンテーションすることが出来ますか? それが出来るのであれば、彼女うんぬんについては心配することはないです。 鉄道ファンの女性は確かに少ないでしょうが、好奇心旺盛な人はいくらでも いますから。 ただし、逆にあなたも鉄道だけではなく、様々なことに興味を持つことが 必要です。あなたの趣味に彼女が興味を持ってくれたら、うれしいでしょう。 逆も同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 鋭い突込みですね。東京の地下鉄事情のどこに面白さを感じるか。これはいろいろあるのですが、代表的な要素としては1つ目は路線のコース、つまりどこの道路の下にトンネルが掘られ、それを実地調査することですか。実際、私は銀座線、南北線、大江戸線環状部についてこれらの路線のトンネルが掘られているところの上の道路を全て歩くということまでしています。  2つ目は今後の路線の延伸計画を研究し、それが開業するとどういう流れが形成されるか、ということです。地下鉄の路線網(metro network)は日々変遷を遂げており、面白みがあります。半年前の路線図は全然使い物になりません。  3つ目はある名所や場所の最寄駅をすぐに割り出すことです。地下鉄の出口や乗り換えはめんどくさいといわれていますね。これを私が解決しようというわけです。ただ、渋谷駅だけは苦手だけどね。逆に新宿駅や東京駅のほうが分かりやすい。  様々なことに興味を持つことは重要でしょうね。参考にしたいと思います。

  • 回答No.3

そりゃー同じ趣味を持っていた方がいいのかも知れないですけど、なかなか同じ趣味を持っているカップルって、意外と少ないと思いますよ。 私事ですが、彼は大の車マニアで、私はそういうことに疎いし、正直あまり興味も沸きません(^^; それでもやっぱり彼の趣味について、私も一緒に話をしたいし、走行会には一緒についていって、自分の出来る範囲で色々学ぼうって思います。 彼がそんなに興味を持っていることを、私も知りたいって思います。 だから私も車について詳しくなってきたし、好きになってきたし、車に詳しい彼をとても尊敬しています。 女性は比較的、男性に合わせてしまうところがあります。 だから本当に、ghq7xyさんのことを想ってくれる女性なら、一緒に電車に乗るデートをしてくれると思いますよ。 あなた色に彼女を染めてあげればいいんじゃないかな? >あと、こういう私なので、なんか恋愛って煩わしいものかなあ、とも思ってしまったりすることもあるのですが それはあなたの考え方次第じゃないのかな? 時には「しがらみ」になるかもしれませんが、「絆」にもできますよ。 要はghq7xyさんは、そのままの自分を好きになってくれる女性を探せばいいのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 お礼が遅れてしまいまして申し訳ありません。 >ghq7xyさんのことを想ってくれる女性なら、一緒に電車に乗るデートをしてくれると思いますよ。あなた色に彼女を染めてあげればいいんじゃないかな?  いい表現ですね。少し、肩の荷が軽くなった気分です。 >要はghq7xyさんは、そのままの自分を好きになってくれる女性を探せばいいのです。  私もそれはわかっているのですが、実践がうまくいかなくてねえ。

