• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バブル崩壊は予想されていたか?

バブル崩壊は予想されていたのでしょうか? また、それに対して、政府、企業、民間、 はどのように対処したのでしょうか? そしてそれらは効を奏したのでしょうか? 当時のことについて色々詳しいかたがいたら教えてください。

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数638
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

バブル経済の最初の発端は、長谷川慶太郎著「投機の時代」だと思います。かい摘んでいうと企業が稼ぎだしたお金をさらに、株・土地等の運用にまわせと解いたんですね。それに影響された日本中の大手から零細企業のおやじまで、一斉にやりだしたというわけですよ。つまりごく一部でやってたら、ごくいちぶの損得で済んだものが、活字 メディアを通じて雪だるま式に加速が加わりバブル経済になったんで、ちゃんと最初から原因も分かってたことですし、「バブル経済」という言葉も崩壊しはじめて言われはじめたわけではないです。 絶対地価は下がらないというのはただの神話と指摘した人もいましたから。 ただ誰かが止まろうとしても、どうにもできないぐらい大勢がつっぱしてたわけですから、わかっちゃいるけどやめられないという者もいたとは思います。 だいたいそのバブル真っ最中に住友のトップが「向こう傷を恐れるな」という本を書いてるんですから、一番止めれる力のあるところが、前が見えてないのですから何をか況んやというところでしょうか? バブル経済崩壊後の情勢は、どうなるのかについて、よく 三和等の総研トップがテレビでしゃべってましたが、おのれの前も見えてないオッサンが恥も外聞なく、テレビにでれるなぁーと思ったものです。 結局、戦後40年後のファッシズムみたいなもんです。 ここで川柳を一発    「ごめんなさい 私もバブルで 転がした」(雅)                    おそまつ。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 少数の反対というのは時代に埋もれてしまうものかもしれないですね。

関連するQ&A

  • バブル崩壊後の失われた10-20年は誰のせい?

    バブル崩壊後の失われた10-20年は何が原因なのでしょうか? 昨今の景気回復をみていると、やはり、政府の失策のような気がするのですが?

  • バブル崩壊後どんな産業が流行ったんですか?

    経済不況の現在、日本ではバブル崩壊後どんな産業が流行ったんですか? どんな企業が、不景気の中、生き残り発展して行ったのですか?

  • バブル崩壊時もウォーレン・バフェットさんは持ち続けるのでしょうか?

    ウォーレン・バフェットの投資方法について、色々調べたのですが、どうしてもわからないので教えてください。 優良企業の株を安く買ったら売らない、ということですが、2000年あるいは2005年末のようなバブルピークの際も売らずに持ち続けるのでしょうか。優良企業であっても10~20%以上暴落することが普通ですが。  バブル崩壊後に優良企業を安値で買うためにも、現金化しておく方がよいと思うのですが、この点はどう考えればよろしいでしょうか。優良企業を買ったら売らない、ということですと、その後することがなくなってしまいますが、彼は実際はそれなりの売り買いをしていたのではないかと想像しています。どなたか、ぜひご教授お願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

 バブル真っ只中でも、こんな状態は続かないと警告していた人は少なからずいたはずです。  その昔オランダでは、チューリップの球根1つで家一軒が買えるほど、チューリップ相場のバブルが膨らんだことがあります。これは有名な話でまさにバブルは昔から繰り返されています。正常の人間なら誰が聞いてもおかしいと思うことが、熱狂の中では誰もがそう思わなくなってしまう・・・人間の悲しい性なのか。 >それに対して、政府、企業、民間、 はどのように対処し>たのでしょうか?  ひとつひとつを説明するのは大変(^^; 政府の政策に誤りがあったことは否定できないと思いますが・・・。企業の中にはバブルに浮かれず地道に本業に邁進したところもあるでしょう。 >そしてそれらは効を奏したのでしょうか?  バブルに浮かれて過剰な投資をして破綻した会社は数知れず・・・。でも、しっかりと成長している会社も多いでしょう。  そう言えば、バブルの頃、学生の就職先として金融機関に人気が集中し、理工系の学生までが相当数就職し、これではメーカーの将来が心配なんて声を聞きましたね。本来の自分の道を見誤って、その後苦労した人も多いのかな?  かく言う自分も株は上がりつづける・・・なんて幻想に惑わされて、それなりに損をしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日本のバブル崩壊で失った金額

    日本がバブル崩壊で失った金額はニュース解説で1000兆円と聞いていました。 ところが最近見た経済本では2000兆円と倍になっていました。 GDP比で2年分になるのか4年分になるかは大きな違いがあります。 いったい日本はどれくらいの損失を出したのでしょうか。 政府とかが出している公式の統計とかがあれば有り難いと思います

  • バブル崩壊は事前に防いだり軽減できなかったのでしょうか?

