• 締切済み

FX・為替市場の統合について

上場株式については、証券取引所を通じて売買しなければならなかったと思います。そこでは、買い手と売り手の直接マッチングが行われています。これにより、売り手・買い手双方にとって公正な取引が図られています。 しかし外国通貨に関してはそのような規制がないため、店頭FXは会社によってレートがまちまちで、公正な取引が確保されているとは言えません。また、小口投資家がインターバンクに比べて不利なレートを恒常的に強いられている可能性もあります。また、くりっく365にしても、マーケットメイカーが一方的に提示した価格をその市場の価格としているに過ぎません。 そこで日本における外国為替取引は、一定数量以上についてはインターバンクであろうとFXであろうと個人需要家であろうと、日本で唯一の公営為替市場を作ってそこを通じて取引しなければならないものとし、FXも東証に信用取引があるのと同様にその為替市場で一緒に、買い手と売り手をマッチングさせる形で(24時間に近く)取引すればよいと思うのですが、このようにした場合どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?イメージとしては、為替が株のようになり、FX業者が現在の証券会社の役割になるということなんですが…。

みんなの回答

  • Saitar
  • ベストアンサー率41% (192/464)
回答No.2

まず、株の場合なぜ取引所が必要なのかを考えましょう。 というのは、例えば、私がチョコレートを買う場合にいちいち政府が公認する市場みたいなところに行く必要はなく、町のあちこちにあるコンビニなどでその商店が勝手に付けた値段で買うのが普通で、一般的に言って取引所がある方が特殊なのです。 話しを元に戻しましょう。 株式を発行している会社(いわゆる株式会社)は実は取引所で売買できる会社だけでなく、もっともっと星の数ほどあります。取引所で株の売買ができる会社はそれだけで優良会社と(一般的には)言えます。というのは、取引所自体がその会社を厳密に審査して、一般の投資家が売買するのに相応しいだけの財務状態やコンプライアンスが保たれているかを確認しているのです。こうして取引所のお墨付きを得られた株式会社だけが取引所で株の売買ができるのです。つまり、会社の信用を担保するため、株の場合は取引所取引が基本となるのです。 一方、為替の場合は通過の交換レートであるため、基本的にはその国の金利や経済動向により値が決定され、ブレがありません。 ちなみに、A会社とB会社で為替レートが異なれば、たちまちのうちに裁定取引が行われ、レートの差が消滅されてしまいます。 後はよりスプレッドを低くするとか手数料を安くするとかの企業努力(競争)が働き、より条件のよい会社での為替取引を「客の意志で」実行されるのです。その意味で為替は店頭取引が基本になるのです。 く○っく365などは従来は税制的に優遇されていたため、その価値がありましたが、信託保全が法的に義務付けられている日本などにおいては、今や取引所で為替を取引するメリットは私には見当たりません。 こうやって、同一の取引(為替)レートを前提としつつも、企業努力によって、より有利な条件での会社での取引を自由に選択できるという店頭取引が為替の基本になっているのです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#176089
noname#176089
回答No.1

面白い発想ですね。 証券取引所で扱う株式等は民間の所有ですが、為替も民間にしたいという事ですか? 外為法、第一章第一条の一行目 「外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に行われることを基本とし、~~~~」を根底から覆し、民間または国の管理下に置けば良いではないかという事ですね。 証券取引所はよくトラブルで売買停止していますが、もしもその為替取引所もトラブルで停止したらどうなるでしょう? 天災で操業停止ですか?為替取引がきなければ、諸外国と決済できなくなりますが、それは誰がどう補償しますか? そもそも、そのシステムと運営に対する資金はどこの誰が出すのですか? とりあえず日本で勝手に作ったとすれば、他の海外諸国がその取引所と自国を繋ぎ売買できるようシステム構築しなければ為替取引や企業の為替決済等が一切できなくなるという事になりますが、その膨大にかかる無駄な資金を諸外国が安易にOKするでしょうか。 発想は面白いと思いますが、為替と株の違いを理解すれば不可能である事も同時に理解できます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • FXはゼロサムか?FX市場と一般の外国為替市場の独立性

    FXについて考えています。一方、外国為替取引は、FXだけではありません。当然実需もあるわけです。私が海外旅行に行くためにドルを買って、アメリカでお土産を買って消費したら、それは実需であって損も得も観念できません。 もしFXが他の外国為替市場から完全に独立していれば、FXは完全にゼロサムとなり、誰かが勝った分だけ他の誰かが負けることになるでしょう。しかしその場合、FXはFXの論理でレートが動き、おそらくいわゆる外国為替市場の価格とは全く違った価格変動をするでしょう。 一方、FXが外国為替市場の一部にすぎないとしたら、FXトレーダー全員が勝って、実需筋がその分割を食う(ただし、個別の損得は観念できない)こともありうることになり、ゼロサムではありません。 FXのレートは、ほぼ外国為替市場の価格と一致しているように思うのですが、FXの市場は外国為替市場から独立しているのでしょうか?詳しい方、よろしくお願いします。

  • 為替市場の種類

    一般的にブローカーや銀行のディーラー間で取引されるものが東京外国為替市場だと思うのですが(←そうですよね!?)では、サラリーマンなど個人がFX取引などをするのも東京為替市場とかを指すのでしょうか???取引の相手方は誰なのでしょうか??どなたか教えて下さい!!