  • 回答No.2

趣味が同じであれば恋愛に発展しやすいと言うよりは、趣味を通じて訪れた場所や、同じ趣味を持つ、共通の知り合いを通じての出会いがあるからだと、わたしは思います。 とは言え、共通の趣味などなくても付き合っているカップルは、わたしの周りにもいっぱいいますよ。と言うか、もともと共通の趣味を持って、付き合うカップルの方が少ないんじゃないでしょうか。付き合い出して、お互い、影響され合って、同じ趣味を持てるようになることも多いんじゃないでしょうか。 わたしの場合、車が好きで好きで好きで好きで(愛車レガシィ)、仕事も車関係ですし、ある程度の整備は自分でしています。給料はほぼ全額、車に注ぎ込んでいます。休みは車屋さん巡りに一人でも出掛けるほど。そんなわたしの彼氏は、車を持っていません。ほとんど興味がありません。普通、反対でしょ?男性が車に夢中になって、女性が理解出来ないと言う。でも、例外もあると思うんです。それでも、わたしたちはうまくいっています。 鉄道も一緒で、女性だから鉄道には興味がないと言う訳ではないと思うんです。確かに、少ないかもしれませんが・・・でも、同性の友達と話すように、女性とも話せばいいと思うんです。出来るんならやってる!と言われそうですが、女性だから鉄道に興味がない=鉄道の話が出来ないとか、共通の趣味がない=話題がないとかではないと思いますし、むしろ、そういう決め付けとか、気負いとかが、恋愛に発展する邪魔をしているのではないでしょうか。リラックスして、話したいことを話したいように話せばいいと思うんです。ハナから、話題を決める必要はないと思うんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 お礼が遅れてしまいまして申し訳ありませんでした。趣味があわなくても大丈夫なんですね。  勿論、私自身、女性だから鉄道に興味がないとか、とは考えていません。話題を決め付けているわけではありませんが。  正直申しまして、「同性の友達と話すように、女性とも話せばいい」というのは、正に「できるんならやってる!」という心境です。ここが肝心なのですが。

  • 回答No.1

ならば 他に趣味を作ればどうか? ・・・という意見が必ず回答で出るであろう それも間違いではない わたしも鉄道に心奪われたもののひとりである(貨物列車ファンだからかなりディープマニアであろう) ゆえにあなたの気持ちは理解できる そこでだ! ただの「鉄っちゃん」から一歩前進して「旅行好きのひと」が集まるサークルなどに参加してはどうか? 女性も参加しているであろう 今まで培ってきた知識がデータベースとして発揮されることまちがいなしだ 少なくとも出会いのきっかけにはなるであろう 健闘を祈る!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 お礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。honmakainaさんは貨物列車ファンですか。かなり深みがありますね。「旅行好きの人」同士のつながりですか。検討してみます。

関連するQ&A

  • 恋愛未経験という劣等感に打ち克って、恋愛をしたい

    25歳の男です。 自分は今まで彼女ができたことはおろか、告白さえしたことがありません。しかし現在、容姿、考え方、行動、全てを改造して女性を手に入れようと努力しています。 一方、能力を認められたり、経済的将来性を得たり、趣味にも力を入れたりなどしており、そういったステータスに関しては自分に自信を持っています。こうした努力の甲斐あってか、普段は自分に対する信頼、万能感を感じ、自分の内側から力が満ち溢れてくるようになりました。 ところが、しばしば恋愛未経験であることが凶悪な劣等感として自分にのしかかるんです。これを根本的に取り去るには彼女を作るしかないと思うのですが、彼女を作るためには上述のような努力をもっともっとしていかなければなりません。しかし、この劣等感に襲われるとひたすらネガティブな感情に支配されてしまい、物事をやる気が起きなくなってしまうんです。また、こんな風に落ち込んでいる人間が女性から魅力的に感じてもらえるとは思えません(自信と余裕のある男がモテるとよくききますが、最近それが理解できるようになってきました)。それに何より、この精神状態は辛いです。 どうすればこの恋愛未経験という劣等感に負けずに、強い心の状態を保てるでしょうか?