    経済について勉強しているのですが なぜバブル崩壊が起こってしまったのかはっきりわかりません。 経済学本などを読みますと、、 不動産融資総量規制を制定し、 日銀が過熱気味の景気を抑えるために公定歩合を引き上げてお金を借りにくくしたり、政府は「土地の売買に関するお金はあまり貸してはいけない」というような決まりを作り、この結果土地を買う人がどんどんいなくなり、土地の価格はどんどん下がっていった。 とあり、その意味はわかるのですが、日銀や政府はなぜゆっくり慎重に 進めなかったのでしょうか?(ソフトランディングというんでしょうか) 急激に進めれば不況になることは目に見えていたはずで、ゆっくりなら動向を見て所有している土地を前もって早めに売ることもできたと思うのですが、、 当時の政府はなぜゆっくり規制を進めなかったのでしょう? あるいは進められなかったのでしょうか? ご存知の方ご教授のほどよろしくお願いいたします。

  • 日本バブル崩壊の原因は。。。

    日本バブル崩壊の原因は。。。 今、中国経済が急成長して、高度成長期の日本のようだと比喩されているいます。そこでふと考えたの ですが、1990年頃に日本のバブルが崩壊した原因は何だったのでしょうか? 高騰を続ける土地・建物価格を抑える為に政府が出した政策のせいなのでしょうか?それとも別の 原因があったのでしょか?

  • バブル崩壊後、不良債権の処理が進まないと(基本的に)金融資産の価格が上がらないのは何故??

    日本のバブル崩壊後の長期不況、その大きな原因が銀行の不良債権処理の遅れがあると言われていますが、具体的にどういうことかわかりません。 バブル崩壊の個人的な理解では・・・ 利子率が低いこともあって、マネーサプライが多くなり、土地や建物や株が買われ、バブルになり、懸念した日銀と政府がそれぞれ利子率引き上げと不動産融資規制を行ったのでバブルがはじけた。 土地や株などを担保に銀行から資金を借りていた会社や個人は急激なバブル崩壊により業績悪化・倒産または破産になり返済困難になった。 銀行は担保にしていた資産を売り払おうと思ったが、バブルが崩壊していて、担保資産も元本を割ってしまってどうしよう。 自己資本も運営ミスで目減りしてしまったし、不良債権を自己資本で穴埋めしたら、BIS規制の自己資本比率を割ってしまう・・・。 貸し渋りして自己資本率UPしよう!! って感じだと思うのですが・・・。 銀行と政府はいつかは不良債権もそのうち価格があがると思っていたと本で読んだのですが、その選択は具体的にどこが間違っていたのでしょうか?? 長期的に見ているなら間違っていないのではと思うのですが、不良債権が莫大すぎて銀行にその体力がなかったということでしょうか?? 長期的にみる余裕もないのに、少しの利益に固執して、日銀の利子率引き上げ・政府の規制・会社と個人のバブル崩壊の心理が読めず、予想よりも価格が落ちてしまったため、不良債権の価値がよりいっそう下がってしまった。あ~あ、さっさと売ればよかった・・・っということでしょうか?? バブル崩壊で不良債権を売りたくても買ってくれる人がおらず、回収自体がむずかしかった。早いうちに政府が不良債権を買ってあげればよかったということでしょうか?? あまり詳しくないので、ご教授よろしくお願いします。

  • 過去の歴史的なバブル崩壊の後処理

    過去の歴史的なバブル崩壊の後処理は、どうされたのでしょうか。 過去の歴史的なバブルとして、オランダのチュウリップ・バブルとか、南海泡沫事件とか、イギリスで誰でしたか元ギャンブラーが国債発行か何かして景気を良くしたが、景気が悪くなったので、夜逃げしたとかありますね。その解説本も多いです。 ところが、そのようなバブルが崩壊して政府は大変だったというところまでは書いてあるのですが、その後、政府はどう措置を取ったのか取らなかったのかがそういった本には書いてありません。 結局、そのような歴史的な政府はどうしたのでしょうか。どうやって、処理したのでしょうか。政府の債務を棒引きする法律でもだして、頬かむりしたのでしょうか。 日本でも大名貸しなどは、結局どうなったのでしょうか。棒引きされてしまったのでしょうか。

  • バブル崩壊後に新卒採用を続けたことで成長した企業ってありますか?