  • 外国為替相場の動き方(初心者の質問

    こんにちは 外国為替市場の初心者です。 Fx(外国為替)取引自体には興味はありませんが、 後学のため質問させてください。 日本の外国為替市場が開いている時間は8時から19時ですが、 世界各国のfx市場が、24時間途切れることなく、どこかしら市場が開いているため、 FXは常に取引できるんですよね? それは、自分が契約したFX取引業者が、取引に使用する外国為替市場をその都度時間ごとに切り替えて取引しているということなのでしょうか? 取引時にfx参加者が自分で切り替えている?ということでしょうか? 各国の取引所とレートが異なってしまうということはあるのでしょうか? 質問が多くてすいませんが教えてください。 教えてください。

  • 為替レートの原理について

    為替レート(交換比率)はどのように決まるのか教えてください。 手持ちの資料にはインターバンク市場の取引で為替レートが決まると書かれているのですが、具体的な比率が決まるようすをイメージすることができません。

  • FX業者はどのようにして利益をあげているの? 5

     FX業者はどのようにして利益をあげているの?と題して質問しています。 http://okwave.jp/qa/q6410928.html http://okwave.jp/qa/q6398994.html http://okwave.jp/qa/q6382146.html http://okwave.jp/qa/q6323770.html 今までは「スプレッドにある」との答えでした。そのスプレッドですが2つの解釈の違いがあります。 Bid 83.75 Ask 83.77 の時に買って、レートが変化しないのでそのレートで売りました。投資家は0.02の損でした。では業者はいくらの利益を上げたのでしょうか? (1)83.75で他から買ってきて、83.77で投資家に売り、決済処理では83.75で投資家から買い戻し、他の投資家に83.77で売りました。この結果業者の利益は0.04でした。 業者の利益は投資家の損得に関係なく、売りと買いで利益を上げる。この場合はスプレッドの2倍の利益を上げる。 (2)83.77で投資家に売り、83.75で買い戻したので0.02の利益。投資家は0.02の損。業者の利益は投資家の損と同額。 上記の質問に対する答えはネットでは見つかりませんでした。参考になりそうなのは下記の通り。 FX業者は手数料としてこのスプレッドの中から利益を確保しています。そのため、株式投資とは異なり、「取引手数料無料」でも経営が成り立っているわけです。逆に言えば、「取引手数料」を取っている業者というのは2重に手数料をとっていることになると言えます。非常にもったいない、というか無駄な出費です。 基本的に業者の為替レートというのはインターバンク(IB)が提示するレートを元に提示されていますが、FX業者というのは、インターバンク(※)の為替レートを基に、顧客にレートを配信しています。基のレートにもスプレッドは存在しているのですが、そこにその業者独自の数字(手数料)をプラスして顧客にレートを提示しているのが一般的になっています。インターバンクとは「カバー先」などとも呼ばれ、その為替レートは大規模な銀行間取引によって形成されます。そして世界の基準レートとされています。ちなみにその基準レートは一つではなく、銀行によって多少異なっています。 http://fx-spread.sakura.ne.jp/spread.html くりっく365公式ホームページの「取引所取引と非取引所取引の違い」http://www.click365.jp/beginner/comparison.shtml によると、「くりっく365は複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格で取引ができる」。その他の業者は「FX会社により提示された価格での取引」。 また、「有利な価格提供の仕組み」http://www.click365.jp/point/advantage.shtml#point01 には 「くりっく365」では、外国為替市場における世界有数の、複数の金融機関から価格の提供を受け、その価格の中から最も安い売り価格(売り気配)と、最も高い買い価格(買い気配)を抽出し、リアルタイムで提供しています。そのため、投資家の皆様はその時点における最も有利な価格で取引を行なうことができることとなります。 この付合せの方式は、マーケットメイク制度と呼ばれ、世界の為替相場を反映した取引機会を投資家の皆様にリアルタイム提供するもので、公正かつ健全で有利な価格提供の仕組みと言えます。金融取へ価格の提供を行っている金融機関を、マーケットメイカーと呼んでいます。 そこで質問です。上記の例では業者の利益は(1)0.04、(2)0.02 どちらが正しいのでしょうか?