  • 彼といると、ときどき劣等感でいっぱいになります。

    彼といると、ときどき劣等感でいっぱいになります。 それなりに男性経験はあります。 そして今までは、特に劣等感から卑屈になるということもありませんでした。 どちらかというと、女王キャラなので普段強気のことのほうが多いです。 今回の彼が、アメリカ人で表現がストレートな分、凹むことも多いのかもしれませんが・・・ 以前もアメリカ人の恋人はいたので、文化の違いだけとは考えにくいです。 アメリカ人の彼とは、現在アメリカー日本の遠距離です。 遠距離になったばかりなので、不安定で自信喪失なのかもしれませんが、 帰国前から、劣等感や時に激しく悲しくなることがありました。 特に、彼に激しく責められる・酷い扱いを受けたという訳ではありません。 こんな状態は良くないので、改善したいとは思うのですが、 彼の行動や発言に問題ありなのか?私の受け取り方に問題があるのか?もわからないので、 彼に思いをぶつけるのをためらっています。 劣等感からか?単なる嫉妬か?はわかりませんが、 彼の過去の恋人やたまに食事を共にしたりする異性の友人の方が、彼にふさわしいと感じたりします。 それは私の友人を交え、食事をしてからさらに酷くなっています。 彼と彼女は、感性が似ていて趣味がぴったりです!! 逆に、私はあまり彼と趣味が合いません。 彼らの行動や好むものは、私からすると時に下品な物と感じます。 私は、とても厳格な家庭に育ち、マナーや優雅さが行動の原点です。 そういう点で、彼といると違和感を感じることがあります。 恋愛において、こういう感覚を感じるのは初めてで、本当に戸惑っています。 相当好きだからこそ、劣等感を感じるのでしょうか? 今までにない男性に新鮮さを感じて、固執しているだけなのでしょうか? 将来的にアメリカ移住を考えているので、遠距離になったから即別れようとは思っていません。 どうぞ、みなさんのご意見をお聞かせください。

  • 女性に劣等感をもたずに生きたい

     35歳の男です。女性と付き合った経験はありません。これまで全く女性に相手にされず、自分一人でできる趣味や仕事になんとか生きがいを見出そうとしてきました。しかし、少しだけですが常になんとも言えない劣等感や孤独感がついてまわっています。この年で女性と付き合ったことがない、それどころかロクに会話もしたことない。もう今更付き合えることは不可能だ、あきらめろと自分に言い聞かせるのですがなかなかその思いが消せません。結婚や彼女、女友達はムリだとして女性に対するハードルは下げ、せめて会話ぐらいは自然にできるようになりたいと思ったのですが、たまに話しかけられたとしても頭に血が昇って声は上ずってしまいます。そのリアクションのことで何度職場で男女問わずからかわれてバカにされたことか・・・。  かつては、もし女性と付き合えたなら浮気や暴力は絶対ふるわない、楽しませることはできないけど悲しませることはしないと勝手に理想を唱えていたのですが、今はもう女性に対して劣等感と恐怖感、それに少しの怒りとあこがれしかありません。これらのマイナスのイメージを消すために、目には目をで「相手にされないならこちらも相手にしない 否定されたらこちらも否定する」という方法も考えたのですが、余計に女性に対して深く沈んだ気持ちになってしまいました。  特に彼女が欲しいとか結婚したいとか大それた希望は持ってませんので、女性に対して劣等感を持たずに自然に振舞えるには何かいい方法、考え方はありますか?

  • 恋愛への劣等感

     36歳♂で、いまだ女性と付き合ったことがありません。  いじめやパワハラによるうつ病で辛かったのですが、やっとこの数年で道が開けてきました。女性からの暴言などもあって恋愛に恐れさえ感じていました。なので恋愛とは一切無縁で、10代はじめくらいからの興味は、貧乏な家の経済をいかにして豊かにするかとか、自分が将来どんな仕事をして社会で名をなすかということにありました。また、まわりが夢中になっていた恋愛やクラブ活動が苦手なことの「代償措置」として人ができない法律や外国語の勉強など独学して資格を取り、その方面の職業に就いています。  が、他人が当たり前にできてることができない劣等感は、ほんとに強いです。ぼくにとっての「恋愛」は、「強者に許されるもの。自分のようなアンポンタンには許されないもの」というものです。お金のある人・スポーツができる人などなど、ぼくと対極にある人たちにのみ許されたものであり、自分は彼らにいつもバカにされ下に見られる存在として、心に刻まれています。そういう思いと闘いつつも、その思いにいつも屈せざるを得ない自分がいて、忸怩たる思いです。  思い余って、親しい友人にこの話をすると、「勝ち組になったおまえが、なにをいうか」といったことを言われました。ぼくからみれば、友人がさっき言ったような「強者」の象徴だったので、びっくりしてしまいました。が、ぼくにはやはり、「恋愛」を経験したことがないので、良くわからないです。「女性からみて、しゃんとした男になるためにはどうすればいいのか?」とか考えて、そのためになにをすればいいのか・・けどそのために必要なことって、ものっすごくハードル高そうやしとおもって、しまいます。  この年になって、なんでこんなこと聞くのかといわれるのを覚悟でおしえてほしいです。「恋愛」ってどうすればいいのでしょうか?ぼくからみると、ものすごくハードルが高くて重い責任を課せられるものに思えます。