    某小企業の採用担当です。 アメリカからの金融危機でバブル崩壊後のような就職氷河期がくる恐れを感じておりますが、中小にとってはチャンスと思っています。 優秀人材が採用できるチャンスだと。 ただ、会社としては予算削減ムードがあり、新卒採用の見送りも検討されています。 そこで、バブル崩壊後に新卒採用を続けた結果成長した企業の事例を集めて提案しようと考えおります。 どなたか、そのような事例を聞いたことはありませんか? 教えてください。宜しくお願いいたします。

  • バブル崩壊後の日本の景気対策

    1990年にバブルが崩壊した後、日本はこれまでにどのような経済政策をとってきたのでしょうか???消費税も対策の一つになるのでしょうか?ずいぶん前に、子ども(14歳以下???)のいる家庭に子ども1人につき2万円が給付されましたが、あれも経済政策のうちの一つですか??? この10年あまりの間に日本政府が、バブル崩壊後の不景気対策としてどのような政策を取ってきたのか、知りたいです。いろいろ、検索してみたのですが、やはり、すべてまとめて書いてあるようなページはなかなか見つからず、困っています。どなたか、簡単に説明、または、詳しく述べられたページをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。 よろしくおねがいいたします。

  • 来年から給料も2%上がるのですか?

    政府は2013年に2%のインフレを目標にしています。 賃金も同時に2%上がらないと家計がますます苦しくなると思うのですが、政治家も評論家も物価がどのくらい上がるかに焦点が当たっていて、給料の話がでてきません。 公務員給与なんかは毎年政府が決めてるので、インフレに連れて給料も上げるのでしょうか? また民間企業でも上がる業種・上がらない業種があるのでしょうか? 予想をお聞かせ下さい。

  • バブル崩壊と株の安定した運用の疑問

     近所にいきつけのゲームセンターがあるんですが、そこで60代くらいの店長が「長年株をやっている」という話を聞きました。  いまだにやったことはないものの、世間の流行もありいろいろ話を聞いたんですが、その人は若い頃から株をやっていて、トータルではそこそこ成功しているようです。しかし、バブル崩壊時は1億の負債を抱えたこともあったそうです。  息子さんは自分が入社した会社の重役になれたこともあり、自社株で7000万の利益を上げたそうです。  その人と話していて疑問に思った点があります。  1、「バブル崩壊は社民党と共産党が投資のルール改正を行ったから、一気に崩壊したんだ」と言っていたんですが、私はその頃まだ子供だったので、そんな事実を始めて知りました。自然の流れとしてバブルが崩壊したもんだと思っていたんですが、社会・共産主義からのある意味で資本主義の象徴ともいえる「バブル」にたいする反発があり、そのような策略のうえでバブルが崩壊することになったのでしょうか?  2、自分も資産運用には興味があるので、「年間最低120万以上の利益を出すのは可能か?」と聞いたところ「深追いせずに、その企業の事業プランと決算報告を参考に上がる確率が高い銘柄を見極めることができるようになれば、現実的に十分可能だ」と言っていたんですが、そんなもんでしょうか? 

  • 公共事業で乗数効果が期待できなくなった理由について

    経済学の初歩中の初歩を勉強し始めた者です。 いきなり、GDPのところでつまずきました。 GDP=民間消費+民間投資+政府支出+(輸出-輸入) と学びました。 という事は、手っ取り早くGDPを増やそうと思えば、 政府支出(公共事業費)を増やすのが一番簡単です。 例えば、政府がダムをつくったとします。 それによって、ゼネコンが儲かって税収も増えます。 また、ゼネコンの社員の所得も増えるから、 そのお金が、民間消費や民間投資にまわります。 だから、最初の投資額以上の効果が期待できます。 つまり政府が1増やすと、それが回り回って全体で1.8ぐらいになる という計算が成り立ち、これを乗数効果というらしいのです。 こういうのを俗に「ケインズ効果」というそうなのですが、 バブル崩壊後は、この政策が通用せず、 今では、政府が1増やすと、1しか増えないのが現実だそうです。 では、なぜ、公共事業で景気を刺激して乗数効果をねらう理屈が、 今では、成立しなくなってしまったのでしょうか?