  • FX業者の利益について

    FX業者の利益について質問です。 株式取引の場合は、証券取引所を通じての買い手と売り手とのやり取りになるわけです。証券会社はその両者の取引を仲介することで手数料を得て、それが収入になります。 しかし、FXの場合は、基本的にFX業者との相対取引です。 その時々の為替レートに応じて、業者とトレーダーが取引をするという事だったと思います。 すると、例えば1ドル100円で1万ドル分買い、その後1ドル90円で決済した場合、もちろん、トレーダーの側は10万円の損となります。 しかし業者の側は100万円で1万ドルを売って、同じ量のドルを90万円で買い戻しただけです。 つまり、FX取引において、トレーダー側の損失は、そのまま業者側の利益となるのでしょうか?

  • よくテレビで見聞きする「1ドル84円56銭~58銭」などという為替相場

    よくテレビで見聞きする「1ドル84円56銭~58銭」などという為替相場は、インターバンク市場の直物取引の価格を表しているようですね。そこで質問です。インターバンク市場の外国為替取引には銀行同士のダイレクト取引である直取引とブローカーを経由する取引の2通りありますが、テレビニュースなどでよく見聞きするドル円相場というのは、直取引の為替相場を言っているのでしょうか?それともブローカー取引の為替相場を言っているのでしょうか?どなたか教えていただければ幸いです。

  • FXの本格派トレーダーとは?

    FX(個人投資家)や外国為替インターバンク市場(機関投資家)での本格派トレーダーとは、どんなトレードスタイルのことを言いますか?

  • FX市場は何処にある?ロンドン?シドニー?

    FXってあるじゃん。ドルとかユーロとか元とかウォンとかと交換するときに使うヤツです。 その市場って、何処にあるのですか?ロンドン?シドニー?ニューヨーク?モスクワ?東京?イスタンブール?南極? 東京証券取引所は、東京の日本橋にあるよね。そこにトヨタの株の売買をやってて、世界中の投資家がネットでアクセスして、取引してるよね。 外国為替取引とか、今から40年くらい前は無かったよね。1ドル350円くらいだったか、それで固定してたよね。んで、ドルの価値は民主主義による需要と供給で決めるべしとなって、FXが始まり、ドルの価値が100円になったのだとか。 んで、FXの売買市場は、何処にあるの?トヨタ株の売買市場は東京と名古屋にあって、それぞれ同じ株でも株価と取引時間が微妙に違うよね。だけど、FXの取引市場は、世界で1つだよね? あと、話それるかもだけど、 FXの取引市場は取引時間が長いよね。ほぼ365日24時間営業だよ。どうしてこんなに長いの?それに比べると、東京証券取引所の取引時間は平日の9時3時、しかも、間に昼休憩1時間ある。短すぎじゃね?会社員とか公務員とか、株取引出来ないんじゃ。この差は何ですか?

  • FXで、取引口座によって為替レートが違うのか?

    FXってあるじゃん。ドルとかユーロとか買うヤツです。 FXやろうとすると、その取引口座が必要だよね。野村とか、大和とか。 さて、質問なのですが、この口座によって取引価格が違うの? スプレッドとかレバレッジとかスワップとか最小取引単位とかキャンペーンとかオペレーターの礼儀作法が違うのは、そうだよね。だけど、為替相場も違うの? トヨタの株価は、東京証券取引所と名古屋証券取引所で違うよね。まー、全く同じものの売買だから近い価格になるけど、簡単に見比べて選べる状況にあるのならば、安く買えて高く売れるような取引をするのかもね。しかし、野村で買おうが大和で買おうが、株価は同じでしょ。証券取引所で価格差が付き、証券会社では手数料とかには差があるのだよね。 FXだと、取引口座に野村を選ぶか大和を選ぶかマネックスを選ぶか上田ハーローを選ぶかでチャートが変わるのかしら? ヤフーファイナンスっていうウェブサイトあるじゃん。ドルのチャートが載ってるよね。アレ、何を参照してるの? タモリと和田アキ子が居て、タモリが5ドルを差し出して和田アキ子が500円を差し出して、個人の付き合いによる合意で交換するのは自由だよね。そうすると、その場の為替レートは1ドル100円なのだけど、まさかそれをヤフーは参照しているのかい?

このQ&Aのポイント
  • カラーモノクロにかかわらず印刷がかすれや筋が出る問題が発生しています。クリーニングや補正を行っても一時的な改善しか見られず、他の製品では同様の問題が発生していないことから、MFC-J6997CDWに問題がある可能性があります。
  • お使いの環境はMac OSで無線LAN接続し、光回線を使用しています。
  • ブラザー製品についての質問です。
回答を見る