  • 恋愛経験が無い事で強い劣等感があります。

    30歳近いのに未だに恋愛経験がありません。 彼氏いない歴〓年齢です。 恋愛が出来ない1番の理由は、胸が真っ平で私自身が女性である事に自信が持てない事にあります。 恋愛経験がない事で、精神的にも社会的にも未熟者で問題がある人間である様な強い劣等感があります。 恋愛経験は人間にとって必要な経験ですか。

  • 膨らみ続ける劣等感、どうすれば克服できるのか

    「自分は気持ち悪くて情けない、どうしようもなく劣った無価値な男」という劣等感を拭うにはどうすれば良いのでしょうか。 現在27歳のフリーターで、彼女いない歴=年齢の素人童貞です。 過去に土木作業員として五年、製造業で一年半、現場監督で一年仕事をしていますが、要領の悪さとコミュニケーション能力の低さから、どこの職場でも「使えない奴」という評価を下され、前前職の製造業はクビに近い形で退職、前職の現場監督の仕事も「お前はまったく戦力になっていない」「人としておかしい。なにかの病気なんじゃないのか」と散々な評価を下され、またしてもクビ同然で退職してしまいました。 年齢が年齢だし、早く再就職しなければ……と感じている物の、これまでどこの職場でも「使えない」「頭がおかしい」と散々な評価を下されてきた過去から「また使えない奴と言われてクビにされたらどうしよう……」という不安が頭から離れず、求職活動も二の足を踏んでおり、「アラサーなのにフリーターの低所得者」という自分に対する劣等感が日に日に膨らんでいます。 自分に足らないコミュニケーション能力を補おうとセミナーに通っており、「真剣に取り組んでて好感が持てます」「落ち着いた雰囲気の感じのいい人ですね」と受講生の人たちからは言ってもらえるようになりましたが、実生活ではどうにもセミナーに通った成果を実感する機会が少なく「自分は全く成長していないんじゃないか」「もし再就職してもまた「使えない」「頭がおかしい」などと言われたら、自分のやったことは全く無駄だったと認めることになってしまうのではないか……」と不安ばかりが頭をよぎり、自身が持てません。 劣等感を感じる原因は他にもあり、この年まで女性と付き合った経験がなく、未だに素人童貞だということです。 ネットだとこうした人間に対しての目は冷たく、異常者のような扱いをされていますが、「童貞に仕事なんてできるはずがない。できて当然のことができないんだから障碍者と同じ」という書き込みを見たときは特に落ち込み、同時に過去に「二十歳過ぎてここまでバカな奴は初めて見た。障碍者の方がまだ使えるわ」と言われたことを思い出し、「傍から見て自分は障碍者と同等かそれ以下の異常者だったのか……」という現実を思い知らされました。 そして、自分が重度のオタクということにも劣等感があります。 これまで何度か脱オタを試みて、服装を変えたり美容室に行ったりアニメを見るのを辞めてグッズを処分してオタク趣味を絶とうと試みました。 ですが服装を変えても周りからは「ダサい」と一蹴されて自信が持てず、オタク以外の趣味を見つけようとしても何をやっても楽しめず、数カ月もすればオタク趣味のない生活に耐えられずにまたオタクに戻ってしまい、結局脱オタが上手くいったことはありませんでした。 「オタクだって彼女作ったり結婚したりしてる人はいる。自分がダメなのをオタク趣味のせいにするな」というのは尤もな意見ですが、私の知る限りそういう人たちはオタク以外にも色々趣味をもっていたり特技があったりと、決してオタク一辺倒な人間ではなく、対して自分は映画を見たりジョギングをしたり料理をしたりはするものの、いずれも趣味とは到底言えないお粗末なレベルで、オタク趣味以外にはなにも持っていません。 何か趣味を探そうにも、最近では「そもそも趣味なんて不要なものでは?」という不安も感じています。 作家の村上龍氏は著書の中で「趣味なんてものは年寄りのやることでなにも生み出さないし等しく無意味、命をかけて取り組む仕事の中でのみ人間は成長できる」と語っており、ネットでも「仕事を趣味にすればいい。趣味なんてのは仕事を趣味にできない負け犬がやること」「金にならない趣味なんていくらやっても無意味」「趣味なんかに金を割くぐらいなら自分への投資に金をかけるべき」という「趣味なんて不要」という意見を多く見かけます。 そうした意見を見ている内に、男の価値は仕事ができて高い収入を得ているかが全てであり、渡邉美樹氏がワタミの社訓で掲げていた「365日24時間死ぬまで働け」という生き方こそ男として正しい生き方で、それができない男、つまり自分は男として生きている価値がないのか? とまたしても不安と劣等感がつきまとうようになってしまいました。 「一度でいいから女性と付き合いたい。彼女がいる人生というものを歩んでみたい」とは考えてはいるものの、上記のような劣等感から「自分は女性と付き合う資格がない」と感じています。 優しさとか趣味とかはあくまでも仕事ができて高い収入を得ているという基盤があってこそのもので、仕事ができなきゃそれ以外の要素はなんの意味もないのかな……と考えてしまいます。 では私のような人間が恋愛をしたいならひたすら仕事に人生を捧げて周囲から仕事が出来る人間という評価を得て、安定した収入を得て、そうすれば婚活などしなくても自然と女性と付き合える魅力的な人間になれるのだろうかと考えますが、そもそも前職に勤め始めた頃も「とにかくバリバリ働きまくって仕事ができる人間になってやるぞ!」と息巻いていたのに一年で呆気なくクビになってしまったこと思い出すと、私が仕事ができる人間になれる日など永遠に来ないのではないか、つまり女性と付き合うなど永遠に不可能ではないかとまた不安を感じるようになってしまいました。 自分でお金を稼ぐ方法を……と思い、アフィリエイトやせどりなどの副業に手を出したこともありましたが、いずれも全く上手く行かず、教材代を無駄にしてしまった上に、そうしたジャンルで成功している人たちに対して「あの人たちはこんなに凄い成功を収めてるのに、自分はなんて才能のない無価値な人間なんだ……」と自分に対する劣等感が膨らむばかりでした。 ビジネス書や自己啓発本を読んでも、やはり成功している人たちと自分を比べて劣等感ばかりを感じるようになってしまい、最近はそうした本を読むことが恐ろしくなってしまいました。 プロボクサーの竹原慎二氏の「ボコボコ相談室」というコンテンツを見たとき、自分とは全く関係ないシチュエーションに対してもまるで自分のことを全否定されているかのような錯覚に陥り、「自分は価値のないどうしようもない男だ……」と更に劣等感が膨らみました。 製造業をクビになったとき、社長から「お前なんかここ以外ではどこも雇ってくれないぞ、もう死を選ぶしかないぞ」と言われ「ふざけるな、なにがなんでも生きてやる」と思いながら仕事をしてきましたが、なにをやっても失敗ばかりでそんな意地を張る自信もなくなりつつあります。 自分は既に人間じゃなくて人間の皮を被った化け物になってしまったんじゃないか、もうまともな人間になんてなることは不可能なんじゃないか……とさえ感じています。 ありとあらゆることが劣等感につながり、毎日が不安な状態です。 膨らみ続けるこのどうしうようもない劣等感を克服する方法はあるのでしょうか とにかく気持ちを書きだしたくて見づらい長文になってしまいましたが、よろしくお願い致します。

  • 美人な女性に対して強い劣等感を感じる

    25歳の男です。  身近に非常にクールでボーイッシュな顔立ちの美人な女性がいて、恋愛感情は全く無かったのですが、劣等感のようなものを強く感じる人でした。「一度話してみたいな」と思っていたのですが、あまりにも強すぎる劣等感ゆえに話しかける事が出来ずにチラチラと見ていることが続きました。そのような状態が一年近く続き、ある時その女性の友人の知り合いに「〇〇さん(その当事者の女性)に嫌われているような気がするんだよね」等と言ったところ、その女性がその話を当事者の女性に話したようで、「これ手伝ってくれるかな?」等と話して掛けてくれていたのですが、自分から積極的に話しかける事はしませんでした。そのような状態が何度か続き、また遠目からチラチラと見ていて、その後すぐに他の女性と話していたらその女性がかなり怒ってしまったようで、後ろから肩をぶつけてきました。それが何度か続き、その後はやみましたが、その女性との関係は気まずいものになり、顔と名前は一致するのですが、話した事が無いという関係になりました。自分から話しかける事も出来ず、かといって相手の方も気まずいようで、どうするべきか悩んでいます。それと、このときの相手の女性の心理はどのようなものだったのか?女性の方、また女性心理に詳しい方、是非とも教えて下さい。

  • 恋愛や結婚。女性として強い劣等感を感じます。

    恋愛や結婚。女性として強い劣等感を感じます。 よく、インターネットでもテレビでも本でも、「男性が追いかける恋愛、結婚のほうが絶対うまくいく」 とあります。私は、この一文が自分にとって本当に酷なものなのです。 というのも、私はありがたいことに今まで自分のことを好きになってくれて、付き合った男性は いますが、熱烈にアタックされて付き合ったことは皆無なのです。 現在30歳。仕事は充実していて今の仕事は大好きですが、恥ずかしながら、結婚というものに ものすごく憧れています。ガツガツしているようで本当に恥ずかしいですが、結婚願望は強いです。 世の中の夫婦を見ていると、特に奥様方は、主人に熱烈にアプローチされて結婚した、とみなさん 誇らしげに語ります。 自分から好きになって、アプローチしてという恋愛を主にしてきた私は、ここでものすごい劣等感を もってしまいます。 結婚している女性は、イコール選ばれた女、というのを証明しているようで、羨ましいです。 少なくとも、だんなさんには、「この女が世界一いい女だ!」と思ってプロポーズして結婚を決めたと思うからです。 私は現在30歳、今まで付き合った男性は、今のもうだめになりかけの彼を含め4人。 自分から好きになった男性にアプローチしても、うまくいかず、フラれたりしましたが、付き合った彼の 2人に関しては、自分から告白してうまくいきました。 現在30歳、付き合って1ヶ月の一回り年上の彼がいますが、もう付き合っているのかわからないほど、 あまり会えておらず、連絡も満足にとれていません。交際期間はまだたった1ヶ月なのに。 世の中の夫婦を見ていると、この人たちと私は何が決定的に違って、私はなんで一人なんだろう、 選ばれないんだろう、追いかけられないんだろう、と劣等感をもちすぎて、頭がおかしくなりそうです。 私は追いかけられないので、自分から行くしかしょうがないので、勇気を持って告白したとこともあります。 恥ずかしくて自分から告白できない、という女性は多いですが、自慢にしか聞こえません。 受身でも、結婚したいと思われるまでの自分を好きな男性が現れたということですから。。 私はもう30歳です。正直、焦っています。しんどいです。 結婚に憧れすぎでしょうか。 仕事は、はっきり言うと、みながカッコイイというような一見華やかな職業ですが、給料はよくても、 責任も重く、女性としてどうなんだろうか、とふと思うときがあります。 女性が追いかける恋愛でうまくいったという、勇気付けられるようなエピソードや、 こんな見ず知らずの私に勇気を与えるようなコメントがあれば、是非お願いいたします。 支離滅裂な文章で申し訳ありません。 よろしくお願いいたします。

  • 劣等感で支配されてます。

    私は全てがうまくいかないことで悩んでいます。特に、人間関係、異性での関係です。まず生活が楽しくありません。友達ととこかに出かけることもあまりありません。大学で多くの人が友達がいたり、女性と話したりしているのに、自分には…と余計に劣等感になってしまいます。人間関係がうざいとか、彼女なんて欲しくないとか言う奴に限って結構そこらへんが充実してるのも腹が立ちます。内向的な性格も原因かもしれないです。でも、数人は仲が良い人は途中までいました。最初はうまくやれていました。でも、仲が良くなるにつれいろんな話をするようになり、自分がもてないこと、不細工。なにより高校時代に彼女ができなかったとか女友達ができなかった等の話をすると少し引き気味になるんです。そして他に仲良くなったグループにいったり、いきなり態度が冷たくなり縁が切れました。大学ではサークルも始めやりましたが学生運動の思想についていけなくやめました。そこの大学は2年浪人して入ったからなおさら悲しかった。バイトでも学生と出会うこともなく、フリーターばかり。その人たちも自分とは違う世界で生活していて、仲良くなるとかはありませんでした。違うバイトでは大学生で彼女がいないこと、顔のことでいじめられました。なかなか出会いもなく、全てがうまくいかなくなってます。元々はこんな劣等感の塊ではありませんでした。高校1年のとき、好きな人のことで馬鹿にされ、仲間はずれにされ半年クラスで一人になった時から自分はもてないし、友達も・・・と考えるようになりました。恋愛をすれば友達もいなくなる。そして、自分はもてない。誰一人仲良くなった女子は高校でも中学でもなし。そして、クラス替えも知り合いがいないのを中高6年続け、運にも見放されたかという感じです。この掲示板でも会話をとか表情とか言われます。しかし、もてない→仲間はずれにされる→友達が他にできない&馬鹿にされる→知り合いも増えない→生活がつまらない→暗くなるのサイクル。さらに大学になり恋愛の話をすれば馬韓いされたり、劣等感をもたり。そんなに女性に行為をもたれない自分が悔しいです。本当に不潔にしてるわけでもなく、人とも普通に話せるのに。現に就職活動では内定ももらうことができました。それは、まああまり関係ないとしてもどうしても人間関係&恋愛でうまくいきません。最近では出会いは友達の紹介とか職場ですが、自分の場合友達もいない、色での出会いも今までないんです。これからどこに出会いがあるのか?今まで共学で5:5の比率で一回も彼女ができたことないのにこれからどうやって彼女をみつければいいのか。もう考えると眠れないし、泣いてしまいます。どうすればいのでしょうか?

  • 亡くなった友人への劣等感を克服出来ません。

    こんにちは。 目に留めて頂いてありがとうございます。 長文ですが読んで頂けたら嬉しいです。 現在27歳の女性です。 友人(仮にA)が、昨年の夏に自殺で亡くなりました。 私は、Aとライバルでした。 いえ、正確には、私が一方的にライバルと思っていただけで Aは私の事など気にも留めていなかったかもしれません。 Aが亡くなった事で、私はAを追い越す事も競う事も、 一生出来なくなってしまい、辛いのです。 Aとは、服飾の専門学校で知り合い 服の趣味が同じという事でとても親しい友達になりました。 Aは鬱を持っていて、恋愛で落ち込むと酷い状態になってました。 私はその度、全力で励まし「私が傷を癒してあげたい!」と 恋愛感情の様なものすら持っていました。 私達はお互い服作りが好きで いつしか、友達でありライバルのような関係になっていました。 学生時代からAは、自分の好きな物に対してプライドもこだわりも強く、 しかし技術は確かに高く、そして勉強熱心でした。 あまり着数は作らないものの、たまに作るものは凄かったと思います。 そんなAに対して尊敬の想いも持ちつつも 質より量。という感じで、私はAより沢山の服を作っていました。 が、大雑把であまりこだわりの無い自分に劣等感も感じていて でも一方で「いやいや、私だって負けてないはず。数をこなす事も大事。」と 劣等感を打ち消そうと必死な気持ちも持ってました。 そんな中、Aが「私、ライバルっておらんかってん。だから、yuchi0306ちゃん、ずっと私のライバルでいてな。」と言ってくれ、とても嬉しかったのを覚えています。 (ただ、私へのダメ出しは多く、しかも的を得ているので、ライバルである自信を失う事は多かったです) とにかく、Aに対しては、劣等感と尊敬と愛情と…色々な感情を持ってました。 学校を卒業し、お互い社会人になり 私は、仕事をする傍ら、オーダーメイドで色んな人の為に服を作る副業を始めました。 ある日、私の友人(仮にB)とBの友人達からオーダーが入ったので服を作らせてもらいました。 すると、仕上がりに対してBの友人の1人が「このクオリティでこの価格はあり得ない。」と怒っていたそうです。(大分後になってBから聞きました) その事を知った時とてもショックで 「Aならこんな事言われなかっただろうな。Aなら凄いものを作ったんだろうな…」と 落ち込みました。 そしてその後、Bは私には頼まなくなりました。 後にBのブログで知ったのですが、BはAに連絡を取り ちょくちょく服作りを頼んでいました。 (BとAは私を通じて知り合いになり、以前メアド交換をしていたようです。) 私は「やっぱりAなら凄いのを作るんだ…」と自信を完全に喪失してAへの劣等感はかなり強いものになってしまいました。 そしてその後、私とAはとある事でもめ、溝が出来、絶交をしてしまいました。 話し合いの末の絶交で「また10年くらいしたらお互い普通に接することが出来るやろう。またその日まで。」と言われ握手をして別れました。 それから3年程して、Aは亡くなってしまいました。 絶交状態でしたので、すぐに知る事は出来ず 共通の友人からの知らせで亡くなった1週間後くらいに知りました。 私は、絶交中も、なんとなく気になってAのブログを見に行ったりしていました。 そして「10年後、又遊びたいな。仲直りがしたいな。」と密かに思っていました。 Aがしてたように、どんな事でも真面目に勉強しよう。 そうすると劣等感と、失った自信を、克服出来るはず。と思い、服飾について色々勉強しました。 そして、オーダーメイドの服作りの副業も好評を頂けるようになって来ました。 でもAはもういないのです。 私の中で、Aは絶対に超えられないし、同じラインに立つ事も出来ない人になってしまいました。 「Bに選ばれたA」 「勉強熱心でカリスマ的だったA」 「的を得たダメ出しをしてきた、優秀なA」 そんな事ばかり考えてしまい、日常生活で事ある毎に無意識に比べてしまいます。 「Aなら出来るんだろうな…」と。 長くなってしまいましたが、こういう思いはどうやったら克服出来るのでしょうか? Aの事は尊敬し続けたいです。そして自分を卑下するのをやめたいのです。 長くなってしまいすみません。 どうか、アドバイスをお願いします。